GoDaddyは - 海外のウェブホスティングを安価に利用する方法:期間が満了すると、別の場所に乗り換えている理由

手ごろな価格の海外のウェブホスティングが、...

韓国によく知られている海外のウェブホスティングサービス会社の一つである 古代ディ(GoDaddy)で比較的安価なWebホスティングサービスを利用することができます。 古代ディサイトで50%の割引を提供すると表示されています。

しかし、ここについてどんな方次のようにコメントをつけてくださいました。

古代ディ最高級型トラップがあります。 最初の契約には、ホスティング雨半額であり、延長時は第価格を受信します。 9500ウォンとしたのも、再契約する時は、ほぼ毎月2万ウォンをお支払いいただきます..

事実、このような部分について、私も最近認識するようになりました。 古代ディだけでなく、 ブルーホスト(Bluehost)サイトグラウンド(SiteGround)のような会社でも、表示された価格は、 最初の期間の価格で通常価格(Regular Price)より割引されたものです。

古代ディはまだ更新時に通常価格を受けると、比較的明確に表示されているが、 Bluehostの場合は、コメントを量って、ページの下部には、内容が表示されています。 また、よく見えないようにね...

Bluehost Shared Hosting  - 海外のウェブホスティングを安価に利用する方法:期間が満了すると、別の場所に乗り換えている理由

Bluehost 共有ホスティング価格表ですが、通常価格よりも多くの割引価格が表示されています。

2018_0124追加:この記事のリンクをクリックして、Webホスティングサービスに登録すると、私は少しのコミッションを受け取ることができます。 しかし、私はコミッションのために、特定のサービスをお勧めしません。 いくつかのホスティングサービスを実際に使用しながら感じた点を率直に伝えていただくために努力しています。 ブルーホストとサイトグラウンドについては、 ここを参照してみてください。 特に このリンクをクリックして、ブルーホスト共有ホスティングに加入すると、上記の価格で1ドル割引された月の最低2.95ドルにサービスを利用することができます。 ブルーホスト共有ホスティングは、コスト効率の高いプランで安価に利用するには良いようです。

たとえばplusの場合通常価格が月に10.99ドルだが、5.95ドルで割引をしていることを示します。 しかし、詳細見れば$ 5.95の横にアスタリスク(*)が付いています。 ここにページの一番下に見て:

* Promotional pricing is for the first term only and regular rates apply upon renewal。

"プロモーション価格は、最初の期間のみされ更新時、通常の料金が適用される"と記載されています。 文字が小さすぎる下部においてよく見えません。 従ってこの部分は、最初にサービスを利用する方は、よく認識されないことがあります。 古代ディは比較的明確に記載する一方、ブルーホストは、このような部分を告知はしているが、注意して見てみなければよく見えないように表示しています。

他にも多数の海外ホスティングで、このような慣行を維持しているようです。

例えば、 サイトグラウンドの場合は、共有ホスティングプランを見て:

Siteground  - 海外のウェブホスティングを安価に利用する方法:期間が満了すると、別の場所に乗り換えている理由

上記のように、本来通常価格と割引が表示されています。 更新またはアップグレードするときには通常価格が適用されます。 (この部分は確認が必要です。)

そして A2ホスティングでも同様に通常価格と割引が一緒に表示されています。

a2 hosting  - 海外のウェブホスティングを安価に利用する方法:期間が満了すると、別の場所に乗り換えている理由

最初は低価格に加入したが、後で更新する場合通常価格が適用されるとグィチァニズムため、あるいは既に慣れているので、他のホスティング会社に移そうとしていない可能性があります。 おそらく、このような点を狙ったマーケティングのように見えます。

したがって、なるべく約定期間があるされていくと、他の場所に移転することが経済的に利点である場合が多いようです。

約定期間が満了すると、別の場所に移転しなければなら

だから 初めて約定した期間が経過すると、サービスを脱退して別の場所に移転することが安価に利用することができる方法 です。 好みのWebホスティング会社が数箇所ある場合交互に利用する費用負担が減らないかと思います。

私はキャリアに初めて参加したとき新世紀通信の017番号を登録しました。 後に新世紀通信は、SK通信に合併されて変化がありました。 それでも私は10年以上017番号を維持してキャリアもSKを継続利用しました。 しかし、長期的な顧客にも、実際に利益がほとんどありませんでした。 むしろ機器を変更したとき番号の移動(キャリアを移動する場合)、お客様より高い費用を支払わなければならいました。 017番号をたくさんかけて置い番号の変更を躊躇してみると、不本意長い「戸口」の役割をしてきたようです。 そうするうちに、数年前からは、他の人のように約定期間が満了すると、番号に移動します。

海外のウェブホスティングを利用する際にも同様の場合があるようです。 私は性格が変えることを躊躇する傾向があります。 このため、損をする時、たまにあります。 (現在使用している透視メールも毎月3,300ウォンています。お客様が千里眼メールを知っている場合が多く、完全に変えてもできずにいる状況です。といって透視メールサービスが良いとは全くそうではない。メールがうまく入らないときも多く、スパムもしっかりろ過ないしなくて苦肉の策としてThunderbirdを使用してスパムをブロックしています。〓〓)

ドメイン名の管理

海外ウェブホスティングを利用してみると、複数のドメインを接続して使用することができ、そうすればサイトの規模が大きくなります。 そうするうちに、最初約定した期間があるされていく頃に別の場所に移転することに負担を感じることもあるでしょう。

私はより容易にホスティングを移転することができるよう、ドメイン登録代行業者をkorbuddyさんが知らせてくださったonlydomains.comというニュージーランドのメーカーに移し、すべてのドメインをしたところで管理しようとしています。 これにより、Webホスティングを前もDNS情報を変更するだけしてくれればだから、ドメイン名の問題のために、以前のを躊躇するようになるのは、ある程度防ぐことができそうです。

ちなみにonlydomains.comはドットコム(.com)、ドメイン名が8.99ドルで、比較的安価な方です。 そしてPrivacy機能まで無料で提供されます。 Privacy機能を使用すると、ドメインを照会しても、ドメイン名登録者の個人情報が表示されません。

この機能は、通常、年間10ドル内外の付加的な費用が請求されます。 例えばiPageはソナ9.99ドルであり、 Bluehostの場合月に0.99ドルです。 そして、古代テトスこれらプライバシー機能について年間10,900ウォンの追加費用を頂きます。

古代ディドメインプライバシー機能

ドメイン名を検索すると、登録者の名前と住所、電話番号、電子メールアドレスまで露出されて、実際にチプチプハン気があります。 そのような場合に、ドメインのプライバシー機能を利用することができます。

Domain Privacy Information2  - 海外のウェブホスティングを安価に利用する方法:期間が満了すると、別の場所に乗り換えている理由

したがって、Webホスティング会社を介してドメインを購入することもあまり望ましくないと思われる。 ドットコム(.com)ドメインを新規に登録する場合、古代ディで安価に登録しにonlydomains.comや他の安価な場所(探してみると、より手頃な価格のところもあるでしょう)に移転することがドメインを安価に利用する方法です。

おわりに

一部の海外のウェブホスティング会社では、最初の約定期間について割引価格を提示して更新時に、通常の費用を頂く場合があります。 このような場合、約定期間が満了すると、似たようなクラスの他のメーカーに移動することを考慮してみることができます。 複数のドメインが譲り受けて移転することが気に考慮されることがあります。 そのような場合、ドメイン名を手頃な価格の代行業者を選定して1ヶ所に集めて管理するある程度の不便が解消されることができます。

このブログに利用されているホスティングサービスは、 BluehostのVPSスタンダード(月に約25ドル前後)です。 今では多くの慣れサイトもある程度安定して確実に不満はありませんが、無料でSSLを適用することが不便な面があり、(3ヶ月毎にブルーホストに連絡してLet's Encrypt証明書を更新してくれることを直接依頼しなければならないとね)トラフィックに比べて余分なプランなので約定期間が満了すると、比較的平易良い Siteground共有ホスティングに変えようと考えています(私は考えだけして実行していない場合が多く、実際の置き換えるは未知数ですけどね...)。 Sitegroundは他のブログで使用中なのに安定して速度も大丈夫に出ますね。 (2018_0124アップデート: Bluehost VPSでも共有ホスティングと同様に 無料SSLが提供されるようにポリシーが昨年に変わりました。)

参考

9のコメント

  1. もしかしたら SiteGround 上位プランにアップグレードすることも Bluehostのように、現在のアカウントをcloseして、新しいアカウントを作るか?

    • こんにちは、fweew様。

      SiteGroundでアカウントをcloseすることなく、現在のアカウントで新しい商品に加入します。
      次に、現在の商品のサイトを一つずつ新たに登録した商品に移転し継続して使用することができます。
      手動で前なければするため面倒だけコストを惜しんたい場合に試してみることができます。

  2. こんにちは。 最初のWebサイトを(WordPress - 衣類ショッピングモール)作成しようとしビットナミのプロトタイプ完成し現在オープンしようとし、海外サーバーのホスティング会社拾い読みしている。 複数の海外マガジンの評価をチュリョソHostgatorのshared hostingで購入することにしましたが。 月数を選ぶ過程で悩み中です。 どうしても約定期間が長ければ長いほど安くてみるとでしょうか。 だから私の質問は、もし3年に契約しておいて1年以内にサイトが大きくなって、より高度なplanが必要になる場合、すぐにアップグレードできますか? それとも3年終わらなければ、アップグレードは可能ですか?
    もし後者であれば、最初に決済する時から長期契約で安価に恩恵受けたいから。 ちなみに、他のメーカーに移転するものではないHostgator自体からのアップグレードを意味します。

    • こんにちは?
      ブログを訪問していただきありがとうございます。

      Hostgatorのの場合Shared Hostingで40%内外の割引を提供しています。 しかし、ホストGatorも一番下に、次のように表示されています。

      * Prices reflect discount on first term

      つまり、*印が表示された価格は、最初の期間にのみ割引が適用されます。

      問題は、長期契約をしたときの中間にアップグレードすることを可能であるか そして、アップグレード時に割引を受けることができるかである。

      ここにHostgatorライトチャットでお問い合わせました。

      You are able to upgrade your account while currently on a plan。 Your current plan will be prorated for the amount of time left on your plan and that will be credited towards the price of your new plan

      アップグレードする場合は、現在プランの残り期間について計算した残りの費用は、新しいプラン決済時カバーとします。

      Upgradeれるプランの割引された価格が適用されるか、通常価格が適用されるかについては、...

      The discounted price is only for new customer unless changing packages。 For example if you were on web hosting Baby plan and then moved to the Cloud Baby plan or Cloud Business; you would get the frontpage discount price。
      However if you are upgrading from Hatchling to Business on the same platform; than normal price would apply

      つまり、共有ホスティング内では、以前の場合、通常価格が適用されるが、共有ホスティングでクラウドホスティングに移動する場合には、再度割引が適用されるとします。

      参考までに SiteGround( http://www.thewordcracker.com/go/siteground )の場合、上位プランにアップグレードする場合は、 割引されていない価格で上位プランへのアップグレードが可能であるとします。 (つまり、アップグレードされたプランでは、最初の期間が適用されないので、そのようです。) 残りの期間にのみ割引された(60%までないことがあります)の価格が適用されることを確認しました。

      そして、このブログが使用されている Bluehost VPS( http://www.thewordcracker.com/go/bluehost )の場合、上位プランで変更するには、現在のアカウントをCloseし、新しいアカウントを作成し、上位プランに加入した後にデータを移動する必要そうですね。

    • Hostgatorライブチャットスタッフに尋ねた後の答えを更新しました。 以前の回答を参照してみてください。

      • 迅速な回答、本当にありがとうございます。 小規模創業だから一銭も節約がなりますね。 同じホスティング会社はありませんがもしかしたらWord様は中途アップグレード&中途解約に関する経験があるかたいお尋ねみました。 ありがとうございます^^

      • 私は初めて Bluehost 共有ホスティングを使用している途中に満足していなくてVPSプランにアップグレードしました。 当時は星も言わずにアップグレードしてくれました。 しかし、現在のVPSプランから他のプランにアップグレードするか、変更するには、以前のコメントで教えてたように、アカウントを閉じて、新しいアカウントを作成し、以前の必要があるとしますね。

        Hostgatorのは Bluehost、古代ディなど似たようなレベルだとしますが、ホストGatorを直接使用してみていません。 数ヶ月前に、ホストGatorの上でホストされているサイトがハッキングにあって、データがすべて削除された方が連絡が来たことがあります。 Hostgatorに連絡してバックアップがあることを確認してみなさい言いまし、後にみるサイトが復旧されたのです。(笑)

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください