国によってPG社を選ぶことができるWooCommerce Gateways Country Limiterプラグインの開発中止

0

WPMLは WordPress英語、中国語、日本語など多言語サイトを運営する際に使用されるプラグインです。 Avada など人気のテーマではWPMLの互換性を表示しています。

WordPressでは、マルチサイトを利用して、多言語サイトを作成することも可能です。 マルチサイトを利用すれば、サードパーティのプラグインに依存せずに構成することができるので、よりすっきりとした選択になることがあります。 しかし、マルチサイトの特性上、時々奇妙な問題が発生することもあります。 最近 よりセブン(The7)テーマがインストールされてマルチサイトで、さまざまな問題が発生して問題を解決してくれることを務めました。

お客様の請求先国の基準にPG社を制限することができるWPMLのWooCommerce Gateways Country Limiterプラグイン

WPML多言語ショッピングモールを運営する際には、顧客の請求先住所に基づいて決済ゲートウェイ(PG)を制限したい場合があります。 この場合にWPMLのWooCommerce Gateways Country Limiter(WooCommerce ゲートウェイ国別の制限)のプラグインを使用して国別PG社を制限することができます。

WPML国別のゲートウェア制限

このプラグインをインストールした場合 WordPress 伝言板> WooCommerce >設定>決済 タブでは、各決済方法について国の基準に制限することができます。

たとえば、ペイパル(PayPal)を特定の国で使用できないように制限したり、特定の国でのみ許可したい場合は、PayPal決済方法の右端にある「設定"をクリックします。

これにより、次のように Country availability(利用可能な国) オプションが表示されます。

WPML国別のゲートウェア制限

3つのオプションの中から選択することができます。

  • Available for all countries(すべての国で使用可能)
  • All countries except selected(選択した国以外のすべての国)
  • Only selected countries(選択した国のみ)

しかし、このプラグインが去る9月までもWPMLアカウントページからダウンロードが可能だったが10月に入っダウンロードしようと、ダウンロードページにアクセスしてみると、このプラグインがダウンロードリストから消えたことを知りました。

WPMLにお問い合わせしてみると、このプラグインの需要がほとんどなく、もはや開発を継続していない回答をしました。 つまり、ダウンロードして使用するユーザーの割合が低いとします。 もう少し言いかえれば、もはや開発をしていないわけでは今後、別の機能は、追加していないことを意味するとします。 このプラグインには、既知のバグがなく、GitHubからダウンロードが可能です。

  • https://github.com/OnTheGoSystems/wcgcl

WPMLを使用しており、国別に決済ゲートウェイを制限する場合は、上記のリンクからダウンロードすることができます。

WordPress 多言語翻訳プラグインWPML

WPMLは数ヶ月前にライフタイム(寿命)のライセンスをなくし、すべてのライセンスを年間更新型に変更しました。 私はライセンスが変更される前に、ライフタイムプランに変えて乗りました。

費用のために WPML 使用が負担な場合、マルチサイトに多言語サイトを作成することができます。 マルチサイトを利用する場合は、まずテーマ販売者にマルチサイトで使用するために、既知の問題がないかどうか問い合わせてみても良さそうです。 (おそらくほとんど別問題がないとの回答かもしれません。)

メモ:

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください