ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

自動翻訳された日本語のサイト AdSense 収益(feat。GTranslate)

Last Updated:2021年8月27日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

このブログには、GTranslateという自動翻訳サービスを利用して、韓国語サイトを自動翻訳し、日本語サイトを維持しています。 自動翻訳された日本語のサイトの AdSense 収益を確認してみるの初期の2年間はサービスのコストをミトドルダが徐々に収益が上昇しました。

自動翻訳サービスGTranslate

機械翻訳ソリューションを提供する GTranslate無料プランと有料プランがあります。 無料プランは、翻訳されたドキュメントの一意のアドレスを生成しないため、検索エンジンにインデックスされません。 有料プランを利用する場合、自動翻訳された文書は、Googleなどの検索エンジンにインデックスされてSEOに有利です。

自動翻訳サービスGTranslate
GTranslate料金プランの比較。 2021年4月21日現在。

Freeプランでは、検索エンジンのインデックス作成、翻訳、編集(修正)、URL、翻訳などの機能が提供されません。 有料プランでは、機械翻訳された文書の修正が可能でURL translationを選択すると、URLも、その言語に翻訳されます。

私はトライアル期間中全体の言語でテストした後、他の言語はすべて削除して、日本語版のみを選択しURL翻訳機能を追加しました。 当時9.99ドルだったが、今では3ドル引き上げた12.99ドルでサービスを利用することができます。

自動翻訳の翻訳品質

人工知能翻訳の発達に翻訳の品質は過去に比べて大幅に改善されたのは事実だが、まだ不十分な点が多いようです。 私はすべての言語に翻訳するためのオプションを選択したが、英語の翻訳(韓国語から英語への翻訳)品質に失望しました。 15日の体験期間が満了した後に日本語版だけを残して、残りはすべて無効にして、今まで利用しています。

韓国語で日本語の翻訳品質はどの程度大丈夫という評価があって、日本語版のみ維持しているが、実際の翻訳品質がどの程度のレベルなのか日本語を知らない私としては知っている長さはありません。笑このサイトの日本語版は、 ここで確認することができます。

自動翻訳された日本語のサイト AdSense 収入(2018年12月〜2021年3月31日)

日本のサイトの AdSense 収入が気にして AdSense 収益レポートを作成して、グラフに描いてみました。

自動翻訳された日本語のサイト AdSense 収入(2018年12月〜2021年3月31日)
日本サイト AdSense 収入の推移(2018年12月から2021年3月末まで)

サービスのコストで、毎月9.99ドルを支払っています。 AdSenseでサービスの費用をカバーするために2年以上かかったわけです。 コロナ事態が発生していない場合、この期間は、やや短縮されたようです。

ページビューは AdSense 統計によると、月に約2万ビューくらいです。

AdSense 広告ページビュー

GTranslateサイトで提供される統計では、より詳細な訪問者の統計情報を確認することができます。

自動翻訳サービスGTranslate訪問者の統計情報

過去1ヶ月の間、訪問者数が18,730人であり、ほとんどの流入が検索エンジンを介して行われています。 訪問者の国でも、日本が大部分を占めています。

WordPress サイトに適用したが、GTranslateによれば、 WordPress、Joomla!、Drupalの、ショーピパこれ含め、すべてのHTMLサイトに適用が可能であるとします。 寀ーブログでは、2次ドメインを接続した場合、利用が可能と思われる。 基本寀ーブログ(example.tistory.com形式)は、DNS情報を追加することができないため、不可能と思われますが、実際の状況は、GTranslateにお問い合わせください。

URLの構造は、言語固有のドメイン、サブドメイン、サブディレクトリ方式がサポートされます。 例:

  • 言語別のドメイン:example.kr
  • サブドメイン:ko.example.com
  • サブディレクトリ:example.com/ko/

最後に、

Googleの翻訳をつけサイトを時折見かけます無料で提供されるサービスを利用すれば、翻訳された文書に対して固有のアドレスが生成されないため、SEO(検索エンジン最適化)には役割をしていません。

企業では、その言語の専門家を雇って直接コンテンツを翻訳することが望ましい。 機械翻訳はまだエラーが多いので、機械翻訳(自動翻訳)を利用する場合には、必ず検討を経ることが安全です。 そうでなければ型崩れ翻訳や誤訳が原因ではなく、企業イメージが悪くなることがあります。

個人的なブログの場合、外国語を知らない場合、プロの翻訳者を雇って翻訳することは経済的に、事実上不可能になります。 そのような場合 GTranslateのような自動翻訳サービスを利用してみるのも一つの方法になることがあろうかと思われます。 自動翻訳されたコンテンツを変更することもありますので、その外国語をある程度知っている場合明白な誤りを修正して翻訳の品質を向上させることができます。

この方法は、訪問者数が多い場合は、比較的短い時間で収入を出し始めますが、訪問者の数が少ないサイトでは、サービスのコストを回収するには時間がかなりかかることです。 このブログは、技術的な分野のコンテンツがほとんどで、海外での流入が制限することができますが、K-ポップ、K-ドラマなど芸能界関連のニュースを伝えるブログなら、海外から多くの訪問者の流入を期待することができると思います。

参照



コメントを残す

コメント