はじめ

多くの方々が海外のホスティングサービスで ブルーホスト(Bluehost)について聞いたことがあるでしょう。 しかし、果たしてどれくらい実証済みの信頼性の高い使用できるかという疑問を持っていると思います。

ここで私が経験した内容をもとに、簡単に簡単にまとめてみました。

[この記事は2019年11月11日に最終更新されました。 ]

まずブルーホストを信頼できますか? WordPress.orgはブルーホスト、 Sitegroundは、Dreamhostの公式に推奨しています。 純粋に個人的な経験に基づいて言うならば、ブルーホストは歌声以外の次元で良い選択になると思われる。 もし、より安定した高速なホスティングをしたい場合はSitegroundがより良いオプションになることがあります。

下の内容は、過去4年以上 Bluehostをはじめとするいくつかの海外のホスティングを利用しながら、個人的に感じた点が反映されています。 個人的な経験であるため、個人ごとに感じる点が異なります。

(たまに言語の問題でコミュニケーション不足や使用方法をよく分からなくて適切に使用していない場合も目撃します。御疎通に問題がある場合、Googleの翻訳を活用すれば、どの程度カバーがされています。ブルーホストと似たようなレベルの海外ホスティングで 古代ディがあります。 GoDaddyはサイトがハングルされており、サポートも韓国語で提供されます。)

Bluehostでは、すべてのワードプレスでは無料のSSL証明書を提供し、2019年8月現在、共有ホスティングとVPSの両方 PHP 7.3までサポートします( "ブルーホストでは、PHPのバージョンとPHPの設定値を変更する"参照)。参考に Bluehost同様の海外ホスティング会社である サイトグラウンドで無料Let's EncryptワイルドカードSSL証明書を提供するように、最近変更されPHP 7.3まで提供しています。

Bluehost 商品を発見

BluehostではShared Hosting、Cloud Hoting、VPS、Dedicated Hosting、 WordPress Proなど、さまざまな商品を提供しています。 WordPress Hosting商品も提供していが、基本的にはShared Hostingと似ています。

Shared hosting(共有ホスティング)商品

ブルーホストの低コスト(Shared hosting)の場合は、次の図のように、比較的安価な方です。 参考までに Bluehost basicプランの場合月に最低3.95ドルであるが、 このリンクをクリックして登録すると1ドルが割引された月の最低2.95ドルで割引を受けることができます(下の価格表は、割引が適用された後の価格です)。 この記事のリンクをクリックして、ホスティングサービスに登録すると、私は少しのコミッションを受け取ることができます。 しかし、私はコミッションのために、特定のサービスをお勧めしません。 経験を通じて長所と短所の両方を記載したので、いくつかの点を考慮して、ニーズに最も適したサービスを選択してください。

Bluehost 共有ホスティングは、価格比まともなパフォーマンス、すなわち、良い歌声比を示しているようだ。 安価にまともなリソールを利用したい場合に考慮することができます。

より信頼性の高いサービスをご希望の場合は、以下の Bluehost VPS商品(現在このブログが利用中)やセッション数が10万回以下の場合には、サイトグラウンドも考慮してみるべきものです。 Sitegroundはは、共有ホスティングで無制限のトラフィックを提供していますが、商品により訪問数(Visits)を制限して、比較的安定してい(参考).

次は、 Hosting> Shared Hosting メニューをクリックしたときに表示される共有ホスティング商品価格表です。

ブルーホスト共有ホスティング価格表
Bluehost 共有ホスティングプランの比較。 2019年11月11日あたり。 *料金は変更されることがあります。 画像をクリックすると大きく見ることができます。

Basicプランの場合は、Webサイトスペース50Gへのトラフィック無制限に条件がかなり良い方です。 そしてPlusプランは、Webサイト無制限、無制限の容量、無制限のトラフィックが提供されます。 (Basicを選択すると、一つのドメインのみ接続が可能で、パーキングドメイン5個、サブドメイン25に制限されます。複数のドメインを接続するには、Plus以上を選択するようにします。)

共有ホスティングは無限の空間(Basicを除く)と無制限のトラフィックを提供しています。 参考点は、「無制限」というのは、実際にはなく、ただ非常に大きなスペースとトラフィックを多くのユーザーが共有する形式です。 特定のユーザーがリソースを独占すると、他のユーザーに影響を与えることができる構造であるため、過度にリソースを占有するペナルティが加えられることです。 (これは国内や海外の両方変わりません。)訪問者が多くなってサイトの速度が遅くなる場合には、VPSや専用ホスティングに切り替える必要があります。

Choice Plusプランでは、1のドメインに対してPrivacy機能を提供します。 Domain Privacyと.comなどのドメイン登録者情報を隠すことによって、個人情報を保護する機能を指すようです。 Proプランでは、専用のIP(Dedicated IP)が提供されます。

共有ホスティングとは別に WordPress ホスティングとeCommerce商品もあります。 ワードプレスのホスティングは、基本的には共有ホスティングと似ています。 実際にブルーホストに確認した結果、二人はほぼ同じであるとね。

ブルーホストワードプレスのホスティング
BluehostのSharedワードプレスのホスティングプランの比較。 2019年4月7日あたり。 *料金は変更されることがあります。 クリックすると大きな画像で見ることができます。

WordPress Hostingの場合Plus以上の商品で共有ホスティングとは異なり、Unlimited Domains項目がありませんが、ブルーホストに確認してみる(プラス以上の商品で)複数のAddonドメインを接続することができているとします。 Plus以上で無制限のドメインパーキング(パーキングドメインに設定すると、デフォルトのドメインのコンテンツを表示する)が可能で、最商品であるBasicでは5のパーキングドメインが可能です。

Yes you can have Unlimited Addon domains in plus plan。 But in basic you can have only one main domain and no addon domain
はい。 Plus商品で無制限Addonドメインを接続することができます。 しかし、Basicでは、1つのメインドメインのみ可能でアドオンドメインは不可能です。

Bluehost 共有ホスティングの場合、私は初めて使用するときの速度と安定性に若干の問題がありました。 数年前までは、共有ホスティングは、不安で速度が遅くなる側面がありました。 だから、私はより安定したVPSで変えました。 しかし、最近 Bluehost Shared Hostingを利用しているサイトがありますが、以前よりも速度と信頼性の面で多くの改善されたようです。 PHPのバージョンも7.2まで対応してcPanelインターフェースもユーザーが便利に利用できるようになりました。

もし最初に登録した後にサイトに問題が発生した場合、ライブチャットを介して相談を要求すると、すぐに解決してくれることです。 言語のためのコミュニケーションに問題がある場合には、Googleの翻訳を使用すると、どの程度の通信になります。 それでも負担いかなければ下にコメントを残していただければ(コングルリスィが)お手伝いいたします。(笑)

ちなみにブルーホストに登録して、ドメインを入力すると、自動的にワードプレスをインストールします。 そしてPHPのバージョンは、7.3に設定されます。 新規に登録された後には、 "ブルーホストでは、PHPのバージョンとPHPの設定値を変更する」を参照して、必ずPHP環境設定値を変更してください。

追加: すべてのホスティングプランで最初の年に、ドメイン名を無料で利用できます。 すべての商品からのSSL証明書を無料で利用することができます。 また、電子メールサービスの場合は、共有ホスティングの最安値商品であるBasic(ベーシック)では、電子メールアカウントを5個まで作成、Webサイトは一つだけ利用することができますが、残りのすべての商品は、生成可能なメールアカウント数に制限はなく、ドメインも制限はありません。 電子メールと関連して、「海外ウェブホスティング Bluehostで発送可能なメール数と制限社抗 "も参考にしてください。

※サイトの速度が遅い場合1)ブルーホストからのワードプレスの自動インストール時にインストールされているプラ​​グイン(JetPackなど)を削除して、2)キャッシュプラグインをインストールして、3)Minifyなど最適化プラグインをインストールしてください。 そして軽いテーマを使用して、不必要なプラグインは、日焼け削除することをお勧め。

※登録時にオプション商品(例えば、SiteLock Security - Find、Codeguard Basic、 Bluehost SEO Tools Start)は、選択しなくてもされます。

※ Bluehostに加入するときに使用されているドメインを入力すると、一時的にドメインのアドレスがアカウントに割り当てられます。 サイトを完成した後に、一時的ドメインのアドレスを実際のドメイン名のアドレスに変更する必要があります。 そのような場合、ライブチャットでエージェントに要求すると、処理できます。 (要求時にサイトのアドレス変更とともに、ドメインにSSL証明書も一緒にインストールを要請してください。直接リクエストしてみると、約30分かかりました。)次の記事を参照してください。

VPS(仮想サーバーホスティング)商品

ブルーホストで、より安定した様々な機能を利用するには、上位プランを利用することができます。 このブログは、現在VPSプランを利用しています。

ブルーのVPSのホスト商品
Bluehost VPSプラン比較。 2019年3月4日あたり。 *料金は変更されることがあります。

Standardオプションの場合30Gストレージスペースに無制限のトラフィックが提供されます。 低コストな共有ホスティングよりストレージ容量が小さくても仕様の範囲内で安定的にサイトを運営することができます。 ちなみに私は現在、VPS standardを使用中なのにストレージを30Gを増設して月に35ドルかかりれています。

訪問者数が多くなると、より多くのリソースが必要になります。 訪問者が増加して、サイトに問題が発生した場合、CPUとRAMを増設して対応することができます。 しかし、訪問者がさらに増加し​​て、サーバーは余裕がないほどになると、専用ホスティングのような、より高価な商品に変更する必要があります。

参考までに Vultr などの非管理型の仮想サーバーホスティング(VPS)サービスを利用すれば、比較的低コストでVPSを利用することができます。 しかし、このようなサービスは、サーバーを直接セットして運営しなければなら、問題が発生した場合、直接解決しなければならない負担があります。 Bluehost VPSの場合cPanelが提供され、より便利にサーバーを管理することができ、問題発生時のサポートサービスを利用することができます。 cPanelとサポートを考慮すれば、コスト的な面ではなく、 Bluehost VPSは、より費用効果の高いソリューションになることがあります。 (cPanelを単独で購入した場合月に15ドルです。笑)

※VPSでは、現在の最新バージョンのPHPの7.3を適用することができます。 既存のVPSアカウントのユーザーは、WHMを最新のバージョンにアップグレードした後、PHP 7.3を利用することができます。

WP Pro商品(舊Optimized WordPress ホスティング)

ワードプレスで特化された商品に昔のOptimized WordPress ホスティング WordPress Proに名称が変更されたが、再WP Proに変わり、商品も四つので、3つのに調整された。

ブルーホストWP PRO商品
WP Proプランの比較。 2019年3月4日あたり。 *料金は変動することがあります。

VPSの商品と似ていますが、 ワードプレスに特化した商品です。 ワードプレスのサイトを運営する場合、ブルーホストの WordPress ホスティングを利用すれば、より効率的で安定的にワードプレスのサイトを運営することができるようになります。 価格が月に19.95ドルから始まります。 GrowとScale商品は WordPress Live Ticket Supportを利用することができます。 ワードプレスライトチケットのサポートにより、実際のワードプレスの専門家から24時間年中無休で実質的な支援を受けることができるとします。

WordPress Proホスティング商品はVPSの商品とは異なり、 ルート(Root)の権限がありません。 この商品を利用しているサイトを管理したがRootパスワードを設定するメニューがなくてライブチャットでお問い合わせしてみると、ルート権限が与えられていないとします。 サーバーを直接セットすることが負担場合VPSの代わりにこの商品を考慮してみることができるようになります。

参考までに Bluehostは2017年からすべてのワードプレスのインストールについて無料のSSL証明書を提供しています。 このブログも無料のSSL証明書を適用しました。

Dedicated hosting(専用ホスティング)商品

より大きなストレージ容量とトラフィックが必要な場合 Dedicated hosting(専用ホスティング)を利用することができます。

ブルーホスト専用ホスティング
ブルーホスト専用ホスティング。 2018年10月11日あたり

専用ホスティングプランは、コストが非常に高いが、比較的非常に大きなストーリーリースペースとトラフィックを提供しています。 2018年初めと比較してFree SSL(無料SSL)の項目が追加なりましたね。

近年の海外の有名ワードプレス関連のブログサイトが不安なっブルーホストと相談して、専用ホスティングで以前したね。 接続者が急増して、サイトが不安定になればサイトの最適化などの方法で解決を試みて、それでも耐えがないと、Dedicated Hostingにアップグレードを検討してみることができます。

海外ホスティングは、リソースに比べコストが安いが、サポートの問題のためにカフェ24など国内ホスティングサービスを選択する方もたまに目撃します。 英語が少しすることができている場合サポート自体は海外ホスティングが良い場合があります。 ブルーホストやサイトグラウンドの場合、ライブチャット(Live Chat)を使用して、ほぼリアルタイムで相談を受けることができます。 参考までに 古代ディの場合、韓国に進出して韓国語で電話相談が可能です。

おわりに

個人的には安くて使えるホスティングを選択するようなら Bluehost 共有ホスティングを選ぶようです。 より安定した高速なホスティングが必要な場合 Sitegroundは(共有ホスティング)またはこのブログが利用している Bluehost VPSプランが良い選択になることがあるように思わ(下記の「安定性」を参照)。 最終的には他のすべての世の中と同様にコストどのくらい効率的なサービスを選択するかに帰結されると思われる。bh 430x288 03 dy  - 海外のウェブホスティングサービス - ブルーホスト(Bluehost)はじめに[更新]
上記のバナーをクリックすると、ブルーのホストサービスの詳細を確認することができるページにリンクされます。

参考に迅速かつ安価であると宣伝している A2ホスティング(A2 Hosting)の場合は、キャッシュを適用した後の速度を掲げ速い宣伝しているので注意が必要です。 A2ホスティングを直接使用してみると機能上は便利ですが、最初のページの読み込み速度が異常に遅い現象が現れました。 (個人的な経験であり、個人ごとに経験が異なる場合があります。そして、最近では、これらの問題が解決された可能性もあるが、A2ホスティングについては否定的なレビューがあります。ご参考ください。)個人のブログのために考慮してみることができますが回の使用では、不適合がこともあるようです。

ホスティングサービスを決定することは非常に重要です。 無条件安い選択せずに、複数の情報を収集し、現在のニーズに合ったサービスを選択してください。 上記の情報は、個人的な経験に基づいておいたので、他の方々との意見が異なる場合があります。 今後のアップデートが必要な場合は随時情報を更新するようにします。

注: 決済時付加サービス(よく覚えていないのに、例えばマーケティング関連ツールやバックアップ・ソリューション、SEOソリューションなど)を選択する部分があります。 どうしても必要な場合を除き、選択しなくてもされます。 (例えば、セキュリティが心配ならSiteLockのようなセキュリティ関連商品を考慮してみるべきものがあります。)

注 - 安定性

稼働時間を見てみると...

