ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WooCommerce ショッピングモールで関連商品を一緒にご購入できるようにするForce Sellsプラグイン

Last Updated:2021年8月25日| 4のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

特定の商品やサービスを購入するには、他の商品を一緒に購入する必要が商品がある場合があります。 WordPress WooCommerce ショッピングモールでは、顧客が関連商品を一緒に購入する特定の商品を買い物かごに入れると、カートに追加するようにしたい場合WooCommerceで販売している Force Sellsエクステンションを使用することができます。

WooCommerce ショッピングモールで関連商品を一緒にご購入できるようにするForce Sellsプラグイン

A商品を購入するとBの商品を必ず購入するようにする方法

Force Sellsエクステンションを使用すると、商品を接続して、カートに一緒に追加されるようにすることができます。 サービスや必須の商品を一緒に連携して販売する場合に便利です。

たとえば、iPad液晶修理サービスを販売する際に、液晶新品を強制販売製品(Forced sell product)として指定することができます。

WooCommerce ショッピングモールで関連商品を一緒にご購入できるようにするForce Sellsプラグイン

この WooCommerce用エクステンションをインストールすると、商品の編集]ページで、 接続された商品(Linked Products) オプション 上方販売(Up-Sells)クロスセル(Cross-Sells) ほか Force SellsSynced Force Sells アイテムが追加されます。

強制販売(Force Sell)にはXNUMX種類があります。

  • Normal force sell(一般に強制販売) 商品は基本的商品(main product)に対して選択されたのと同じ量で基本商品と一緒にカートに追加されます。 お客様は、追加された強制販売商品をカートから削除したり、数量を変更することができます。
  • Synced force sell(同期された強制販売) 商品は通常の強制販売とほぼ同じように動作します。 ただし、お客様はSynced Force Sell商品をカートから削除したり、数量を変更することができません。 基本商品を削除すると、Synced Force Sell商品も削除されます。 数量も同様です。 基本商品の数量を変更すると、Synced Forced Sell商品の数量も変更されます。

カートにSynced Force Sell商品は、次の図のように「Linked」と表示されます。

関連商品を強制的に販売する

顧客がB商品を購入するには、Aの商品を一緒に購入するようにしたい場合は、「接続された商品」オプションでは、商品を Synced Force Sellsで指定することができます。

Force Sellsは WooCommerce 公式サイトで販売されているエクステンションで1年の更新と1年間のサポートが提供されます。

WooCommerce エクステンション

特定の商品を購入する際に他の商品を一緒に購入する強制的にショッピングカートに商品を追加する機能が必要な場合、専門家に依頼して機能を開発するよりも、Force Sellsを使用することがコストを削減することができます。

WooCommerce ショッピングモールでは、Aの商品を購入するとBの商品を無料で提供したい場合YITH WooCommerce Dynamic Pricing and DiscountsとYITH Deals for WooCommerceプラグインを同時に使用して、これらの機能を実装することができます。 詳細については、「WooCommerce ショッピングモールで「Xを購入すると、Yが無料」機能を実装する」を参照してみてください。

参照



4のコメント

コメント

  1. こんにちは以前にブログ作成時からよく来た感謝した所なのに、今日は何だけ急いでのASKしようとします。 私いくつかのサイトを利用しているサイトが何か静かで今なくなるか思っている。 (私は以下の投稿情報は、whoisでコピことですよ。)ドメインの有効期限が来月9月6日だ。今、この情報通りなら、9月6日以降はサイトがなくなるか(接続不可)思いまして。 まだサイトが存続の機会が残ってか、最も気になります。

    登録日:2017-09-06
    有効期限:2021-09-06
    更新日:2020-04-08
    Status:clientTransferProhibited

    Raw Whois Data
    Domain Name:txxx.com
    レジストリドメインID:2160222989_DOMAIN_COM-VRSN
    Registrar WHOIS Server:whois.google.com
    登録者URL: https://domains.google.com
    Updated Date: 2020-04-08T04:17:17Z
    Creation Date: 2017-09-06T12:45:01Z
    Registrar Registration Expiration Date:2021-09-06 T12:45:01Z
    Registrar:Google LLC

    ありがとうございます。

    応答
    • ドメインの有効期限(例では、2021年9月6日)になる前に、ドメイン登録者は、ドメイン登録を更新することができる独占的な権利を有します。

      ドメイン期間が満了した後、30日の猶予期間の洞間のドメインを更新(延長)することができます。 しかし、この猶予期間も更新しなければ、さらに30日の期間が与えられれるが、これRedemption Periodと呼ばれます。 韓国語で「回復期間」ということです。 このRedemption Periodの間にドメインを回復するには、150USDの手数料をドメイン登録機関から要求します。 手数料を支払わなければ(上記の英文には「手数料を支払った後」となっているが、おそらく「手数料を支払うことなく期間を逃すと、」という意味に等しい)、ドメインがPending Delete状態になる5日間の期間があるようにされます。 Redemption Periodは.COM、.NET、.ORGドメインに適用されます。 他のTLDは有効期限が切れと更新(延長)に関連して、他のポリシーが適用されます。

      (注: https://avada.tistory.com/2015 )

      したがって、ドメインの有効期限から約65日経過しても登録を更新しないと、一般の人がそのドメインを登録できるようになります。

      応答
      • 回答ありがとうございます。 もしかしたら次に、そこ出てきた例の9月6日まで延長していないとしたら、サイトはアクセスがアンドゥェヌンゲ合うんですか?

      • ドメインを拡張していないと、ドメイン接続が遮断され、ドメインにされた電子メールアドレスを使用している場合は、メールの受信もされていません。

        The first thing that happens is that your website disappears! A domain name is an address:remove the address and browsers can not find your site any more。 If you had a domain name email address、you would equally lose access to your inbox and all your emails。