Mullenweg, WordPress 5.0計画を発表 - 11月19日にリリース予定

3

Mullenweg(Matt Mullenweg)が WordPress 5.0を予想に反して11月19日に公開する予定だと明らかにした。 A Plan for 5.0という文を使用して WordPress 5.0リリースのための計画を明らかにしました。

ご存知のように WordPress 5.0は Gutenbergがデフォルトのエディタとして搭載されます。 現在4.9.8バージョンでは、 Gutenbergをプラグインとしてインストールしてテストすることができます。

WordPress 5.0&グーテンベックルリーダーシップチーム

Mullenwegは Gutenberg プラグインが49万を超えるサイトに現在インストールされて使用されており、(今日見てみると50万を超えるサイトに有効になっていますね)十分実戦テストを経たので、ある意味では、事実上5.0が出ているという意見を明らかにしていますね。

WordPress 5.0の範囲と日程については 提案されている WordPress 5.0 Scope and Scheduleという文では、次のように述べています。

5.0の範囲:

  • Gutenberg 統合
  • ブロックエディタがうまく動作するようにデフォルトのテーマを更新
  • 新しいTwenty Nineteenテーマを作成
  • Gutenbergを除去し、クラシックエディタ(クラシックエディタ)のプラグインを提供することができるオプションを提供(「Creating an upgrade experience to remove the Gutenberg plugin and offer the Classic Editor plugin」:おそらくこのような意味ですね。正確な意図は確認要)。

バージョン5.0日程:

  • WordPress 5.0キックオフミーティング:2018年10月3日
  • ベータ1:10月19日
  • RC 1:10月30日
  • 11月19日:リリース

追加の時間が必要な場合は日程が延期されることがあるそうですね。

  • Secondary RC 1:2019月1月8日
  • Secondary Release:2019年1月22日

11月19日という日付を置いて話多いですね。 米国では、11月第4週の木曜日は感謝祭(Thanksgiving Day)として重要な祝日です。 今年は11月22です。 米国では、ほとんどが週間の休暇を出して休んだが、よりによって祝日昼間に公開するかを理解することができないという反応が多いようです。

WordPress 5.0公開

Avada などの一部のテーマとYoast SEOなど、いくつかのプラグインでは、 Gutenbergとの互換性を確保するために積極的に対応するが、ほとんどのテーマやプラグインが十分に備えずあるようです。

このブログに使用されている Publisherのテーマの場合 Gutenbergが完成したら、互換性のある作業くれるね。 私 WordPress 5.0が出てもしばらくは既存のエディタを使用すると考えています。

ちなみにGutenbergプラグインは、現在の4.1.0バージョンまでリリースされた50万個以上のサイトにインストールされて使用されているが、まだ否定的な評価が多いですね。

3のコメント

  1. エディタとの互換性の問題はまだ考えていなかった問題です。
    韓国は感謝祭が大きい祝日はありませんが、アメリカでは問題がかなり大きいですね。 人々は休んでいますが、 WordPressは自動的に更新されてしまう不思議な歪んだサイトもたくさん出てくることができるでしょね思われます。

    • 韓国であればお盆の前日、もしくは正月前日に出てくるものと似ていると考えられますね。

      開発者も家族と一緒に休むのに、その日にテーマが問題が生じたか、プラグインが動作していないと、ユーザーが不満を提起する困難と思われる。

  2. 本来予定より5日程度遅れて今日 WordPress 5.0 Beta 1がリリースされました。

    https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-5-0-%EB%B2%A0%ED%83%80-1-%EB%A6%B4%EB%A6%AC%EC%8A%A4/

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください