Bluehostから WordPress プラグインを無効にする方法 - ホームページのトラブルシューティング

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ワードプレスのサイトを運営していると、プラグインのクラッシュのサイトにアクセスしたり、ログインができない問題が発生する場合があります。 そのような場合、問題を引き起こすのプラグインを無効にすると、問題が解決される場合があります。 ブルーホストを利用する場合、ブルーホストのホームページで、ワードプレスプラグインを無効にできます。

ブルーホストで運営されるワードプレスのサイトがプラグインのクラッシュで接続が不可能と思われる場合は、ブルーサイトのホストで問題となるプラグインを探して無効にすることができます。

プラグインのクラッシュによるサイトへのアクセス不可またはログイン不可の問題

ワードプレスのサイトでプラグインを更新するか、新しいプラグインをインストールした後のサイトに問題が発生してサイトへのアクセスができないか、ログインができない場合が発生する可能性があります。

サイトに問題が発生した場合、まず、問題の原因を特定する必要があります。 サイトが正常に動作している途中のプラグインやテーマ、あるいはワードプレスを更新した後に問題が発生した場合、多くの場合、プラグインのクラッシュが原因です。

そのような場合 FTPに接続して、プラグインフォルダの名前を変更すると、全体のプラグインが無効になります。 もし全体のプラグインを無効にした後、問題が解決した場合、プラグインのいずれかが問題を引き起こすと推定することができます。 (もちろん、プラグインをすべて無効にすると、サイトのレイアウトが崩れて、プラグインで提供される特定の機能が正常に動作しないことです。)

FTP経由でのワードプレスのプラグインを無効に

問題の原因は、プラグインであれば、問題となるプラグインを探して無効にするか削除すると、問題が解決されています。

もしエラーメッセージに特定のプラグインの名前に関連するエラーが表示される場合は、プラグインや、あるいはそのプラグインに関するテーマが原因であることがあります。 そのような場合疑われるプラグインのフォルダの名前を一時的に変更して、問題が解決するか確認することができます。

ワードプレスデバッグモード

ワードプレスでエラーが発生した場合wp-config.phpファイルで次の行を追加すると、デバッグログメッセージを確認することができます。

define( 'WP_DEBUG'、true);

WP_DEBUG項目がある場合は、falseをtrueに変更します。

エラーメッセージが表示される場合、問題の原因が何なのかおおまかに推定することができます。 場合によっては、何もメッセージが表示されない場合もあります。 そのような場合、問題の原因を把握することが容易ではないことがあります。

ブルーホストからのワードプレスのプラグインを無効にする方法

海外のウェブホスティングの一つであるブルーホスト(Bluehost)を利用する場合、ブルーホストのホームページでWordPressのプラグインを無効にすることができます。

したがって、ブルーホストのサイトに問題が発生してログインすることができない場合は、ブルーサイトのホストにログインして、サイトのプラグインを一つずつ無効にして、問題が解決するかチェックを試みることができます。

ちなみに歌声非良い安価なWebホスティングをご希望の場合、ブルーホストを考慮してみることができます。 ブルーホストの詳細については、「海外ホスティング:ブルーホストとサイトグラウンド比較」を参照してください。(参照記事に含まれているリンクをクリックして、ブルーホスト共有ホスティングに加入すると、月1ドル割引された月の最低2.95ドルからサービスを利用することができます。手頃な価格のホスティングをご希望の場合まともな選択があります。)

ブルーホストのホームページにログインした後 個人用サイトをクリックして、サイトのリストで問題を起こすサイトの Manage Siteをクリックします。 (ログイン ボタンを押すと、サイトにログインすることができますが、ワードプレスのブログに問題が発生して接続が不可能な場合には、ログインができません。)

ブルーホストのホームページで、ワードプレスのサイトを管理する

その後、 概要(Overview) ページが表示されます。 右上の プラグインをクリックします。

Overview page compressor 1030x571  - ブルーホストからのワードプレスのプラグインを無効にする - ホームページのトラブルシューティング

その後、サイトにインストールされているすべてのプラグインのリストが表示されます。

ブルーホストのホームページで、ワードプレスプラグインを無効にする

問題の原因と推定されるプラグインを知っている場合は、プラグインの右にあるはON ボタンをクリックして、 オフに変更するプラグインが無効になります。

問題の原因は、プラグインと推定されるが任意のプラグインであることを知らなければ、まず、すべてのプラグインを無効にして、問題が解決するかをチェックして、プラグインのために問題が発生するかどうかを知ることができます。 プルログインガ問題を起こす場合、プラグインを一つずつ有効ながら問題の原因となるプラグインを見つけることができます。

問題を起こすのプラグインを見つけたら、そのプラグインを削除して似たような機能の他のプラグイン(例えば、 Yoast SEOプラグインこの問題を起こすYoast SEOを削除して ランク数学 などの別のワードプレスSEOプラグインで交換可能)で置き換えることができます。 必要なプラグインである場合には、プラグイン開発者に連絡して、問題の解決を試みてみることができます。

おわりに

以上でワードプレスのサイトに接続できない場合、FTPに接続してWordPressのプラグインを無効にする方法と一緒にブルーホスト(Bluehost)を利用する場合に、ブルーホストのホームページで簡単にプラグインを無効にする方法について説明しました。

ブルーホストでは、サイトに問題が発生した場合、ライブチャットを介して連絡を試みることができます。 しかし、問題は、Webホスティングサーバー自体の問題ではなく、ワードプレスと関連する場合には、直接の問題を解決する必要があります。

このブログで検索してみると、様々なワードプレスに関連する問題とブルーホストに関連する問題の解決方法についての記事を見つけることができます。 まず、 検索ページで検索して見てよくない場合は、以下のコメントをつけて頂ければ分かる範囲内で回答を差し上げるよう努力します。

ブルーホストに登録した場合は、まずPHPのバージョンを7.3(この記事作成日あたり、 Bluehost VPSは PHP 7.4までサポート)]に設定してPHP ini設定値を増加させる。 詳細については、「ブルーホストでは、PHPのバージョンとPHPの設定値を変更する(新しいcPanelインターフェース)」を参照してみてください。

注:



コメントを残す