海外ホスティングSitegroundでバックアップ/復元機能の更新

サイトグラウンドの改善されたバックアップ/復元機能

Sitegroundはは比較的安定してまともなパフォーマンスを提供する海外ホスティングの一つです。 サイトグラウンドは他の海外のホスティングと同様にcPanelを提供するので、簡単にサイトを管理することができます。

サイトグラウンドは、過去30日以内の期間でバックアップ/復元機能を提供します。 今回のバックアップ/復元機能をさらに向上させ、新しい機能を導入しました。

サイトグラウンドのバックアップ機能を簡単にまとめてみると次のとおりです。

  • すべての商品(StartUp、GrowBig、GoGeek)で過去30日の期間のバックアップを提供
  • GrowBig、GoGeekでワンクリックで復元機能を提供(StartUpは有料で復元提供)
  • システム全体を復元したり、個々のフォルダ別、個別DBごとに復元可能
  • オンデマンドすぐバックアップ機能の導入(GoGeekで無料、StartUpとGrowBigは有料)

以前はGrowBigとGoGeekのみバックアップ/復元機能が提供されたが、今StartUpもバックアップ機能が提供されます。 ただし、ワンクリックの復元はGrowBigとGoGeekは無料ですが、StartUpは有料で依頼ができます。

サイトグラウンドバックアップ機能

2019年3月28日アップデート: StartUpを含むすべてのアカウントからの復元機能を使用できるように機能が更新されました(参考).

サイトグラウンドでバックアップ/復元機能を使用する

サイトグラウンドのバックアップ機能は、cPanelの バックアップツールを介して利用することができます。

サイトグラウンドバックアップ機能

Backups Manager> Backup Toolをクリックします。

Restore Backup compressor  - 海外ホスティングSitegroundでバックアップ/復元機能の更新

その後、上記のような画面が表示されます。 上の図は、GrowBig目安です。 他のプランでは、UIが異なる場合があります。

過去30日以内の期間の日付を選択した後 Full Account(すべてのファイル&データベース)の復元をしたり、ファイルやデータベースごとに復元が可能です。

バックアップを作成する タブをクリックすると、現在の状態をそのままバックアップすることができる画面が表示されます。

サイトグラウンドバックアップ

GrowBigでこの機能は有料です。 実際、この機能を使用してみていないが、オンデマンド、すぐにバックアップの場合StartUpとGrowBigは有料であり、GoGeekでは無料で提供されるとします。

この機能は、現在までの変更をバックアップしたい場合に使用することができます。 ワードプレスを利用する場合変更した内容をバックアップして、他の修正をしなければならなら面倒ロプドラドプラグインを使用してみることができます。

自動バックアップと手動バックアップ

Webホスティングの自動バックアップ/復元機能を提供していても、定期的に手動でバックアップしておくことが望ましいことがあります。

例えば、国内のウェブホスティング会社であるカフェ24は過去7日間のバックアップを提供しています。 したがって、サイトに問題がある場合、いつでも過去7日以内の期間で希望の日付に戻すことができます。

しかし、場合によってはサイトの管理をよくしないでも、問題を正しく認識できず、7ことよりも、過去の時点に復元する必要がある場合がまれですがあります。 これにより、自動バックアップ/復元機能が無駄になります。

サイトグラウンドの場合30日の期間以内で自動バックアップを提供するため、それさえも事情が良いようです。

また、本物のはまれですが、Webホスティング会社に問題が発生したり、ランサムウェアなどのマルウェアに感染してサイト自体が吹き飛ばさ行くこともできます。 実際、昨年の国内の中小のWebホスティング会社の一つであるオレオレがランサムウェアに感染している多くのサイトが被害をみました。

ハッカーに巨額のお金を支払うことで、やっとサーバーを回復したが、回復になるまで数週間から一ヶ月以上もの間、サイトにアクセスがないされて中小企業の被害が大きかったです。

この場合にも、別途バックアップをコンピュータやクラウドに保存しておいたサイトは他のウェブホスティング会社に移転して復元することができたが、ウェブホスティング会社の自動バックアップ機能を信じ、多くの企業が独自にバックアップを保持していない。

バックアップをしておく責任はユーザーにありますので、Webホスティング会社が魅力的な理由でサーバーが破壊されても補償を受けることができません。

おわりに

サイトグラウンドをはじめ Bluehost などいくつかのWebホスティング会社のホストされるサイトを保有したり、管理しています。 サイトグラウンドが比較的安定して速度も速いほうであるようです。 そして、バックアップなどの便利な機能も優れた方のサポート(Support)も利用したメーカーの中で最も速く、まともなほうであるようです。

リソース比コスト効率を考慮すると、ブルーホストは、まともな選択することができます。 ブルーホストには、次の文を参照してください。

ちなみにこの記事のリンクをクリックして、Webホスティングに加入する場合、私は少しのコミッションを受け取ることができます。 しかし、私はコミッションのために推奨されません。 直接使ってみ経験をそのまま伝達するためにいつも努力しています。

安定性と性能面ではSitegroundは、まともなようで、歌声非面では、 Bluehost 共有ホスティングを考慮してみるべきものです。 このリンクをクリックして、 Bluehostに登録すると月に1ドルが割引された月に2.95ドルからサービスを利用することができます。

より手頃な価格のホスティングをしたい場合はiPageを考慮してみることができますが、URLにハングル、日本語などの非ラテン文字を使用することができないため、韓国語、日本語、中国語などでサイトを運営する際に問題が発生するので、お勧めしません。 (例えば、タグにハングルが含まれると、エラーが発生します。また、韓国語サイトである場合は、URLがハングルでなければならないSEOに有利です。)

参考


5のコメント

  1. こんにちは。
    このサイトを振興訪問する必要がした今見るなりました。 私を見つける場所です。
    案内されたとおり、ここを介して SiteGround ホスティングに登録していれば、より多くの情報と支援を受けることができ
    あろうという考えと申し訳もね。
    サイトにThe7テーマを使用しようと海外ホスティングを乳児期、外国の方 SiteGround를
    おすすめしてくれて加入した良い言語コミュニケーションのために苦労しています。

    WordPress インストール時にクライアントセンターのスタッフとチャット相談をしながら、Googleの翻訳ウィンドウを開いておいて
    汗を流しながらやっとインストールしました。 The7テーマは、私が幸運にも無事インストールしました。
    インストール後に、万一に備えて、ftpファイルBugzillaのでリモートサイトiogsに保存
    「サイト名-2019-12-27.gzファイルを第pcに保存しました。
    その後、質問をいたします。
    The7テーマで提供しているデモをインストールしてから、エラーが出て、ロッドなったりする
    ヤング気に入らない上に述べた日2019-12-27事戻したいのですが
    (これを指定の日付復元というか...?)どのようにするか分かりません。
    お客様センターに原位置いけない場合の処理​​してくれるの?
    スタッフがあれこれ英語で聞いてきたらサッとタイピングするのがとても大変恥ずかしいですよ。
    いくつかの方法がありますか? 説明いただければ応じてみましょう。
    真! そして上のカレンダーに見えるバックアップ画面プログラムは何なのか、購入してカルアヤかどうか
    なくてもされている気になります。
    初めてご挨拶申し上げます。 今後気にするようです。 良い一日になってください。

    応答
    • こんにちは、コムアジェ様。

      SiteGround最近インターフェースが変更されました。

      新しいインターフェイスでの使用法は次の記事を参照してみてください:

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%ec%82%ac%ec%9d%b4%ed%8a%b8%ea%b7%b8%eb%9d%bc%ec%9a%b4%eb%93%9c-%ec%82%ac%ec%9a%a9-%eb%b0%a9%eb%b2%95/

      復元方法も簡単に見つけることができるでしょう。

      応答
      • うこん。 本当に速い回答ありがとうございます。 几帳面説明します。

  2. こんにちは
    海外ホスティング会社を幼年期文を見るようになりご連絡致します。
    ヘルプお願いスリーだご連絡いただければ幸いです。

    応答

コメントを残す