ブルーのVPSのホストの稼働時間

122日間稼働中であると表示されていますね。 事実、サーバー自体の問題で稼動が中断されることはほとんどないようです。 数年前、私は間違ったコードを使用してCPU使用率が急増したため、サーバーを再起動したことがあります。 ユーザーが間違っにより中断されている場合がほとんどであると思われる。

そして一昨年には、一時的に同時接続者数が可能でありながら、サイト障害が発生したことがありました。 メモリサイズ制限を増やし同時接続者数の設定を大きくすると、このような事態に備えることができます。

低コストを必要に応じてiPageがありますが、URLにハングルが含まれる場合、エラーが発生して韓国語サイトに利用するには適していないことなく、SSLが提供されていないため、それほどお勧めしません。

♠注:以外にも、ブルーホストや古代ディと同様の Hostgatorのというメーカーもあります。 Matthew様によるとブルーホスト、古代ディ、HostGatorはサービス面ではほぼ等しい(良い面で)とね。 HostGatorプランをしばらく見てみるとブルーホストや古代ディよりもわずかに手頃な価格のほうであるようです。

古代ディ(GoDaddy)サイトがハングルされており、サポートも電話を介して韓国語で受けることができます。 英語のアレルギーがある場合は、古代テトス1つのオプションになることがあります。 古代ディは遅いという評価もあるが、速い速度を示すサイトも見たことがあります。 したがって、サイトの最適化をどのように良いかによって速度がたくさん左右されるようです。

経験ということは、比較的のでどれが特に良い悪いと断定するのは容易ではないようです。 いくつかを考慮して、自分に合ったホストを選択するのがよいようです。

♠登録過程での郵便番号エラーが発生した場合: Bluehost 決済の過程での郵便番号エラーが発生する場合があります。 このような問題が発生した場合、新しい郵便番号の代わりに旧郵便番号を入力すると、問題が解決されています。 旧郵便番号は http://fastpost.oceanmate.co.kr/で確認が可能です。

既存の郵便番号を確認する

♠登録する過程で 他のドメイン代行登録業者で登録したドメイン名を入力するか、後日アドオンドメインを追加する場合は、そのドメインのネームサーバ情報を Bluehostのネームサーバ情報に変更必要があります。 例えば、ガッビアーノで登録したドメインであれば、ガッビアーノホームページにログインして、そのドメインのネームサーバ情報を、以下の情報に変更ようにします。

1茶:ns1.bluehost.com
2茶:ns2.bluehost.com

IPアドレスまで入力する場合は、 "海外ホスティングブルーホスト(Bluehost)のネームサーバ情報を確認する」を参考にしてみてください。

ネームサーバの情報が新しいサーバーの情報に完全に変更されるまで24時間で48時間程度かかることがあります。 その間にサイトに正しく表示されないか、または既存のサイトと新しいサイトが交互に表示されることがあります。 したがって 既存のサイトを運営する場合、既存のサイトを二日程度維持してください。

サイトグラウンドで既存のドメインを使用している場合は、「海外ホスティングサイトグラウンド(SiteGround)のネームサーバ情報を確認する」を参照してみてください。

♠ネイバーワークスは、Google Appsのは、Office 365などの外部メールサービスを利用する場合は、ドメインのネームサーバ情報が登録されているところ(例えば、ブルーホストやサイトグラウンドなど)でメールサービスプロバイダの指示に従ってDNS情報を変更する必要がします。 通常MX情報を追加することで、行われることです。 まず、メールサービスプロバイダに問い合わせて指示を受けた後にDNS情報の変更を行わしてください。

注:

122のコメント

  1. 詳細紹介ありがとうございます!
    置型 WordPressについて質問がありますが。
    モバイルでもブログを作成するのに困難があるでしょう?
    置型 WordPressは WordPress アプリで作成が不可能なのかたいから。

    • こんにちは、タヌキ様。

      AndroidデバイスとiPhoneで利用可能な WordPress アプリがありますが、インストールしてみると WordPress.COMつまり、加入型 WordPress容認ようです。

      モバイル機器でマウント WordPress サイトに管理者としてログインして記事を作成してみるとそれほど難しいようには見えません。 簡単な文章を作成して写真を上げるほどの作業であれば、モバイルデバイスでも可能なことがあります。

      次の図を参照してみてください:

      https://www.screencast.com/t/nAvskCGbzS

      WordPress 最新バージョンである場合、ブロックエディタを使用することができます。 モバイル機器でもブロックエディタ(Gutenberg)が正常に動作しますね。 簡単にブロックを追加して、テキスト、画像などを入力するか、挿入することができます。

      そして先日、リリースされた WordPress 5.3は、スマートフォンやその他の高精細カメラで撮影した最適化されていない高解像度の写真のアップロードの大容量画像のサポートが改善されたします。

      https://www.thewordcracker.com/basic/%ec%9b%8c%eb%93%9c%ed%94%84%eb%a0%88%ec%8a%a4-5-3-%ec%97%85%eb%8d%b0%ec%9d%b4%ed%8a%b8/

      もちろん精巧に文を作成するには、PC上で作業していることが望ましいであろうと思われます。

    • こんにちは、sera様。

      BluehostのBasicプランの場合1のウェブサイト(ドメイン)を利用することができ、最大5までメールアカウントを作成することができるとします。

      In basic plan、you can create 5 email accounts and 1 website。

      残りのプランでは、ドメインとメールアカウント数に制限がないですね。

      For all other plan you can create unlimited email accounts and unlimited websites。

  2. こんにちは。 ブルーホスティングチョイスプラスを使用しており、現在のメインのドメインに WordPress ホームページを作って運営ジュンニだ。 これ問題が全くないのに、追加のドメインを作成しようとしてるからサブドメインにする必要がありして作られてみると、問題が発生し始めます。
    1。 メインドメインのアドレス; newlypresent.com(自動的にhttps適用)
    - >グーグルコンソール、アナリティックスの問題無し、インターネット検索すると出てくる
    2。 サブドメインのアドレス; bikelove.newlypresent.com(自動的にhttpでアドレス生成)
    - >セキュリティの問題に Bluehost ウェブチャットを介してhttpsに変更完了
    - >グーグルアナリティクスは、問題なく確認された
    - >グーグルコンソールでは、サイト登録後の所有権証明書は、完了しましたが、URL検査で
    urlを取得することができないと出るため、Googleの検索時にサイトや文章が表示されない。
    - > WordPress SEOのXML site確認時のリストが表示されない。
    *サブドメインの場合は、ログインして記事を除いページはアドレスバーにセキュリティアイコンが見える文を作成する
    所にアドレスバーに! アイコンが表示されます。

    数日間苦労して作ったこのサイトを削除すべきかならかどうか悩んでいます。
    いくつかの解決策があるでしょう?

    • こんにちは、ハンサンミン様。

      サブドメインの場合は、ログインして記事を除いページはアドレスバーにセキュリティアイコンが見える文を作成する
      所にアドレスバーに! アイコンが表示されます。

      ==>購入ガイドショートカットをクリックすると、https://アドレスではなく、http://アドレスに接続します。

      次の記事に記載されているコードを.htaccessファイルに追加して、httpアドレスがhttpsのアドレスに強制的にリダイレクトされるか確認してください。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EB%AC%B4%EB%A3%8C-%EB%B3%B4%EC%95%88%EC%84%9C%EB%B2%84ssl-%EC%9D%B8%EC%A6%9D%EC%84%9C%EB%A5%BC-%EC%A0%81%EC%9A%A9%ED%96%88%EC%8A%B5%EB%8B%88%EB%8B%A4/

      そしてサイトのすべてのHttpアドレスはhttpsのアドレスに変更してください。

      グーグルコンソールからURLの問題についてはよく分かりません。 xmlサイトマップを送信して1〜2週間ほど待てば、インデックスがないかと思いますね。

      もしサブドメインのために発生する問題であると考えた場合、新しいドメインを接続してテストしてみてはいかがですか?

  3. 他の情報性のホームページに比べて有用なコメントが真多いですね
    運営者様も誠実な回答をつけてくださり表示が真です。
    相違はなく、私はまた、 WordPressについての情報を探していたの運営者様のホームページを訪問しています。

    私持っている疑問は、現在のMAMPを介してホームページ開発段階で一時的にMacBookのサーバーを置いているが
    開発完了時ウィワイ Bluehostなどの外部サーバに移動されるという話はたくさん接しました。
    しかし、MAMPを介してコンピュータにサーバーを構築する方法は、オンライン上で多く接することができたヌデ
    外部サーバーに移動する方法は、検索が真大変ですね...
    私のキーワードを多様に使用して見つけブワトヌンデド出ないのを見ると関連投稿が多くないようです。

    乳児期にデュプルリケイトラホウ利用するようにポスティングをしばらく見ていると書き込みがすべてかなり長い時間前に投稿なったたちだ
    ハード構築したホームページが間違ってなるかと思っ下手試みは困難です。
    これに関連し参考に値する資料やリンクありましたらお願いいたします〜!

    ああ、これは追加の質問です。
    WordPress バックアップ関連して、子テーマの話がたくさん出てきます。
    私の場合updraftplusというプラグインを使用している
    バックアップはしておいているが、実際に復元したことはまだありません。
    別途子テーマをインストールする必要がでしょうか?

    ありがとうございます。

    • こんにちは、イムフイソン様。

      ブログを訪問してくださってこのようにコメントまで残していただきありがとうございます。

      Duplicatorに移行することができれば、以前のが一番簡単です。

      次の記事では比較的最近のバージョンのDuplicatorを使用して、以前の方法を説明しています。

      https://www.thewordcracker.com/intermediate/duplicate-the-wordpress-site-with-duplicator/

      まず、バックアップを確実おけば良さそうです。 updraftplusというプラグインを使用してバックアップをしたら、ファイルをすべてダウンロードしておいたらされます。

      もしプラグインを使用した以前に失敗した場合、手動で移行する必要があります。 手動で移行する方法も、上記のリンクされた文で簡単に言及していますが、経験がないと少し威圧することができます。

      基本的には次のような過程で指定します。
      1。 ftpを介してデータファイルをダウンロードします。 WordPress関連付けられているすべてのファイルをダウンロードしてください。 (あるいはwp-contentだけダウンロードしても、新しいサーバーに WordPressをインストールした後、wp-contentフォルダを置き換えることができます。)
      2。 DBファイルをダウンロードします。 (phpMyAdminを介して)
      3。 新しいサーバーでデイトウルアップロードし(ftp)、DBをimport(通常phpMyAdminを介して)します。
      5。 wp-config.phpファイルのDBの情報を新しいサーバーに合わせて変更します。
      6。 URLが変更された場合は、URLを変更します。 phpMyAdminにアクセスして、アドレスを変更することができます。
      https://www.thewordcracker.com/basic/how-to-solve-problems-after-changing-the-site-url-in-wordpress/ 文でPhpMyAdminに接続してアドレスを変更する方法が説明されています。

      DBファイルが大きい場合には、phpMyAdminを使用してImportできない場合があります。 その場合は、SSHに接続してimportすることができます。

      Bluehostを使用している場合は、ブローホストで WordPressを自動的にインストールした後wp-contentフォルダのみ交換して、phpMyAdminを使用して既存のDBの内容を削除して、バックアップしたDBをImportすることもできます。 Bluehostから WordPressをインストールする方法は、次の記事を参照してください。

      https://avada.tistory.com/1462

      加えて、注意する点は、以前の前に環境と、以前の後、サーバー環境を同様にしてくれれば、以前の後に失敗する可能性を減らすことができます。

  4. こんにちは〜!
    不動産仲介業をしてみると、広告業者を利用しなければ作動するが、非常に難しいですよ〜!
    不動産ホームページ制作関連して検索していた中運営者様の Bluehostを接するようにされている/
    超初心者なので、
    ホームページを開設することができているか非常に迷うます。
    1)初期費用で韓国のお金10万ウォン程度ゲサンになるが、ホーム製作後、追加費用は発生しないですよね?(プラグインのインストール等...)
    2)海外メーカーなので、最近韓国語でオプテイトゥされたホームページはありませんか
    3)Bluehost ホームページ制作関連マニュアル(取扱説明書)はありませんか
    - 上記の3つお問い合わせ返信いただければ非常にありがたいです。
    常にご健勝ください! ありがとうございます^^^〜!

    • こんにちは、チェ・ジョンホさん様。

      1)テーマを購入して、直接サイトを制作する計画がですか?
      そのような場合、不動産関連のテーマを選択して起動することができるようになります。

      https://blog.thewordcracker.com/rbwj

      一度きちんと完成すると、直接管理している場合、追加の費用は発生しないでしょう。

      2)一部の文字列は、翻訳する必要があります。 WordPressでは、Loco Translateを使用して直接翻訳することができます。

      https://www.thewordcracker.com/basic/how-translate-wordpress-po-file-using-loco-translate/

      3)次の記事で Bluehostに加入した後にサイトを作成する方法を簡単に説明しています。

      https://www.thewordcracker.com/basic/how-to-start-wordpress/

      加えて、詳細な内容をこのブログの検索機能を使用して検索することができます。
      https://www.thewordcracker.com/forum/resources

      楽しい時間を過ごす。

  5. こんにちはサイト開設関連して検索をしていたの偶然入ってきて、多くの情報を得ていきます。

    実例がないなら気になる点をお聞きしたかったんですが、私は、もしビューティーショップ、ショッピングモールやコンピュータショッピングモール二つを運営しようとする場合

    たとえばbeauty1234.com pc1234.comが二つのドメインを開設したいとき
    ブルーホスティングも二つのIDを作ってビューティーショップ、pcショップのサイトの開設をそれぞれ必要ですか?
    (ドメイン費用もそれぞれ出すか気になります)

    それとも一つのブルーホスティングアカウントと一つの WordPressアカウントに
    両方のサイトの両方を操作するのが可能かどうかを知りたい。

    初心者だからまだモルヌンゲ多いですね^^ ;;
    よろしければ回答お願いしたいです。

    • こんにちは?

      2つのドメインで2つのサイトを運営したい場合 Bluehostで最安値商品であるBasicを除いた残りの商品で可能です。
      通常一段階高い商品であるPlusを利用することができるようになります。

      サイトへの訪問者数が多かったり、より信頼性の高いサービスをご希望の場合は、ブログで使用されている Bluehost VPSを考慮してみることができます。

      通常の場合、共有ホスティングのPlusを使用すると、無難でしょう。

      ドメインを追加する方法は、次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/how-to-create-a-subdomain-in-bluehost/

      ドメインは1個のみ最初1年間無料で登録可能です。
      他の一つは、 Bluehostで登録するか、(最も簡単)、古代ディナガッビアーノのような場所で登録した後、ネームサーバを Bluehostに変え Bluehostでドメインを「アドオンドメイン」(付加ドメイン)に追加します。 ( https://avada.tistory.com/659 参考)

      .comなどのドメインは、古代ディで加入すれば、コストを削減することができます。 Bluehostで購入すると、古代ディより少し高価ですが、ネームサーバの変更をする必要がなくなり便利です。 (*チェックしてみると.comドメインの場合 Bluehostで登録する場合、年間12ドル程度です。)

      https://avada.tistory.com/535

  6. 突然 WordPress オートアップグレードしていない始めてプラグインも更新しないドゥェドニ Bluehostを通した WordPress接続ができません...ㅠ。ㅠ
    だからブルーホストライブチャットでお問い合わせのでイェネもどんどんホトダリ万わらたらメールで送ってあげるから更新してくださいのにこれ何言っですか?し...ㅠ。ㅠ本物のサービスxのようにね...

    • こんにちは?

      Bluehostの場合は、エージェントの実力が一人一人に応じて差があるようです。
      だから、私は最初の接触して解決がないと、数時間あるが、再問い合わせすると、他のエージェントが解決してくれる場合がありました。

      そしてお問い合わせの際、可能な限り詳細かつ簡単に説明することも重要なことです。 (エージェントがネイティブではない場合があります(例えば、人件費が安いインド、東ヨーロッパの)。)

      私は通常、 http://www.example.com/wp-admin으로 接続する方です。
      http://www.example.com/wp-admin으로 接続してみてください。
      そしていくつかの理由で、管理者パスワードが合わない場合は、次記事を参考にして初期化することができます:

      https://www.thewordcracker.com/basic/how-to-reset-password-in-wordpress/

      問題がうまく解決されることを願います。
      楽しい休日を過ごす。

    • 先に回答たように、ブラウザから直接ログインすることができます(www.example.com/wp-admin)。

      Bluehost アカウントページから直接ログイン失敗の問題について https://www.thewordcracker.com/forum/support-system ページの詳細症状(失敗時のエラーメッセージを含む、なるべくスクリーンショットを作成リンクに含まれていた場合、より良さそうです)と一緒に、そのサイトのアドレスを教えてもらえますか?

      私は時間が私のとき Bluehostに一度お問い合わせしてみゲットしました。

      カトクでkanatraを友人に追加して、関連情報を送っていただいてなるんです。 (カカオトークは、米国の電話番号ににして、私はコンのみ確認が可能なため、すぐに確認はできません。)

  7. こんにちは、Web、ホスティング..等の知識がほとんどない状態で、
    WordPress ブログを一つ作成しようとしたら難しいですね..;
    コメントをほぼ一時間ドンダ読んでみた内容が難しくて、実際にどのような音なのかよくわかりませんㅠ_ㅠ。

    ブルーホールBasic程度なら個人ブログ(訪問者500〜1000人)の運営が可能ではないかたい。要
    コメント読んでみると1年は、ドメインを無料で使用可能であるが..
    3年にサービス加入をすれば.. 2年目には、ドメイン価格だけ別に内面されるのか知りたいです。
    そして、最初に参加したドメイン2年されたときは、費用がどれくらいでしょうか。
    英語は本当に分からなくて。ブルーホールに問わず。ブログにお問い合わせ残して見ㅠ。

    • こんにちは?

      Webホスティングにサインアップするとき Bluehostで.comドメインを登録すると、1年無料利用が可能です。

      大きく3つのオプションがあるようです。
      1)ドメインを Bluehost無料で登録した後1年になる前に手頃な価格の場所に移転します。 (一番安価なオプションドメイン期間が満了する前に移転する作業が面倒。)
      3)ドメインを Bluehost無料で登録した後、続けて Bluehostでドメインを更新します。 2年目からコストがかかりれ、ドメインリニューアル(更新)の費用は、探してみると、年間17.99ドルですね。 韓国のお金で約2万ウォン程度になると思われる。 (第一便利なオプションで、以下に説明するドメインネームサーバの変更は必要ありません。)
      2)ドメインを最初から他の場所で登録した後に、ドメインのネームサーバを Bluehostの情報に変更します(下記参照)。 .co.kr、.krなど国内のドメインを利用する場合、韓国メーカーを使用して登録する必要があります。

      ドメイン登録/延長費用は年間1万ウォン〜3万ウォンの間であり、メーカーによって少しずつ異なります。 これは、Webホスティングとは別途費用です。 国内メーカーを利用して、ドメインを登録/更新する場合は、次の記事を参照してみてください。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EC%A0%80%EB%A0%B4%ED%95%98%EA%B2%8C-%EB%8F%84%EB%A9%94%EC%9D%B8-%EA%B5%AC%EC%9E%85%ED%95%98%EA%B8%B0/

      国内ではビアウェブ、メガゾーンなど数カ所が登録/延長/移転費用が安くなります。 私co.krドメインはビアウェブを利用しています。

      ドメインを Bluehost以外の場所で登録した場合(あるいは機関移転した場合)、ドメインのネームサーバを Bluehostのネームサーバ情報に変更する必要があります。 この作業は、ドメインを登録したところで進行します。 ネームサーバを変更した後1〜2日ほど経つと、ドメインのネームサーバが完全に更新されます。

      方法は、次の記事を参照してください。

      https://avada.tistory.com/659

      もし理解できない部分がある場合教えてください。

  8. 文は本当によく読んだね(笑)

    私8月から WordPress ニュース型のブログを
    開設しようと構想中における
    質問したいたいことは少しあるが....

    ・公有型 Bluehostはベーシックを使っても速度が遅くなることはありますが、トラフィックは無制限か

    ㆍWordPressも Naver及び寀ーブログのように
    アイピーをしたサイトに一つずつ変えながら管理してくれるといいか

    及びベーシックを使いながら、他の上位のバージョンで
    移さ行くの容易な地

    及び最後にベーシックではなくチョイスプラス
    評価を利用すればホームページのサイト自体を
    複数開設できるかどうか気になります....

    質問が多すぎて申し訳ありません
    コメントのすべて読ん運営者様の御言葉通り
    WordPress 本一つ教保文庫で購入しましたね(笑)

    • こんにちは?

      コメントを残すありがとうございます。

      ・公有型 Bluehostはベーシックを使っても速度が遅くなることはありますが、トラフィックは無制限か
      ==>
      訪問者数が多くなると、サイトの速度が非常に遅くなることがあります。
      そのような場合VPSなどの上位商品に変えることをお勧め。
      事実の訪問者数が多く、サイトが遅くなったり、ダウンしているのは、ブログ運営者の夢でもあります。(笑)
      VPSに変更しても AdSense バナーを運営する場合、訪問者数が多く、より多くの利益を出すことができます。

      トラフィック無制限の部分の理解は、以下の文を参照してください。
      https://avada.tistory.com/344

      参考までに加入型 WordPressは置型に比べて制約がありますが、トラフィックは、事実上無制限とします。 (トラフィックに制限を設けないことを意味します。)
      https://brunch.co.kr/@wordcreater/35

      しかし、 WordPressの機能を適切に利用するには、設置型 WordPressより良いオプションです。

      ㆍWordPressも Naver及び寀ーブログのように
      アイピーをしたサイトに一つずつ変えながら管理してくれるといいか
      - >この部分は、私がよく理解していました。
      このような制限はないようです。

      及びベーシックを使いながら、他の上位のバージョンで
      移さ行くの容易な地
      - >ベーシックを使用している途中Plusなどに移していくことを可能にしていることは分かりません。
      この部分は、ライブチャットでお問い合わせ見ればいいようです。
      Shared HostingでVPSでは、アップグレードが可能です。

      及び最後にベーシックではなくチョイスプラス
      評価を利用すればホームページのサイト自体を
      複数開設できるかどうか気になります....
      - >
      ベーシックは、1つのドメインのみ接続が可能ですが、サブドメインを作成し、複数のサイト運営が可能です。
      Plus以上では、サイトを無制限接続が可能なので、複数のサイトをドメインを異にして運営することができます。

      楽しい週末送ってください。

    • ブログを訪問していただきありがとうございます^^

      安価にまともなウェブホスティング(つまり、歌声雨良いウェブホスティング)を利用する場合は、 Bluehost 共有ホスティングを考慮してみることができます。
      より安定した高速なホスティングをご希望の場合には、上位商品(Bluehost VPS)の方が適しすることができます。

      今日も楽しい一日を過ごしてください。

      • こんにちは?

        共有ホスティングの最安値商品であるBasicの場合は、ドメインを一つあれば接続できます。 Plusなど、残りのプランでは、ドメインを無制限接続が可能です。

        https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/how-to-create-a-subdomain-in-bluehost/

        Baiscプランを利用する場合、ライブチャットで連絡して、ドメインを変更するいけない場合、変更してくれることもあるようですが、この部分は確認が必要です。
        Plus以上プランでは、アドオンドメインに追加するだけです。

  9. おかげでブルーホスティングをよく使用しています。

    一つの質問求めることができる?

    アルftpでftpに接続すると、奇妙なフォルダがたくさん表示されます。 publicフォルダを探してクリックすること面倒ですね。 すぐpublicフォルダに接続されるようにすることができますか?

    • こんにちは?

      まず知ってFTP、アルジプなど知るシリーズはなるべく使用しないことが望ましい。 理由は、Googleの検索見れば知ることができるでしょう。
      アルジプ代わり蛍家や7-Zip、アルFTPの代わりにファイルBugzillaのような良い無料のプログラムを使用することができます。

      Bluehostナ SiteGroundでFTPに接続するとすぐにpublic_htmlフォルダに移動せずに(おそらく)そのアカウントのhomeフォルダにアクセスすることがあります。 したがって、public_htmlフォルダを探してクリックしヘジュオヤする手間があります。

      この場合、FTPクライアントのブックマーク機能を使用すると便利でしょう。

      次の記事を参照してみてください:

      https://www.thewordcracker.com/blog/ftp-%EC%A0%91%EC%86%8D-%EC%8B%9C-%EC%9B%90%ED%95%98%EB%8A%94-%EB%94%94%EB%A0%89%ED%84%B0%EB%A6%AC%EB%A1%9C-%EC%89%BD%EA%B2%8C-%EC%9D%B4%EB%8F%99%ED%95%98%EA%B8%B0/

      • 迅速な回答ありがとうございます。

        ファイルリラに変更しました^ - ^

      • ファイルBugzillaの良い。
        ファイルBugzillaのイチオシです。

        https://www.thewordcracker.com/basic/using-ftp-to-work-with-wordpress/

      • 一つだけより聞いてもいいですか?

        ブルーホスティングにアップロードするファイルがすごく多い時間がかかるようです。 このような場合、もし良い方法があるでしょう?

        しきりに質問をお詫び申し上げます。

      • こんにちは?

        ftpを介して多くのファイルをアップロードするには、時間もかかる可能性があり、中にエラーが発生する場合があるようです。
        私は多くのファイルをアップロード時にフォルダを圧縮してftpでアップロードした後、cPanelで提供されているFile Managerを利用する方です。
        File Managerで圧縮ファイルを解凍することができます。

        次の記事を参考にしてください。

        https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%ED%95%B4%EC%99%B8-%EC%9B%B9%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85-%EB%A7%8E%EC%9D%80-%ED%8C%8C%EC%9D%BC%EC%9D%84-%EB%B9%A0%EB%A5%B4%EA%B2%8C-%EC%82%AD%EC%A0%9C-%EC%97%85%EB%A1%9C%EB%93%9C-%EB%B0%B1%EC%97%85/

        この方法を利用すれば、多くのファイルが含まれているフォルダをダウンロードするか、フォルダを削除するときにも、時間を節約することができます。

  10. WordPress マルチサイトでサブサイトに別のドメインを接続しようとする可能気になります。

    • マルチサイトでは、サブブログに他のドメインを接続することが可能です。

      Bluehostの場合、共有ホスティング基準に最商品は、1つのドメインのみ接続が可能なため、Plus以上の商品を選択する必要があります。

      マルチサイトから別のドメインを指定することを「ドメインマッピング」と呼びます。 ドメインマッピングは比較的簡単です。
      ドメインをアドオンドメインで追加するときにDocument Rootをマルチサイトの基本的なドメインのDocument Rootディレクトリに指定する必要があります。

      次の記事を参照してみてください:
      https://www.thewordcracker.com/intermediate/how-to-map-wordpress-multisite-domain-mapping/

      マルチサイトを利用すると、複数のサイトを一つの WordPress 管理者ページで、管理することができるという利点があり、管理作業の負荷が減るという利点があります。

      個人的には、マルチサイトをあまり好まれません。

      Bluehostは(最安値の商品を除いては、)複数のドメインを追加することができるので、ドメインを追加するときに、固有のディレクトリに追加して、個別に WordPressを設置することも可能です。 個別に WordPressをインストールする場合 WordPress 数の管理する管理負担は増加します。

      マルチサイトを利用するか、またはドメインごとに個別にサイトをインストールするかどうかは、長所と短所を考慮して決定してください。

      • 迅速な回答ありがとうございます。

        おかげで方向をキャッチすることができドゥェオトた。

        cPanelこの完全新世界ですね。

        幸せな週末を。

    • Bluehost スシミョン固めマルチサイトを作成する必要なく、個別に作成できます。
      あまりにも安い商品のみ、またはメインドメインの商品とは別にドメインにマッピングして書き込むことができよ。
      したサーバースペースの中にあるだけであって、実際にはまったく関係のない WordPress 2の非常に簡単に操作します。

      この作業が、第経験上は Bluehostが一番楽だったようです。 WordPress 生成はほとんど初段ユーゴー...
      二つ作っても確実に負荷のようなものは感じられず、んですね。

      とにかく...多良い私2年ぶりに初めに72時間以上サーバーダウンを経験していますね。
      個人の趣味がない場合はvps以上入れてください。 vpsと必ず完璧ではありませんがそれさえもだた。
      そして... 100火未満建て商品もバックアップサービスあり、必ずしも適用して入れてください。 私たちは、正式オープン前としなかった
      非常に厳しくされています。

      それでも最近サーバーダウンで3日間毎日ライブチャットをしたところ、2月フリーくれますね。
      とにかく Bluehostが一番良いメーカーの中の一つであるが、最近いくつかの問題もあるので、余裕がましたらvps以上入れてください。

      • 個人的にも、マルチサイトより個別にドメインを接続して、 WordPressをインストールすることをお勧めします。

        接続しなければならサイトが多くの場合には、複数のサイトを利用試みることができるでしょう。
        その後、一つの WordPress インストールに複数のサイトを運営することができるという利点があります。

        ただし、マルチサイトに接続する場合、後で個別に移行する容易ではないことができ、奇妙なエラーを経験することもできます。
        そして、マルチサイトをサポートしていないプラグインもあり、マルチサイトのプラグインは、価格も高価です。〓〓
        だから、個人的には、なるべく複数のサイトを利用するよりも、個別にサイトを設置することを好む方です。

  11. 常に良い情報ありがとうございます。
    私はほとんどの海外ホスティングは、長年の間、ほぼ使い果たしてみました。
    ここの情報も良い参考になりました。

    現在も Bluehostを書いている点だけ申し上げます。
    第経験上、最も便利です。 サービスも24時間簡単に英語版のみ行うことができたらとても良い方です。
    だが、共有ホスティングは排除することを強くお勧めします。

    最初の理由は、することができず、ナット私のメールサービスを持ってたいですね。
    過去2年近く Bluehostを書いた私は、主にサンダーバードに接続して書き込みます。
    嘘なく、これまでたまに連動にならないことが1年に20回以上になります。
    しまいには、 Bluehost アカウントに受信メールは再び、Gmailでも転送をしておいて使用中です。

    ヨノムは時々奇妙なメールがトィプです。 データを読み込まない状況がなりますね。
    基本的には Bluehostのメールサービスは本当に良いです。 データも無制限で。 韓国のコスト
    あらイルマに安いです。
    私たちは、2年前まで約3年の間に月に4万ウォンほどの韓国メールサービス商品を書い2年前に思い切って
    移動しました。 暗多良い...適時ではない爆破来る時があります。 サンダーバードで...

    共有ホスティングの問題と見なされる外部アプリケーションと連動する場合、時には...いや信じ送る円負担になる
    程度のエラーが多いという点を注意して下さい。 もちろん、データが完全に消失されず、一時的な連動の問題
    と表示されます。 サンダーバードにない時点で、Gmailアンウロヌン転送されています。 相性の問題であるか
    も疑いがかかるが、他のアプリも似ています。

    第2問題...最も重要な要素であるが、Web上で共有ホスティングは非常に不安定です。
    ###この記事を書いている今2日目 Bluehost 共有サーバーが死亡した。 ###
    これまでのライブチャットを約5回行いました。 最後の人が約1月のフリーサービス期間を延長してくれた
    た問題をなぜ解決できないのか理解できないことくらいです。

    cpanel接続が不可能でFTP接続できません/メール/ Webだ死亡した。

    当社のような場合は、Webサービスは、過去2年の間にほとんど使わなかった。 事実メール用途で多く書い
    今回、新しいサイトを準備しながら、最初に適切に2ヶ月間テストみました。 そのサーバーに GNUBOARD
    XPゼロボード、WPのまですべてのテストをした...ソリューションのためWPにしました。 今国産がたどる
    大変WPが良くなるようにします。

    とにかく...私も2年使用して、このような場合は、最初なのに、過去2ヶ月間集中的にテストしてみると、たまに頻繁に
    遅く機も死ぬことはなかったのに、今回初めて死亡した。 完全にんですね。

    22日からメールサービスが異常た... 25日サーバーダウン...そして26日現在までに解決されていない。
    真床であることがこういうことが起こるだろうとは思ってなくて、約2ヶ月間準備した会社のサイトをバックアップしておか
    んでした。 WordPressで作った実像昨日はオープンデーだった死んだよ。 TT

    いくつかのページを多少修正して、オープン前に最終的な結果をバックアップするとしたが大騒ぎを払っています。
    オープンしてvpsや独立サーバーに移そうとしたが、一日違いで二日目は何もすることができないですね。

    Bluehostの立場は安心しなんですよ。
    データが消失する危険性はないと...本当にあるかはまだわからん。
    とにかく皆さん Bluehost 入る場合は、無条件にvps以上書きなさい。 それ答えています。

    このように欠点を話しましたがその後、私は残すだろうか?
    残念ながら私にこのような試練を与えているが、それさえもが Bluehostが一番お勧めです。
    cPanel 楽PHPのアップグレードやメモリ調整も有利でメールサービス通大きくサポートして
    HTTPS無料である点と、サブドメインと同じサーバー上の別サイトを追加することも、この奴だけ
    県にするのは初めてのようです。
    非常に便利です。

    とにかく、私はこの苦労をしているが、最終的には、 Bluehostに残るでしょう。
    おそらくVPSに直接変更するか、独立したサーバーに移すことになるようです。
    他の選択肢がある場合、良いまだ見つかっています。

    アマゾンも長くテストしたし...今も Naver クラウド2年コミュニティサイト書いています。
    アマゾンは、結果的にあまり安くないいちいち設定してあげる真多いですね。 上手に使えばいいのに非常に面倒
    た。

    Naverは、Amazonと似ているが機能がしばらくモルオトゴ...代わりに速度や利便性は大丈夫です。 死んだ敵
    は特にないようです。 とにかくいいビサジョ。 Naverは、私は月に10万ウォンぐらいです。
    専門的にサーバの設定および管理ハルコまたは Naverは不便しかなく、まだ機能的に
    アマゾンに敵対することができないですね。

    ゴドモル/ Cafe24 などなど、国内ではなく書いてきた機能が制限され、価格の面で付加サービス
    面で答えがありません。 新しいサイトにHttpsだけダルリョゴもあるお金であり、時間もかかるし

    皆さん海外サイトをアラート通知 Bluehost 推奨が共有ホスティングは安い書いていないTT
    vpsから開始ハシギルイチオシします。

    • 良い情報ありがとうございます。

      Bluehost VPSが確実に安定したサポートも良い方です。

      会社のサイトであり、重要なサイトであれば、VPSプランがより適していると思われる。 ただし、費用が負担になることがあるでしょう。 (実際には国内の同様の商品と比較すると非常に手頃な価格の方だが、このようなコストを惜しまれる方が多いのが現実です。)

      このブログは、VPSでホストされているが、私は、共有ホスティングで運営されているサイトも運営しています。 しかし、特に問題なく正常に動作しています。(笑)

      (共有ホスチンワVPS以上の商品の中からいくつかの商品を利用するかは、期待値に基づいて、重要度に応じて決定すれば良いと思われる。前述のように重要なサイトであれば、コストを投資することが望ましいでしょう。)

      メールの場合 Bluehost 内cPanelで提供するWebメールで確認したのメールが入ってきているが、Thunderbirdで受信されない場合、Thunderbirdの問題です。 もしcPanelのウェブメールツールでメールが点灯しない場合 Bluehost 問題または他の問題のように見えます。

      メールを送信100%いく保証することはできません。 Gメールや Naver メールで送信できない受けている方がたまにいます。 (私はoutgoing serverをGmailのに設定して使用しています。) Naverで、Gmailで送信しない入ってくるという場合もあって。

      Cafe24 同じ国内のホスティングを利用する場合は、Webからのコンタクトフォームを介して送信するメールがない入ってくる場合が頻繁です。 (私も実際に経験したもまた、このような問題を訴える方をよく見ます。)

      メールがない着信問題は複合的なものです。

      余裕があれば SiteGroundより安定したサポートも非常に迅速かつ積極的です。 ただし、 Bluehostよりコストが高い方です。

      もう一つは、共有ホスティングを利用する場合、訪問者数が一定水準以上増えるとサイトが遅くなり、不安定になることができます。 そのような場合VPSや、より高い商品を利用しなければならないことです。

      楽しい一日送ってください。

      • 返信ありがとうございます。
        テスト期間とお金を惜しむことが生まれて添加床を処分 それにもかかわら Bluehostは非常に安価で良いサービスですよ。
        私たちは、今回の最上位の商品に適したトラフィックのサイト3個程度を返してみようしたが床を経験しています。

        事実共有サーバーは、一緒に使う他のユーザーをよく会うことも幸いですね。 制裁をしても、トラフィックが集まっ次ですからね。

        とにかく Bluehostは、いくつかの改正を書い今回の場合は初めてです。 そして、外部メールソリューションは、他のプログラムでも同様です。 ウィンドウOutlook Expressのからテストしたところ、瞬間瞬間遅い時がありますね。

        ご覧の方参考になられ、常に良い情報ありがとうございます。

    • Bluehost 現在の問題は深刻ですね。
      ひょっとした一周サーバーで
      大きな事故があるようです。

      参考になったらね
      https://downdetector.com/status/bluehost

      • 今回、いくつかのサーバーに問題が発生したと思われる。
        過去の記録を調べてみると、昨年と今年の初めには、別の問題がなかったようですね。
        問題が発生していないことはないが、問題が発生したときの対応も重要なんです。
        Bluehostはそのような面で少し残念な点があるようです。

        できれば、バックアップをしておくことをお勧め。
        私は5年目毎月1〜2回フルバックアップをしています。 (幸いなことに一度も使用したことはないけどね。)

        どうぞ問題がうまく解決されることを願います。

        私はたまに間違ったコードを追加したり、プラグインの問題へのトラフィックが急増して、サイトがダウンしている問題を経験していました。
        https://www.thewordcracker.com/basic/server-has-been-down-due-to-cpu-usage/

        最初は、トラフィックが急増する理由を把握できず、一日以上のサーバーがダウンしたりもしたが、以降は(学習効果のために)トラフィックが急増したという話をサポート担当者に聞くと、最近追加されたコードや、最近インストール/アップデートしたプラグインを削除して簡単にサイトを復元することができました。

  12. こんにちはブログを見て、常に多くのことを得ていく人です

    元ページ24でパワーアップ光武制限ホスティングという無制限トゥレピクを与える商品を使用してみたんですけど

    今回新たにサイトを作成しようと、他のメーカーを探していたのbluehostにvps、wp proという商品をここで見ることになりました

    グーグルアナルリティックスで見た時、一日のセッション(ユーザー)が5のみで多くは7万程度出るサイトを作成しようとするとき

    blue hostのvps商品や私 WordPressにしようとするので、wp pro。 どちらかに選択しても

    まともな選択でしょうか? トゥレピク無制限と速度が遅くないことが重要であり、諮問求めます

    このブログを通じてたくさん学んでいますコメントを借りて、常に感謝の言葉伝えます

    • こんにちは?

      一日5万〜8万セッションであれば、かなりの規模があるサイトですね。

      この部分について Bluehostにお問い合わせしてみるとVPS Enhanced商品を推薦してくれますね。

      BH:As of your client is expecting session 50,000 to 70,000 they should go with VPS or Dedicated hosting。
      Word:There are three plans in VPS:Standard Edition、Enhanced and Ultimate。 Standard or Enhanced will be acceptable?
      BH:Yes、and it would be recommended to go with VPS enhanced plan。

      VPSや専用ホスティングでいくべきだとして、具体的にVPS Enhancedプランを選択しても大丈夫そうです。
      サイトを作成するときに最適化することが重要と思われる。 サイトが軽ければ、リソースを少なく消費しながら高速が可能ですが、サイトを重く作成予想よりも多くのリソースが必要になることもあるようです。

  13. こんにちはお問い合わせはつなぐのですがwp pro製品がvpsと同じ速度を提供することを気にします。

    • こんにちは?

      単に説明を見ると、WP proが速度が速いとされているが、VPSと比較して、より早いかについては分かりません。

      速度は、使用するテーマ、プラグインなど、さまざまな要素の影響を受けるため、相対的なものです。

      このブログに Bluehost VPSが使用されているので、VPSの速度についてはある程度推測することができるでしょう。
      しかし、私の専門家ではなく、一般ユーザーとして行うことができる措置をとったので、専門家は、サイトを作成する場合の速度がより速くすることもあるようです。
      (また、グーグル AdSense 同じ広告をつけなければ速度がはるかに快適になるでしょう。)

      サーバーのチューニングが可能であればVPSを選択することが有利かもしれないそうです。
      VP proはRoot権限が提供されていないため、精巧にサーバーを設定しませんでしょう。

  14. こんにちは! うわ...あまりにも整理ができているブログを見て、文章を見ながらも、まだ3日目決定障害をギョクゴにおいて、アドバイスを求めた後、最終的に選択をしようとしてコメントさせます。 私は修理するIT技術を持っている Naver ブログだけの運営をしています。 もちろん商業ブログスリップ。 ところが Naver 特有の閉鎖性と伸びない訪問流入水、および多数の競争のために...あまりにも多くの手間(?)とによる機会費用の無駄という考えと同時に...正式にサイトを作成し、Googleはと Naver 広告を通じて流入水の増加と売上増大をすることを決めました。 ワードプレスを利用してホームページを構築した後、 Naver ブログと寀ー投稿にホームページに流入させるランディングページ(?)形式のみとるのか...それともブログの形を帯びホームページ役割まで兼ねるスタイルで作成するかを悩んでいます。 どのような形式がいいアドバイスをいただければ大きな助けになると思います。 そして...私の業種の特性上、ブログ投稿をしたときに写真や映像がたくさん入ります。 写真は思い1920サイズに上がっ行く大きく容量を占めませんが、カメラで撮影した動画は、3分ほどの映像が主を成した編集をすると500MB〜1GB程度の容量を占めてね。 そうしたら容量のためにいくつかのホスティングを使用するかどうかが主な悩みです。 最初は Bluehost 共有ホスティングを考えているが。速度が遅いかと思って... SiteGroundがより安定している者様文を見ていたら、心が行くにはする。保存容量の制限が大きな障害になるような気がするんですよ。 果たして私の状況に合った商品がどのようなのでしょう? 笑現在まで Bluehost VPSで心ががあることはですが...長い質問文を読んでいただきありがとうございます。 こうせつをお待ちして〜

    • こんにちは?

      1。 動画をウェブホスティングサーバーに上げるのは良い考えではありません。
      動画は膨大なトラフィックを誘発するため、一般的なWebホスティング(共有ホスティング)では耐えていません。
      YouTubeに上げて共有する形式が一般的です。
      公開になってはならないと非公開に上げればされます。 ただし、プライベートユーチューブ映像もリンクを知れば、ユーザーがアクセスすることができます。 しかし、わざわざ誰共有しなければ、通常のユーザーは、プライベートビデオのリンクを知ることができません。

      2。 ポストを Naver ブログと WordPress同時に上げてもされます。 Naver ブログは Naverのみ通常の露出され、 WordPressは、Googleによく露出されるため、別の問題がないでしょう。

      3。 安価に起動した場合 Bluehostを選択するとされ、速度と利便性の面では SiteGroundが優位になります。
      Bluehost VPSは、共有ホスティングより一段階上の商品です。 現在、このブログが Bluehost VPSを利用中です。
      初めてのユーザーの流入がそれほど多くない場合は、費用的な面を考慮して Bluehost 共有ホスティングもいいでしょう。 いくつかを考慮して、適切な商品を選択してください。

      • あげてくださったコメントにある程度の方向をとることができるようになってありがとうございます。 サイトクラウンドロー行ってもなるね気がします。 1こと訪問者数無数業種がないうえに、映像サイズも私の考えでは、大きくないと考えて余分なトラフィック誘導には心配をしていないのに、それが積もってみると、無視できないだろうなという気もします。 ユーチューブに上げ WordPressで作成したサイトからのリンクをかけるサムネイルが見えるでしょう? 次に、最良の選択肢になることがありますね。

        動画を上げる状況についての質問だけよりますよ。 有ビュブに公開になってはならない映像はありませんが...私のスペースに上がっていないんじゃない..という漠然とした不満(?)があります。 だからして、本気が...私は個人的に運営するSynology NASに上げてリンクをかけるのは仕方でしょうか? ギガインターネットと速度は大丈夫に出てくると考えてね。 接続の安全性とか他の障害状況を想定すると..それでも選択肢は、YouTubeのでしょう?

      • YouTubeに上げリンクとして挿入する方法はいくつかありますが、次の文で、どのように例示が出ますので、参考にしてみてください。

        https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/make-youtube-and-vimeo-vides-responsive/

        私はリンクされた方法で、常にYouTubeの映像を挿入しています。

        個人的に運営するSynology NASに上げてリンクをかけることについては考えてみたが、試みヘボショもよさそうです。 (YouTubeの方が動画をバックアップしていなくて、問題が発生することをたまに見ます。このような事態に備えて、二重にバックアップしておけばもしかしたら、問題が発生しても回復が可能になります。)

        YouTubeのを非公開に上げ有料マインサイトを運営する有名な海外のサイトもあります。 YouTubeを利用するのが普通の方向です。

      • 数日間の選択障害についての素晴らしい答えをいただき、本当にありがとうございます! サッ開始をするべきなのに、足首とっていた部分が解決されるのでカンニングさっぱりですね。 ^^今日も楽しい元気いっぱいの一日に願い〜

      • 大工の夢様も幸せな一日を過ごしてください:)

        参考までに、以下の Naver カフェでホームページは、Webホスティング、 WordPress 関連情報を共有し、 WordPress ユーザーとコミュニケーションすることができます。 そして気になる点を質問することもできます。

        https://cafe.naver.com/wphomepage

    • 助けてくれたおかげで、最終的な決定し、ドメインの購入とホスティング選定しました。 SiteGround GrowBigに最終的な選択しました。 Bluehostと本当に葛藤たくさんした。接続の安定性ともしか後で好きではない入っ他のホスティングに移行しなければならなどのヒムギョウムをギョクギ嫌決定選択です。 ^^ Word様ブログリンクを介して登録するようにします! そして教えたカフェも登録して、頑張ってみましょう。 再びありがとうございます〜

      • ありがとうございます~~

        SiteGround와 Bluehostでライブチャットでサポートを提供します。 問題がある場合、ライブチャットでサポートを要求すると、助けを得ることができます。

        英語のためのコミュニケーション不快感を経験する場合お知らせいただければコングルリスィが支援することができる場合お手伝いします。(笑)

        SiteGroundからテーマデモインストール時にエラーが発生した場合、次の文を参照してみてください:

        https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EB%8D%B0%EB%AA%A8-%EC%84%A4%EC%B9%98-%EC%8B%9C-%EC%97%90%EB%9F%AC%EA%B0%80-%EB%82%98%EB%8A%94-%EA%B2%BD%EC%9A%B0/

        だから、楽しい一日を過ごす。

    • 現在のホスティング契約し一つの質問します。 契約期間ですが1年契約と月$ 5.95ですが。 契約期間が終わって更新すると、元の価格の$ 19.99請求されるのですか? (どうやらそのようだが...)もし2年や3年だったが、後でサービスが気に入らなく終了し違うと移すことになる場合、払い戻しはできますか? (元の価格に基づいて動作する計算することが推測ですが。笑)どのように契約するのが有利でしょうか〜

      • SiteGround初めて1年間のを加入したが、契約期間が満了する約20日前までに2年間のを新たに登録してサイトを一つずつ新しいアカウントとしてトロ移転しました。 (3年契約したかった費用負担のために2年にしました。)

        サイトを1〜2個程度運営する場合、このような方法も大丈夫そうです。

        しかし、複数のドメインを接続して、複数のを運営する場合、以前のこと面倒な場合があります。 前2年約定が終了すると面倒なのでそのまま使用するかも検討しています。

        他の方法で1〜2年の間に SiteGroundを使用してから契約期間があるされていく Bluehostに移転することも一つの方法です。 どうしても面倒な場合があります。

        2〜3年契約した後、数ヶ月使用している途中好きではない解約する場合、払い戻しができないこともあるようです。

        ちなみに個人サイトである場合には、手頃な価格のものを選択することが望ましいことがあります。 Bluehost 共有ホスティングに登録してWPMLプラグインをテストするために運営するブログが一つあります。

        https://iwordpower.com/

        速度がどのように感じられるれるしれません。 (ここにも知人のサイトを含め、複数のサイトを接続して使用しています。)

        速度は、Webホスティングが一定の部分を食べ入る部分があり、加えて、使用しているテーマ、プラグイン、サイトの最適化など、さまざまな要素の影響を受けます。

      • お知らせいただいた上記のサイトPCとモバイルの両方の速度が遅いという感じが全くないですね。 言葉いただいた内容参考にして決定します。 ありがとうございます〜^^

      • サイトの速度は、言ったようにホスティングほか、さまざまな要素の影響を受けます。
        最適化されていない重いテーマを使用して、多くのプラグインをインストールすると、サイトの速度が遅くなるしかありません。
        サイトを遅くするしかないように作って WordPressは、元のヌリネする方もいます。

        いくつかの参考にして慎重に選択してください。

        幸せな一日を過ごす🙂

  15. 今 Bluehost 共有ホスティングでもPHP 7.2をサポートします。 新たに加入した場合、PHP 7.2が、基本的に適用されます。

    次の記事を参照してPHP ini設定値を高くばスムーズに WordPressを操作することができます:

    https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EB%B8%94%EB%A3%A8%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8A%B8%EC%97%90%EC%84%9C-php-%EB%B2%84%EC%A0%84-%EB%B3%80%EA%B2%BD%ED%95%98%EA%B8%B0/

  16. こんにちは。
    現在でも Bluehostを使用していますか?
    海外サーバーなのにブログ速度がすごく早くて驚きました。

    実は私は WordPress ブログをスマイルサーブを使用して運営している。
    速度があまりにも遅いサーバー移転を用意しています。

    もしかしたら Bluehost現在も使用している場合どのような商品を使用しておられるか分かるでしょうか?
    現在でもVPSのか知りたいです。

    そして WordPress ブログ速度速くするチプジョムください! ㅠㅠ
    グーグルエドセンスからなのか。速度がアンナオネヨ〓〓

    • こんにちは?

