ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

海外のWebホスティングサービス - Bluehost(Bluehost)の紹介

Last Updated:2023年2月8日| 189のコメント

Bluehost(Bluehost)は韓国でも比較的よく知られている海外のウェブホスティングサービスプロバイダの一つです。 しかし、果たしてどれくらい実証済みの信頼性の高い使用できるかという疑問を持っていると思います。

ここでは個人的に長年使用して経験した内容をもとにまとめてみました。

[この記事は2023年2月8日に最終更新されました。 ]

Bluehostとクラウドウェイズ(Cloudways)の比較

最近では、Amazon AWSまたはVultrで クラウドウェイズに移転する方が増えています。 クラウドウェイズは、AWSやVultrよりもコストがXNUMX倍近く高価ですが、管理パネルを介してAWSなどよりもサーバーを簡単に利用できるという利点があります。

Bluehost 共有ホスティングBluehost VPSクラウドウェイズ
- 安くてコスパが良い
- 初めてのブログ開始時に良いオプション
- 訪問者数が多いサイトに最適
- サイト最適化ができないと(例:重いテーマを使用)、速度が遅くなる恐れがある
- GPのような軽いテーマを使って設定すると速度が大丈夫です(参照)
- 使いやすいcPanelを提供
- ドメイン1年無料提供
- 無料SSL証明書を提供
- 共有ホスティングに比べてコストが高い
- コスパ比の良いVPS(仮想サーバーホスティング)サービス
- 訪問者数が増加した場合に考慮することができます
- 共有ホスティングより速度が速い
- サーバールート権限を提供する
- cPanel/WHMアクセス
- 無料SSL証明書
- ドメイン1年無料
- 規模の大きいサイトに最適
- スピードが速い編み
- Amazon AWS、Vultr、Linodeなどのサーバーが利用可能
- コストは、AWSなどから直接サーバーを作成するよりも約XNUMX倍高い
- 自己管理パネル提供(※)
- 無料SSL証明書
- サーバールート権限を提供する
- サイト規模の増加に応じて柔軟に対処可能

※クラウドウェイズの自己管理パネル(Admin Panel)はcPanel/WHMに比べて機能が制限的ですが、サーバー管理に必要な機能(SSH/SFTP/MySQLアクセス、ドメイン追加、SSL証明書、PHPバージョン変更など)を提供しますので Vultr私はAmazon AWSを直接使用するよりもサーバー管理が簡単です。 管理パネルの提供により、コストはAWSなどを直接使用する場合よりもXNUMX倍高くなります。

Bluehost 概要

BluehostはEndurance International Groupという企業が所有してウェブホスティング会社で、20代のウェブホスティング会社の一つです。 合計200万件以上のドメインをホストしており、子会社でHostMonster、FastDomain、iPageがあります。

Bluehost信頼できますか? WordPress.orgは Bluehost, Siteground、Dreamhostの公式に推奨しています。 純粋に個人的な経験に基づいて言うなら Bluehostは歌声以外の次元で良い選択になると思われる。

海外ウェブホスティング Bluehost

下の内容は、過去6年以上 Bluehostをはじめとするいくつかの海外のホスティングを利用しながら、個人的に感じた点が反映されています。 個人的な経験であるため、個人ごとに感じる点が異なります。

(たまに言語の問題でコミュニケーション不足や使用方法をよく分からなくて適切に使用していない場合も目撃します。言語疎通に問題がある場合、Googleの翻訳を活用すれば、どの程度カバーがされています。 Bluehostと似たようなレベルの海外ホスティングで 古代ディがあります。 GoDaddyはサイトがハングルされており、サポートも韓国語で提供されます。)

Bluehostは、すべての WordPressで無料のSSL証明書を提供し、2021年基準で共有ホスティングとVPSの両方がPHP 8.0までサポートします。 そして2022年1月現在、PHP 8.1のサポートが追加されました。

2023年 2月: Bluehost VPSでは、PHP 8.2のサポートが追加されました。 WHMに接続してPHP 8.2を追加できます。 PHP 8.2と互換性のないテーマとプラグインがあるかもしれません。 このブログでは、PHP 8.2の適用後の懸念とは異なり、エラーが発生せずにうまく機能しています。

