加入型 WordPress バックアップ時の注意

Last Updated:2023年10月26日| | コメントを残す

WordPressドットコムで加入して使用する加入型 WordPressは制約が多いですが WordPress Proプランを使用する場合やビジネスプラン以上を使用する場合は、sftpとphpMyAdminに接続が可能で、テーマやプラグインのインストールも可能で、インストール型と同様に変わりました。 加入型 WordPressを使用している場合でも、定期的にバックアップするのは安全です。

WordPress ProではphpMyadminでDBをバックアップしたり、JetPack Backupを使ってバックアップすることもできますが、DBファイルでは奇妙にハングルが壊れる現象が発生しました。 いくつかのテストを試して自分で行った結論は、手動でエクスポートするか、UpdraftPlusのようなバックアッププラグインを使用することがハングル壊れを防ぐ方法のようです。

加入型 WordPress バックアップ時の注意

새로운 WordPress 加入型プラン

WordPressドットコム(WordPress。com)のプランが今 WordPress 無料で WordPress Proに簡素化されました。 WordPress Proは、既存のビジネスプランよりも安い月15ドルに加入できます。 しかし、料金が引き下げられ、ストレージスペースが200GB(ビジネスプラン)から50GBに減りました。 しかし、一般的なユーザーは200GBまで必要とされないため、新しい料金体系がより経済的ではないと考えられます。

ただし、既存のビジネスプランを使用しているユーザーは、プランのアップグレードページにアクセスすると、既存のプラン(個人、プレミアム、ビジネス、eコマース)が表示されます。

プレミアムプランを利用して終了しましたが、プランアップグレードページに WordPress 無料で WordPress Pro、XNUMXつのプランが表示されますね。

WordPressドットコムプラン

WordPress プロでは、高度なSEOツール機能とビデオ(動画)アップロード、SFTP、データベースアクセスが可能です。

SEOツールは、おそらくJetPackに含まれているSEOツールのようです。 WordPress Proではプラグインのインストールが可能なので、Yoast SEOやRank Math SEOのようなSEOプラグインをインストールすることも考えられます。 サードパーティのSEOプラグインをインストールする場合は、JetPackのSEOツール機能を無効にする必要があります。

アップデート: 加入型 WordPress プランが再び以前のプランに還元されました。 WordPress Proユーザーはそのプランを引き続き利用できます。

ガイドライン違反によるアカウント停止の危険性

ティストリーナ Naver ブログなど、プラットフォームに依存するブログは、事業者が定めるポリシー違反の際に問題となる投稿が制限されたり、アカウントが閉鎖されることがあります。 加入型 WordPress同様の危険性があります。

利用規約(Terms of Service)違反の際、アカウントが停止して使用できなくなります。

加入型 WordPress アカウント停止

利用規約違反によるアカウントの停止や閉鎖はごくまれですが、意図せず発生することがあります。 アカウントを停止すると回復する可能性が低いため、定期的にバックアップするのは安全です。

加入型 WordPress バックアップ

加入型 WordPressにはジェットパックがデフォルトで搭載されています。 ビジネスプラン WordPress Proでは、ジェットパックバックアップを使用してバックアップを受け取ることができます。 ただし、JetPackバックアップを使用してダウンロードしたデータベース 置型 WordPress サイトに移行しようとすると、ハングルが壊れる現象が発生しました。

phpMyAdminのでDBをダウンロードすることもできます。 phpMyAdminに接続してDBをバックアップしてみましたが、DBファイル自体でハングルが壊れる現象が現れました。

WordPress プロまたはビジネス上のプランでは、プラグインのインストールが可能です。 だから UpdraftPlusなどのバックアッププラグインをインストールしてバックアップすることを検討してください。 ビジネスプランからUpdraftPlusプラグインをインストールしたので、正常にインストールされて動作しました。

加入型 WordPress バックアップ時の注意

バックアップされたDBファイルをテキストエディタで開くと、ハングルが壊れずによく表示されました。 取付型 WordPressで復元は試みませんでしたが、問題なく復元されるようです。

加入型 WordPressでバックアップしたDBの復元時にハングルが壊れる問題が続く場合

WordPressドットコムでバックアップしたデータベースをインストール型 WordPressで復元時にハングルが割れる現象が発生する場合、上記の「加入型 WordPress 「バックアップ」を参照してUpdraftPlusを使用してバックアップを試してみてください。それでも問題が発生した場合は、次の方法を試してください。

VultrでバックアップしたDB Cafe24 背中から復元するときに同様の現象が現れることを経験したことがあります。 もしかして クラウドウェイズでVultrサーバーを作成して復元してみましたが、問題は発生しませんでした。

しかし、最近、クラウドウェイズで新規加入者に対してVultrサーバーを選択できないように削除されました。 ただし、既存の加入者はVultrサーバーを利用できます。

おそらく上記のUpdraftPlusでバックアップすると問題は解決しそうですが、 WordPressドットコム(WordPress.com)でバックアップしたディビを復元した後にハングルが壊れる現象が発生した場合、 문의ご覧になれば、Vultr サーバーで復元を試みることができます。

アップデート: 新しい加入者がVultrサーバーを再び選択できるように変更されました。 Vultrサーバーを選択しない場合 Vultrから直接サーバーを作成して復元することを試みることができます。 ただし、Vultrを直接利用するにはサーバーに関する知識が必要です。

最後に、

以上で加入型 WordPressのバックアップに関して注意すべき点を見ました。 JetPackで最近バックアップされたデータを使用したインストール WordPressから復旧する作業を担当しましたが、サイト復旧後にハングルが壊れる現象が発生し、復旧に失敗しました。

phpMyAdminでデータベースをバックアップしても、同様にハングルが壊れる現象が発生しました。 そのアカウントでのみそのような現象が発生するかどうかはわかりませんが、ビジネス上のプランを使用するか、 WordPress Proを使用する場合は、バックアップしてDBに異常がないかチェックしてみるのが安全だと思います。 補助手段としてUpdraftPlusを使って追加バックアップをしておけば、ちょっと安心できそうです。

参照


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy