ブレッドクラム(Breadcrumb)を使用してSEO向上させる

6

ブレッドクラム(Breadcrumb)とGoogleの検索結果

有名な「ヘンゼルとグレーテル」という童話からヘンゼルは迷子にしないようにパン粉をふりかけします。 童話では、鳥がパン粉をすべてつつく食べ道を失うされますが、Webサイトでは、このパン粉すなわちブレッドクラム(Breadcrumbs)は、ユーザーが道を失うことなく、適切な文章を見つけることができるよう支援することができます。

ブレッドクラムを使用すると、Google検索結果では、アドレスの部分に移動経路が表示されます。

ブレッドクラムとGoogle検索
Googleの検索結果に移動経路(Breadcrumb)がアドレスURL部分に表示されます。

単にURLが表示されているよりも、移動経路が表示されたら、ユーザーの直帰率(Bounce rate)を減らすのに役立ちます。

Yoast SEOのブレッドクラム機能を使用する

WordPressでブレッドクラムを使用する方法はいくつかあります。 ブレッドクラムNavXT 同じプラグインを使用すると、簡単に移動経路を追加することができます。

Avada など、いくつかのテーマでも自主的にブレッドクラムを有効にするためのオプションが提供されます。 このブログに設置された Publisher テーマもブレッドクラムを使用できる機能が内蔵されています。

もし Yoast SEOを使用している場合には、Yoast SEOに内蔵されたBreadcrumb機能を使用することができます。

Yoast SEOのBreadcrum機能を使用するには、テーマファイルを変更して、Breadcrumbが表示される部分にコードを追加する必要があります。 通常 single.php / page.php ファイルに追加します。 たまに header.phpの ファイルに追加する場合もあるね。 そして注意事項は、 のfunctions.php ファイルには、追加しないようにします。

次のコードを適切な場所に追加します:

<?php
if ( function_exists('yoast_breadcrumb') ) {
yoast_breadcrumb('
<p id="breadcrumbs">','</p>
');
}
?>

仮にこのブログに適用された Elegant ThemesのDiviテーマの場合 single.php ファイルの <article ... > タグのすぐ上に追加します。 (必ずチャイルドテーマを作成した後の操作にします。それ以外の場合テーマの更新時に修正が消えます。」ワンクリックで簡単にチャイルドテーマを作成する"文を参照してください。)

Diviテーマでブレッドクラムを追加する

今 WordPress 管理者ページの左側のパネルで SEO>詳細に移動し、Breadcrumbsの設定を有効にして必要があります。

Yoast SEOブレッドクラム設定

Breadcrumbs settingsから 使用可能を選択すると、Breadcrumb機能が有効になります。

※Yoast SEO 7.0以降のバージョンでは SEO> Search Appearance> Breadcrumbsでブレッドクラムを有効にすることができます。

Yoast SEOブレッドクラム有効

必要に応じて、いくつかの設定をしてようにします。 例えば文のタイプに表示する分類(Taxonomy)を Taxonomy to show in breadcrumbs for post typesで設定することができます。

Yoast SEOのBreadcrumbs設定

上記のように "カテゴリ」を選択すると、下図のように文にカテゴリーが表示されます。

WordPress ブレッドクラム

CSSを使用してBreadcrumbが表示されているレイアウトを調整することができます。

* メモ: Breadcrumbは音域てブレッドクラムとよく使用され、MS Glossaryは「移動経路」と翻訳されています。 「移動経路」という表現も良いようです。

※一部文にアフィリエイトのリンクを含めることができます。_コーヒーカップの値にブログ運営を スポンサーすることができます。

Ω

コメント6件
  1. Chris Mok

    適用したがこの間に削除されました。 サイトが行き来遅くプラグインの使用を減らしてのにオプエトた〓〓

    むしろ続編にホスティング費用をもっと与えオプグルをするのがパルゲト団と思うが... 行き来グィチァニズムね(笑)今のゲル安い月にAUD $ 7建てを使用しています。

    1. Word

      オーストラリアドルで7ドルで、米ドルで5.35ドル程度になりますね。 その程度ならVultrに5ドルプランを利用すればどうですか? Vultr 5ドルが餌商品性格なのであまり良くはない、いくつかの評が... コストまともな選択ではないかと思われます。(笑)

      Yoastがテーマやウェブホスティングサーバーに応じて、サイトのパフォーマンスに影響を与えると思われます。 以前のテーマでYoast SEOをインストールするから、管理者ページがあまりにも遅くね。 だから当時はAll in One SEOを使用している途中、最近Diviテーマ( http://www.thewordcracker.com/basic/elegant-themes-divi-%EB%A6%AC%EB%89%B4%EC%96%BC/ )に変えた後、Yoast SEOを再インストールしてみると、以前のように遅くなる問題が発生しません。

      Webホスティングサーバーだけでなく、テーマや他のプラグインの影響も受けることになります。

      1. Chris Mok

        今現在のホスティング会社から無料でSSLを提供していていない去っているのが実情です〓〓

      2. Word

        Comodo証明書がインストールされていますね^^

        Bluehostの場合、商品によっては無料でSSLを提供しています。 私が使用しているプラ​​ンは、SSLが含まれていません。 (あえて使用しようとすると無料共有SSLを使用することができますがその場合は、画像のパスなどを変更する必要がするなど面倒な作業があって適用せずにいます。 http://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%ED%95%B4%EC%99%B8-%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85-bluehost%EC%97%90%EC%84%9C-%EB%AC%B4%EB%A3%8C-%EA%B3%B5%EC%9C%A0-ssl-%EC%9D%B8%EC%A6%9D%EC%84%9C-%EC%82%AC%EC%9A%A9%ED%95%98%EA%B8%B0/ )

        最近Comodo証明書を Bluehostを介して有料で申請したことがあるがComodoから認証メールをどこに送信したか、私は受けをしました。 Bluehostに連絡したらComodoに連絡してくださいでてComodoホームページを介してメッセージを送ったが、何の連絡もなく、最終的にキャンセルしました。 Comodoはあまりひいきがないようです(笑)(考えてみると、ブログに有料SSL証明書を使用することは贅沢な気もして...多分よくなった気がしたりします。)

  2. 株式

    ブレッドクラムはSEOにも役立つよね!

    ところが、アップルのWebサイト行ってみればブレッドクラムが下部に非常に小さく表示されようなものも、果たして役に立つのか分かりません。 笑

    1. Word

      アップルは、ユーザーが分かって見つけくるSEOを気にする理由はあまりないんじゃないと思うね。(笑)