WooCommerce ショッピングモールで会員の役割に応じて価格を設定するYITH WooCommerce Role Based Prices

FacebookさえずりredditPinterestのLinkedInのmail

ワードプレスのショッピングモールで会員の役割や会員の種類に応じて価格を個別に設定したい場合に利用できるさまざまなプラグインがあります。 無料のプラグインでは、次の記事で紹介したRole Based Price For WooCommerceがあり、有料のプラグインで WooCommerceのユーザーロール別の価格があります。

より洗練された機能が必要な場合ウコマースプラグインで有名なYITHのWooCommerce Role Based Pricesを考慮してみることができます。 このプラグインを使用して会員の役割ごとに通常価格とセイルガに対して別の価格を設定したり、価格を表示していない場合があります。

会員の役割に基づいて価格を設定することができるYITH WooCommerce Role Based Prices

YITH price plugin compressor  - 呉コマースショッピングモールで会員の役割に応じて価格を設定するYITH WooCommerce Role Based Prices

大量に購入しているベンダーは、特別価格をお勧めすることができます。 そして優れた顧客には、一般のお客様より安価に商品を提供したい場合があります。 このような状況で YITH WooCommerce Role Based Prices プラグインを利用することができます。

プラグイン機能:

  • ユーザーの役割(User Role)に基づいて、単一の商品価格の上昇や値下げ
  • ユーザーの役割に応じて、他の価格ルールの作成
  • 価格ルールを通常価格(Regular Price)または割引価格(Sale Price)に適用可能
  • 役割に応じた価格ルールを単一の商品またはいくつかの特定のカテゴリやタグに適用
  • 商品の価格をパーセント値や固定金額引き上げまたは引き下げ
  • 同一商品に2個以上の価格ルールを結合して、優先順位を指定して、ソート
  • 各ユーザーの役割について、次の項目を表示したり、非表示:
    - 通常価格
    - 割引価格
    - 役割別価格(通常価格と実際の価格で開始)
    - 「買い物かご」ボタン
  • 他のユーザーの役割に価格は、表示オプション
  • 各オプションの商品価格ルールの作成
  • 価格が表示されていないユーザーにカスタマイズされたメッセージ(カスタムメッセージ)を表示
  • Membersのようなサードパーティ製のプラグインで構成「役割」を使用
  • 各ユーザーの役割に応じて、価格に含まれている税金の表示または非表示に
  • 商品価格のラベルを変更
  • Aelia Currency Switcherとの互換性
  • WooCommerce通貨スイッチャーとの互換性

このプラグインの詳細については、スクリーンショットとデモは、プラグインのページで確認することができます。

ちなみにユーザーの役割に応じて製品を購入することができないように商品が表示されないようにする機能のみ必要な場合は無料のプラグインである Product Visibility by User Role for WooCommerceを使用してみることができます。 このプラグインは、次のような機能を提供しています。 このプラグインを使用すると、お店や、検索結果の商品が表示されないように設定することができます。

注:



コメントを残す