PHP 5が2ヶ月後に寿命が終了して、セキュリティ更新プログラムが中断されます

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ワードプレスのセキュリティ企業であるWordfenceでブログ記事を介して寿命満了(End-of-Life:EOL)がすぐに到来するPHP 5バージョンを使用することが危険であると警告しています。

ワードプレスは、Joomla、Drupalや他の人気のあるCMSは、PHPというプログラミング言語で作成されました。 まだ多くのワードプレスと他のPHPのウェブサイトが5.6以下のバージョンを使用しているため、寿命が終了して、セキュリティ更新プログラムが提供されない場合、新しいPHP 5脆弱性にさらされることがあります。

ソフトウェア製品がEOL(End-of-Life)に達すると、それ以上のソフトウェア開発者がサポートをしないようになります。 したがって寿命が終了したソフトウェアのセキュリティホールが発見されても、開発者は変更しません。

PHP 5の寿命満了(EOL)は2019年1月1です。 PHP公式ウェブサイトの「Supported Versions(サポートされているバージョン)"ページによると、現在サポートされているバージョンは5.6、7.0、7.1、7.2です。

PHPの寿命終了日

5.6以前のバージョンでは、すでにサポートが終了され、5.6バージョンは2ヶ月後に、セキュリティサポートが終了します。

次に、いくつかのバージョンにアップグレードするべきでしょう? PHP 7.0は1ヶ月後にサポートが終了しますので、7.1や7.2にアップグレードすることが望ましい。 PHP 5.6またはPHP 7.0まで提供するウェブホスティング会社を利用する場合PHP 7.1や7.2にアップグレード計画があることを確認してみるといいようです。

このブログが利用している Bluehost VPSはPHP 7.2まで設置が可能です。 ブルーホスト共有ホスティングの場合、現在の7.0まで提供されるが、今日のお問い合わせしてみると、いくつかの顧客の要求があって、現在のアップグレードを提供するために作業しており、近いうちすべてのブルーのホースのアカウントに対してPHPをアップデートする予定だそうですね。 (アップデート: Bluehost 共有ホスティングでは、現在、PHP 7.2までサポートします。 "ブルーホストでは、PHPのバージョンとPHPの設定値を変更する(新しいcPanelインターフェース)"参照)

また、他の海外のホスティング会社である サイトグラウンドの場合 PHP 7.2 PHP 7.3バージョンまで提供しています( "SitegroundホスティングでPHP 7.2サポート"参照)。

PHP 7.3  - サイトグラウンド

サイトに適用されたPHPのバージョンを確認するには、phpinfo.phpファイル(名前は任意指定)を作成し、次のコードを入力した後に使用しているサイトにsftp / ftpを介してアップロードして確認することができます。

<? phpinfo(); ?>

ルートにアップロードした場合http://www.example.com/phpinfo.phpをブラウザアドレス欄に入力すると、PHPのバージョンについての詳細な情報を確認することができます。 (バージョンを確認した後は、このファイルを削除してください。)

おわりに

PHP 5バージョンがすぐに寿命が終了すると、セキュリティの脆弱性が発見されても、パッチが行われないため、なるべくPHP 7にアップグレードすることが望ましい。

私はPHP 5.5から使用して5.6と7.0を経て、現在7.2バージョンを使用しています。 PHP 7.2にアップグレードしても、ほとんどのワードプレスのテーマとプラグインが問題なく動作します。 (アップデートが長い間いないされたテーマやプラグインは、問題を引き起こす可能性があります。長い間、更新しないされたテーマやプラグインは、使用していない方が安全です。)



4のコメント

  1. こんにちは。
    到底解決できない問題に直面して切迫した心情でコメント残します。

    Webサーバー、 WordPress など一切門外漢だが、最近のホームページ管理を譲り受けました。
    確認してみる WordPress 3.5.1にphp 5.2.12を使用中ですね。
    全体的にアップデートの進行したい、wordpressを更新するだろうphpを更新しなければならず、phpを更新する方法を探してみるAutosetなどの管理プログラムを使用しているlocal hostがないので、どのようなアプローチすべきかわかりません。

    親ドメインがメインサーバであるようだ(私たちのホームページはxxx.aaa.com、上位のホームページはaaa.com)このような場合には、phpの更新を実行するか。

    ヘルプいただければ本当にありがたいです〓〓

    応答
    • こんにちは、shcho様。

      PHPのバージョンのアップグレードは、Webホスティングに連絡して、アップグレードを進めてください。
      まず、バックアップを徹底的に受け、PHPのアップグレードをした後、 WordPress、テーマ、プラグインの両方を更新する必要が利用できるようになります。
      PHPのバージョンをアップグレードした後、サイトが正常に動作しない場合、FTP経由で更新されたファイルをアップロードして、既存のファイルを置き換えるしてください。

      WordPress 3.5.1에서 WordPress 5.3.2にアップデートする場合は、あまりにもバージョン差大きいため、アップグレード後にサイトのレイアウトがずれたり、クラッシュが発生するなどの問題が発生する可能性があります。

      他の方法で ツール>エクスポートを介してすべてのコンテンツをxmlファイルにエクスポートした後、コンピュータに WordPressをインストールし、テーマ、プラグインなどを最新のバージョンにインストールした後、 ツール>インポートを介してコンテンツを取得して、問題となる部分をキャッチすることができます。 その後、PC上で再度実行サイト(PHP 7.xにアップグレードした後)に、以前のさせる方法を検討してみることができます。 この場合、テーマ、プラグインの設定は、新たにヘジュオヤます。

      いくつかの方法を考慮して適切な方法をご利用ください。

      コンピュータに WordPressをインストールしてテストサイトを作成する方法は、次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%BB%B4%ED%93%A8%ED%84%B0%EC%97%90-%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4%EB%A5%BC-%EC%89%BD%EA%B2%8C-%EC%84%A4%EC%B9%98%ED%95%98%EB%8A%94-%EB%B0%A9%EB%B2%95/

      応答
  2. Cafe24はまだ7.0といつ7.1または7.2にドエルリョンジ分しれません。
    どうやら最新バージョンがセキュリティの面で優れているようです。^^
    すでに11月です。
    歳月の高速を改めて感じる朝ですね。

    応答
    • 次の週の月曜日に WordPress 4.9.9が予定されてイッスムニダ空である。 4.9.9はPHP 7.3のサポートに焦点を置いているそうですね。 SiteGroundでは今日からPHP 7.3のサポートが追加されましたね。(笑)

      WordPress 4.9.9が11月4日に予定されているが、5.0ためキャンセルされることもあるようです。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%ED%95%B4%EC%99%B8-%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85-siteground-php-7-3-%EC%A7%80%EC%9B%90-%EC%B6%94%EA%B0%80/

      応答