手根管症候群の予防 - マウスを左利きに変えてみよう

FacebookさえずりredditPinterestのLinkedInのmail

手根管症候群は、現代人の慢性病の一つです。 多くの人々がコンピュータを使用して業務を見て、スマートフォンの使用が日常化されることによって手根管症候群の症状を訴える方も増えています。

手根管症候群は、手首の前面に手根管と呼ばれる神経痛には重点を置いて、痛みとしびれの症状が現れる疾患です。 この症状は、コンピュータを多用する現代人の慢性病として知られているが洗濯、皿洗い、掃除などの家事労働をしながら、手と手首を繰り返し使用する家庭主婦たちから多く発生するとですね。

私は20年以上ほぼ毎日コンピュータを使用して仕事をしてみると、いつからか、マウスを使用している右手の手首と、親指と人差し指の間に痛みがたまに発生することを感じることができた無理して仕事をする場合には、痛みがひどくなった。

知っている先生に聞いてみると、キーボードを打つか、またはマウスを使用するときに手が床から聞こえるようにすると、手首の部位が不安定痛みが発生することがあるという回答をしました。

昨年9月に突然「マウスのために右手首の痛みが発生するのであれば、マウスを左利きで使ってみるとどうだろう?」という気がして、マウスを左利きに変えました。 マウスの形が左右対称であれば、両ハンドルとして使用が可能です。

ウィンドウ10は、 マウスの設定 ページ上でマウスの 既定のボタンを選択を「右」に設定すると、マウスを左利きで使用することができます。

ウィンドウ10マウスボタンの変更

2016年の夏に、身体のバランスを合わせるのに役立つかたいマウスを左利きに変更したことがあります。 しかし、数日ない行って戻って右利きに変えました。

マウスを左利きに変更、マウスの精度が落ちて一時的にコンピュータの操作速度が低下することがあります。 そして、エネルギー消費も普段より増えストレスを受けることができます。 数日耐えれば左利きに慣れて使用するために不便さを感じないようになります。

マウスを左利きに変更キーボードショートカットを使用するために、少し不便です。 Ctrlキー + C, Ctrlキー + Vを多く使用している場合は、特に不快感を感じることができます。 これ以外に大きく不便な点はないようです。

マウスを左利きに変えたか今3ヶ月程度しました。 幸いなことに、右手の手首と指の部位の痛みが消えました。

長時間右手マウス使用のために手首や指の部位に痛みを感じる場合は、マウスを左利きに変更の効果があるでしょう。 可能な場合は暇時変えることが良さそうです。 左利きに変更作業効率が一時的に低下することがありますので、仕事が多い時期にしようとすると不快感が加重されています。

注:



4のコメント

  1. 私は..マウス使う時、右手、左手の両方を使用したところ、両手首すべて壊れてしまいました〓〓

    応答
    • 私は片方の手首だけ横行働くために支障があり、少し大変でした。
      両手首すべて病気になるも大変ですね。 治療をよく受けて完治してください。

      応答
    • 幼い頃から左手を多く使用している使用している習慣をつける右脳開発に役立つと思われる。
      楽しい一日を過ごす。

      応答