PHP 8.2

※2020年11月には、 SiteGroundが韓国と日本をはじめとする 一部の国と地域でサービスを中断しました。

Bluehost 商品を発見

BluehostではShared Hosting、 WordPress Hosting、VPS、Dedicated Hosting、 WordPress Proなど、さまざまな商品を提供しています。 WordPress ホスティング商品は基本的に共有ホスティング(Shared Hosting)と似ていますが、 WordPress 専用として使用することができます。

Shared hosting(共有ホスティング)商品

Bluehostの低コスト(Shared hosting)の場合は、次の図のように、比較的安価な方です。 参考までに Bluehost basicプランの場合月に最低3.95ドルであるが、 このリンクをクリックして登録すると、1ドルが割引された月に最低2.95ドルで割引を受けることができます(下の価格表は、割引が適用された後の価格です)。 この記事のリンクをクリックして、ホスティングサービスに登録すると、私は少しのコミッションを受け取ることができます。 しかし、私はコミッションのために、特定のサービスをお勧めしません。 経験を通じて長所と短所の両方を記載したので、いくつかの点を考慮して、ニーズに最も適したサービスを選択してください。

WordPressナ Bluehost 使用に関連して気になる点がある方は、以下のコメントを介してお知らせいただければ分かる範囲内で回答させように努力します。

Bluehost 共有ホスティングは、価格比まともなパフォーマンス、すなわち、良い歌声比を示しているようだ。 安価にまともなリソースを利用したい場合に考慮することができます。

より信頼性の高いサービスをご希望の場合は、以下の Bluehost VPS商品(現在このブログが利用中)やセッション数が10万回以下の場合は SiteGroundも考慮してみるべきものです。 Sitegroundは、共有ホスティングで無制限のトラフィックを提供していますが、商品により訪問数(Visits)を制限して、比較的安定しています。 (※SiteGroundは韓国と日本をはじめとするいくつかの国と地域でサービスを停止しました。)

次は、 Hosting> Shared Hosting メニューをクリックしたときに表示される共有ホスティング商品価格表です。

Bluehost 共有ホスティング商品
Bluehost 共有ホスティングプラン価格表。 2020年11月10日現在。 *料金は変更されることができ、画像をクリックすると大きく見ることができます。

Basicプランの場合は、Webサイトスペース50Gへのトラフィック無制限に条件がかなり良い方です。 そしてPlusプランは、Webサイト無制限、無制限の容量、無制限のトラフィックが提供されます。 (Basicを選択すると、一つのドメインのみ接続が可能で、パーキングドメイン5個、サブドメイン25個に制限されます。複数のドメインを接続するには、Plus以上を選択するようにします。)

共有ホスティングは無限の空間(Basicを除く)と無制限のトラフィックを提供しています。 参考点は、「無制限」というのは、実際にはなく、ただ非常に大きなスペースとトラフィックを多くのユーザーが共有する形式です。 特定のユーザーがリソースを独占すると、他のユーザーに影響を与えることができる構造であるため、過度にリソースを占有するペナルティが加えられることです。 (これは国内や海外の両方変わりません。)訪問者が多くなってサイトの速度が遅くなる場合には、Proにアップグレードするか、VPSや専用ホスティングに切り替える必要があります。

Choice Plusプランでは、1つのドメインに対してPrivacy機能を提供します。 Domain Privacyと.comなどのドメイン登録者情報を隠すことによって、個人情報を保護する機能を指すようです。 Proプランでは、専用のIP(Dedicated IP)が提供されます。

共有ホスティングとは別に WordPress ホスティングとeCommerce商品もあります。 WordPress ホスティングは、基本的には共有ホスティングと似ています。 実際 Bluehostに確認した結果、二人はほぼ同じであるとね。

Bluehost WordPress ホスティング
BluehostのShared WordPress ホスティングプラン価格表。 2020年11月10日現在。 *料金は変更されることがあります。 クリックすると大きな画像で見ることができます。

WordPress Hostingの場合Plus以上の商品で共有ホスティングとは異なり、Unlimited Domains項目がありませんが、 Bluehostに確認してみる(プラス以上の商品で)複数のAddonドメインを接続することができているとします。 Plus以上で無制限のドメインパーキング(パーキングドメインに設定すると、デフォルトのドメインのコンテンツを表示する)が可能で、最商品であるBasicでは5つのパーキングドメインが可能です。

Yes you can have Unlimited Addon domains in plus plan。 But in basic you can have only one main domain and no addon domain

はい。 Plus商品で無制限Addonドメインを接続することができます。 しかし、Basicでは、XNUMXつのメインドメインのみ可能でアドオンドメインは不可能です。

Bluehost 共有ホスティングの場合、私は初めて使用するときの速度と安定性に若干の問題がありました。 数年前までは、共有ホスティングは、不安で速度が遅くなる側面がありました。 だから、私はより安定したVPSで変えました。 しかし、最近 Bluehost Shared Hostingを利用しているサイトがありますが、以前よりもスピードと安定性の面で多く改善されたようです。

もし最初に登録した後にサイトに問題が発生した場合、ライブチャットを介して相談を要求すると、すぐに解決してくれることです。 言語のためのコミュニケーションに問題がある場合には、Googleの翻訳を使用すると、どの程度の通信になります。 それでも負担いかなければ下にコメントを残していただければ(コングルリスィが)お手伝いいたします。(笑)

参考までに Bluehostに登録して、ドメインを入力すると、自動的に WordPressがインストールされます。 そしてPHPのバージョンは7.3で、デフォルト設定されます。 新規に登録された後には、 "BluehostでPHPのバージョンとPHPの設定値を変更する」を参照して、必ずPHP環境設定値を変更してください。

すべてのホスティングプランで最初の年に、ドメイン名を無料で利用できます。 すべての商品からのSSL証明書を無料で利用することができます。 また、電子メールサービスの場合は、共有ホスティングの最安値商品であるBasic(ベーシック)では、電子メールアカウントを5つまで作成、Webサイトは一つだけ利用することができますが、残りのすべての商品は、生成可能なメールアカウント数に制限はなく、ドメインも制限はありません。 電子メールと関連して、「海外ウェブホスティング Bluehostで発送可能なメール数と制限事項"も参考にしてください。

가입 時にオプション商品(例えば、SiteLock Security - Find、Codeguard Basic、 Bluehost SEO Tools Start)などは、省略可能です。 Codeguardは、バックアップ機能を提供します。 必要に応じて選択することができるでしょう。

※ Bluehostに加入するときに使用されているドメインを入力すると、一時的にドメインのアドレスがアカウントに割り当てられます。 サイトを完成した後に、一時的ドメインのアドレスを実際のドメイン名のアドレスに変更する必要があります。 そのような場合、ライブチャットでエージェントに要求すると、処理できます。 (要求時にサイトのアドレス変更とともに、ドメインにSSL証明書も一緒にインストールを要請してください。直接リクエストしてみると、約30分かかりました。)次の記事を参照してください。

Bluehost WordPress 速度が遅い場合

サイトの速度が遅くなる場合は、1) Bluehostから WordPress 自動インストール時にインストールされているプラ​​グイン(JetPack、MonsterInsight、Opt-in Monsterなど)を削除して、2)キャッシュ・プラグインをインストールして、3)Clearfyのような最適化プラグインをインストールして詳細に設定し、4)不要なプラグインを無効にすると速度がどの程度迅速に出ることができます。 そして 軽いテーマを使用して、重いプラグインは自制することが役立ちます。 実際の速度が最適化されていないサイトにClearfyプラグインを使用して速度が速くなることを経験したりします。 次の記事を参照してください。

多くのプラグインをインストールしたり、似たような機能のプラグインを重複インストールする場合、プラグインの競合により、速度が遅くなり、奇妙な問題が発生する可能性があります(参照).

