WooCommerce イベントのチケット販売管理プラグイン - YITH WooCommerce Event Tickets

大型エージェンシーのようイベントのチケットを販売して管理することができるYITH EVENT TICKETS FOR WOOCOMMERCE

ワードプレス合コマース用のアドオンである YITH WooCommerce Event Ticketsを使用すると、ストアからのイベントのチケットを管理し、販売することができます。

多くの人がイベントやパーティー、会議、ミーティングを構想して実行しようとが、イベントを構想して管理するために考慮すべき事項が多すぎて放棄します。

イベント管理に関連して最大の問題の一つは、チケットの販売です。 チケット販売に慎重であり、そうでない場合はイベント全体が苦境に直面することができます。 このため、多くの企業が収益の一定部分を離してくれ外部サービスプロバイダに依存します。

イベント販売時の売上高、決済、座席等を処理することが困難な場合があります。 YITH WooCommerce Event Ticketsプラグインを使用すると、イベントのチケット販売に関連する問題を制御することができ、イベント管理の負担を少なくすることができます。

このプラグインを使用する場合は、イベントを選択して、必要な情報と座席の種類と数、有効期限といくつかの情報を入力します。 その後、顧客が数回クリックするだけで、チケットを購入して印刷することができます。

YITH WooCommerce Event Ticketsプラグインの機能:

  • 各「Event ticket」の商品についての価格を個別に設定
  • チケット販売について、自動在庫管理の有効化
  • 商品ページにイベントの開始日と終了日を表示
  • 複数のフィールドを追加して、ユーザーが購入したいチケットに関する情報を入手
  • 注文が完了すると、ユーザーは、チケットが添付された自動メールが送信されまし
  • 「マイアカウント」ページでは、イベントのチケットをPDFでダウンロード可能
  • ユーザーは「マイアカウント」ページでチケットを閲覧、ダウンロード、または印刷可能
  • ウコマース用のバーコードのプラグインである YITH WooCommerce Barcodes(別売)を使用して、各チケットにバーコードを追加可能
  • 販売されたすべてのチケットを追跡
  • グーグルカレンダーとの統合機能:イベントがバイヤーのグーグルカレンダーに自動的に保存される
  • 通常価格販売と割引(オプション)販売有効
  • 残りのチケットが設定された下限(threshold)以下になるとチケットの値上げ
  • イベントの開始日が近づくと、チケットの価格以上
  • 有効期限が切れたイベントを自動的に削除したり、非表示
  • イベントについて複数の付加サービスを選択可能:各サービスに費用を請求することができ、数量を制限することがある
  • Googleマップ(Google Map)サービスを介してイベントの位置リンク
  • イベント詳細ページにイベントオーガナイザー(Event organizer)と1つ以上のチケットを購入した人の全リストを表示
  • ウィジェットを使用して、ユーザーがこの月のイベントを迅速に確認できるように、カレンダー表示が可能
  • チケット購入後、ファイルのダウンロードを有効に
  • チケット検索:
    - チケット番号
    - チケットのバーコード(YITH WooCommerce Barcodesを使用して作成)
    - 注文バーコード(YITH WooCommerce Barcodesを使用して作成):検索結果注文に関連付けられたチケットのリストを返す
  • チケットチェックイン

YITH WooCommerce Deposits and Down Payments(ウコマース保証金及び前受金)をこのプラグインと一緒に使用すると、特定の注文に対してユーザーが金額を預けたが、後で決済することができます。

このプラグインは、すべての種類の商品(単純商品とオプションの商品の両方)のバーコードとQRコードを生成することができる YITH WooCommerce Barcodes and QR Codes(ウコマースバーコード&QRコード)とも統合されます。 コードは、商品が作成されるたびに、手動または自動で生成することができます。 専用ショートコードを使用してバーコードをスキャンした直後に商品と注文特定のアクションを適用することも可能です。

ウコマースイベントのチケットプラグイン
イベントオーガナイザー(イベントプランナー)とイベントの参加者を表示することができる。

英語でされたUIは、Loco Translateなどのプラグインを使用して翻訳が可能です。

このプラグインの詳細については、スクリーンショットとデモはYITHプラグインのページを参照してください。

注:


1のコメント

  1. イベント&コンプランスの管理とチケット販売のために出てきたテーマを活用することもできます。

    https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EC%9D%B4%EB%B2%A4%ED%8A%B8-%ED%85%8C%EB%A7%88/

    返信

コメントを残す