【海外ホスティング] Bluehost(Bluehost)春びっくりセール

9のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

ブルーホスト割引イベント

韓国によく知られている海外のウェブホスティングサービス会社の一つである Bluehost(ブルーホスト)で4月24日(月)午後11時59分(MT時間あたり)から日中Basic Planについて月に $ 2.95(36月)でびっくりセールをするとします。 韓国視覚的には4月25日午後2時59分から4月26日午後3時59分まで 進行と思われる。

ブルーホスト共有ホスティング
ブルーホスト共有ホスティング(Shared Hosting)プラン

Basic Planは50GBのスペースが提供されて、帯域幅(Bandwidth)は制限を設けません。 サブドメインを25つまで作成することができ5までドメインをパーキングすることができます。

共有ホスティングは非常に大きなスペースとトラフィックを多くのユーザーが使用する型であるため、他のユーザーが過度に多くのトラフィックを消費する場合、一時的に不安になることもあるでしょう。

このブログの場合は、最初Shared Hostingを使用したが、たまに不安になって、今では一段階上位の商品である VPSプランを利用しています。 より信頼性の高いサービスをご希望の場合は、VPS以上プランが適しています。 サービスは、コストを払っただけ受けると考えると合いそうです。

個人的なブログを運営したり、多くのトラフィックや画像をアップロードする場合は、共有ホスティングもいい選択になることができるようになります。 海外ホスティングを検討している今回の割引イベントが良い機会であることができるでしょう。

ちなみに最近では、ワードプレスの人気を反映するように多くのWebホスティングサービスで簡単にワードプレスを自動的にインストールすることができるサービスを提供しています。


追加: テストの目的で 基本計画に加入しました。 36月なのに100ドル程度にしかならないですね。(笑)現在まで、思ったより信頼性の高い(週末に一時的に不安定になる場合がありますね)速度も特に問題はないようです。

前述したよう個人ブログやディスクの空き容量が多く必要な場合にまともなオプションのように見えます。

(本来はテスト目的のために A2ホスティングの安いUnmanaged VPSを検討していた思いがけず Bluehost 共有ホスティングを選択することになりました。 A2 Hostingは5ドルの低価格VPSプランを提供しています。 直接サーバーを管理しなければならない負担があるが、とはいえ、餌の商品とが安価にVPSを利用してみたいと思った場合考慮してみることができるようになります。)

訪問者が多くない場合には、Sitegroundも考慮試してみることです。 プランに基づいて、トラフィックとディスクスペースが限られているが、より安定した速度も大丈夫な方です(参考).

注:



9のコメント

コメント

  1. 約2週間ほどテストとしての用途に Bluehost Basicを使用しながら、テストしています。

    感じ点は、サイト自体がダウンしている場合は、言葉減り速度と比較的大丈夫です。 しかし、サーバー自体に負荷がかかる場合cPanelにアクセスがうまくいかない場合があり、サイト自体が遅くなると、インストール作業などが正常に行われない場合がありますね。 この場合、少し待ってから再接続したり、作業する良いです。 初期設定だけよくしておけば、その次からはあまり障害にはならないが、テストサイトとして運営するには Bluehost Basicよりむしろipage低コストがより安定しているようだ( https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%ED%95%B4%EC%99%B8-%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85-ipage%EC%97%90%EC%84%9C-php-7-0php-7-1-%EC%A0%81%EC%9A%A9%ED%95%98%EA%B8%B0/ ).

    コスト効率の面では、このような低コストを考慮してみることができます。 速度自体も比較的まともな方です。 ただし、信頼性の面では、不十分に感じられます。 性格がお急ぎの場合あまり良い選択ではないようで、少し費用がかかっても、このブログで使用されているVPSプラン(www.bluehost.com/track/theworj1/)がよさそうです。 しかし、作業が頻繁でない場合には、安定化させた後は、オペレーティング星問題はないようです。

    応答
  2. この商品すごく陽気ですね^^ところで36月奴隷契約の出版物。 笑

    ところで私が昨日 Avada テーマを軽くインストールして味を見たんです。
    あらゆる雑多な設定の圧迫で再戻しておいた。 1〜2時間カルジャク挙げるとなるわないと思います。 笑

    だから不思議んですが。 もしテーマセッティングする際に、直接サイトにかけておいて修正作業方法しかありませんか? つまり、他の場所で変更し、セッティングを終えサイトに一度不織布〜して変更することができる方法がないか知りたいです。

    それでは良い一日を過ごす〜

    応答
    • こんにちは?

      Avada 設定がすごく多くて勉強(?)を見なければならない。 しかし、テーマの設定が多くのコーディング作業が必要ないという点で、初心者が使用するのに適したテーマです。 (Avada( https://www.thewordcracker.com/go/avada )がいつまで不動の1位を占めか疑問に思いまし...)

      言われた内容は、いくつかの方法がありますが、現在使用中のホスト(あるいは Cafe24 同じこと)で1か月のを一つ登録し、現在のサイトを以前させた後、作業して完了すると、再び最初のサイトに移転させる方法があります。

      またはコンピュータでも作業が可能です。

      https://www.thewordcracker.com/basic/%EC%BB%B4%ED%93%A8%ED%84%B0%EC%97%90-%EC%9B%8C%EB%93%9C%ED%94%84%EB%A0%88%EC%8A%A4%EB%A5%BC-%EC%89%BD%EA%B2%8C-%EC%84%A4%EC%B9%98%ED%95%98%EB%8A%94-%EB%B0%A9%EB%B2%95/

      または、複数のDBをサポートする場合、サブディレクトリに WordPressを一つ設置して、現在のサイトのコンテンツを移転した後に作業することができます。 (例えば、 Bluehostのような海外のホスティングでは、DBをほぼ無制限の使用が可能なので、 https://www.thewordcracker.com/simple/ サイトのように簡単にサブフォルダに別のサイトを作成することができます。)

      応答
      • 最後に、面倒は避けることができアップですね...どうせ面倒つもりなら、直接サイトに設置してみなければなりません。(いつか...)笑

    • 私はテストサイトが一つ必要で、低コストのVPSを調べていた、安い味に今日 Bluehost Basic Plan(共有ホスティング)を登録しました。

      個人的なブログのいずれかを以前させたのです、PHP 7を適用しますか速度がそれほど悪いという考えはないね。 (キャッシュプラグインを変えなければする面倒も残していました。)

      http://mykorea.blog/

      安定性は、いくつかの見守らなければならないようです。

      応答
  3. 私のブログが最近になって時々トラフィック超過のために12時前に、ブログが詰まっなる時があってホスティング情報を探し続けて見ているところです。 ところが Bluehostをはじめとする海外のホスティング会社は、どうしても速度が遅いんじゃないか? という考えにちょっと気にされるのですが。

    VPSのホスティングを選択した場合、国内のウェブホスティング・ウィザードを使用することくらいの適正速度が出てくるのでしょうか? VPSでbandwidthが無制限と出てくるのがTraffic制限がないものと理解すればいいですか? Standard商品を一度書いてみようか。悩み続けています! それでもVPSを選択しようとする海外企業が手頃な価格と思います。

    応答
    • こんにちは?

      以前は、海外のホスティングが遅い感がありましたが、最近は(個人的な考えは)以前より多く良くなったようです。 そしてPHP 7を使用して、キャッシュのプラグインをよく設定すると、どの程度の速度が大丈夫に出てくるでしょう。

      共有ホスティングの場合は少し限界があることもあって(光のテーマを使用すると、共有ホスティングもかなりまともな速度を出します)...

      現在、このブログが Bluehost VPS(www.bluehost.com/track/theworj1/)を利用していますが、速度がそれほど悪いようです。 事実広告のために速度が40〜50%程度遅くロードされています。(笑)

      https://www.thewordcracker.com/wp-content/uploads/2017/01/Speed-before-and-after-ads.jpg

      応答
      • 広告がなければブログ運営が大変だから、その部分は甘受しなければすることがあります。 (現時点でそれほど不満はない方です。笑)

        ちなみにVPSでbanwidthが無制限と出てくるんです、以前には制限があったが(現在利用しているプラ​​ンでは、制限があります)、最近に無制限に変わりました。 ところが、トラフィックが高すぎると速度が遅くなる現象が表示されないかと思われますが、その部分は確認が必要と思われる。

        しかし、なかなかトラフィックが問題になるレベルではありませんようです。 現在、このブログの場合、トラフィックの制限が月に1TBですが、いくつかのドメインを刺さ使用しても約定されたトラフィックの1 / 10程度使用しています(今は一1 / 8ぐらいなるか...)。