Windows 7の更新の統合パック

ランサムウェア

今日の記事を見るとランサムウェアのために非常にかかりましたね。 韓国は業務が開始されている月曜日に被害が続出することもあるようです。

ランサムウェア対策としてLANケーブルを抜いて、コンピュータの電源を入れた後LANケーブルを接続して、Windowsの更新を行うよう勧告していますね。

個人的に2台のノートパソコンを使用しています。 一つは、娘が管理している今日見てみると、昨年12月以降にアップデートが全くされていないですね。 だからアップデートを実施しようとしたが、問題は、アップデートの進行が遅いですね。

両方のノートパソコンの両方Windows 7を使用しています。 (無料でWindows 10に更新する機会があったが、更新していない。)ので、もしかしたらアップデートの統合パックがあるか検索してみると、次の文が検索なりますね。

http://blog.naver.com/PostView.nhn?blogId=cst012&logNo=220849637194

リンクされた記事に参照されたサイトは、ロシアのサイトで、Windows 7統合パックを提供していますね。 Microsoft公式サイトではないので、なるべくWindows内のWindows Update機能を使用すると良いようです。 もし、Windows Updateの機能を使って更新が容易ではない場合(多少のリスクを負担して)ダウンロードしてインストールを試みることができるようになります。 ダウンロード3時間以上かかりますね。

そしてランサムウェアに備えて、ファイルが暗号化されないように設定しておくのも一つの方法だとします。 詳細については、 Hackyaサイト記事を参考にしてみてください。

Windowsのファイルの暗号化を防ぐ
HKEY_LOCAL_MACHINE - > SYSTEM - > CurrentControlSet - > Control - > FileSystem内NtfsDisableEncryptionの値を1に設定して、Windowsのファイルが暗号しないように設定することができる。

直接管理するコンピュータの場合は、最新の更新プログラムが出てきたら、常に更新さをします。 そして、重要なファイルは、定期的に、別の外付けハードディスクに保存しています。


コメントを残す