ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WooCommerceを介してオンライン講義販売 - LifterLMS WordPress LMSのプラグイン

Last Updated:2020年11月14日| 5のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

前へで人気のある WordPress用LMS(学習管理システム)のテーマについて説明しました。 LMSシステムの構築をご希望の場合LMSのテーマが良い出発点になることができます。

しかし、問題は、サイトでの支払いが行われるている場合は、国内のPGを利用するためには、開発者を雇うして決済システムと連動させる作業が必要になることができます。 このような場合、コストがかかるしかありません。

LMSサイトを構築し、サイトでのオンライン講義を販売しなければならない場合 WooCommerceでのお支払いを処理するように LifterLMS同じプラグインの使用を考慮してみることができるようになります。

その後、開発費用よりどうしてもコストの多くを削減することができます。 LMSサイトをLifterLMSプラグインを使用する場合は、あえてLMSテーマを利用することなく、一般的なテーマや Avada(Avada), Enfold ような人気のテーマ、あるいは Flatsomeこのような人気 WooCommerce用テーマを使用して構築することができます。

LMS用のプラグイン

ちなみにLifterLMSは、独自のメンバーシップ(Membership)機能があるため、Woo Membershipsと統合されないです。

  • ユーザーが WooCommerce カートに複数の講義(コース)やメンバーシップを購入することができるよう、マルチコースチェックアウト機能を提供
  • インテリジェントなロジックでショッピングカートに商品のSKUに一致(存在)するかどうかに応じて、LifterLMSが分かっLifterLMS決済処理やWooCommerce支払いプロセスに進む

プラグインのコストが結構高価だが、LMSサイト構築費用自体が数百万ウォンから開始するので、うまく活用すれば、コストを大幅に削減することもできるようです。

LMSLife  -  LMS WordPress プラグイン

LMSサイトを構築する場合LMSテーマを使用して、我が国の決済システムと連動させる方法で行くのか、それとも LifterLMSのようなプラグインを使用して決済を処理するかどうかの方向をよく設定することが重要と思われる。

参考までに LifterLMS自体は無料で、メンバーシップ(会員制)機能も基本的に含まれているとします。 しかし、 WooCommerceでのお支払いを処理するには、WooCommerce Extension for LifterLMSというアドオンプラグインが必要です。 Universe Bundleようバンドルで購入すれば、ほとんどの機能が含まれているようです。 (この部分について開発者に問い合わせてみるとUniverse Bundleには、8つのLifterLMSのプレミアムアドオンと一緒にWooCommerce Extensionが含まれているそうですね。)

LMSのプラグイン

このプラグインの詳細については、 LifterLMS サイトを参照してください。

メモ:



5のコメント

コメント

  1. WPLMSテーマを使用してオンラインビデオ講義販売システムを進めたいと思います。 その場合WooCommerceを使用したほうが最も良い方法でしょうか?

    回答する
    • こんにちは?

      WPLMSテーマサイト( https://1.envato.market/AGDzN )からのコメント部分を確認してみると次のようになっています。

      The Theme integrated with Paid Mmemberships Pro plugin(link)、refer Demo、WPLMS uses WooCommerce、so all payment gateways integrated with WooCommerce work with it。

      つまり、テーマはPadi Memberships Proプラグインと統合されて WooCommerceを使用するので、 WooCommerceと統合されているすべての支払いゲートウェイをサポートとします。

      WooCommerceを使用すると、どうしてもサイトの速度に影響を与えるようです。 (速度が遅い場合の専門家の助けを借りて最適化を行うことができるでしょう。)

      WooCommerceを使用すると、支払いを WooCommerceで処理するので、コストを削減することができる効果があります。 もし WooCommerceをサポートしていないLMSテーマを選択した場合、開発者を雇うし、国内のPG決済システムと連動させる作業を行う必要があり、その場合の費用はかなり追加なると思われます。

      回答する
      • 詳細な説明ありがとうございます! もう一つお聞き見たい点があります!
        WordPress テーマのWPLMSテーマ(6month license 64ドル)を使用するのとLifterLMS(Universe bundle 299ドル)を使用しているものの中に何がより使いやすいですか? そして価格的な側面でWPLMSが比較的安価で、多数のユーザーが既に多く使用することで見て、そのテーマを使用する上で考えているが。国内には、テーマを使用した事例(www.inflearn.com:国内のオンラインビデオ講義システム)が少なく諮問を求めることができる場所が少ないですね。〓〓のでWPLMSテーマをすぐに購入するにはまだ消極的のに大丈夫でしょうか?

      • こんにちは?

        言われたサイトを見てみるとWPLMSテーマを使用しましたね。(笑)

        少し調べてみるとWPLMSテーマは、高サーバーの仕様を要求し、設定が複雑であるね。 初心者が設定するには容易ではないことがあるようです。 (下の図を参照)。

        WooCommerceをサポートしているテーマの中からAcademyというテーマも考慮見ることができそうです。

        https://1.envato.market/g4Vz2

        LifterLMSを使用することは、 https://www.thewordcracker.com/basic/lifterlms-wordpress-lms-plugin/ 文でスクリーンショットを一度見てみてください。 そして、プラグイン自体は無料です。 無料でダウンロードしてインストールして設定してご覧になってテーマを購入するよりも良いという考えが召し上がるバンドル購入を考慮してみることができるようになります。

        テーマを選択して設定した場合、利点は、デモをロードして、場合によっては、少しの設定だけで使用でき、時間とコストを削減することができるという点です。 もちろんカスタマイズしたい場合はテーマと WordPress 使い方をきちんと知っておくべきでしょう。

        wplmsの場合は、Webホスティングサーバーが良くない場合やPHPの設定に応じて、インストール自体がうまくできないかのデモがうまくロードできない場合があるとします。 このような現象は、比較的高い仕様を必要とするいくつかのテーマでも表示されることがあります。

        https://uploads.disquscdn.com/images/ee2bd0985f667e73b15cac665da596bdb9de5ef417e7aca1d12f5162b80b76cb.png

      • http://www.inflearn.com の場合には、そのサイトを開発ツールとして見たときWPLMSを使用したようですね。