海外ホスティング SiteGround 使用方法(最新のインタフェース)

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

海外ホスティングの一つである サイトグラウンド(SiteGround)に新規に登録する場合は、新しいインターフェース環境を提供します。 既存のアカウントのユーザーは、cPanelの環境が提供され、段階的に新しいインターフェースに変更されるとします。

Googleやネイバーを検索すると、ほとんどのcPanel環境で使用する方法についての記事が検索されます。 この記事は、新規にサイトグラウンドに加入するユーザーが容易に適応できるように案内するために作成されました。

ちなみにサイトグラウンドは安定性と速度の面で高い評価を受けています。 安価ながら、比較的まともなリソースを必要に応じてブルーホスト(Bluehost)を考慮してみることができます。 サイトグラウンドとブルーホストの詳細については、「海外ホスティング:ブルーホストとサイトグラウンド比較」を参考にしてみてください。下のバナーをクリックして、ブルーホストに登録すると月1ドル割引された月の最低2.95ドルからサービスを利用することができます。

安価なWebホスティングサービス - ブルーホスト

サイトグラウンドのSite Tools(サイトツール)

サイトグラウンドにログインすると、次のような My Account(マイアカウント) 画面が表示されます。

サイトグランドマイアカウントページ

ウェブサイト メニューをクリックすると、自分のウェブサイトのリストが表示されます。

サイトグラウンド SiteGround 使用方法

サイトツールをクリックすると、Site Toolsツールにアクセスすることができます。

サイトグラウンドサイトツール

左のダッシュボード(Dashboard)の下のメニューからサイトツールにアクセスすることができます。 既存のcPanelツールと同様の機能をすると考えるとなると思われる。

Site(サイト)とSecurity(セキュリティ)ツール

サイトグラウンドサイトとセキュリティツール

Site メニューでは、以下のツールを使用することができます。

  • File Manager(管理者) - cPanelのファイルマネージャではなく、使用することは便利なようです。
  • FTP Accounts(FTPアカウント) - FTPアカウントを作成することができます。 cPanelのFTPアカウントツールと似ています。
  • App Manager(アプリ管理) - ワードプレスは、Joomla、Drupalのなどのアプリをインストールすることができます。
  • MySQLの - データベースの作成ツール
  • PostgreSQLの

セキュリティ メニューには、セキュリティ関連のツールが提供されます。

  • バックアップ - バックアップ/復元ツール
  • SSL Manager(SSL者) - 無料Let's Encrypt SSL証明書をインストールすることができます。 ワイルドカード証明書のインストールも可能。
  • HTTP Enforce - SSL証明書をインストールした場合は、httpトラフィックをhttpsトラフィックに移動させる
  • Protected URLs - URLの保護。 特定のURLを他のユーザーがアクセスできないように保護する。
  • Blocked IPs - IPブロックします。
  • SiteScanner - マルウェアのスキャンおよび通知ツール。 有料。

Speed(速度)、 WordPress (ワードプレス)、Domain(ドメイン)ツール

海外ホスティングサイトグラウンドサイトツール

速度 メニューには、以下のツールがあります。

  • Cloudflare(クラウドフレアー)
  • Caching(キャッシュ)

WordPress メニューには、ワードプレスに関連するツールが提供されます。

  • Install&Manage - ワードプレスのインストールと管理
  • 上演- ステージングツール
  • Migrator - サイトグラウンドで提供する移行プラグインを使用してサイトを移転する場合に使用することができます。 以前ターゲットサーバーの設定に応じてプラグインを利用した、以前のが失敗することがあります。
  • Autoupdate - ワードプレスの自動更新の設定

ドメイン メニューでは、ドメインの管理に関する機能を提供します。

  • パークドドメイン - パーキングドメイン管理
  • サブドメイン - サブドメイン管理
  • リダイレクト - リダイレクト設定
  • DNS Zone Editor - DNS情報の管理

Email(電子メール)、Statistics(統計)、Devs(開発者)ツール

海外のウェブホスティングサイトグラウンドの使用方法

メールアドレス メニューでは、次のツールを利用することができます。

  • アカウント - アカウントの作成と管理
  • フォワーダー - 電子メールの転送(転送)の設定
  • 自動応答 - 自動返信。 不在またはその他のメッセージを設定することができます。 (例えば、検討の後、しばらく後にご連絡いたします。)
  • フィルター - 電子メールのフィルタリングツール。 自動的に電子メールを転送、並べ替え、削除するルールの設定が可能
  • 認証 - 電子メールスヌーピングを防ぐための機能
  • スパム保護 - スパム対策

統計 メニューには、統計に関連する機能が提供されます。

  • トラフィック - サーバーlogからの訪問者の情報を抽出して提供
  • エラーログ - エラーログ。 最近300個のエラー表示
  • Access Log - 最近のサイトを訪問したユーザーのログ

開発者 メニューでは、開発者が利用できる高度な機能が提供されます。

  • Gitの
  • Cron Jobs(cronジョブ)
  • PHP Manager - PHPのバージョンと環境変数の設定。 PHPのバージョンは、なるべく高いバージョンに設定してください。 サイトグラウンドで、現在PHP 7.4までサポートします。 PHP 7.4を適用したときにエラーが発生した場合PHP 7.3を適用することができます。
  • SSH Keys Manager - SSH接続時のSSH鍵を生成して管理することができます。

新しいインターフェイスでのサイトグラウンドを使用する

cPanel環境に慣れるとSite Tools環境でもすぐに慣れることです。 具体的な使用方法については時間が私で追加するようにします。

phpMyAdminにアクセスする方法

サイトツール環境でphpMyAdminにアクセスする方法は、次の記事を参照してください。

新しいサイトを追加し、ワードプレスをインストールする

サイトグラウンドで新しいサイトを追加して、ワードプレスをインストールする方法について検索してみると、ほとんどcPanel環境に基づいて説明されていることです。 新しいインターフェース(サイトツール環境)でサイトを追加して、ワードプレスをインストールする方法を ここで確認することができます。

Help Centerを活用する

必要な機能を検索したり、質問がある場合Help Centerを活用することができます。 サイトグラウンドは、使用方法が詳細に記載されているようです。

たとえば、サイトグラウンドでFTP接続方法が気になるなら上部の疑問符(?)アイコンをクリックして、 FTPを入力します。

サイトグラウンドHelp Centerを活用

その後、候補が提示されます。 「ftp settings」を選択します。

サイトグラウンドヘルプセンター

FTP設定に関する項目が表示されます。 最初の項目をクリックします。

サイトグラウンドFTPの使い方

その後、FTPアカウントを作成する方法が説明された文書が表示されます。 特にすぐにFTPアカウントを作成ツール移動できるようにリンクも提供されます。 下線を引いたリンクをクリックすると、 サイトツール FTPアカウント ツールに移動します。

ライブチャットを介してリアルタイム相談

Help Centerからも疑問が解決されていないか、または問題がある場合、ライブチャットを介してリアルタイムで相談が可能です。

上部のHelp Center(クエスチョンマーク)のアイコンをクリックして、「support」を入力します。

サイトグラウンドライブチャットの利用方法

Contact Our Support Team(チームに連絡する) 項目をクリックします。

サイトグラウンドサポートの連絡方法

Help Menu> View Help Centerを選択して、 お問合せ先 タブをクリックすると、サポートメニューにアクセスすることができます。 ただ、上記の画面で「Contact Us」をクリックすると、すぐにサポートメニューに移動します。

サイトグラウンドライブチャットサポート

上記のような画面が表示されたら ヘルプデスク 下の 技術支援 (技術サポート)をクリックします。

サイトルラウンドワードプレスサポート

Technical Assistanceを選択すると、すぐ下に相談するトピックを選択するように、いくつかの項目が表示されます。 その項目(例えば、 WordPress Assistance)を選択します。

サイトグラウンドリアルタイム支援要請

その後、お問い合わせ内容を記載するフォームが表示されます。 お問い合わせ内容を詳細に入力した後、「Submit」を提出すると、ライブチャットでお問い合わせすることができるオプションが表示されます。

おわりに

私は数年前に、サイトグラウンドに登録したので、まだcPanel環境を利用しています。 サイトグラウンドで徐々に新しいインターフェイス環境に変え、既存cPanelインターフェースは終了させるます。 新しいインターフェイスでしばらく作業してみると、少し慣れてくるとcPanelと同様に簡単に利用が可能と思われる。

ウェブホスティング

注:



10のコメント

  1. こんにちは〜質問があっ記事残し
    サイトグラウンドを昨年から利用している途中の価格が高くなることから
    新しいアカウントでのお支払いして利用中ですが
    一つ二つのサイトの移転をできなかったののに SiteGround ホームページ画面が変わったのかそれ以前は、二つのアカウントがのように見えたのに、今は見えません。
    更新しなくて済みアカウントのサイトは現在、以前にないですか?
    そして第画面には、なぜサイトツールがないことか? ㅠㅠ海外ホスティング会社とこのような点がいくつか息苦しいですねㅠㅜお問い合わせすることも翻訳してするのが大変でㅠ

    応答
    • アカウントが期限切れになる前に、以前の必要が安全と思われる。
      私のアカウントが終了する1カ月前に新しいアカウントを作成する時間を割いずつ移転しました。

      アカウントが期限切れになると、以前のアカウントにアクセスがないと思われる。
      (チェックしてみると期間が満了したアカウントは表示されないですね。)

      既存のアカウントは、段階的にサイトツール以前されています。 現在cPanelは維持した状態で、Client Areaに移転された状態である。 cPanelを継続して使用することができますので、目的の操作をすることができるようになります。 次の記事を参照してみてください:

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%ec%82%ac%ec%9d%b4%ed%8a%b8%ea%b7%b8%eb%9d%bc%ec%9a%b4%eb%93%9c-cpanel-%ec%a0%91%ec%86%8d-%eb%b0%a9%eb%b2%95/

