Gutenberg エディタ:詳細情報/要約ブロック(トグル/アコーディオン機能)

WordPress デフォルトのエディタである Gutenberg(Gutenberg)では、バージョン15.6以降、詳細/要約ブロックが追加されました。 詳細 ブロックを使用すると、要約文をクリックすると詳細情報が表示されます。 このブロックはトグルと同様に機能し、Q&A 項目や FAQ 項目を追加するときに便利です。

Gutenberg エディタ:詳細情報/要約ブロック(トグル/アコーディオン機能)

エレメンページビルダーAvada などではコンテンツ展開/折りたたみが可能なトグル/アコーディオン機能を提供します。

Gutenbergにはトグル/アコーディオンブロックはありませんが、昨年10月から 詳細情報/要約ブロックを導入しました。 要約文をクリックすると詳細情報が広がる機能を持ち、これはトグル/アコーディオンと動作が似ています。 ただし、 Gutenbergでは、項目をXNUMXつずつ追加することができ、各項目は互いに独立して動作します。

たとえば、次のように要約文またはタイトルをクリックすると、詳細情報が展開されます。

トグルとアコーディオンの違いは何ですか?

トグルでは個々の項目が独立して機能しますが、アコーディオンは一度にXNUMXつの項目だけを展開し、別の項目をクリックすると以前に展開されていた項目は折りたたまれます。

詳細はデフォルトで非表示になっていますが、デフォルトで開くように設定することができます。

詳細情報ブロックを追加するには WordPress 書き込み画面で「/詳細」と入力してポップアップから 詳細 ブロックを選択するか ブロックインサーターから 詳細を検索またはスクロールして選択できます。

Gutenberg 詳細情報ブロック

詳細 ブロックを選択すると、下図のように「要約作成...」部分と「詳細情報」入力部分が表示されます。 ブロック設定で「基本的にオープン「オプションを使用すると、詳細情報をデフォルトで表示するか表示しないかを決定できます。

Gutenberg エディタ:詳細情報/要約ブロック(トグル/アコーディオン機能)

詳細情報部分には、段落(複数段落可能)や画像などを追加できます。

クラシックエディタ vs. Gutenberg(ブロックエディタ)

WordPress 5.0バージョンから、基本エディタがクラシックエディタ(初期には「クラシックエディタ」に翻訳されたが、今は「クラシックエディタ」に翻訳が変わった)から Gutenbergに変わりました。 当初 Gutenbergへの切り替えに対して抵抗がありましたが、初期に比べて多くの安定化となり、機能も着実に向上しています。

クラシックエディタ(Class Editor)は、既存のエディタを好むユーザーのために WordPressが提供するプラグインです。 このプラグインはまだ500万を超えるサイトで使用されており、2024年までまたは必要な期間にわたって完全にサポートおよび維持される予定です。

今はなるべく Gutenberg(Gutenberg)を使うのも大丈夫そうです。 Gutenberg 使用時にショートカットを活用すれば、より速く書くことができます。

Gutenberg ショートカット
WordPress Gutenberg キーボードショートカットを使用して時間と効率を向上させる
Gutenberg(ブロックエディタ)キーボードショートカットを使用すると、書き込みまたは編集時にマウスの使用を最小限に抑え、キーボードでほとんどのタスクを処理でき、時間を節約し、作業効率を向上させることができます。 さらに、マウスの使用を減らすことで、リストトンネル症候群の症状を軽減するのに役立ちます。
더보기

最後に、

WordPressの基本エディター Gutenberg(ブロックエディタ)を使用するときにQ&Aやよくある質問(FAQ)を表示したい場合 詳細 ブロックを活用できます。

エレメントなどのページビルダーやFAQプラグインでは、複数の項目を追加してトグルやアコーディオン方式で動作するように設定できますが、 Gutenbergの 詳細 ブロックはアイテムをXNUMXつずつ追加でき、各アイテムは互いに独立して動作します。

洗練された機能を必要とせず、単に要約文をクリックしたときに完全な情報が表示されるようにしたい場合に便利に使用できるようです。

参照

一部の記事にはアフィリエイトリンクが含まれている場合があり、パートナーの活動で一定額の手数料を受け取ることがあります。

2のコメント

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。 必須フィールドは *と表示されます