海外ホスティング SiteGroundワイルドカードSSL証明書のインストールの問題

6

海外ホスティングの一つである SiteGroundで無料ワイルドカードSSL証明書を提供しています。 したがって、サブドメインもSSLセキュアサーバー証明書を適用する場合に便利です。 (Cafe24の場合、Comodo、ワイルドカード証明書を年間462,000ウォンで販売しています。)

しかし、私は、サブドメインでのSSL証明書を適用したときにエラーが発生し複数回試行し、どのようにして見るとよくインストールしました。 たまにうまくいかないと、 SiteGround サポートにライブチャットでサポートを要求すると、解決してくれたので、ワイルドカードSSL証明書を正しく適用する方法について深く考えてみました。

そうするうちに、昨日のSSL証明書のために問題が生じたサイトをちょっと見てながらサブドメインにどのようにSSL証明書を適用する必要があるかの感覚握るました。 サブドメインでのSSL証明書をインストールする場合は、以下の文を参考にすれば助けになるでしょう。

まず、 SiteGroundで、ドメインにSSL証明書をインストールするには、cPanelに接続して Security> Let's Encrypt アイコンをクリックします。

その後、Let's Encrypt SSL証明書を管理してインストール画面が表示されます。 下の部分に移動すると、 Install new Let's Encrypt Certificate(新しいLet's Encrypt証明書のインストール) セクションがあります。 ここでは、SSL証明書がインストールされていないドメイン(サブドメインを含む)について、新しいSSL証明書をインストールすることができます。

ドメインでLet's Encrypt証明書をインストールするドメインを選択します。

ワイルドカードSSL証明書をインストールする

Let's Encrypt SSL Type(Let's Encrypt SSLタイプ)から Let's Encrypt SSLLet's Encrypt Wildcard SSLを選択することができます。 もしLet's Encrypt Wildcard SSLを選択して、証明書をインストールすると、リストには、次のように表示されます。

ワイルドカードSSL証明書

「ワイルドカード」を事前に探してみると、次のように定義されています。

[コンピュータ]ファイルを指定するときは、具体的な名前の代わりに複数のファイルを同時に指定の目的で使用する特殊記号。 `* '、`?'なんて。

Let's Encrypt Wildcard SSL証明書を選択してインストールすると、メインドメインとすべてのサブドメインの証明書がインストールされます。

しかし、サブドメインを作成するときにパスをメインドメインとは異なる設定する場合は、ワイルドカードSSL証明書をインストールしてテストしてみると不思議に動作します。 たとえば、example.comにワイルドカード証明書をインストールした後、wordpress.example.comというサブドメインを追加した後に WordPressをインストールした後wordpress.example.comに接続すると、ブラウザウィンドウのアドレスバーにwordpress.example.comが表示されます、実際のサイトでは、example.comが表示されます。

この状態でwordpress.example.comに対してSSLをインストールすると、正常に動作します。 しかし、その後、予期せぬ問題が発生する可能性があります。

サブドメインのドキュメントルート(Document Root)フォルダを通常メインドメインのフォルダとは異なる設定になります。 そのような場合、次の2つのオプションから選択することができそうです。

  1. cPanel> Security> Let's Encryptメインドメインとサブドメインのそれぞれについて(Let's Encrypt Wildcard SSLではない)Let's Encrypt SSLをインストールします。 または、
  2. cPanel> Security> Let's Encryptメインドメインに対してLet's Encrypt Wildcard SSLをインストールして(サブドメインのSSL証明書がインストールされている削除)、 cPanel> Security> SSL / TLS manager> Manage SSL Sites> [このサブドメインを選択]> Autofill by Domain> Installを選択して、SSLをインストールします。

昨日のSSL証明書の問題で SiteGroundの一般的なエージェントと数時間話しても解決されていません。 WordPress キャッシュプラグイン問題と思ってそちらに焦点を合わせて、すべての措置をすべて取ってみても、問題が修正されていない。 問題をシニア技術チームに転送するから、約10分で問題を解決してくれますね。 シニア技術者によると、 サブドメインのフォルダがメインドメインのフォルダが異なる場合、サブドメインについて個別にインストールヘジュオヤするとします。 (設定を見てみると上記の提示された方法の第二の方法が適用されていますね。)

