Google-Map-error

Google Maps APIキーと新しい制限:毎日最大25.000件地図の読み込み可能

最近のGoogleマップを追加すると、次のようなエラーが発生する場合がよくあります。

Oops! Something went wrong。 This page did not load Google Maps correctly。 See the JavaScript console for technical details(申し訳ありません問題が発生しました、GOOGLEの地図が正常にロードされていない。JavaScriptコンソールでの技術情報を確認してください)

※2018年11月更新: 最近、Googleのポリシーが変更されGoogle Maps APIキーを発給を受けるクレジットカード情報を入力して決済アカウントを接続する必要があります。 "Googleマップが正しくロードされない問題が発生した場合、[総合]」で更新された情報を確認することができます。

この問題は、Googleの更新されたGoogle Maps APIs Standard Planと関連があります。 詳細については、「Building for Scale:Updates to Google Maps APIs Standard Plan"を参照してください。

新しいGoogleのマップAPIの標準プランに基づいて2016年6月22日以降に作成されたすべての新規アプリケーションでは、Google Maps APIキーが必要です。 既存のアプリケーションの場合、キーがなくても動作を続けますが、新しい制限が適用されるものとします。

新しいポリシーを発表前にGoogle Maps APIは、毎日の最大25,000の要求をキーなしで使用可能で、90日連続25,000件を超えた場合にのみ、費用を請求しました。

今、新しいAPIキーがすべての新規アプリケーションに対して要求されますが、毎日25,000件無料の地図の読み込み制限があります。

この制限を超える場合は、追加1,000件地図リクエストごとの$ 0.50USDに追加かもロード(Extra Daily Map Load)を購入することができ、最大100,000件まで可能です。

毎日125,000件以上のGoogleマップのロードが必要なウェブサイトやアプリケーションは、 Premium Planライセンスにアップグレードする必要があります。

ワードプレスで上記のような問題が発生した場合 Google Maps API KEYプラグインをインストールして設定> Google API Keyで自分のAPIキーを登録すると、Google Mapsスクリプトが正しくEnqueueされている場合は、問題が解決されています。 (Google Maps APIキーを発行される方法は、 この記事の "How to fix the error:step-by-step tutorial"の部分を参照してください。)

または、GoogleマップのAPIを発給を受けた後、Google Mapsスクリプトコードを探しAPIキーを追加してもされます。 この方法も「Google Maps API error:MissingKeyMapError"という文で確認することができます。

Google Maps APIキーの発行方法をハングルで表示するには は、Googleドキュメントを参照してください。 グーグルマップAPIキーを発行されて正しく設定すると、次のような形式で、スクリプトを追加したり、変更してください。

<script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=YOUR_API_KEY"
type="text/javascript"></script>

注: ワードプレスの場合、特に Enfold テーマで、上記の問題が多く発生するようです。 しかし、Googleマップを使用している他のテーマでも同様の問題が発生すると思われます。 Enfold テーマをはじめとする問題となるテーマは、いつでもすぐにGoogle Maps APIを追加するオプションを提供することが考えられます。 追加: Enfold テーマの場合、3.7バージョンが出てきてGoogle Maps API Keyを追加するためのオプションが新たに追加されました(参考).

追加事項

Enfold テーマでは、Googleマップを挿入する

アップデート: Enfold テーマは、新しいGoogle Maps APIを追加するように更新(バージョン3.7)しました。 下の内容は、不必要な内容ですが、参考のために残していました。

Enfold テーマでは、上記の方法で問題が解決しない場合、一時的に /framework/php/class-framework-widgets.php ファイルの:

wp_register_script( 'avia-google-maps-api', $prefix.'://maps.googleapis.com/maps/api/js?v=3.24',

上の部分を以下のガトインGoogleのAPIキーを追加するように修正してください。

wp_register_script( 'avia-google-maps-api', $prefix.'://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=YOUR_API_KEY&v=3.24',

BeThemeテーマで、Googleマップを挿入する

BeTheme テーマの場合 ルックス> BeTheme Options> Global> Advancedオプション 部分にGoogle Maps API Keyを追加するオプションがあります。

Google Mpas API Key in BeTheme

問題が引き続き発生する場合

問題が解決されない場合は、 このページのフォームを提出してサービスを依頼(有料)することができます。

注:

3のコメント

  1. 参考までに HTTPリファラー(ウェブサイト)を介してドメインを登録ヘジュオヤます。 そうでない場合、エラーが発生します。

  2. たとえば、2016年6月22日以前に登録したサイトでの作業をして2016年6月22日以降に登録したサイトに移転(移行)する場合には、以前のサイトでは、正常に動作していた、Googleマップが新しいサイトでは、上記のようなエラーを表示することができます。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください