ベストセラー WordPress テーマTop 30 자세한정보

[海外のウェブホスティング] BluehostでOpcacheをインストールして速度向上させる

Last Updated:2019年11月24日
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기
コメントを残す

現在、このブログは、海外のウェブホスティングサービスの一つである Bluehost(Bluehost)でホストされています。 最近までPHP 5.6を適用ヘダガEasyApacheバージョンを4にアップグレードしPHP 7を適用しています( "BluehostでEasyApache 3をEasyApache 4に移転する"参照)。

PHP 7を適用したらW3 Total CacheでmemcachedとOpcodeが使用できなくなりました。 Bluehost 担当者に聞いてみるとmemcachedもWHMのインストールが可能であるとね。 しかし、memcachedをインストールしてみるとW3 Total Cacheでまだ使用することができませんでした。 代わりにOpcacheをインストールしたら、自動的にW3 Total Cacheで活性化され速度も少し良くなったようです。

Opcache(Opcode:Zend Opcache)が無効になっている場合は、次のような過程によってOpcacheをインストールすることができます。 (下のプロセスは、 Bluehost VPSを基準にしたものでShared Hosting(共有ホスティング)は適用されません。)

  1. まず、WHMにログインします。 WHMに接続する方法がわからない場合 この記事を参考にしてみてください。
  2. WHMにログインした後、左上にある検索ボックスにEasyを入力してEasyApache 4を選択します。 これにより、次のような画面が表示されます。
    BluehostでOpcode Cacheをインストールする
  3. Currently Installed Packages(現在インストール済みパッケージ)から Customize(カスタマイズ)をクリックします。
  4. その後、 Loading packages ...が表示されてしばらくすると、インストールされてApache Modulesなどが表示されます。 左から PHP Extensionsを選択します。
  5. 検索ボックスにopcacheを入力すると、インストール可能な Zend OPcache エクステンションが表示されます。 インストールしたいことを選択し、次に一番下の をクリックしてインストールを続行します。

インストールが正常にされると、W3 Total CacheのGeneral設定の下に見ると、次のように オペコードキャッシュが有効になります。

Bluehost Opcache設定

昨年はPHP 7を適用する場合 WordPress プラグインの互換性の問題のために適切に利用することが容易ではなかったが、今では一部を除いては、多くのプラグインがPHP 7との互換性と思われる。 EasyApache 4で複数のバージョンのPHPをパッケージにインストールすると、簡単にPHPのバージョンを設定することができます。 Cafe24の場合PHP 5.xを使用している途中PHP 7に変更するには、既存のサイトがすべて削除され、データとDBを復元してださい問題になる場合は、再度同様のプロセスを使用してPHP 5.x通りダウングレードしなければなので多少不便があります。 EasyApacheで簡単にPHPのバージョンのみを選択すると、PHPのバージョンが適用されます。 問題になると、バージョンのみ変えてくれればされます。

参考までにcpanelテーマを Bluehost デフォルトのテーマである bluehost 代わりにpaper_lanternというテーマで変えたら Bluehost cpanelに見えなかったメニューが表示さね。

サイトの最適化 - 海外のウェブホスティング Bluehost

上記のように「Optimize Website」というアイコンもあって、一度クリックしてみると、コンテンツを圧縮してサイトの速度を高めてくれる機能です。 サイトの速度で悩んされる場合は、一度試してみて見ても大丈夫そうです。

メモ:



コメントを残す

コメント