グーグルサーチコンソールディスカッションフォーラム問題(feat. Kadenceテーマ)

Last Updated:2024年04月25日| | 2のコメント

このブログのテーマを GeneratePressでKadenceテーマを約2ヶ月間変更した後、 GeneratePress テーマに戻しました。 Kadenceテーマに変更した後、Googleサーチコンソールでナビゲーションパスエントリが急減し、ディスカッションフォーラムエントリがゼロに急落するという問題が発生しました。

ナビゲーションパスの問題は、KadenceテーマのブレッドクラムではなくRank Mathブレッドクラムに置き換えて問題を解決しましたが、ディスカッションフォーラムの問題はゼロになって解決されませんでした。

GeneratePress テーマに変更した後、ディスカッションフォーラムのエントリ数が増え始めました。ディスカッションフォーラムアイテムの数がゼロになったのは、Kadenceテーマ自体の問題のようです。そして、無効なトラムフォーラムエントリが0つありましたが、原因を見つけて削除しました。

グーグルサーチコンソールディスカッションフォーラム問題(feat. Kadenceテーマ)

Google 検索コンソールのナビゲーションパスの問題

Kadenceテーマを適用した後、ナビゲーションパスのエントリ数が継続的に下落しました。この問題の原因がケイデンステーマのブレッドクラムであると疑われ、Rank Mathのブレッドクラムに変更することで問題が改善し始めました。

Google 検索コンソールのナビゲーションパスの問題

Kadenceテーマを使用している場合は、テーマの移動経路機能を使用しないでください。代わりに、Rank MathやYoast SEOの移動経路機能を使用してください。

Googleサーチコンソールディスカッションフォーラムの問題

ケイデンステーマに変更した後 ディスカッションフォーラム 項目数が0個に急落しました。😥

昨日 GeneratePress テーマに変わり、今日見てみると、ディスカッションフォーラムのアイテム数が増え始めました。

Googleサーチコンソールディスカッションフォーラムの問題

元のディスカッションフォーラムの項目数が9,700個を超えたが、ケイデンステーマに変更後に0個に変わり、昨日テーマを再び戻した後に今日2,500個が生成されましたね。一ヶ月ほど経つと本来通りに復元されると期待されます。

2024年4月25日追加:

この記事を書いて以来、有効なアイテム数が予想どおり徐々に増加しています。

ディスカッションフォーラム 有効なアイテム数の増加

無効なディスカッションフォーラムエントリ

ディスカッションフォーラムセクションでは、1つの項目が無効な項目としてマークされていました。このエラーはテーマを変更する以前から表示されていましたね。

Googleサーチコンソールディスカッションフォーラムの問題 - アイテムが無効な理由

項目が無効な理由セクションには、次の問題が示されています。

  • 「datePublished」フィールドがありません。
  • 「author」フィールドがありません。
  • 「テキスト」フィールドがありません。

この部分を少し見てみると、コメントに無効なHTMLタグが含まれているために発生する問題と推定されています。

Googleサーチコンソールディスカッションフォーラム問題の原因

問題のコード部分を引用すると、次のようになります。

<li id="document-answer-6464" itemtype="http://schema.org/Comment" itemscope="">
<div class="document-answer" itemprop="description">
<p>/kboard/class/KBFileHandler.class.php 파일에서</p>
<p>function upload($name, $extension=array(), $extension_type=1, <strong>$limit_file_size=10485760</strong>)</p>
<p>$limit_file_size 이 부분의 값을 변경하시면 업로드 용량을 조절하실 수 있습니다.</p>
</div>
</li>

そのコメントを見てみると、コメントの内容に上の図のような誤ったタグが追加されていました。特に itemtype="http://schema.org/Comment" itemscope="" 部分が問題になるようです。

いつからなのかわからない WordPressが更新され 今はコメント欄にHTMLタグを入力するとタグが削除された状態でコメントを登録になります。しかし、問題のコメントは2015年度のコメントでした。当時は WordPressにHTMLタグをフィルタリングする機能がコメントに含まれていないようです。

コメントにHTMLタグを含めるとタグが消えるので、このブログではコメントにHTMLコードを入力すると、次の図に示すように警告が表示されるようになりました(参照).

WordPress コメントにHTMLタグを禁止する

問題を解決するには、問題となっているコメントを削除するか、そのコメントからHTMLタグを削除してください。私は問題のあるコメントからHTMLタグを削除しました。 HTML書式を削除するには、コメントをコピーしてメモ帳に貼り付けます。その後、もう一度コメント欄に入力すると、書式がすべて消えます。

最後に、

Googleサーチコンソールのディスカッションフォーラムは WordPressのコメントと関連があるようです。有効な項目や無効な項目を見てみるとコメントに関する内容ですね。

Kandenceテーマがスピードがかなり速いほうで無料版でもまともな機能を提供するのでそれなりの魅力がありますが、SEO的な面で問題になる部分があるようです。このブログからKadenceテーマに変更した後、いくつかのSEO問題を経験するようになりました。 GeneratePressに戻しました。

テーマを制作する際、こんな部分に細心の注意を払ったら良くなかったかという惜しい気がしますね。

サイトに問題がない場合は、テーマを変更することに注意する必要があります。 Kadenceテーマを国内の親会社から推薦して変更したが、このような堕落に遭うようになりますね。 SEOの問題は回復に時間がかかる可能性があるため、Kadenceテーマに変更を考慮すると、このような問題がある可能性があることを理解すれば対処するのに役立つと思われます。

WordPress ブログに使うテーマを悩んでいるなら、韓国でも多くのユーザーが利用している GeneratePress テーマはまともなオプションかもしれません。このテーマはスピードが速くて軽いと評価されており、多くのユーザーによって検証されたテーマと言えます。 Kadenceはまだ我が国ではユーザーがいない方であり、予期せぬ問題が発生する可能性もあります。

参照


2のコメント

コメント

    • 普通はこれまで問題は発生しませんでしたが、今回のケースはちょっと特別なものではないかと思います。このブログではテーマ Diviテーマを使用したときに訪問者の増加が最も多かった。再びディビテーマに変えるか悩んでいますが、また飾るのが面倒なのでもうGPテーマで最後まで行くようです。

      応答