ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

모든 WordPress 文/ページを削除する - WP Mass Deleteプラグイン

Last Updated:2021年1月19日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

WordPress サイトを複製して新しいサイトを運営する場合があります。 サイトを複製した後、既存の文やページを削除する場合は、ポストの数が少ない場合は、直接削除が可能ですが、削除する必要が文の数が多い場合には、WP Mass Deleteなどのプラグインを使用して簡単に削除することができます。

手動で多くの文/ページを削除する

プラグインを使用せずに直接文/ページを削除したい場合 記事>すべての記事に移動して、タイトルラベルの横のチェックボックスを選択して、(①)ドロップボックスで ごみ箱に移動するを選択し、(②)、横にある 適用するをクリックして、(③)、選択したすべての記事を削除することができます。

모든 WordPress 文/ページを削除する

基本的には一つの画面に20個の項目が表示されます。 削除する必要が文の数が多い場合は、右上の「画面のオプション」をクリックして、 ページごとの項目数を高い数値に設定するようにします。

WordPress 画面のオプション

このオプションを最大999に設定することができます。 しかし、数字を大きくすると、ページが遅いロードされ、場合によっては、サイトが正常に動作していないように見えることがあります。

画面のオプションページごとの項目数 オプションを活用すれば、コメントなどを大量に削除時にも便利です。

プラグインを使用して、大量書き込みを削除する - WP Mass Delete

削除する必要が数が多すぎて、上記の方法で削除するのに長い時間がかかったり、単純な作業が要求される場合には、コンテンツを大量に削除する無料のプラグインを使用することができます。

文章、ページなどを一括削除するプラグインは、 一括削除が多く使用されます。 私 WP Mass Delete プラグインを使用して文を削除してみました。

WordPress 伝言板>プラグイン>新規追加するでWP Mass Deleteを検索して、プラグインをインストールして有効にすることができます。

모든 WordPress 文/ページを削除する -  WP Mass Deleteプラグイン

このプラグインをインストールして有効にした場合 設定> WP Mass Deleteに移動し、文やページを削除することができます。

WordPress WP Mass Deleteプラグインの設定画面

このプラグインを使用してコンテンツを削除する前に、可能な場合DBをバックアップすることをお勧めします。 コンテンツが完全に削除された場合のバックアップがなければ、回復は不可能です。

  1. Date Interval - 日付の範囲を指定します。 日付はYYYY-MM-DD(例えば、2020-10-01)形式で指定する必要があります。 特定の日付範囲の文/ページを削除する場合は、開始日と終了日を入力してください。 空白のままにすべての文が選択されます。
  2. Type of items to delete - 削除する項目のタイプ。 ポストとページを選択することができます。
  3. 投稿ステータス - 記事の状態(発行、予約、大気中、一時的、プライベート)。
  4. If post contains ... then Delete it / Do not delete it: 特定のフレーズが含まれている場合は、削除/削除しない。 (Delete it - >削除、Do not delete it - >削除しない)
  5. Bypass trash - このオプションを選択すると、ごみ箱に送らずに、すぐに永久的に削除します。 このオプションを選択しない場合は、削除された文がごみ箱に行くが削除するために、より長い時間がかかります。

オプションを設定した場合の下部に Delete the posts(ポスト削除) ボタンを押すと、文が削除され始めています。 文の数が多ければ、時間がかかるので待つようにします。

文を削除した後は、このプラグインを無効にして削除してください。 単発の作業のためにインストールするプラグインは、目的が完了した後は、削除してください。

もう一度申し上げます、コンテンツを削除する前に、データベースのバックアップを受けておくことをお勧めします。 たまにデータを削除した後の回復をできず、床を経る方をします。 バックアップを作成すると、後日、心が変わる場合は、再修復が可能です。

参照



コメントを残す

コメント