      応答
  2. こんにちは、記事よく読みました。 私も SiteGroundから WordPressを利用しています。

    私GrowBig料金プランを利用しているが、これは最初の適用時は月に5.95ドルだが、1年契約が終わり、延長した場合の価格が4倍上昇ちゃって契約が終了したら、他のウェブホスティング会社に移転しようかと考えています。

    アマゾンAWSが、このような価格コムス(?)せずに正直に料金を策定しておいたよう考慮しているが、使用ヘボシン立場として、(価格的な部分に加えて)アマゾンAWSが SiteGroundに比べて長/短所が何なのか知りたいです。

    応答
    • こんにちは、Duvelix様。

      期間が満了した場合、1)他のWebホスティング会社に移転したり、2)新しいアカウント(商品)を作ってサイトを移転することを考慮してみることができます。

      次の記事を参照してみてください:

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%ED%95%B4%EC%99%B8-%EC%9B%B9%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85%EC%9D%84-%EC%A0%80%EB%A0%B4%ED%95%98%EA%B2%8C-%EC%9D%B4%EC%9A%A9%ED%95%98%EB%8A%94-%EB%B0%A9%EB%B2%95/

      アマゾンAWSは、サーバーをうまくセッティングすると、速度が速く出てくるでしょう。 アマゾンAWSは大規模のサイトに適合することができ、Linuxサーバの運用知識が必要ストレスの少ないいたします。 そして料金制を誤って選択すると、料金の爆弾を迎えることができますので、よく知っている方の助けを借りて料金制を選択するといいようです。

      SSHで作業していることに慣れてしリルクスについてよく知っている場合、Amazonを利用することがより良い選択であることができるようになります。

      私のブログは、 Bluehost VPSを 現在利用中です。 私も、サーバーのオペレーティング知識があり、サーバーに問題が発生し、すぐに解決する能力があれば、Amazon AWSやVultrのようなサービスを利用すれば、コストを削減することができるようになります。 しかし、サーバーの知識が不足しており、特に問題発生時の対応能力がしばらく足りないため、現在のホスティング商品に満足しています。

      応答
      • 回答ありがとうございます。 私の専攻育っPUTTYを多く使用した経験があり、通常の開発作業をLinux上で多くするため、大きな問題はないような気がします。 サーバーの使用経験はほとんどないが、速度やインターフェースの大きな不都合がいるのがない場合は、Amazon AWSが良い選択になることがありますね。

        SiteGroundでホスティング購入者が使用できるメールサーバを無料で提供して緊要に使用したところ、もしかしたらアマゾンAWSでも似たようなサービスを提供していますか?

      • アマゾンAWSのメールサーバーには、アマゾンAWSドキュメントを参照してください。

        https://aws.amazon.com/ko/ses/
        https://docs.bitnami.com/aws/how-to/use-ses/

  3. 上げておいた情報は常に感謝します。
    毎日見て勉強していることができ多くのね。
    問題が発生し一つの質問もいいですか?
    上げておいたこと見て SiteGround 登録して使用するのに
    新しいウェブサイトの登録して使用するのに.comドメインは、通常よく登録がされ.co.krドメインは登録されていないですね。
    このようなメッセージが出てき。
    ATTENTION REQUIRED
    .co.kr is not a valid extension。

    最初は登録がされて使用した
    私が間違っているか、もはや.co.krドメインは登録されていないですね。
    チャットで相談をしてみても原論的に.co.krドメインは登録できないとね。
    英語力がないて、もはや聞いて見ることもできず、もどかしいですね。
    もし助けを得ることができるかして質問を残します。

    応答
    • .co.krドメインは、国内のドメイン登録機関に登録してください。
      次にアドオンドメイン SiteGroundで追加してください。
      ドメインのネームサーバを SiteGroundで提示する情報に変更する必要があります。
      次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EA%B0%80%EB%B9%84%EC%95%84-%EB%8F%84%EB%A9%94%EC%9D%B8%EC%9D%84-bluehost%EC%97%90-%EC%97%B0%EA%B2%B0%ED%95%98%EA%B8%B0/

      Bluehostを例に挙げて説明したが、他のウェブホスティングでも同様に適用が可能です。
      まず、原理を理解してください。

      応答
      • .co.krドメインは韓国メーカーに登録して保有しているんです。 ネームサーバもの間グラウンドに変更しました。

        ところが SiteGroundで、サイトを追加すると、ドメインを入力する部分で.co.krドメインを入力することがオプドラグヨ。 もしかしたら、直接管理している SiteGround 管理ページでも.co.krドメインが入力されてアンウシンか? ドメインを購入しなくても SiteGroundでサイトを追加はされていると聞いているが私だけないされているのか分からないですね。

      • こんにちは?

        SiteGroundに加入したときに.co.krドメインを接続することができます。 第アカウントは現在.co.krアカウントになっています。
        次のスクリーンショットを参照してください。
        https://www.screencast.com/t/BHT7tzsZbHvK

        アドオンドメインを追加する際にも、当然.co.krドメインを追加することができます。

        参考までに SiteGroundで最安値の商品では、ドメインをXNUMXつだけ追加することができ、二つ以上の追加することはできません。