ナモクロスエディタ WordPress プラグイン体験版を使ってみました

4

ナモクロスエディタ WordPress プラグイン発売

全世界のWebサイト10の中3個 WordPressを使うほど WordPressが大勢います。 韓国でも WordPressで製作されているサイトが増えています。 このような傾向に合わせてナモウェブエディターで有名なナモエディタがクロスエディタを WordPress バージョンで発売して WordPress 市場への扉をノックしました。

ナモクロスエディタ WordPress プラグインナモで発売した WordPress エディタが気にして体験版を申請してみました。 この記事では、ナモクロスエディタ体験版をインストールして使用しながら感じた個人的な意見を込めてみました。

ちなみにナモエディタは2016年ナモインタラクティブエディタ事業部で噴射したメーカーで、1995年に会社創立以来、20年パーソナルナモウェブエディターと企業ナモアクティブスクエア、クロスエディタを開発して提供しています。

簡単まとめ

WordPressの基本的なエディタは、機能的な面で多く落ちる方です。 このため、 WordPress 5.0は Gutenbergという新しいエディタがコアに統合される予定です。 そして Visual Composerをはじめとする様々なページビルダーが出ています。 このような環境でナモの新しいエディタが競争力を持つことができますか?

体験版を使用してみると ナモクロスエディタのターゲットが一般個人ユーザーではなく、企業、公共機関、教育機関などの企業や機関という感じを受けました。 クロスエディタではHWP、MS Word、Excelなどの文書のコンテンツを簡単にコピーして WordPress 環境でパブリッシングが可能です。 既存に作られたハングルの文書やMSオフィス文書を WordPressを介してWebに公開するユーザーに有用であると見えます。

そして文の作成環境がハングルなどのワードプロセッサ環境と似ていて、 WordPressに慣れていないか、または拒否感を持つユーザーが簡単に利用することができるようになります。

体験版の申請とインストール

ナモクロスエディタ体験版申し込み

WordPress用ナモクロスエディタは WordPress 専用エディターのプラグインです。 Webドキュメントを編集するためのWYSIWYGエディタでナモクロスエディタ4と同じ文書の編集環境を提供しています。 MS WordやOpenOfficeレベルの使い慣れた編集環境で簡単かつ迅速にWebドキュメントを作成することができます。

次のサイトでナモで発売したクロスエディタ製品の主な機能を確認し、製品体験することができます。 そして体験版を申請し、テストすることができます。

体験版を適用するとき、会社の情報を入力するようになっているが、個人も申し込み可能なようです。

体験版を申請すると、プラグイン体験版のインストールファイルをダウンロードすることができるアドレスが含まれている電子メールを受信します。 そのURLをクリックすると、体験版のファイルをダウンロードすることができ、インストールマニュアルを参照して体験版をインストールすることができます。 インストールファイルは、IEブラウザからアクセスしてダウンロードします。

体験版のインストール

体験版をダウンロードすれば、一般的な方法で、プラグインをインストールすることができます。 私 伝言板>プラグイン>新規追加プラグインをアップロードしてインストールしました。 ファイルサイズが約18MB程度なのでサーバーのファイルのアップロードサイズの設定が、このより小さい場合、ファイルのアップロードサイズの設定を増やしたり、SFTP / FTP経由で / wp-content/plugins /の フォルダの下にアップロードします。

インストールの仕様は、次の表を参照してみてください。

ナモクロスエディタのインストール仕様

PHP 4.3.0以上にインストール可能であると記載されています。 テスト環境は以下のとおりです。

  • テーマ: Avada
  • ウェブホスティング: SiteGround(SiteGround)
  • PHPのバージョン:7.2.9

PHP 5.5、5.6、7.0、7.1、7.2バージョンの両方で異常なく動作しました。 (現在の WordPress 推奨PHPのバージョンは、7.2以上です。)参考までにはまだ発売初期なので、いくつかのテーマでは、競合が発生することもあります。 他のプラグインやテーマのように、時間が経つにつれてバグが修正されることが予想されます。

インストール後のツアー

CrossEditor初期設定

プラグインをインストールすると、伝言板に CrossEditor メニューが追加されます。 CrossEditor>概要でCrossEditor情報とシステム情報を確認することができます。

