簡素化されたUIと多くの変更がなされたYoast SEO 7.0リリース

0

WordPress SEOプラグインYoast SEO

新しく変わったYoast SEO 7.0の更新

私 WordPress ブログにSEO(検索エンジン最適化)のプラグインで Yoast SEOすべてのOne SEO Packに含まれますをインストールして使用しています。

Yoast SEOの場合2〜3年前は少し重かったが、時間が経つにつれ、そのような感じがたくさん減りました。 特に今回の大きな変更が行われたYoast SEO 7.0では多くの旧型コードと使用されていない関数(deprecated functions)を削除して、パフォーマンスが大幅に向上したとしますね。

まずインターフェースに多くの変化があります。 インタフェースが簡素化され、いくつかのメニューが変更されたり移動もしくは削除されました。

いくつかの変更を見てみると...

  • タイトルとメタ情報が今 検索の外観に変わりました。
  • 全般ホームページがマージされました。
  • XMLサイトマップの設定は、現在search indexation設定に依存するようになりました。
  • 高度な 機能]タブで、切り替えが削除または移動、あるいは結合された。
  • BreadcrumbsとRSSは今 検索の外観 下にあります。
  • Text Link Counter Calculator(テキストリンクのカウンター計算機)が ツールに移動しました。
  • Mediaメニュー項目が新たに追加されました。
  • すべての機能の切り替えは、現在 General> Featuresに移動しました。

WordPress 伝言板でYoastメニューが図のように変わりました。

Yoast SEOメニュー

Yoast SEO 7.0の更新の詳細については、Yoastブログの "Yoast SEO 7.0:Making SEO easier for everyone"を参照してください。

SEOプラグインでYoastを使用するかどうかAIOを使用しても関係がないようです。 ただし、どのように活用するかがカギではないかと思われます。

SEOとは、最終的に文の作成に関連します。 真心を込めて作成した文章は、多くのユーザーの関心を集めるようになって、自然に検索エンジンでも検索がうまくなります。

SEOに気を使えば、Googleは確かに検索される可能性が高くなるが Naverでそうではない。 グーグルにも検索がしますが、 Naverでは全く検出ができない場合があります。

いくつかの方は Naverの場合何の措置をとらないことが最善だとね。 どのような措置をとると、よりツイストと... 笑その言葉一理があるようです。 このブログの場合 Naver検索がうまくされた後、昨年後半から Naverでほとんど検索されていない。 約1ヶ月程度、いくつかの措置を取ってみたが特に効果がありませんでした。 2018年1月 Naver 流入割合が2.5%、2月には2.6%程度でした。 しかし、手を置いているのだから(まだ非常に低いレベルであるが)少しずつ Naver 流入が増え始めますね。 最近一週間の間3%が少し以上出ますね。

メモ:

※一部文にアフィリエイトのリンクを含めることができます。_コーヒーカップの値にブログ運営を スポンサーすることができます。

Ω