      ブログを訪問していただきありがとうございます。

      はい。 現在でも Bluehost VPSを使用しています。

      事実、最近このブログに使われているテーマが更新され速度が遅くなったという評価があって、来年半ばにホスティングが終了すると、コストは高いが、速度が良い Siteground Cloud ホスティングに移転しようか悩んでいました。 しかし、速度が速く感じられるとハシニ現在の状態で支え続けてもなるような気がしますね。

      私は初めて Bluehost Shared Hostingを利用している途中の速度のためにVPSで変えました。 初めて登録する当時Shared Hostingが不安な面がありました。 しかし、最近では、多くの改善されたようです。 数日前に Cafe24から Bluehost Shared Hostingに移転する作業を手伝ってくれたことがあるが、新たに Bluehostに加入する場合は、共有ホスティングでもPHP 7.2まで適用が可能であることを知るようになりました。(既存の Bluehost アカウントにも数日以内にPHP 7.2適用が可能になるね。)

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EB%B8%94%EB%A3%A8%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8A%B8%EC%97%90%EC%84%9C-php-%EB%B2%84%EC%A0%84-%EB%B3%80%EA%B2%BD%ED%95%98%EA%B8%B0/

      PHP 7.2バージョンを適用して、相性の合うキャッシュプラグインなどを使用すると、共有ホスティングでも速度がそれほど悪くないようです。 ユーザー接続者数が多い場合はVPSや、あるいは専用ホスティングを考慮してみることができます。

      WordPress ブログ速度は、多くの要素の影響を受けます。

      まともなホスティングと光をテーマに、そしてキャッシュプラグインは、最適化プラグインを使用して速度をある程度改善することができるようになります。 キャッシュプラグインには、さまざまです。 W3 Total、WP Super Cache、Hyper Cache、WP Rocketなど...私W3 Total Cacheを使用している途中のテーマを変更した後、キャッシュに問題が発生して、現在Hyper Cacheを使用しています。

      https://www.thewordcracker.com/basic/published-posts-not-showing-issue-in-wordpress/

      いくつかのキャッシュプラグインをテストして、好みを選ぶことができます。 キャッシュプラグインを使用すると、意図していない問題が発生する可能性がありますので、キャッシュのプラグインを適用した後は、サイトをよく観察して問題となる場合には、他のキャッシュプラグインに変え見ることができます。 WPロケットは有料キャッシュプラグインとして無料キャッシュプラグインではなく、1〜2秒の速度向上の効果があるとします。

      このような努力にもサイトの速度が改善されない場合の専門家の助けを得ることができます。 費用は結構挙げられるが、HTTP要求を減らしてサイトの速度を向上させることができるでしょう。

      구글 AdSenseの場合には、私はPCベースで、個々の文に2つ表示されています。 サイドバーにある広告を削除し、自動広告コードを削除しました。 このため、広告収入が約27%程度下落した。 (モバイルは、自動広告機能を使用しています。)

      https://www.thewordcracker.com/basic/2018%EB%85%84-11%EC%9B%94-%EB%B8%94%EB%A1%9C%EA%B7%B8-%EC%9A%B4%EC%98%81-%EB%90%98%EB%8F%8C%EC%95%84%EB%B3%B4%EA%B8%B0/

      広告数を異にしながら速度チェックをして適切な広告数を決定試みることができるでしょう。

      • 私も Bluehostで、もし前のようになったら
        サーバ管理をすることはことが多くなってShard Web Hostingにするのです。
        Basic、Plus、Choice Plusがあったが。
        もしかしたら、以前に前を代行していただいたブログは、どのプランを使用していますか?
        また、あまりにも容量を多く使用すると、制裁という話もあるようで心配になりますねㅠㅠ

      • 前を助けてくれたサイトは、Basicプランでした。 Basicプランは1のドメインのみ接続することができ、ストレージが50G制限があります。
        サイトだけを運営する際にまともなオプションです。

        私は別にPlusプランを利用するサイトを管理しています。 Plusプランはスペースの制限がありません。
        しかし、過度の使用については、警告を受けることができます。

        https://avada.tistory.com/344 参考ください。

        訪問者数が多くなる場合遅くなることがあります。 そのような場合には、VPSなどの上位の商品を検討することができます。
        WordPress サイトを最適化する助けになることがあります。
        画像のサイズを最適化し、キャッシュのプラグインなどを使用するなどの措置をとることができます。

        参考までに Bluehost VPSは、管理型(Managed)サービスであるため、問題が発生した場合のサポートを要求することができます。
        そしてcPanelが提供される私のように、Linuxサーバーの知識が限らであっても、サーバーを管理することができます。
        (ただし、サーバーの知識があれば、より効果的に利用することができるようになります。)

  17. こんにちは、いつも投稿よく見ています。
    私magテーマを使用している途中投稿を見て悩み続け中avdaを購入しました。
    ところが、一日1500人程度くる Cafe24 ビジネス版のトラフィックをすべて排出されてしまいます。従来は1500人とも半分私しか使用していアンアトヌンデヨ..もし現在の第Avada テーマの設定に問題があるのか​​、それともこの程度の使用なるの正しいご連絡致します。

    そして cafe24のホスティングドメインをブルーホストに移転する作業を参考にポスティングがあるか問い合わせます。

    常に良いポスティングありがとうございます!

    • こんにちは?

      Cafe24のビジネスプランの場合は、Webトラフィックが月に2.5GBです。
      訪問者を算定する方法に応じて少しずつ差がありますが。
      セッションで計算すれば、私のブログの場合1セッション(= 1訪問)あたり約0.7MBのトラフィックが排出されます。
      セションは、訪問者などの概念については、次の記事を参照してください。
      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EA%B5%AC%EA%B8%80-%EC%95%A0%EB%84%90%EB%A6%AC%ED%8B%B1%EC%8A%A4-%EC%84%B8%EC%85%98%EA%B3%BC-%EB%B0%A9%EB%AC%B8%EC%88%98-%EC%82%AC%EC%9A%A9%EC%9E%90%EC%99%80-%EB%B0%A9%EB%AC%B8%EC%9E%90%EC%88%98/

      言われたサイトの正確な訪問者ごとにトラフィックを知ることはできないが、訪問者ごとに(おそらくVisitorではなく、Visitの概念であることもあるようです)0.5MBをとってみれば

      0.5MB /人* 1500人/日* 30日= 22.5GB

      ページ24のビジネスプランの場合は、Webトラフィックが月に2.5GBのでVisitあたり0.5MBで算定したときにはあまり過度なレベルではないが、 Avada テーマが別のテーマではなく、確かに重い感じがあります。

      移転する場合Duplicatorプラグインを使用することができます。

      https://www.thewordcracker.com/intermediate/duplicate-the-wordpress-site-with-duplicator/

      Bluehost 共有ホスティングはは比較的まともなリソースを安価に利用できる商品です。
      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/introducing-bluehost/

  18. BluehostのOptimized WordPress ホスティング商品は WordPress Proに名称が変更された商品も3個縮小なりましたね。

  19. 最新情報を反映して内容を少し更新しました。

    Bluehost 共有ホスティングは、低コストで比較的まともなリソースを利用する場合に適しているようです。
    - 無料SSLを提供
    - 最初の年に無料のドメイン名

    このブログは利用されているVPS(仮想サーバーホスティング)は、シェアードホスティングより上位の商品に、より信頼性の高いサービスをご希望の場合考慮することができます。

    最近ブルーホストに登録する場合には、cPanelインターフェースが既存のものとは異なっているようです。 が提供する機能は同じで外見だけ変えたので、実質的には差がないようです。

  20. 参考までに Bluehostナ SiteGround などではcPanelを基本的に提供しています。 cPanelのデフォルトの言語は英語です。 英語に慣れていない場合は、韓国語でcPanelの言語を変更することができます。

    - Bluehost( https://www.thewordcracker.com/go/bluehost )の場合 cPanel> preferences> Change Language言語を変更することができます。 しかし、私が利用している共有ホスティングアカウントでcpanel言語を変更したらうまく適用がないね。〓〓
    - SiteGround( https://www.thewordcracker.com/go/siteground )の場合 cPanel> ADVANCED> Change Language言語をハングルで変更することができます。 SiteGroundでは、UI言語がよく変更になります。 ただし、 SiteGroundから直接提供される機能は、英語で表示されます。

  21. こんにちは〜良い文を残していただきありがとうございます。 私 WordPressを使用してアフィリエイトをする計画を立てる中です。 このような場合、 Bluehostを登録するのがより効率的で適していると思いますか? 他のWebホスティングサイトを見ると、c-panelのようなプログラム?がないようだが、ブルーホストはしてくれたんですよ。 このc-panelが私のような素人に便利か気になります。 ありがとうございます!

    • こんにちは?

      cPanelは、最初は少し複雑に感じられることもあるようです。
      国内の一般的なWebホスティングは、Webホスティング会社のアカウントにログインしてもあまりする作業がありません。
      しかし、cPanelが提供される場合、さまざまなタスクを実行することができます。
      私は数年の間に使用してみると cPanelに慣れていて、むしろ cPanelより便利に感じられます。 しかし、頻繁に使用する機能は、いくつかのはありません。 ほとんどの機能は、必要な場合を除き、よく使用しないようにすることができます。

      Bluehost 共有ホスティングは、苛性ソーダ、非面で大丈夫なようです。 性能と利便性がより優れたホスティングをしたい場合は SiteGroundを考慮してみることができます。 次の記事を参照してください。

      海外ホスティング: BluehostとSiteGround比較
      http://avada.tistory.com/219

      • 有益なコメントありがとうございました。 つまり、native advertising広告を削除する機能を妨げる広告手法だから、人々が見るので、収益が起こるのです。 良い情報ありがとうございます。

        ちょっと別の話ですが、あげてくださった月2.95ドルの Bluehost ホスティングは契約をすると3年間無条件使わなければならないという話でしょうか? それとも継続 Bluehostだけ書くと、中間に他の商品にアップグレードしても問題がないという話か? ありがとうございます!

      • 例えば、(私の理解することに)どのような人がコーヒーマシンについて豊富な知識があって、コーヒーマシンの詳細なグロー認知度が高くなると、どのような物品を紹介したり、サービスを紹介して収益を上げる方法があります。

        ユーザーは、その文が広告であることを認識しないので、効果が良いようです。

        Bluehost( https://www.thewordcracker.com/go/bluehost )は、最初に登録したときに1年、2年、3年の中から選択が可能になります。 途中で共有ホスティングの他の商品へのアップグレードが可能かどうかは、正確に覚えていません。 共有ホスティングより一段階高い上位プラン(例:VPS)には、確かに可能になります。 私は、共有ホスティングを使用している途中VPSにアップグレードしました。

        もし途中でアップグレードが可能であれば(可能では確認が必要です)最初からその商品を選択してより月に1ドルを負担していないかと推定されます。 (正確にはありません。)

        私は、共有ホスティングでは、Plus商品を選択して使用しています。 (このブログはVPSです。)複数のドメインを接続して使用するには、Plusを選択することが確実に利益です。 Cafe24のような国内のホスティングでは、ドメインごとにサイトを運営するには、ドメインごとにホストを登録する必要がため、コストが多く出るようになります。

        一つのドメインのみを使うつもりならbasic商品も悪くないと思いますが、明らかに他の商品より制約はあるでしょう。

      • なるほど、貴重なコメントありがとうございます。
        ところで、通常、アフィリエイトを開始するためにはマーチャントが集まっているサイトのようなところに登録をしなければなら分かっていますが、aspサイトで広告主と契約を結び、その関連する広告文を記載して上げればseo?によって人々に、より簡単に表示されるでしょうか? よく私たちが触れることのできるページxブックのようなsnsサイトに渡り歩く広告文をasp文と見ても差し支えないでしょう。 サイトを歩き回ってみても、どちらが優れてaspの広告文のか分間がアンガソね。ㅠ

      • 私はリンクプxスを利用していなくてリンクプxスがどのように動作するかについては全く知りませんでした。

        前は、Google AdSense バナー広告をつけていますよ。 グーグル AdSenseは、おそらく最も収益が低い形態の広告ではないかと思われます。

      • ブログを訪問していただきありがとうございます。 楽しい一日になってください????

      • こんにちは。 心臓がドキドキようにコメント残します。
        いや、私 Bluehost ベーシックリンクかけていただいたところで情報を入力して、デビットをした、一度に11万7000ウォンが抜けましたねハハーホᇂホᇂこれもともとこのようなんですか? 月に毎支払いするのがありますか?

      • こんにちは?

        ほとんどの海外ホスティングでは、年間単位、あるいは選択した期間の単位に対して請求されます。

        ちなみに国内のホスティングも Cafe24 のような場合1月/ 3月/ 6月/ 1年/ 2年/ 3年/ 10年単位で決済が可能ですね。 期間に応じて割引率が異なって適用されます。
        https://uploads.disquscdn.com/images/678ec6bd8526293c95068e816c25a0158b15b1d681e62aff2103add98cdd5cbc.jpg

        Bluehostの場合、年間(あるいは選択した期間)中に割引が適用される代わりに、一括で支払いされるようです。

        また、他の海外のホスティングのいずれかである古代ジ( https://www.thewordcracker.com/go/godaddy )は1ヶ月、12ヶ月、24ヶ月、36月の中から選択することができ、代わりに価格差がひどくね。

        https://uploads.disquscdn.com/images/37021507bb48e9332a0a244921f60807a93b14b3bd5cdefec406127adb87b366.jpg

      • 結果的には、私は比較的安価にホスティングをしたという意味で受け入れることができますよね! ところで私が、ブルーホストにあれこれ支払いをしたら急に WordPressに進み行ったこれ置型 WordPressがされたのですか? マウントがいいし、それしようとするね...ヤング何が何だか一つ感がアンジャプヒネヨ。〓〓

      • ほとんどのホスティングで WordPress 自動インストール機能を提供します。

        最近では、すぐに WordPressをインストールヘジュヌンガですね。

        ドメインは追加で接続することができ、ドメインごとに WordPressをインストールすることができます。

        https://www.thewordcracker.com/basic/how-to-start-wordpress/ 文の "WordPress インストールする」のセクションをご覧ください。

        現在のドメインについて WordPressを使用したくない場合は、cPanelからFile Managerに移動し、wp-config.phpファイルに入力されているDBの情報をメモし、そのフォルダ(おそらく/ public_html /フォルダやドメインが接続されたフォルダ)内にある WordPress 関連ファイルを削除して、cPanel> phpMyAdminにアクセスして、DB内のテーブルをすべて削除すると、されます。

        あるいはcPanel> MySQLに移動し、手動でDBを作成することも可能です。 (このような部分は少し難しいことができますので、それだけ、自動生成されたDBの情報を利用することが楽になります。)

        他にも熟知すればよいの情報があります。

        無料SSLのインストール:
        https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/bluehost-%EA%B3%B5%EC%9C%A0%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85%EC%97%90%EC%84%9C-%EB%AC%B4%EB%A3%8C-lets-encrypt-ssl-%EC%A0%81%EC%9A%A9%ED%95%98%EA%B8%B0/
        (SSLをインストールして、一日程度待つ正常適用されます。)

        PHPのバージョンに適用:
        https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/bluehost-%EA%B3%B5%EC%9C%A0%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85%EC%97%90%EC%84%9C-%EB%AA%A8%EB%93%A0-%ED%8F%B4%EB%8D%94%EC%97%90-%EB%8F%99%EC%9D%BC%ED%95%9C-php-%ED%99%98%EA%B2%BD-%EC%82%AC%EC%9A%A9/

        Bluehost 共有ホスティングでPHPの設定値を変更する
        https://iwordpower.com/2018/01/bluehost-%EA%B3%B5%EC%9C%A0%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85%EC%97%90%EC%84%9C-php-%EC%84%A4%EC%A0%95-%EA%B0%92-%EB%B3%80%EA%B2%BD%ED%95%98%EA%B8%B0/

        アドオンドメイン/サブドメイン
        https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/how-to-create-a-subdomain-in-bluehost/

        他にもこのブログの検索機能を使用して、さまざまな文章を見つけることができるでしょう。 疑問がある場合は、ここにお問い合わせいただくか、ライブチャットで Bluehostに連絡することができます。

      • ありがとうございます...ㅠこれ自動インストールだとは分からないが、ただ決済をして、ドメインを入力して、そのような過程を終えるしばらくロードされた後 WordPressに進んでね。
        一つ理解できないのは、通常、他のホスティング会社は、 http://www.도메인.com/wp-admin にして WordPressで行ったために、私のような場合には、ドメインを買っは、Webホスティングを開始したにもかかわらず、私のサイトを打てば、そこに入ってません。

        Bluehostでまあブログが開始になるとアップデートをしてくれる? という式のメッセージのみを開いて、それ以外ないですね。 これはちょっと恥ずかしいおしく...ㅜ申し訳ありませんが、多くの質問をささげね。〓〓

      • 良い答えはあまりにもありがとうございます! ネームサーバーの変更しました! だから、私のホームページであるfallpond.comに接続しても覚めるね。 ところが WordPress 管理にログインし、テーマを変えても、それに適用ができていない。 多分、これのためであるようにですけど。 Bluehostに入るとと浮遊ね。 その後、この言葉の意味が Bluehostで世話を後でアップデートをしてくれるのか分からないですね。今のサイトに触れているが、第ホームページに適用にならず奇妙なドメインに接続がドゥェソヨ。 うーん..私言葉一体何を意味するかを理解しアンガネヨㅠ。だからこんなに恥知らずにもかかわらず質問をします...

        面倒造ら時間持ちでない方だろう気にしてまして申し訳ありません。ㅠ

      • 現在のサイトは正常に出ますね。 ただし、サイトが完成するまでは、Coming Soon(「工事中」)ページが表示されています。

        次の記事を参照して プラグイン>インストールされてプラグインから Bluehost OptinMonster APIを「無効」にしてくれれば正しく表示されます。
        https://avada.tistory.com/1462

        https://www.thewordcracker.com/basic/how-to-start-wordpress 文を全体的に一度読んでよさそうです。

      • 先ほど見ていない。 おかげで! ついに! ホームページが非常にわずか? ホームページ口実をしていますね。 動画講義をダウンロードして見るのが、うーん...私が欲しいのブログやこんななくと思います。 SEOも難しいんです。ㅠ勉強をみましょう。

        貴重な情報とても感謝いたします!

      • こんにちは! おかげで多くの助けとなり、ホームページダウンホームページを開設? になりました! (パチパチ)だが、まだ始めたばかりの私にとって WordPressはとても難しいですね。ㅠSEO、コメントウィンドウをどのように作成しているか分からないが、私考えているブログとは異なる点が意外にマンアソヨ..しかし、それでも私にかなり大きな値がこの WordPressのために支払われただけ熱心にするべきと考えますががします。

        助けになってくれて、あまりにもありがとうございます! よく遊びに来ます。

      • こんにちは?

        まずは WordPress 本を一つ購入して見ながら、ゆっくりと作って見ても良さそうです。 早急にしてみると思うようにうまくいかなくて、簡単に疲れもできますね。

        楽しい時間を過ごす。

      • ちなみに前述したようドメインを他の機関で登録した場合(例えば、ガッビアーノ、 Cafe24、ダトホム...)、ドメインのネームサーバ情報を変更する必要があります。 ネームサーバ情報を変更すると、情報が完全に進むまで24時間で48時間程度の時間がかかります。

      • WordPressを使用する場合は、次の文を参照してください。

        https://www.thewordcracker.com/basic/how-to-start-wordpress/

        使用していたドメインを接続した場合は、ドメインのネームサーバー情報を Bluehostのネームサーバ情報を変更してくれれば1〜2日以内にドメインが正常に接続されます。

        Bluehostのネームサーバは、次のとおりです。 (もしかしたら分からない Bluehost サイトにログインしDomainsメニューの下のNameserversタブで確認することができます。)

        ns1.bluehost.com
        ns2.bluehost.com

    • 参考までに WordPressお金を儲けたいなら、ネイティブ広告(native advertising)をすることが効果的だとね。

      次の記事を参照してください。

      https://hackya.com/kr/%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4-%EB%B8%94%EB%A1%9C%EA%B7%B8%EB%A1%9C-%EB%8F%88%EB%B2%8C%EA%B8%B0/

      私もnative advertisingを通じて収益を上げる方法を考えているが、簡単ではないですね。

  22. インターネット検索して、私の住む地域postal codeを入力したしきりにエラー私は理由が何でしょう?

    • こんにちは?

      ブログを訪問していただきありがとうございます。

      私も以前にそのような経験をしたことがあります。 当時123-456型のように、以前の方法のメールアドレスを入力してるからしっかりとした記憶があります。 どうして女メールアドレスのデータが古いメールアドレスのデータであることもあるでしょう。 任意のメールアドレスを入れて進めていることを確認してください。

    • 参考までに http://fastpost.oceanmate.co.kr/ で郵便番号を検索すると、旧郵便番号も確認可能ですね。

      https://uploads.disquscdn.com/images/aee9faf10a168cf24e887de8d2f3fc6da42f662b0c49cdae4287cceb165f3eb0.jpg

      • 郵便番号は、おかげでうまく解決しました。 決済関連して知りたいことが2.95 a month 30ヶ月の場合2.95×30の残高が口座にある登録が可能ですか? どうせ毎月2.95ドルずつ抜けていくだろませんか?

      • 海外ホスティングでは、ほとんど一括で支払います。 2.95ドルx30ヶ月の場合は約88.5ドルですね。 カードに接続された口座に10万ウォン内外の残額があれば問題はないようです。

        私はVPSを使用中なのに、1年単位で請求しています。 (それでもコストがかなりされている方です。〓〓)

  23. 良い情報受けのみよりも、簡単な質問一つます。 ^^文を読んでみると、海外サーバーを使用する場合、国内サーバーと速度上の違いはないようです。 前最近iwinv.netホスティング使用中な、苛性ソーダ、雨もお勧めです。 今後の規模が少しある(を)ウェブサイトを構築しようとして、あげてくださった情報を参考にしようとします。 ありがとうございます!

    • こんにちは?

      どうしても安価にVPSを利用するには、非管理型を選択することが、より経済的であると考えます。

      このブログが使用されている Bluehost VPSは、管理型でサポートcPanelを利用することができます。 私のようなサーバーを自主的に運営するに知識が短い場合まともなオプションです。

      非管理型ではVultr、Linode、Digital Oceanなど、いくつかがあるが、個人的に経験したことの中にはVultrが比較的安価で仕様も大丈夫なようです。

      https://www.thewordcracker.com/?p=34737

      • 国内サーバーと海外サーバーの速度差は大きくないことでしょう? 他の条件が同じである場合はどうなり...

      • 速度は、サイトの最適化、サーバーの仕様など、多くの要因が複合的なので断定的に伝えることができない問題があります。

        国内のユーザーにとっては、どうしても国内にサーバーがある場合、より速いようだが、必ずしもそうもない可能性もあるでしょう。

  24. こんにちは。 常に有用な WordPress 文等に大きな助けを受けています。 本当にありがとうございます。

    今回 cafe24 ホスティングプランを使用している途中の訪問者とのトラフィックが一日最大30Gまで上がるながらトラフィック無制限のホスティングを探さ置く。 Bluehostの投稿をここで見たことがあって Bluehostに移しました。 ^^

    最初は共有ホスト(Cloud starter)でホスティングプランを支払いました。

    私のブログから約4,000人れる方ニュースレターを送っていますよ。 NEWSLETTERプラグインを使用して、Amazon AWSのSES(Simple Email Service)を介してSMTP機能で大量発送をしていました。 ただし、共有ホストの場合は、SMTPの制限がかかっていて、dedicated IPを持たない限り、SMTPの使用が不可であるとエージェントは言わ注視んですよ。 (ところで、別のエージェントは、共有ホスティングやVPSやすべてSMTP制限はアンゴルリョと言わくれました。何が正しい〓〓)

    だからVPS Standardでホスティングプランを移したあと、
    サーバーcPanelのSMTP RestrictionをクジャジョンサンジョンにSMTP送信が可能になりました。

    ただし、気になる点は、共有ホスティングを使用しても、dedicated IP 1つを購入(月2.5ドル程度に行ったんですよ(笑))になると
    サーバーcPanelに入っSMTP Resctrictionをオフにできるかどうかですが。 もしかしたらご存知のようにでしょうか?

    どうしてもVPS料金が負担見たら、共有ホスティングプランにして、固定IPアドレスを受けてニュースレターを発行しながら、サイトを運営してみればどうだろうかたいから。 経験が豊富ことのように思える共有ホスティングがいい、VPSがいい(実際には、私は速度差はなかっヌキゲトよㅠ)加減なしコメントいただけ問い合わせについてでしょうか? 現在のサイトの訪問者は、日、1,000人以上のページビューは2,000ビュー程度出ているの規模です。

    忙しいだろうが、そのいくつかのコメントも大きな助けになると思われる。

    ありがとう!

    • こんにちは?

      ブログを訪問していただきありがとうございます。

      個人的なブログなら Bluehost 共有ホスティングも大丈夫という考えです。
      私が初めて Bluehost 共有ホスティングに加入したときは少し不安な面があったが、最近、共有ホスティングを利用するサイトを管理してみると、以前より多くの安定されたと思います。

      より信頼性の高いサービスを必要に応じてVPSが確実にましだが、先に述べたように、一般的なブログの場合は、共有ホスティングもよいと考えています。

      私 Bluehost SMTPサーバー経由でメールを送信する目的でのみ使用して個別にニュースレターを使用せずにいます。

      共有ホスティングでは、SMTPの制限がかかっているかどうかは、オペレータと再び相談見ればいいようです。

      Bluehost サポートを利用しながら感じた点は、エージェントごとに知識のレベルが異なるため、問題がすぐに解決しないと、1〜2時間あるが再度ご連絡してみると、別のエージェントが問題を解決してくれる場合もあります。

      ちなみに他の海外のウェブホスティング会社である Sitegroundはに確認してみるSiteground共有ホスティングでは、時間あたりの40人に400通の電子メールを送信するように制限されるね。

      おそらく(定かでないが)スパム送信のために Bluehostも共有ホスティングでは、メールの送信制限がないかと思われます。 専用IPを購入した場合の制限がなくなるれるもう一度相談見ればいいようです。 (私も時間になると、この部分について Bluehost一度聞いてみ。)

      もし追加質問がある場合教えてください。

      • アッword様コメントつけてくださったね???? はいはい、ありがとうございます〜
        私もやはりまだサイトの規模が大きくはない、共有ホスティングで行っ
        今後VPSに行けば良さそうです。

        word様ブログのように、多くの方が入ってくるのブログになるといいですね????

        私もやはり Bluehost ライブチャットで助けを求めに多くのですが。
        カウンセラーに言葉が違う時があって混乱ああよ。

        何か大きな変更をするときは、言葉与えられたかのように、複数のカウンセラーに確認してみのがいいですね!

        答えてくれて、本当にありがとうございます

      • この部分については、私も時間になると連絡して、一度にまとめてみましょう。 私もニュースレターを後日運営取得を検討していました。 今後のニュースレターを運営する場合に役立つと思われる。

  25. 前述したよう Bluehost 共有ホスティングは安価ですが、初期には少し不安があります。 会社のホームページ用に適していないようです。 テスト用や重要度が落ちる個人のブログのためには、大丈夫のようです。

    信頼性の高いサービスのためには、このブログは、現在利用している Bluehost VPS( http://www.thewordcracker.com/go/bluehost )を使用することができますが、コスト負担になります。

    信頼性の高い共有ホスティングを必要に応じてSiteground( http://www.thewordcracker.com/go/siteground )がまともなオプションがあります。

    http://www.thewordcracker.com/simple/blog/%EB%B9%A0%EB%A5%B4%EA%B3%A0-%EC%95%88%EC%A0%95%EC%A0%81%EC%9D%B8-siteground-%EA%B3%B5%EC%9C%A0%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85/ 参照

    Sitegroundの場合月1万セッション、月に25000セッションでは、月に10万セッション(プランに基づいて)の制限がありますが月に10万セッションを越えるサイトはあまりないでしょう。

  26. ホームページ運営し困難に直面するたびに検索してよく見ています。 ありがとうございます。

  27. こんにちは? 管理者様。 Cafe24のクイックサーバーホスティングE3 352(SSD)
    http://bit.ly/2gXLlWN 製品と同様の性能を望むの
    Bluehostでどのような製品を使用すればよい? 回答お願いします????
    ありがとうございます!

    • こんにちは?

      先ほど Bluehost 料金制を確認し、内容を一部修正していたコメントに週ましたね。

      帯域幅を基準にするとVPS enhancedやpremium( https://www.bluehost.com/track/theworj1/ )が似ていることだよ、ディスク容量を基準にするとDedicated hostingが似ているようです。 より良い性能を必要に応じて、専用(Dedicated)がましだが歌声比見ればVPSが良いですね。

      上記の文にも記載されているように、このブログは現在、VPSの中で最も低いプランであるVPS standardを使用しています。 VPS enhanced、premiumの場合standardと比較してスペース、RAM、CPUの数などで異なります。 もしスペースが必要であるとすると、別途追加することが可能です。

      歌声比計算してVPSを選択するか、または性能を計算してDedicatedに行くかどうかをよく判断すると、よさそうです。

  28. このブログは、最初に、様々なコードをテストする目的で使用された。 必ずしも必要でないユーザーコードを削除したら体感速度が速くなったようです。(笑)

  29. 8月9日の日中2.95ドル割引とね。

    On August 9th、we're offering web hosting at the killer rate of only $ 2.95 / mo for 12 months * But this amazing discount will be available for one day only。

    Bluehostを考えている方は、8月9日(韓国時刻では8月9日夜からであることです)を狙ってみても大丈夫のようです。

    メモ: http://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%ED%95%B4%EC%99%B8-%EC%9B%B9%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85-bluehost-%ED%95%A0%EC%9D%B8-%ED%96%89%EC%82%AC-%EC%9B%94-2-95%EB%8B%AC%EB%9F%AC/

  30. このような情報メッセージを使ってもツッコミかけた時代があったんです。 今だウェブサイトの構築、市場がたくさん死んでフリーランスの数も多く減少したが、3-4年前には、いくつかのホスティングが遅くどうしてこんな文書くと、メール送って悪口、そのような方いらっしゃいました。 (記事を見る不便だから文章を下しなさいトレースし)

    フリーランスの方がホスティングは、元のaffiliateでお金を稼ぐモデルではなく、re-seller accountでお金を儲けですけれど。

    例えばGoDaddyのウェブホスティングアカウントを一つボタンの後、ここにウェブサイトを5折りたたみ10折りたたみ設置が可能でしょう。 その後、1つのアカウント何人かの顧客のサイトを構築してくれて、毎月のホスティング費用を受け取って収益を得るでしょう。

    私GoDaddyに毎月出すホスティング費用が一人が内周は、ホスティング費用で充当されるだけでなく、残りの9人が私に与えるホスティング費用は、私の収入がある。

    そしてそうちょっと途中のウェブサイトがより増加すると、最初からre-sellerアカウントを一つ開いて、より大きな利益を上げることができる方法であった。 Webホスティング費用だけで、毎月の固定的な収入が入ってくることでしょう。

    ところが、このような情報メッセージを使いながら、「GoDaddyは国内では少し遅いようだ」というふうの文章を書けば視線が絶対きれいなかった...笑笑

    今だ多過ぎ去ったことだと笑うことができますが情報メッセージも気づいてながら使わなければなら時期がありました。 後....

    • おそらく速度の問題と安定性の問題は、近年に入って多くの改善されていないかと思いますよ。
      しかし、個人的な経験は、主に個人の能力に応じて多く左右されるようです。
      もちろんサービス自体で差がある程度はあるだろうが、よく利用していない場合には、良くない記憶に残る可能性が高いようです。

      私は2010年度にInMotion Hostingという名前のWebホスティング会社には何も知らないまま利用したことがあったが、正常に利用ができなくて認知ファイルをFTPでアップロードすることも非常に遅い記憶があります。

      最近hackyaサイトには、日常生活に有益ながら軽い素材の文が多く上がってきますね。 コメントをつけてたくてもすべて余りに真剣にコメントをつけておられ...笑

      • 会話を交わしてみるとしたい話が多くなるようです。 (笑)

        今書きたいテーマは山のように多いが、時間が許されないん書いている内容があります。

        最近私達が提供するホスティングにオムギシン社長一人も、3年前に WordPressに接した場合は、これまでの時間とお金を無駄にせず、オンラインでビジネスを育て行く可能性があるショトウルのに、困難回り回って私たちに来たんですよ。

        かなり良いアイテムを持っておられ、オンラインで大きな利益をオルリショトのに、3年という無駄な歳月を送ってくれたんです。

        このような方に会うと、いつも切なさを感じさせるされます。 だから良い情報は、広く知られるほどの両方に有益であると思います。

      • 「良い情報は、広く知られるほどの両方に有益であると思います。」 - >本当に良い言葉です。 みんなこのような考えを持ったらいいですね。

        主題歌外の質問が一つあります。
        iOSアプリを定期的に翻訳することができます。 今回「whether numerals in Chinese、Japanese、and Korean texts should be in dual-byte / Unicode full width form、or in single-byte / Unicode half width form」の質問をしてきますね。 韓国語の文字は2バイト文字であることはよく知られているが、この場合、数字や英語の文字は、single-byteが適用されないのですか? (プリンタドライバの翻訳するとき数字とアルファベット文字は1バイトで計算したものです。)

      • 韓国語の文字は2バイト文字であることはよく知られているが、この場合、数字や英語の文字は、single-byteが適用されないのですか? - おそらくそうだと思う私の関連分野ではないのでよくわかりません。 ^^ ;;;;

    • 古代ディなどの販売代理店のアカウントを開いてホストをレンタル(?)する方法があったのは初めて知りました。
      ある種の建物を借りて、多くの部屋を作成し、歳を与えるものと同様のコンセプトですね。 建物はスペースが限定的であるが、これはうまくいけば、建物賃貸事業よりも収益性が良かったね(笑)

      最近では、インターネットが発達して、海外の情報も迅速に流入ドゥェダみると、すべてがより競争的に変化するようです。

      • はい。 codei様も鼻プレスで軽く言及ましいうが、最近は、コーディングスキルではなく、どのように有用な情報をすぐに習得するかによって勝敗が分かれるようです。

        情報力の戦いであることでしょう。

  31. ブルーホスティング元 WordPress テーマとプラグインを開発していた会社でもあり、歌声非良く親切な、良いホスティング会社です。 私もブルーホスティングお勧めします。

    速度は、Webホスティングの特性上、考慮する必要がありますが、ボングルに記載されているところにcacheを活用し、スマートなコーディングなどで、克服できない不合理なレベルではありません。

    韓国では速度が遅くやですね。 以前に、中国クライアントの方々は、ほとんどみならブルーホスティングでセッティングくれし、スピードについて何ら不満がなかった....

    • 初めて低コストを選択しましたが、ユーザーが速度が遅い不満がありました。 (そのCacheなどを活用した場合の速度の面では、多くの改善されただろうかと思うがね。)

      ホスティングを調べるためにどのようレビューサイトを訪問したらどのような人が、ライブチャットを申請くださいね。 どんなサービスを探して空想...少しチャットをしてまともなホストが何なのか尋ねると BluehostとiPageをお勧めしてくれました。 その後、二つのうちどちらがより良いかと尋ねると、自分であれば Bluehostを選択したいですね(笑)iPage低コストも大幅に遅れましたが、(よく知られていない)キャッシュ・プラグインを一つ設置してくれるから速度が大丈夫になりました...

      そして、最初に少し不安な部分があることがありますが、この部分は、時間が少し経つと安定化がされているようです。

      このような部分だけうまく管理すれば、低コストでもいいかと思います。

      • 利益を追求するのがない個人ホームページ、ブログは速度だけある程度出る無条件低コストでガヤジョ。

        一方、商業目的を持って運営するB2Cサイトは、サーバー側に惜しみない投資をします。

        ところがB2Cサイト(最も一般的な例モール)を構築される方みるとサーバーのコストを愛しておらうんですよ。

        むしろ速度が速くなくてもB2Bサイト(中国工場社長ら)を構築する場合には、高価なサーバーを使用されようとして私乾燥場合がありました。

        サーバーは、投資したお金に比例して速度が出ます。 もちろん歌声雨良くも悪くも製品が存在けどね。

        韓国 WooCommerce サイトが例外なく読み込み速度が7-8秒こう出てきます。 モバイルビューは、より深刻です。 (場合によっては10秒をはるかに超えるサイトも見えます。鼻プレス質問文上がってくると、サイトを確認してください。ただ、「ハル」音だけ出ます。)

        これでは絶対にショッピングモールがお金を稼ぐ与えないのに、残念ですよ。

        私現業で働くときヌキンゲ、「されている奴は何をしてもよい。 " 「お金はお金を呼ぶ。」 でした。

        商売上手な方、中国社長ら見ると、ウェブサイト構築する際にお金を惜しまないんですよ。 だから、私は中に」何のお金をあまりにもよくバーから、サイト構築費用に5千ドル(約550万ウォン程度)をもらっても、一度に支払うのですまあ」 そう考えていました。

        ところで、最近来て考えてみると、そのようにサイトの構築を開始もしなかった快くお金を一度に払うてくれて、コストの文句も全くせずに、完全に多信じ任せて、これだから、作業している人の立場から丁寧に傾けて操作をしていたようです。

        だから...あ、あれは非常にスマートな仕打ちだったなという気がするんですよ。 一方、サーバーのコストのようなものも節約しようでは事業者の方は、(もちろんbudgetがtightのでそうかもしれないが)必要な投資さえ惜しまして事業がうまく解けない、そのような場合なんですよ。

        サーバーのコストがもったいないのはお金がなくて。 だから、そのお金をああ食事のお金をもうけない悪循環....結局お金がお金をもうけるという言葉が合うような気がします。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください