Naver ウェブマスターツールに WordPress サイトの関連チャンネルを追加する

4

Naver ウェブマスターツールの要請メニューの下に見ると、「チャンネル提出」というタブがあります。小商工人や企業からホームページ、 Naver ブログ、 Facebook、カフェ、ストアパームなどのチャンネルを運営している場合 Naverで相互に検索をしたとき、サイトの領域にチャンネルに公開することができます。

仮に Naverで「サムスン電子」で検索してみると、次の図のように Facebook、YouTube、ブログ、 Twitter などの関連チャンネルが表示されます。

サムスン電子関連チャンネル

会社のサイトである場合、関連チャンネルを送信すると、SEOに役立つと思われる。

構造化データに適用

Naver ウェブマスターツールに関連チャンネルを提出するためには二つの方法でコードを置くことができます。 Naverの 構造化データマークアップガイドでは、次のような例を提示しています。

Naver 関連チャンネルコード

いずれかの<head> ... </ head>のサイトに追加します。

WordPressから Naver ウェブマスターツール関連チャンネルコードを追加する

この WordPress ブログでは、上記の両方の形式でテストしてみるとJSON-LD形式でコードを入れると正常に反映されておらず、マイクロデータの形式でコードを入れたらしっかり要求が送信されました。

WordPressでは、次のような形式のコードを使用している WordPress テーマの関数ファイルに追加します。 もちろんサイトのURLとチャンネルのURLを適切に変更する必要があります。 必ず子テーマをインストールして適用してください。

// WordPress에서 Naver 웹마스터도구 연관 채널 추가하기
function add_associatedchannel() {
?>
<span itemscope="" itemtype="http://schema.org/Organization">
<link itemprop="url" href="http://www.mysite.com">
<a itemprop="sameAs" href="https://www.facebook.com/myfacebook"></a>
<a itemprop="sameAs" href="http://blog.naver.com/myblog"></a>
<a itemprop="sameAs" href="http://storefarm.naver.com/mystore"></a>
</span>
<?php
}
add_action( 'wp_head', 'add_associatedchannel');

あるいはMicrodata形式のコードをheader.phpファイルの<head> ... </ head>の間に追加してもされます。 この場合にも、同様に子テーマ(チャイルドテーマ)を作成作業するようにします。

もしマイクロデータ形式のコードが正しく動作しない場合JSON-LD形式でコードを入力することができます。

// WordPress에서 Naver 웹마스터도구 연관 채널 추가하기 - JSON-LD 형식
function add_associated_channel() {
?>
<script type="application/ld+json">
{
"@context": "http://schema.org",
"@type": "Person",
"name": "My Site Name", // 사이트 이름
"url": "http://www.mysite.com", // 사이트 URL
"sameAs": [
"https://www.facebook.com/myfacebook",
"http://blog.naver.com/myblog",
"http://storefarm.naver.com/mystore",
]
}
<?php
}
add_action( 'wp_head', 'add_associated_channel');

コードを WordPress サイトに追加した場合今 Naver ウェブマスターツールのチャンネルを提出します。 Naver ウェブマスターツール>リクエスト>チャンネル提出で "再収集要請"ボタンをクリックします。

Naver 関連チャンネル要求が完了

正常提出されると、上の図のように "提出完了"が表示されます。しかし、対象ではないチャンネルを送信すると、「対象はありません「と」非対応」と表示されます。

Naver 関連チャンネル非対応

Naver ブログに2次のドメインを接続した場合には、元の Naver ブログのアドレスを提出しなければ正常に送信されます。 2次ドメインのアドレスを送信すると、上の図のように提出されていません。

提出完了チャンネル情報は、サイトとチャンネルの関係を検索エンジンが分析して検索露出するかどうかを判断することになるので露出を保証するものでないとします。 一定の時間が経過した後提出したチャンネルが反映されない場合、再提出をしようとしたり、テーマの関数ファイルやヘッダーに追加されたコードは、削除すると思われる。

おわりに

Naverがモバイル検索でのニュースやリアルタイム検索結果を除外し約束した事があります。 今日、その改正案を発表するとします。

Naver モバイル検索画面再編案
Naverが社内ベータテストに進行したモバイル最初の画面デザイン。 出典:ニュース1

Naver検索ロジックを随時変更しており、ロジックを変更するたびに Naverよく露出れたブログ記事がランキングで押されるなどの現象が現れています。

しかし、この WordPress ブログの場合 Naver ブログタブによく露出された後、昨年にWebサイト]タブにさらされ、 Naver 流入が全体の流入の3%台急落したが、昨年9月に13頃 Naverモバイル検索にVIEWタブを取り入れながら Naver 流入が2倍程度並んで過去30日間 Naver 流入が全体の流入量の6.5%ほど占めています。 ( "Naver モバイル検索の変更が Naver 流入への影響"参照)

Naver 流入がほとんどない場合は、複数の変化をしようとする偶然の一致で Naverで要求される条件と合って流入が増えることもあるようです。 私の管理する WordPress ブログ一つが Naver Webサイト]タブにさらされたが、最近サイトマッププラグインをインストールして、サイトマップを送信して固有のアドレスを「日付/文名」から「文の名前」に変更した後 Naver ブログタブにさらされ始めました。

テーマを変更したり、固有のアドレスを「文の名前」に変更したり、(固有のアドレスを変更した後は、必ず301リダイレクトを設定する必要がSEOに損害がありません)、その他の変化を与える Naver 流入に変化が発生することもあるようです。 (変化がないかもしれないがしようとしないよりはましだではないかと思いますね。)

4のコメント

  1. こんにちは! ワード様〜良い文のおかげで私のブログ関連チャンネルも Naverに登録しました???? 提出は完了された実際の検索に反映持つ時間がかかるようです(笑)いつも良い WordPress ヒントを共有本当にありがとうございます!

    • こんにちは? 考えノート様。

      常に良い文章よく見ています????

      私もまだ提出完了と表示されており、実際には反映されず、ありますね。

    • ないよりはよいと思われる。
      Webサイト]タブで、検出されたときの下に「関連チャンネル」のラインが行より生じ何かを持って見えたりして。(笑)
      私は関連チャンネルリクエストを送信したが、要求の完了状態であり、まだ反映はしないされていますね。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください