今日の日付朝鮮日報の記事です。

基本的な事項を理解すると、有事の際に役立つと思われる。

precautions  - 有事の際国民行動要領 - 警報が鳴り、5分内避難
有事の際国民行動要領。 出所:朝鮮日報

北朝鮮が韓国に向かって核兵器を撮影場合、国民はどのように対処すべきか。 私達の軍が北朝鮮のミサイル発射の兆候を捕捉すれば、京畿道平沢烏山米軍基地の中央民間防衛警報統制所で空襲警報のサイレンを鳴らす。 警報統制所の関係者は、「核が爆発するまでは、従来の爆弾なのか、核のか区別することはできません一度空襲警報を発動する」とした。 専門家は、北朝鮮が射程距離300㎞程度のスカッド-Bミサイルに核弾頭を装着して発射する可能性が最も高く見ている。

空襲警報が鳴る市民は5分で近い地下鉄駅や建物の地下の避難所に降りて行かなければならない。 北朝鮮がソウルで120㎞離れた黄海道新界ミサイル基地でスカッドミサイルを撃ったときにソウルまで3分30秒で到達する。 軍がこれを事前に検出することを前提と避難することができる時間を5分以上稼ぐわけだ。 逆に、北朝鮮がミサイルを発射、私だけにして、韓国軍が検出すれば避難することができる時間は、2〜3分に減る。

核兵器の威力はすばらしい。 過去2010年国防研究院は、「龍山上空300mで20㏏級核兵器が爆発すれば30日以内に49万人が死亡し、48万人が負傷した」と発表した。 核爆弾は破壊・殺傷範囲を最大化するために、空気中で爆発させるのが一般的である。 原点(原點)で2㎞の中にある建物のほとんどは核嵐のために崩れる。 核爆発の熱放射は半径1.2㎞中の人を即死させる。 (記事全文)

核攻撃、ミサイル攻撃を受けるときには、地下に、生化学攻撃を受けるときには、高いところに...

戦争がない私が最善だが、米国と北朝鮮の予測不可能な人物が政権を握っていて安心わけにはない状況のように見えますね。 トランプが北朝鮮を叩か支持率が一時的に反証したが、トランプが政治的に危機に直面場合、北朝鮮を利用する可能性も排除することはできないようです。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください