機能が改善されたGTranslate Googleの翻訳プラグイン

2

このブログを初めて起動したとき、好奇心にGTranslateという WordPress用Googleの翻訳プラグインをインストールしたが、削除したことがあります。 Googleの翻訳をサイトに付ける海外から訪れるユーザーが自国の言語でコンテンツを見ることができるオプションを提供しています。 特に海外で流入される訪問者が多い場合は考慮してみることができます。

しかし、このような自動翻訳プラグインは、翻訳されたドキュメントの一意のアドレスを生成していないため、Googleなどの検索エンジンへの露出がありません。 そして、Google翻訳が翻訳の品質が大幅に向上したが、まだ不十分な点が多いです。 重要なサイトの場合、プロの翻訳者に依頼して翻訳することが利点になることがあります。

GTranslateプラグインは3年前に比べて性能が大幅に改善され、特に 有料版を使用すると、URLの翻訳機能を提供してSEOに有利です。

私のブログの場合、過去10月に海外で流入した訪問者の割合が約11%程度を占めています。

国別の訪問者の割合

海外では、米国、日本、カナダ、オーストラリア、インドなどで主に流入されています。 海外で流入する場合、コンテンツが母国語になっていないので、すぐにサイトをしていく可能性が高くなります。 つまり、直帰率が上昇することができます。 チェックしてみると、インドで訪問するユーザーの直帰率が89%と非常に高いですね。

Googleの翻訳を付ける直帰率を少しでも減らすのに役立つんじゃないかという考えにGTranslateを再インストールしてテストをしてみるとしました。

WordPress サイトにGoogleの翻訳(自動翻訳)を追加する

GTranslateは WordPress 伝言板>プラグイン>新規追加でgtranslateを検索してインストールすることができます。

Googleの翻訳プラグインGTranslate

現在、10万以上のサイトに設置されて使用されており、アップデートも最近行われました。 ユーザー評価も良い方です。

このプラグインをインストールして有効にした場合 伝言板>設定> GTranslateで設定をすることができます。

WordPress GTranslate設定

3年前より使いやすいなり、機能が改善されたようです。

  1. ウィジェットの外観 - ウィジェットの外観を選択します。 10個程度のオプションが提供されます。 各オプションをテストして、好みを選択するようにします。
  2. から翻訳する - 元の言語。 コンテンツが韓国語であれば、Koreanを選択するようにします。
  3. Sub-directory URL structure、Sub-domain URL structure - 有料版のみ提供されている機能で翻訳されたドキュメントのURL構造を選択することができます。 サブディレクトリ(例:example.com/en/)とサブドメイン(例:en.example.com/)の中から選択することができます。
  4. Auto switch to browser language - ブラウザの言語を自動的に検出して切り替えるせてくれるかどうかを選択するオプションがあります。
  5. Show in menu - 指定したメニューに言語セレクタ(Language Selector)を表示します。
  6. Show floating language selector - 言語セレクタ(Language Selector)を指定した場所に固定します。 例えば、Top right(右上)を選択すると、画面をスクロールしても、右上に常に固定されて表示されます。
  7. Show native language names - 言語で自国語で表示します。 たとえば、このオプションを選択すると、韓国語は「Korean」の代わりに「韓国語」として表示されます。
  8. 言語 - Googleの翻訳で翻訳可能な言語を指定します。

言語セレクタは、メニューに表示したり、(Show in menu オプションで、メニューの位置を指定すると、メニューに言語セレクタを表示することができます) ルックス>ウィジェットでGTranslateウィジェットを選択して、サイドバーに言語セレクタを表示することができます。

または、ショートコード形式で好きなところに直接GTranslateウィジェットを表示することもできます。 私は上部のメニューにテストで言語セレクタを追加しました。

WordPress Googleの翻訳

コンテンツを直接翻訳せずにGoogleの翻訳機能を使用して翻訳する場合は、このプラグインをインストールしてテストすることができます。 しかし、機械翻訳の機能はまだ不十分な点が多いです。 重要な部分でエラーが発生することがあるので、重要なサイトの場合(例えば、ショッピングモールや会社紹介サイト)人間が直接翻訳することが望ましいです。

Googleの翻訳プラグインを使用する場合、翻訳されたコンテンツに対して固有のアドレスを生成しないので、SEO(検索エンジン最適化)に廃止でGoogleは、 Naver などの検索エンジンに検索されません。

WordPressからコンテンツを直接翻訳して多言語サイトを運営するには、 WPML などのプラグインやマルチサイトを利用することができます。

GTranslateでサポートされる言語

GTranslateでは現在、次のような言語がサポートされます:

Afrikaans, Albanian, Amharic, Arabic, Armenian, Azerbaijani, Basque, Belarusian, Bengali, Bosnian, Bulgarian, Catalan, Cebuano, Chichewa, Chinese (Simplified), Chinese (Traditional), Corsican, Croatian, Czech, Danish, Dutch, English, Esperanto, Estonian, Filipino, Finnish, French, Frisian, Galician, Georgian, German, Greek, Gujarati, Haitian Creole, Hausa, Hawaiian, Hebrew, Hindi, Hmong, Hungarian, Icelandic, Igbo, Indonesian, Irish, Italian, Japanese, Javanese, Kannada, Kazakh, Khmer, Korean, Kurdish (Kurmanji), Kyrgyz, Lao, Latin, Latvian, Lithuanian, Luxembourgish, Macedonian, Malagasy, Malay, Malayalam, Maltese, Maori, Marathi, Mongolian, Myanmar (Burmese), Nepali, Norwegian, Pashto, Persian, Polish, Portuguese, Punjabi, Romanian, Russian, Samoan, Scottish Gaelic, Serbian, Sesotho, Shona, Sindhi, Sinhala, Slovak, Slovenian, Somali, Spanish, Sudanese, Swahili, Swedish, Tajik, Tamil, Telugu, Thai, Turkish, Ukrainian, Urdu, Uzbek, Vietnamese, Welsh, Xhosa, Yiddish, Yoruba, Zulu [아프리칸스어, 알바니아어, 암하라어, 아랍어, 아르메니아어, 아제르바이잔어, 바스크어, 벨로루시어, 벵골어, 보스니아어, 불가리아어, 카탈로니아어, 세부아노어, 치체와어, 중국어(간체), 중국어(번체), 코르시카어, 크로아티아어, 체코어, 덴마크어, 네덜란드어, 영어, 에스페란토어, 에스토니아어, 필리핀어, 핀란드어, 프랑스어, 프리지아어, 갈리시아어, 그루지야어, 독일어, 그리스어, 구자라트어, 아이티 크리올어, 하우사어, 하와이어, 히브리어, 힌디어, 몽다우어, 헝가리어, 아이슬란드어, 이그보어, 인도네시아어, 아일랜드어, 이탈리아어, 일본어, 자바어, 카나다어, 카자흐어, 크메르어, 한국어, 쿠르드어, 키르기스어, 라오스어, 라틴어, 라트비아어, 리투아니아어, 룩셈부르크어, 마케도니아어, 말라가시어, 말레이어, 말라얄람어, 몰타어, 마오리어, 마라티어, 몽골어, 미얀마어, 네팔어, 노르웨이어, 파슈토어, 이란어, 폴란드어, 포르투갈어, 펀잡어, 루마니아어, 러시아어, 사모아어, 스코틀랜드 게일어, 세르비아어, 세소토어, 쇼냐어, 신디어, 스리랑카어, 슬로바키아어, 슬로베니아어, 소말리아어, 스페인어, 수단어, 스와힐리어, 스웨덴어, 타지키스탄어, 타밀어, 텔루구어, 태국어, 터키어, 우크라이나어, 우르두어, 우즈베크어, 베트남어, 웨일스어, 반투어(남아프리카), 이디시어, 요루바어, 줄루어]

メモ:

2のコメント

  1. 前ちょっと甘かったなたプラグインですね。
    たくさんのようになったという言葉に再び取り付けてみました。
    思ったより多くの国で聞いオドンデ、どのように来るようにされているのでしょう?

    • ボット、またはGoogleで検索して入ってくるようです。

      しかし、英語または母国語ではないので、ちょうどいく可能性が高くなります。

      品質は以前より良くなったが、まだ不十分な点が目立つね。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください