ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

SiteGroundの WordPress 自動移行プラグイン - SiteGround Migrator

Last Updated:2020年11月14日| 17のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기
WordPress 移行プラグイン

海外ホスティングの一つである SiteGround(SiteGround)で最安値商品であるStartUpを除くすべてのプランでは無料のサイト前のサービスを提供しています。 StartUpプランユーザーは手動でサイトを移行する必要があったが、今 WordPress サイトを自動的に前させてくれる SiteGround Migratorプラグインが出ました。

SiteGroundの WordPress 自動移行プラグイン

SiteGroundの WordPress Migratorを使用すると、他のウェブホスティング会社で運営している WordPress サイトを SiteGroundに自動的に移行することができます。 したがって、StartUpプランユーザーも WordPress サイトを簡単に SiteGroundに移行することができます。 そしてGrowBigとGoGeekプランユーザーも複数のサイトを移転するために、このプラグインを使用することができます。

ただし、このプラグインは、localhost環境とマルチサイトでは適していません!

SiteGround Migratorプラグインを使用して Bluehost 共有ホスティングのホスティングされているサイトかを SiteGround(GoGeekプラン)に移転してみました。 次のような順序で WordPress サイトを比較的容易に SiteGroundへの移行が可能です。

ステップ1: SiteGround cPanelからの移行トークン生成

まず、 SiteGround cPanelにログインして、移行トークンを作成します。 cPanelログイン> WordPress Tools> WordPress Migratorをクリックします。

SiteGround WordPress 自動移行プラグイン

これにより、次のような WordPress Migrator画面が表示されます。

SiteGround WordPress 自動前のプラグイン

ここで Select Domanでドメインを選択します。 SiteGroundで登録したときに入力した既存のドメインを選択するか、cPanelからアドオンドメインに登録したドメインを選択することができます。 そのドメインのサイトを SiteGroundに移行すると考えた場合(例えば、www.example.comドメインが他のウェブホスティングでホスティングしており、このドメインを SiteGroundに移転する場合)まず、この記事のプロセスを完了した後に、ネームサーバを変更するようにします。

WordPressがインストールされてドメインと SiteGroundに移行するドメインが異なる場合には、ネームサーバの情報を先に変更しても無関係です。

Enter Pathには、サブディレクトリに移行する場合は、ディレクトリ名を入力します。 blog).

生成するをクリックします。

SiteGround WordPress 自動移行機能

これにより、新しい移行トークン(Migration Token)が生成されます。 このトークンをコピーします。

WordPress サイトに SiteGround migratorプラグインのインストール

今移行元 WordPressがインストールされ、サイトにログインして SiteGround migratorプラグインをインストールします。

プラグイン>プラグインを追加するから SiteGround migratorを検索してインストールします。

SiteGround SiteGround migratorプラグインのインストール

参考までに WordPress 管理者パネル>設定>一般で有効なメールアドレスが入力されているサイト、以前完了後に電子メールで通知を受け取ることができます。

移行トークンを貼り付けて WordPress 前開始する

プラグインがインストールされ有効にされた場合、管理者パネルの左側のメニューに SG Migratorが表示されます。 SG Migratorをクリックします。

SiteGround WordPress 前に

上記のような画面が表示されたら Migration Token 欄に cPanelで作成した移行トークンを貼り付けます。

Send notification email when migration is over to オプションのチェック欄がチェックされている、以前に完了した後、通知を受け取ります。

Initiate Transfer(前の開始)をクリックします。

SiteGround サイト前の進行中

Website Migration in Progress(ウェブサイトの移行中) 画面が表示されます。 もしソース WordPress サイトのドメインと移転するサイトのドメインが異なる場合は、後に次のような画面が表示されます。

SiteGround WordPress 自動以前のサービス

持続するをクリックすると、続けて、以前に行われます。

SiteGround WordPress 自動以前のサービス

データとDBを圧縮して、ダウンロードを開始します。

SiteGround WordPress 自動以前のサービス

ファイルのダウンロードの進行状況が表示されます。 この画面でダウンロードされたファイルの数が徐々に増加したり、停止しているように見える場合があります。 そのような場合にも、以前に行われているので Cancel Transfer(前のキャンセル)を押さずに待つようにします。

サイトの規模に応じて、時間がかかる場合があります。 この画面をそのままにして、他の作業をしたり、しばらくコーヒータイムを持ってもします。

ウェブサイトの点検およびNSレコードの更新

以前に完了すると、画面に指示が表示され、同時にメールでも通知が来ます。 SiteGroundで一時的なURLも生成してネームサーバの情報が完全に変更されるまでサイトが中断されないように配慮します。

サイトを確認した後異常がなければ、ドメインのDNS設定を SiteGroundを指すように変更することをお勧め。 ネームサーバの情報は、電子メールでも確認することができます。

以下は SiteGroundから送ら通知メールです。

SiteGround WordPress 自動前

一時的なURLとネームサーバ情報が表示されています。 ネームサーバの情報を変更しても完全に更新されるまでに48時間程度かかる場合があります。 一時的なURLは、48時間の間、有効なようです。

SiteGround 前完了

以前に完了すると、上記のように Transfer Completed Successfully! 画面が表示されます。 サイトをチェックした後、DNS情報を更新するようにします。

もし通知メールがきたが、上記のような画面が表示されずに継続ファイルのダウンロード進行画面が表示されたら、管理者ページの左側のパネルにある SG Migrator メニューをクリックすると、上記のような画面が表示されます。

最後に、

SiteGround[新規披露 SiteGround Migratorプラグインを使用して他のウェブホスティング会社でホストされ WordPress サイトを SiteGroundに移転するテストをしてみると懸念とは異なり、よくなりました。 中間ファイルをダウンロードする画面で止まったかのように見えたが、忍耐を持って待ってからメールに移行が完了したことの通知がきました。

サイトの規模が非常に大きい場合、プラグインを利用した以前よりは手動移転がより望ましいことがあります。 Duplicatorなどのプラグインを使用してサイトを移転したときに、サイトの規模が大きい場合に失敗する場合があります。

SiteGroundは、比較的安定して速度も大丈夫なようです。 特に使いやすさが、他のホスティングより優れていることを感じることが多いです。 安くて歌声雨良いホスティングをご希望の場合 Bluehost 共有ホスティングを考慮してみることができます。

参考までに このリンクをクリックして、 Bluehostに加入すると、1ドルが割引された月に最低2.95ドルからサービスを利用することができます。 この記事に含まれているリンクをクリックして、ホスティングサービスに登録すると、私は少しのコミッションを受け取ることができます。 しかし、私はコミッションのために、特定のサービスをお勧めしません。 次の記事での経験を通して感じた各ホストの長所と短所を記載したので、いくつかの事項を考慮して、ニーズに最も適したサービスを選択してください。

メモ:

サーバーをシンガポールポートに設定した場合、一部のインターネットプロバイダ回線では、特定の時間帯に速度が遅くなる現象が発生することがあります。 これ SiteGround 問題ではなく、特定のインターネットプロバイダの問題のようです。 私はデータセンターの位置を「アメリカ」に移して利用しています。 このサイト가 SiteGroundでホストされています。



17のコメント

コメント

  1. 内容ありがとうございます。 サイトグラウンドに1年約60火にスタートアップしたが、1年延長しようとするから、約140火ほど高くなったが、その理由が何であるか知らいただければ幸いです。

    応答
    • こんにちは?

      海外ホスティングでは、最初に登録時に約定した期間中に通常価格からの割引された価格でサービスを提供しています。
      約定期間が終了すると、通常価格で更新されます。
      この場合は、次のような方法でコストを削減することができます。
      1)別のアカウントを新たに登録して、既存のアカウントのサイトを移転して使用する方法。 既存のアカウントは有効期限が切れたら、更新せずに、新しいアカウントでサイトを運営することができます。 私はこの方法を使用しています。
      2) Bluehost など他の海外のホスティングに乗り換える方法があります。 少し面倒でも、この方法が、コストを削減する確実な方法である。

      これに関連して、以前にこのブログで取り上げたことがあるので注意しましょう。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%ED%95%B4%EC%99%B8-%EC%9B%B9%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85%EC%9D%84-%EC%A0%80%EB%A0%B4%ED%95%98%EA%B2%8C-%EC%9D%B4%EC%9A%A9%ED%95%98%EB%8A%94-%EB%B0%A9%EB%B2%95/

      SiteGroundの場合、最初に登録したときに3年程度登録してたかったが、コストのために1年加入したが、有効期限が切れる直前に戻って2年に新たに登録してすべてのサイトを新しいアカウントに移し、現在使用されています。 この方法が面倒だけのコストを削減したい場合に考慮してみることができます。

      応答
      • すごい私が探して回答ですね! 1年費用安価でしたが、延長しようとしますか、価格がフック走っ以前しようとすれよく移動自信がなく、新たアカウントパーサ新たプラン3年切断どうされるかした詳細な回答のおかげで、悩みが解決されています〜ありがとうございます!

      • 役に立ちましたなんて、私も嬉しいですね。

        楽しい週末と休日送ってください。

  2. 常に良い情報ありがとうございます。
    数日前に Bluehostだから4日間サーバーダウン食べて… とてもダメだと思う
    Bluehost ただ置いて一度準備中のサイトを SiteGroundに移動しました。
    VPSを書くお客様の中にも、最近サーバーダウンされている事例が多すぎて一度SGと決心したんです。

    運営者様が書いてくださったこの記事の詳細を見ている必要に心が急なので何気なく画像浮いておいて
    ネームサーバ変え、他の移行プラグインで作業しようとしました。

    沸騰やっぱり勉強しなければ苦労するのが Bluehost 考えるだけでドムビョトたPHP.iniの設定も11ドルのことはできなかっ変え
    アップロード自体がないからできているのがないですね。 一度変えたネームサーバの値はほぼ24時間以上行ったり来たりする
    筒にSGマイグレイトは引き続きエラーのみ開いて、最終的には3こと置いておくなんて、まさにますね。

    して、基本的なものは簡単にコピーがしました。

    沸騰かけている方が参考することがアドレスパスを Bluehost サーバーは、WPがついてSGは外して移動したところで
    一般ページやポートフォリオなどはよく呼んでくる WordPress 有料プラグインで作業したページでは、画像
    ソースパスを変えずにできないインポートね。 してこれページ内の編集ツールに戻ってパスの変更をしてくれた
    ご利用の方は、可能な場合は、ドメインの後ろに付く内部パスは同じ設定するのが安全であることようです。

    こぶにはあまりにも多くなる可能性がありお問い合わせについてようよ。
    使ってみると確かに旧館が銘球と顧客利便性は Bluehostが良いようです。 SGは直感的でぴったり必要なもの
    だけできるようにしておいた感じですね。

    最後に運営者様ありがとうございます。 このサイトは私にはドゥンブルですね。 なければ、かなりや何度も疲れたようです。 ^^

    応答
    • 個人的に SiteGroundが使いやすさと、顧客利便性が良く感じられ好む編入ました。

      wpサブフォルダに WordPressをインストールすることはあまりお勧めしませんが、
      移転するとき/ wpフォルダに WordPressをインストールした後、データファイルは、ftpで転送し、DBはphpMyAdminで代替ハムニョ非常に容易に移転が可能だったのです。

      ドメインネームサーバの情報が変更されなくてサイトが正しく表示されない場合は、手動でDBを作成移転することも可能です。

      すでに7月開始を置く。

      楽しい夜の時間を過ごしてください。

      応答
  3. いつも良い文等よく読んでいます。 このサイトを見て、私も、国内で海外 sitegroundに乗り換えるなりましたね。
    ほかではなく、もしかしたら、後で時間ましたら sitegroundの wordpress tools機能のXNUMXつであるStaging / SG-Git機能について一度文を書いて主審とても感謝します。 インターネットを探して読んでもなかなか概念がよくないジョブヒネヨ。^^;

    応答
    • こんにちは?

      Stagingは、おそらく SiteGroundのGoGeekプランのみ提供されます。

      しばらく見てみると、開発者が使用する機能で、現在のサイトをそのままにしてテストを実施してみたい場合は、サイトをそのまま複製してテストすることができる機能です。

      日曜日に一度テストしてみ関連記事を一つ作成してみましょう。

      天気が肌寒くなりましたね。 風邪注意してください。

      応答
  4. 私も 'SiteGround'でWebホスティングを使用しており、テーマは Enfoldテーマを使用中です。 SiteGroundガピョが好きで6ヶ月くらい使用中なのになぜこんなにゆっくり感じられるのか…。 データセンターはシンガポールですが、むしろ韓国のWebホスティングが速いのでしょうか…。 私が管理しているサイトの速度が何であるかを一度だけ訪問してみてください。 https://pkists.net/
    速度が遅い原因を見つけてほしいという失礼な要求ではなく速度がたくさん遅い方か WordPress サイト中の平均程度なのかどうかが気になります。

    応答
    • こんにちは?

      第コムでだけアクセスしてみると速度が速く感じられますね。

      WP Statisticsなどのプラグインではなく、Googleのアナリティクスを利用して見ればいいようです。

      そして、キャッシュプラグインも活用してみてください。

      応答
      • ああ、早く感じられるなんて幸いですね…。 おそらくインターネットの問題かもしれません… 海外ホスティングを利用したサイトが全体的にゆっくりと感じられています。
        しかし、WP Statisticsを使用していることはどのように知っていますか… 気になりました^^? (私は趣味でホームページを作ってわからないことが多いです)

      • 国内でホストしても遅いのサイトはすごく遅いです。(笑)

        速度は経験上の最適化とWebホスティングなどの影響を受けることがあります。
        このブログは、海外のホスティングの一つである Bluehost( https://www.thewordcracker.com/go/bluehost )を利用しています。 初期の速度が遅いという評価が多かったが、今では数年前とは違って、海外のホスティングも速度がある程度改善されたようです。

    • 参考までに、米国で速度チェックしてみると、通常程度の速度が出ますね。 これは、データセンターの場所が、シンガポールであるからなのです。 データセンターは、米国側であれば、米国側の速度が速く出てくるでしょう。

      https://tools.pingdom.com/#!/cV0pFb/https://pkists.net/

      参考までに https://www.wordnpress.com/ サイトも SiteGroundですが、データセンターは、米国です。(韓国では分からないが)、米国でチェックしてみると速度が速く出てきます。

      https://tools.pingdom.com/#!/cyvH1m/https://www.wordnpress.com/

      応答
      • とウェブサイトのスピードテストまでしてください。 ありがとうございます。 時間があるときにデータセンターをアメリカに移動する必要があります。

      • 米国に移動すると、米国では、速度が速くなることがあるだろうが、韓国では、シンガポールより遅くなる場合があります。

        https://www.wordnpress.com/ サイトの速度をチェックし見て、速度が遅く感じたら、データセンターをシンガポールに維持することが、より良いでしょう。 米国のデータセンターに移行するには、 SiteGround手動で作業する必要があるため、多少のコストがかかります。

  5. WordPress サイトの規模が大きすぎたり、手動で移行する必要がない状況で困難を経験する場合 https://www.thewordcracker.com/forum/support-system で有料サービスを依頼することができます。

    応答