ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

グーグル・アナリティクスのデータ保持期間を設定する

Last Updated:2020年11月14日| 6のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

グーグルアナリティックス(Google Analytics)でユーザーとイベントデータがGoogleのサーバに保管されている期間を設定することができるオプションを追加しました。 この設定は、2018年5月25日から適用されるそうです。

グーグル・アナリティクスのデータ保持期間を設定/変更するには、歯車の管理者アイコンをクリックして、 追跡情報>データ保存をクリックします。

グーグル・アナリティクスのデータ保持期間を設定する

これにより、次の図のように、データ保持期間を設定することができる画面が表示されます。

グーグル・アナリティクスのデータ保持期間を設定する

14ヶ月、26ヶ月、38ヶ月、50ヶ月、Do not automatically expire(自動有効期限なし)から選択することができます。 基本的には26ヶ月が設定されています。

このブログの初期には、ジェトペク(JetPack)の統計機能を使用して接続の統計情報を確認しました。 しかし、ジェトペクがあまりにも多くの機能が含まれており、重くて削除し、代わりに、Googleアナリティクスを利用して統計情報を確認しています。

WordPressで、Googleアナリティクスのトラッキングコードをさまざまな方法で追加することができます。

WordPressには、Googleアナリティクスのコードを追加する

최근 Facebookこの個人情報の不正流出にはしかを払っています。 このためか Instagramで先週のAPIを変更して Instagramでドラッグできるデータを大幅に削減しました。

최근 Facebook과 InstagramのAPIが変更されました

APIの制限の変更により、一部のサイトで Instagramが正しく表示されないことがあります。

メモ:



6のコメント

コメント

  1. ヨーロッパでするGDPRため、Googleで何度もメールが来ますね。
    会員登録もなくコメントもディスカスで受けると私のような個人の場合には別にすることないと思いますがどうですか?

    回答する
    • はい。 個人の場合は無視してもなりそうです。

      企業の場合、法務部に連絡して指示に応じて設定するんじゃないかと思います。笑

      回答する
    • もし、Googleからのメールが英語で来たの?

      どのような理由なのか分からない、Googleで英語でされたメールが来ますね。

      回答する
      • はい。 英語で来ました。 google analyticsでいつも英語で送ってね。
        クロムに続きサファリでもssl適用されていないサイト、ブログは安全ではないという警告が浮遊いう会員登録や電子商取引せずコメントもディスカスで受ける私のブログのような場合にも対応するでしょうか?

      • こんにちは?

        電子商取引をしないと、SSL証明書をインストールする必要がありません。

        ただし、昨年半ば基準に60%以上のWebページがhttpsを使用してロードされる文を見たことがあります。

        SSLを適用すると、Google検索に役立ちます。 そして NaverでもSSL証明書を適用すると、 Naver 流入が増えた方もいらっしゃいますね。 (ただし、私は Naverで別の効果がないようです。)

        私は昨年のSSL証明書を適用してAMPをインストールしたためか、Googleで着実に流入が増加しています。

        Cafe24でも、SSL証明書をインストールすることができますが購入する必要があります。 最も手頃な価格のSSL証明書が年間38500ウォンです。

        https://uploads.disquscdn.com/images/b30290c1bd7dac4e0a214ad4de473d1e55e5ae5b77aa4176a2301b105d33494d.jpg

        このブログがホストされている Bluehost( https://www.thewordcracker.com/go/bluehost )と SiteGround( https://www.thewordcracker.com/go/siteground )などでは、SSL証明書が無料で提供されます。

        特に Sitegroundは、サブドメイン(2次東名)までSSLを適用することができるワイルドカード証明書を提供しています。

        https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EC%82%AC%EC%9D%B4%ED%8A%B8%EA%B7%B8%EB%9D%BC%EC%9A%B4%EB%93%9C%EC%97%90%EC%84%9C-%EB%AC%B4%EB%A3%8C-lets-encrypt-%EC%99%80%EC%9D%BC%EB%93%9C%EC%B9%B4%EB%93%9C-ssl-%EC%A0%9C%EA%B3%B5/

        Cafe24ワイルドカード証明書は、年間462,000ウォンです。〓〓

        前のテストで、サブドメインかを SiteGroundに接続して、SSLを適用してみました。

        https://blog.thewordcracker.com/

        GoogleがSSL証明書をインストールしたサイトに検索時アドバンテージを与える方向でSSL未設置サイトに不利益を与える方向に政策が変わるとします。

        https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EC%98%AC%ED%95%B4-10%EC%9B%94%EB%B6%80%ED%84%B0-http%EB%A5%BC-%ED%86%B5%ED%95%B4-%ED%8F%BC%EC%9D%84-%EC%9E%85%EB%A0%A5%ED%95%A0-%EA%B2%BD%EC%9A%B0-%EA%B2%BD%EA%B3%A0-%ED%91%9C%EC%8B%9C/

      • あっあんな...それでなくとも WordPressで変えながら来場者が大幅に減少したが、Googleの検索さえ減れば大変ですね。
        はじめにしてくださったところをもう一度見てみるね。