ナモクロスエディタの概要

CrossEditor Compatibility セクションにCrossEditorと互換性のあるブラウザが表示されています。 現在IE 7以降とFirefox(Firefox)は、Google Chromeは、Safari、Operaなどのブラウザとの互換性とします。

CrossEditor> Basic Settingsをクリックすると、スキン、アイコンの色、エディタのツールバー、エディタの高さなどCrossEditorの基本的な設定を指定することができます。 エディタの高さが、基本的に300pxに設定されており、高さが低いと思われる場合は、適切に変更することができます。

ナモクロスエディタスキン設定

クロスエディタインターフェース

今記事やページを作成するか、既存のものを編集すると、デフォルトのエディタの代わりにクロスエディタがロードされます。

ナモクロスエディタUI

初めてUIを接したとき、ハングルやMSワードなどのワードプロセッサプログラムのサムネイルのように感じました。 WordPressを初めての方は、このインタフェースが WordPress デフォルトのエディタより身近に感じられるようです。

  1. ページビルダーの選択アイコン(ページビルダーがインストールされている場合に表示ページビルダーに応じて)
  2. メディアライブラリからメディアを追加
  3. 메뉴
  4. ツールバー
  5. HTML / Visual - ビジュアルモードとHTMLモードを切り替える
  6. コンテンツ領域

そして一番下の下向きの矢印をマウスでドラッグし下げエディタの高さを調整することができます。

メニューセクションには、 ファイル、編集、表示、挿入、書式、表、ツール、ヘルプ メニューがあります。 紙面の関係上、 挿入 メニューと メニューだけ見てみましょう。

ナモクロスエディタ[挿入]メニュー

挿入 メニューには、背景画像、画像、動画だけでなく、チャート、日付/時刻、レイヤー、ファイル、コードの挿入など、さまざまなサブメニューがあります。

図]を選択して画像を追加してみると、プラグインフォルダの下に画像が保存されます。 メディアライブラリから画像を追加するには、 WordPress 自体で提供する「メディアを追加」ボタンを使用します。

동영상 [挿入]メニューを選択すると、図のように動画を挿入することができるウィンドウが表示されます。

동영상삽입

直接動画ファイルを登録したり、URLを入力することができるようになっています。 私はYouTubeのビデオのリンクを追加してみると正常に動作していないですね。 YouTubeの動画を挿入する方法があることを確認しなければならないようです。

メニューをクリックすると、次のように表に関連するメニューが表示されます。

ナモクロスエディタ表の挿入

表作成をクリックすると、テーブルの作成ポップアップウィンドウが表示されます。

ナモクロスエディタ表の挿入

表を簡単に設定して挿入することができるようになっています。 表を挿入した後、セルを簡単にマージしたり、分割することができます。

ナモクロスにチド表作成機能

また、マウスをドラッグして、簡単にセルの高さや幅を調整することができます。 表をハングルやMS Wordで作るのと似たようなレベルにすることができるようです。

時間を少し出して直接表を少し作ってみました。 以下のように作成するために10〜20分かかりました。 初めてのを勘案すれば、良好なようです。

エクセル表作成

ハングル、MSワード、エクセルファイルの内容を貼り付け

クロスエディタの最大の利点の一つは、HWPファイルやMS Word、ExcelなどのMS Office文書の内容をコピーして、すぐに貼り付けることができるという点です。 ハングル、MSワード、エクセルファイルの内容をエディタに、Ctrl + Vショートカットキーを使用して貼り付けてみるとレイアウトを維持した状態でコピーされました。

以下は、インターネット上でExcelにされた請求書フォームをそのままコピーしたときの模様です。

エクセル税金計算書

書式がほとんど保持された状態で挿入なりますね。 PC上で確認してみると、きれいによく表示されます。

Excel文書 WordPress 挿入

しかし、表が含まれている場合は、モバイルでは、非反応型で動作して一部が画面の領域を脱することもあります。 (携帯電話で拡大/縮小がされるように設定をしてくれればと思われる。)

MS Wordで、ハングル文書の内容も問題なくコピーされました。 以下は、MS Word文書の内容をコピーしたときの模様です。

既に作成され、ハングルとMS OfficeのドキュメントをWebに公開する場合に便利に利用することができるようになります。 特に複雑なフォームも割れずにそのままコピーされるのが印象的でした。 (複雑な製品仕様を上げるサイトにも利用できるだろうと思いました。)

現時点でHWPファイルやMS Wordのファイル自体を文書内に挿入して変換する機能はサポートされていません。 後日、この機能が追加されると思います。

互換性

古典的なエディタ(クラシックエディタ)との互換性

クロスエディタをインストールして有効にすると、クロスエディタが古典的なエディタに置き換えられます。 デフォルトのエディタで作成した文章をクロスエディタで編集するために、問題がないようです。 クロスエディタを無効にすると、デフォルトのエディタでクロスエディタで作成された文を正常に読み込むことがあります。

Gutenberg エディタとページビルダーの互換性

まだ発売初期なのでページビルダーとの互換性は不十分と思われる。 同様に、時間が経つにつれて改善されると思われます。

ちなみに体験版を使用してもナモに技術サポートを要請することができます。 技術サポートは、次のページで可能です。

技術に関するお問い合わせは、基本情報の入力後、お品をナモクロスエディタといえばされ、製品番号は体験版でも提供がされるので、入力します。 いくつかの顕著なバグを技術サポートを介して送信しました。

ショートコードのサポート

クロスエディタでショートコードをサポートしているかどうかを確認するために KBoard ショートコードとコンタクトフォームショートコードを挿入してみると、問題なく動作しました。 ただし KBoardの記事の作成エディタを "WordPress 内蔵エディタを使用する」を選択すると、 KBoard 掲示板の書き込み画面でエディタが正常に動作していません。 KBoardと連動になるように作成したら、という考えがしますね。

おわりに

ナモクロスエディタは Gutenberg エディタや既存のページビルダーとは差別化された、韓国の環境に特化した機能的にニッチ市場を攻略することになります。 まだ発売初期だ見る少し不十分点目立ちます。 不足している点を補完して完成度を高めHWPファイルとMS Word、Excel、などの文書を顧客が満足できるレベルに WordPressに変換する場合、競争力が向上すると思われる。

クロスエディタの対象が企業、官公庁、公共期間などだから、個人が購入するには負担になると思われる。 今後の機能が制限されても、無料版を配布して、パーソナル版も発売すると良いという気がします。

このプラグインの詳細な機能が気になる場合は、体験版を申請したり、体験サイトで確認することができます。 製品体験サイトでは、いくつかのサンプルを直接適用してテストすることができます。

ナモクロスエディタ体験サイト
ナモクロスエディタの製品レシピのサンプル

個人的な風はナモをはじめとする様々な国内メーカーが WordPressに進出して良い成果を収めて欲しいです。 国内の環境に合わせて差別化された機能を武器に WordPress 市場に進出したナモがより一層多様な機能と製品に宣伝することを期待してみます。

※この記事は、メーカーからの製品(体験版)の提供を受け、直接体験しながら感じた点をもとに率直に書かれた。

4のコメント

  1. ナモ。 本当にいくらぶりに聞いてみるの名前ですか。 15年以上ね。
    昔のホームページ作った記憶があります。
    今こうして健在ながら、嬉しいニュースです。 今後もうまくいったらいいですね。

    • 昔のホームページを作成するときにナモウェブエディターを使用した方が多いようですね。
      ナモウェブエディター、Dreamweaverの...今、古い製品がね。(笑)

  2. ずっと前ナモで、Webページ作成された記憶がね。
    ulが色とりどりながら可愛くできましたのです。前述のように、ハングル文書とほとんど同じように見えるんです^^
    私はちょうど WordPress デフォルトのエディタを使用しますよ。

    • イカルスさんや私のように個人的なブログを運営している場合には、 WordPressで提供されるデフォルトのエディタとして十分なものです。

      ナモクロスエディタは、表を多く作成したり、ハングル文書やMSのドキュメントを WordPressに変換して公開する公共機関や企業をターゲットにすることです。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください