WordPress サイトのアドレスに ckattempt=1~3 がついてリダイレクトされる場合 - WordPress 情報パッケージ
ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

WordPress サイトアドレスに ckattempt=1~3 がついてリダイレクトされる場合

Last Updated:2022年3月18日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

최근 WordPress サイトのアドレスに ckattempt=2 がついてリダイレクトされる問題について問い合わせを受けたことがあります。 この問題は主に Cafe24を利用する場合に発生するようです。 Cafe24を使用している場合は、Webファイアウォールとスパムシールド機能を無効にすると問題が解決します。

WordPress サイトアドレスに ckattempt=1~3 がついてリダイレクトされる場合

WordPress サイトアドレスに ckattempt=1~3 がついてリダイレクトされる場合

Googleのページスピードインサイトでサイトを分析すると、上の図のようにリクエストしたURLがhttps://example.com/?ckattempt=2にリダイレクトされましたエラーが発生してサイトの分析ができなかったり、サイトのアドレスに「?ckattempt=数字」が付いていると、サイトにアクセスできなくなったり、403エラーが表示されることがあります。

サイトのアドレスに「??ckattempt=number」が付いている問題に関して海外 한 Twitter 文では、サイトにaes.jsがインストールされているためと伝えています。

If you're seeing pages with "ckattempt=1" in the URL, it's because your site has aes.js installed on it & it's causing some kind of redirect

ページのURLに「ckattempt = 1」と表示されている場合は、サイトにaes.jsがインストールされているため、リダイレクトが発生するためです。

国内では、この問題は主に Cafe24を利用するサイトで発生しており、 Cafe24のWebファイアウォール、掲示板スパムフィルタ管理、スパムシールド機能を無効にすると問題が解決します。

Cafe24のセキュリティ関連機能は、 WordPress サイトで予期しない問題を引き起こすこともあります。 例えば、 Cafe24のWebファイアウォールのため、DiviテーマのDiviビルダーまたはエレメントページビルダーでページを変更した後に保存できない問題が発生する可能性があります(」WordPress ページビルダーで投稿を編集して保存/更新できない問題"参照)。

これらの機能を無効にすると、サイトの速度が少し向上する可能性がありますが、セキュリティには望ましくありません。 これらの機能はセキュリティに重要な役割を果たす可能性があるため、むやみに解放するのではなく Cafe24に連絡してそれらの機能を無効にしたときにセキュリティにどのような影響を与える可能性があるかを尋ねたら、それを無効にするかどうかを判断するのが良いでしょう。

Cafe24: PHP 7.4 サポートを追加

Cafe24ご利用の場合はPHP 7.4がサポートされますので、なるべくPHP 7.4を適用してください。 PHP 7.4のサポートが追加されましたが、それを知らない顧客が多いようです。

PHP 7.3以下はセキュリティサポートを終了し、PHPバージョンが低すぎる場合(たとえばPHP 5.5) WordPressが動作していません。

PHPバージョンを変更するときは必ず データ(Webファイル)とデータベース(DB)を徹底的にバックアップした後に進んでください。 PHPバージョンをアップグレードした後 WordPress、テーマ、プラグインも最新バージョンにアップデートすると、セキュリティにも望ましく、サイトのスピードも向上します。

あまりにも長い間更新されていないサイトの場合は、最新バージョンに更新するとサイトの一部の機能が正しく機能しない可能性があります。 更新後にサイトに問題が発生した場合は、長時間更新されずに放置されているプラ​​グインを削除し、問題を引き起こすプラグインを見つけて削除するか、代替プラグインに置き換えることを検討することができます。

参照



コメントを残す

コメント