翻訳をしてみると、様々なTM(翻訳メモリ)プログラムを使用します。 種類が多いため、同じコンピュータにインストールして使用するには、プログラムがクラッシュなどが懸念されて、私はVMWareを使用して、複数のWindows OSをインストールした後、Windowsごとに異なるTMツールを使用します。

最近までSDL Trados Studio 2011を使用している途中の互換性の問題のためにSDL Trados Studio 2015体験版別のVMWare内Windows 7にインストールして使用するようになりました。

しかし、少し大きいファイルをロードして、作業をしてみる 「Exception of type」System.OutOfMemoryException」was thrown。"というエラーが発生しました。

「Exception of type」System.OutOfMemoryException」was thrown。 " エラー
「Exception of type」System.OutOfMemoryException」was thrown。 " エラー

ひょっとしてMultiTermのタームベース(Termbase)機能をオフにしますか、問題が発生していない。 問題の原因は、まさにメモリ不足のためでした。 トラドス2011に比べトラドス2015がはるかに多くのメモリを保持する食べ32ビットオペレーティングシステムでは、用語の機能(MultiTerm)を適切に使用することがなかったのです。

VMWareは64ビットオペレーティングシステムをインストールすることができないWindows 7 32ビットオペレーティングシステムをインストールして使用しつづけていが、この時まで何の問題もありませんでした。 CleanMemというプログラムをインストールして、メモリ使用量を監視してみるとSDL Trados Studio 2015で用語の機能を有効にしたり、大きなメモリを複数のロードして使用すると、「System.OutOfMemoryException」エラーが頻繁に発生しました。

パッチをして、Windows 7 32ビット版で4GB以上のメモリを使用することができます(参考)。 しかし、VMWareは正常に動作していない。 だから仕方なく用語の機能をオフにして使用するしかありませんでした。 適切に使用するには、VMWareにインストールせずに、元のOSにインストールするしかないようです。

そしてSDL Trados Studio 2015を使用するときにQA Checkerの機能をオンにすると、速度が遅くなるという問題が発生することもあります(参考).

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください