新しく変わったYoast SEO 8.0 - Gutenberg サイドバーの導入

4

最近Yoast SEOがバージョン8.0に更新され、新しい WordPress エディタの Gutenbergとの統合のための最初のステップとして、 Gutenberg サイドバー(Gutenberg Sidebar)に表示されるYoast SEOメタボックスが導入されYoast SEOメタボックスも新しくなりました。

Yoast SEOメタボックス

Yoast SEOを8.0に更新すると、二つのメタボックスが表示されます。

  • 記事の下のメタボックス
  • サイドバーのメタボックス

Gutenberg プラグインをインストールしていない場合には、文の下にあるメタボックスのみ表示されます。

いくつかの最適化オプションが2メタボックスに表示されているわけではないので、当分の間、両方のメタボックスが表示されるします。

Gutenberg サイドバーに表示されているYoast SEO

Gutenberg プラグインを有効にした場合、 Gutenberg サイドバーYoast SEOの項目が表示されます。

Yoast SEO  -  Gutenberg サイドバー

右上のYoast SEOアイコンをクリックすると、上の図のようにYoast SEOメタボックスが表示されます。 各項目の横の矢印をクリックすると、広がるか、縮小されます。

Readability(読みやすさ)をクリックすると、次の図のように分析結果が表示されます。

Yoast SEO  -  Gutenberg サイドバー

ちなみに、ここで提示する事項は、参照用に使用するといいようです。 SEOは、最終的に書くと関連します。 Yoast SEOで提示する事項は、良い文を作成するときに参考にすることができますが、絶対的な基準はありません。 このような基準を完全に無視した文も、Googleにも検索されている場合があります。 ただし、このような原則をどの程度よると、読者が読みやすい文を作成するのに役立ちますです。

Focus keyword(フォーカスキーワード)をクリックすると、フォーカスのキーワードのエントリが表示されます。

Yoast SEO  - フォーカスキーワード

私は重要なキーワードが何回使用されて文の長さが適正なレベルであることをなどについてあまり気を使わずに文章を作成する方です。 検索エンジンで好ましい方法に応じて、文章を作成したい場合に、フォーカスのキーワード部分を活用みることができます。

Cornerstone content(コーナーストーンコンテンツ、キーコンテンツ)をクリックすると、次のように対応する文をコーナーストーンコンテンツとして指定するかどうかを選択できるオプションが表示されます。

Yoast SEOコーナーストーンのコンテンツ

サイトで非常に重要な文をコーナーストーンコンテンツとして指定することができます。 Mark as cornerstone contentOnに設定すると、フォーカスのキーワードで分析が変わるようです。

デザインがすっきり変わっYoast SEOメタボックス

8.0に更新され文の下部に表示されるメタボックスのデザインも変わりました。

Yoast SEOメタボックス

全体的に、より直感的ですっきりとデザインが変更されました。

Gutenblock

Yoastで自主的にGutenblockを作っているとします。 近いうちにここのニュースを公開する予定だとね。 Gutenbergはブロック(block)を使用してページを作成します。 ブロックは、独自のスタイルを持つことができ、それ自体のメタデータを含めることができます。 したがって、正しく構造化されたデータが含まれているブロックを自動的に作成することができれば、本当に良いでしょう。 その後、Googleでそのブロックがレシピに関するか、それとも特定の商品に関するかどうかをすぐに認識するようになったら? その後、schema.orgデータを追加するために、開発者を雇う必要がないことです。

このように可能性は無限であり、機会はどこにでも存在します。 Yoast SEOが今後どのような機能を追加するか楽しみです。

参照

4のコメント

  1. Gutenbergが出Yoast SEOのslug設定部分が本体のslug設定と連動しないされて別々に遊ぶの問題があった今回のバージョンで解決されたか表示します。 Yoast SEOプラグインをアップデートするから連動になりますね。

    • Gutenberg エディタ自体がまだ完成状態ではないため、バグがありますが、時間が経つにつれてますますよくようです。

  2. オ良い情報ありがとうございます。
    Gutenbergが日々が多いことが、様々な変化をもたらしてきますね。

    最近明かしエディタを積極的に使ってみようと努力しています。

    • 余裕がある開発者は、積極的に Gutenbergに対応するものです。

      このブログで使用されたPublisherのテーマの場合、約2ヶ月前に円バトーマーケットで退出されました。 そのため、テーマ開発者が独自のマーケットを構築し、テーマの販売を開始しました。

      問題はテーマが自動的に更新されるようにする機能を追加し、テーマに含まれているプラ​​グインを最新バージョンにアップデートして、新しい機能も追加する予定だが、それはおそらく業務負担が増え、第時の更新が行われていない。 このテーマの場合、すぐに当面の問題を解決する必要があるため、Gutenbergへの対応は、遠い国の話です。(笑)

      私はしばらくの推移を見ながら Gutenbergが安定化してテーマでしっかりサポートする利用してみるつもりです。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください