ソーシャルメディアに関するTemplateMonsterの無料電子ブック

Last Updated:2023年07月17日| コメントを残す

ソーシャルメディアに関する無料の電子書籍

このブログへの訪問者が流入されるソースを分析してみると、ほとんどのユーザーは、Googleと Naverを介して流入されている一方、 Facebook, Twitter などのソーシャルメディアを通じた流入はほとんど0に近いほうです。

訪問者の流入経路
ソース別の訪問者の流入経路

現在Googleが圧倒的な1位を占めており、 Naverでの流入が着実に増加傾向にある一方、ソーシャルメディアを通じた流入はほとんどありません。 グーグル・アナリティクスの統計を見ると、 Facebookの場合、1日に平均XNUMX人が訪問して Twitter統計さえ取れないですね。 記事の下部に、ソーシャルメディアの共有リンクのアイコンがありますが、まったくの役割をできないようにします。

時間になると、ソーシャルメディアを通じた訪問者の流入を活性化する方策を講じて見なければならないようです。

ちなみにこのブログに TemplateMonsterに関連するいくつかの記事が英語で提供されています。 興味のある方は「Ask the Monster:Interview with David Braun「記事を参考にしてください。TemplateMonsterで自分のCEOに聞きたい質問がある場合は、質問をする機会を与えると提案があり、個人的に気になる点を問い合せて受け取った内容をそのまま上げました。(以前はTemplateMonsterでHTMLテンプレート、Joomlaテンプレートと WordPress テンプレートを購入していました。)

そしてTemplateMonsterでソーシャルメディアに関連する電子書籍を無料で提供しています。 やはり、英語になっており、読み取りが負担になることができますが、興味のある方は、参考にしてみてください。

昨年TemplateMonsterで購入した WordPress テーマと関連して作業をしたことがありました。 テーマに特異的にCherryFrameworkというフレームワークが適用されていました。

TemplateMonsterで モンストロイドという WordPress テーマはベストセラーのテーマとね。 最近アップグレードされた Monstroid2が発売されたします。 見てみると、このテーマも多目的テーマですね。 ユーザーの評価は良いようです。

参考までに Themeforestで販売されている多くの WordPress テーマ 視覚的な作曲家が採用されています。 VCには使い勝手の良さがありますが、一方ではサイトの速度を落として様々な問題を引き起こすこともあります(」WordPress ページビルダーの長所と短所"参照)。 AvadaEnfold 同じテーマのVCではなく、独自のページビルダーを使用しており、このブログに適用されているDiviテーマ(参照)も、独自のページビルダーが使用されています。


コメントを残す

コメント