When the document root(the folder)of a subdomain is different from the folder of the main domain、the WildCard SSL has to be installed on said subdomain separately。 This is easily done via cPanel - > SSL / TLS manager - > Manage Sites - > <the subdomain in question> - > Autofill - > Install。

サブドメインでのSSL証明書をインストール

上記の内容は、顧客サービス担当者と相談して、それなりに把握した内容とテストを介して確認することまとめたものです。 不正確内容があれば、コメントでお知らせください。 その後、内容を訂正するようにします。

個人的には、便利で速度面でもよくて SiteGroundを好む方が、安価でありながら、比較的まともな仕様のホスティングをご希望の場合 Bluehost 共有ホスティングも考慮してみるだけのようです。 (Bluehostでは、SSL証明書を無料で提供していますが、ワイルドカードSSL証明書は提供されません。)

参考までに このリンクをクリックして、 Bluehost(Bluehost)に加入すると1ドルが割引された月に2.95ドルからサービスを利用することができます。 安価に比較的まともな、すなわち歌声雨優れたWebホスティングを利用する場合に考慮してみることができます。 この記事のリンクをクリックして、Webホスティングに加入すると、私は少しのコミッションを受け取ることができます。 しかし、私はコミッションのためだけに特定のサービスをお勧めしません。 直接サービスを利用しており、それなりに感じた点を教えてしようと努力しているのでニーズに合ったサービスを選択してください。

メモ:

※一部文にアフィリエイトのリンクを含めることができます。_コーヒーカップの値にブログ運営を スポンサーすることができます。

Ω

コメント6件
  1. 塗装号

    本当にありがとうございます。

    ワードクラッカー様がなければ、どのように多くの苦労をしましたのでしょう。

    もう一度ありがとうございます。

    1. Word

      ブログを訪問してくださってコメントまで残していただきありがとうございます????

  2. キム・ギヨン

    そうでなくとも、海外のホスティングが必要だった今日中に、上記のリンクで決済一つが必要ですね。 詳細な説明は本当にありがとうございます。 一人で絶望的した本当のすごいですね~~ぶ一つの質問求めることができる? 現在第サイトには、Googleマップを適用させたがそのためには、GoogleマップAPIキーが必要でしょう? ガイド通り進行してキーを生成することによって記載にしたが1秒程度はよく噴出がまさに「申し訳ありません。 問題が発生しました。
    Googleマップが正しくロードされていない。 JavaScriptコンソールで詳細な技術情報を確認してください。」と出ます。 最近鍵生成方法が変わって、クレジットカード情報を入れると言っていたそれ付け嫌い(こぶ決済なるかと思っ) https://avada.tistory.com/899 <=ここポスティングそのまま真似してもダメですね;; 鍵の生成は問題なくされるが適用させれば、上記フレーズが出てきます。 何が問題でしょうか? http://*.abc.com/* <=このように、ドメインを入れたアスタリスク入れるのが間違っていますか;; 回答お願いいたしゲトスプニあたり

    1. Word

      こんにちは?

      グーグルマップの内容を総合的にまとめてみようかと思ってましたが。
      クレジットカードなしで、GoogleマップAPIキーを生成する方法は、既存のプロジェクトを登録してGoogle Maps APIキーを生成した場合にのみ、正常に動作するようです。
      私は昔のテストの目的でプロジェクトを作成しAPIキーが生成されてました。 そのキーテストだからよくなりました。 しかし、以前にAPIキーを作成したことのない状態では、言われた問題が発生することを数日前に確認しました。

      したがって、既存のプロジェクトを作成したことない場合は課金アカウントを関連付けるしかないようです。

      1. キム・ギヨン

        真..初心者の方の質問がword様の立場では迷惑することができていますが、本当に親切な回答に感心を禁じえなかっいたします。 心から感謝していあたり

      2. Word

        ありがとうございます。 気になる点があれば、どんな内容でも関連記事のコメントを介してあげていただければ、時間が飛ぶときに短い知識でも知っている範囲内で回答させように努力します。 早朝から雨が降りますね... 楽しい一日を過ごしてください:)