VPS Hosting(仮想サーバーホスティング)商品

Bluehostより安定した様々な機能を利用するには、上位プランを利用することができます。 このブログは、現在VPSプランを利用しています。

海外のWebホスティングサービス -  Bluehost(Bluehost)はじめに2
Bluehost VPSプラン比較。 2020年11月10日の基準。 *料金は変更されることがあります。

Standardオプションの場合30Gストレージスペースに無制限のトラフィックが提供されます。 低コストな共有ホスティングよりストレージ容量が小さくても仕様の範囲内で安定的にサイトを運営することができます。 ちなみに私は現在、VPS standardを使用中なのにストレージを30Gを増設して月に35ドルかかりれています。

訪問者数が多くなると、より多くのリソースが必要になります。 訪問者が増加して、サイトに問題が発生した場合、CPUとRAMを増設して対応することができます。 しかし、訪問者がさらに増加し​​て、サーバーは余裕がないほどになると、専用ホスティングのような、より高価な商品に変更する必要があります。

参考までに Vultr などの非管理型の仮想サーバーホスティング(VPS)サービスを利用すれば、比較的低コストでVPSを利用することができます。 しかし、このようなサービスは、サーバーを直接セットして運営しなければなら、問題が発生した場合、直接解決しなければならない負担があります。 Bluehost VPSの場合cPanelが提供され、より便利にサーバーを管理することができ、問題発生時のサポートサービスを利用することができます。 cPanelとサポートを考慮すれば、コスト的な面ではなく、 Bluehost VPSは、より費用効果の高いソリューションになることがあります。 (cPanelを単独で購入した場合月15ドルです。笑)

※VPSでは2022年1月現在、PHP 8.1まで適用が可能です。 PHP 8.1を選択できない場合は、WHMに接続して最新バージョンにアップデートすると、PHP 8.1を選択できるようになります。 PHPの変更方法は「Bluehost VPS:PHPバージョンとPHPサーバーの環境値を変更する方法このページをご覧ください。このブログでPHP 8.0を適用した後、Google PageSpeed Insightsのスコアが上がりました。

※VPS商品に登録するとVPSサーバーが生成されるが、サーバーの作成直後たいどおりに動作しない場合があります。 そのような場合、ライブチャットで連絡するとの助けを得ることができます。 詳細については、「Bluehost VPS登録後にエラーが発生した場合」を参照してみてください。

※ Bluehostを含むほとんどの海外ホスティングでは、PHPエラーが発生した場合 WordPress フォルダの下に error_log ファイルが作成されます。 間違ったテーマやプラグインをインストールしたり、PHPのバージョンが互換性がないなどの問題により、(致命的ではない)多くのPHPエラーが発生する可能性があります。 その場合、error_logファイルのサイズが異常に大きくなる可能性があります。 サーバースペースが不足している場合は、まずerror_logファイルが原因ではないかどうかを確認して削除してください(「海外ホスティング Bluehost VPSのスペースが不足する場合」参照)

WP Pro商品(舊Optimized WordPress ホスティング)

WordPressで特化された商品で、以前のOptimized WordPress ホスティング WordPress Proに名称が変更されたが、再WP Proに変わり、商品も四つので、XNUMXつのに調整された。

Bluehost WP PRO商品 WordPress ホスティング
WP Proプランの比較。 2020年11月10日の基準。 *料金は変動することがあります。

VPSの商品と似ていますが、 WordPressに特化した商品입니다。 WordPress サイトを運営する場合、 Bluehostの WordPress ホスティングを利用すれば、より効率的で安定的に WordPress サイトを運営することができるようになります。 価格が月に19.95ドルから開始されます。 GrowとScale商品は WordPress Live Ticket Supportを利用することができます。 WordPress ライトチケットのサポートにより、実際の WordPress 専門家から24時間年中無休で実質的な支援を受けることができるとします。

WordPress Proホスティング商品はVPSの商品とは異なり、 ルート(Root)の権限がありません。 この商品を利用しているサイトを管理したがRootパスワードを設定するメニューがなくてライブチャットでお問い合わせしてみると、ルート権限が与えられていないとします。 サーバーを直接セットすることが負担場合VPSの代わりにこの商品を考慮してみることができるようになります。

参考までに Bluehostは2017年からすべての WordPress インストールについて無料のSSL証明書を提供しています。 このブログも無料のSSL証明書を適用しました。

Dedicated hosting(専用ホスティング)商品

より大きなストレージ容量とトラフィックが必要な場合 Dedicated hosting(専用ホスティング)を利用することができます。

Bluehost 専用ホスティング
Bluehost 専用ホスティング。 上記価格表は、2020年11月10日現在である。

専用ホスティングプランは、コストが非常に高いが、比較的非常に大きなストーリーリースペースとトラフィックを提供しています。 2018年初めと比較してFree SSL(無料SSL)の項目が追加なりましたね。

近年の海外の有名 WordPress 関連するブログサイトが不安なっ Bluehostと相談して、専用ホスティングで以前したね。 接続者が急増して、サイトが不安定になればサイトの最適化などの方法で解決を試みて、それでも耐えがないと、Dedicated Hostingにアップグレードを検討してみることができます。

海外ホスティングは、リソースに比べコストが安いが、サポートの問題のために Cafe24 など国内ホスティングサービスを選択する方もたまに目撃します。 英語が少しすることができている場合サポート自体は海外ホスティングが良い場合があります。 Bluehostや SiteGroundの場合、ライブチャット(Live Chat)を使用して、ほぼリアルタイムで相談を受けることができます。 参考までに 古代ディの場合、韓国に進出して韓国語で電話相談が可能です。

最後に、

安価なWebホスティングサービス -  Bluehost

個人的には安くて使えるホスティングを選択するようなら Bluehost 共有ホスティングを選択しているようです。 より信頼性が高く高速なホスティングが必要な場合 Siteground(共有ホスティング)またはこのブログが利用している Bluehost VPSプランが良い選択になることがあるように思わ(下記の「安定性」を参照)。 最終的には他のすべての世の中と同様にコストどのくらい効率的なサービスを選択するかに帰結されると思われる。
上記のバナーをクリックすると、 Bluehost サービスの詳細を確認することができるページにリンクされます。

参考までに A2ホスティング(A2 Hosting)の場合迅速かつ安価であると宣伝しているがA2ホスティングを直接使用してみると機能上は便利ですが、最初のページの読み込み速度が異常に遅い現象が現れました。 (個人的な経験であり、個人ごとに経験が異なる場合があります。そして、最近では、これらの問題が解決された可能性もあるが、A2のホスティングについては否定的なレビューがあります。ご参考ください。)個人のブログのために考慮してみることができますが回の使用では、不適合がこともあるようです。

ホスティングサービスを決定することは非常に重要です。 無条件安い選択せずに、複数の情報を収集し、現在のニーズに合ったサービスを選択してください。 上記の情報は、個人的な経験に基づいておいたので、他の方々との意見が異なる場合があります。 今後のアップデートが必要な場合は随時情報を更新するようにします。

メモ: 決済時付加サービスを選択する部分があります。 付加サービスは、オプションです。 必要に応じて選択することができるでしょう。 例えば、Codeguard Basicは、バックアップサービスとして、Webホスティングレベルでのバックアップを利用したい場合に選択することができます(Choice Plus商品は無料で提供さ)。 VPS商品もバックアップサービスが提供されます。

注 - 安定性

稼働時間を見てみると...

Bluehost VPSの稼働時間

122日間の稼動中と表示されていますね。 事実、サーバー自体の問題で稼動が中断されることはほとんどないようです。 数年前、私は間違ったコードを使用してCPU使用率が急増したため、サーバーを再起動したことがあります。 ユーザーが間違っにより中断されている場合がほとんどであると思われる。

そして一昨年には、一時的に同時接続者数が可能でありながら、サイト障害が発生したことがありました。 メモリサイズ制限を増やし同時接続者数の設定を大きくすると、このような事態に備えることができます。

低コストを必要に応じてiPageがありますが、URLにハングルが含まれる場合、エラーが発生して韓国語サイトに利用するには適していないことなく、SSLが提供されていないため、それほどお勧めしません。

♠注:他にも Bluehostや古代ディと同様の Hostgatorのというメーカーもあります。 Matthew様によると、  Bluehost、古代ディ、HostGatorはサービス面ではほぼ等しい(良い面で)とね。 HostGatorプランをしばらく見てみると Bluehost私古代ディよりもわずかに手頃な価格のほうであるようです。

古代ディ(GoDaddy)サイトがハングルされており、サポートも電話を介して韓国語で受けることができます。 英語のアレルギーがある場合は、古代テトスXNUMXつのオプションになることがあります。 古代ディは遅いという評価もあるが、速い速度を示すサイトも見たことがあります。 したがって、サイトの最適化をどのように良いかによって速度がたくさん左右されるようです。

経験ということは、比較的のでどれが特に良い悪いと断定するのは容易ではないようです。 いくつかを考慮して、自分に合ったホストを選択するのがよいようです。

♠登録過程での郵便番号エラーが発生した場合: Bluehost 決済の過程での郵便番号エラーが発生する場合があります。 このような問題が発生した場合、新しい郵便番号の代わりに旧郵便番号を入力すると、問題が解決されています。 旧郵便番号は http://fastpost.oceanmate.co.kr/で確認が可能です。 111-111あるいは111111のように、任意の郵便番号を入れると、問題が発生しないことです。 登録方法は、 ここを参照してみてください。

既存の郵便番号を確認する

♠登録する過程で 他のドメイン代行登録業者で登録したドメイン名を入力するか、後日アドオンドメインを追加する場合は、そのドメインのネームサーバ情報を Bluehostのネームサーバ情報に変更必要があります。 例えば、ガッビアーノで登録したドメインであれば、ガッビアーノホームページにログインして、そのドメインのネームサーバ情報を、以下の情報に変更ようにします(サードパーティ製のドメインを Bluehostに接続する方法 を参照)。

1次:ns1。bluehost.COM
2次:ns2。bluehost.COM

IPアドレスまで入力する場合は、 "海外ホスティング Bluehost(Bluehost)のネームサーバ情報を確認する」を参考にしてみてください。

ネームサーバの情報が新しいサーバーの情報に完全に変更されるまで、24時間で48時間程度かかる場合があります。 その間にサイトに正しく表示されないか、または既存のサイトと新しいサイトが交互に表示されることがあります。 したがって 既存のサイトを運営する場合、既存のサイトを二日程度維持してください。

SiteGroundで、既存のドメインを使用している場合は、「海外ホスティング SiteGround(SiteGround)のネームサーバ情報を確認する」を参照してみてください。

♠ Bluehost 登録の過程で、次のエラーが発生する場合があります。

Could not build Single Signon Cust object with provided information。 at /var/hp/common/lib/HP/Signup/User.pm line 277

このエラーは、Googleアカウントに登録しようとしたときに発生します(参照). Bluehostに加入したときに Googleアカウントでサインイン ボタンをクリックしてせずに "Bluehost 加入手続き"の説明に沿って、直接メールアドレスを入力して進めてみてください。

♠ Naverワークスは、Google Appsのは、Office 365などの外部メールサービスを利用する場合は、ドメインのネームサーバ情報が登録されているところ(例えば、 Bluehostやサイトグラウンドなど)でメールサービスプロバイダの指示に従ってDNS情報を変更する必要があります。 通常MX情報を追加することで、行われることです。 まず、メールサービスプロバイダに問い合わせて指示を受けた後にDNS情報の変更を行わしてください。

♠共有ホスティングを選択する場合は、共有ホスティング内では、上位商品にアップグレードが可能です。 たとえば、Basicを選択したが、今後のPlusなどでアップグレードが可能です。 しかし、Shared HostingでVPSでは更新が許可されていないです。

メモ:


189のコメント

コメント

  1. awsライトセール使用中ですが、40ドルです。 cpu バーストのせいなのに移動しようとするのに vultr で触れちゃうのに再起動したら接続できませんね。 だから検索するたびに Bluehost 投稿投稿をたくさん見てお問い合わせを残します。 一日最大1000人訪問同時接続最大10人程度画像が10ページ画像XNUMXメガ程度なのに Bluehostに移しても大丈夫でしょう。 サーバーがわからない。 ライトセールもどうやってやったのに簡単だとしても全部問題ですね。 https適用。 ftp。 gzip(テキスト圧縮?) どんな製品が良いかおすすめお願いします。 そして、たまに見れば有料でも助けてくれるようですが、有料で移転や設定が出来ればその内容もお願いします。 ちなみに以前にたくさん触れてくれたdiviテーマを使用中です。

    応答
    • こんにちは? 一日最大1000人、同時接続最大10人の場合(トラフィックなどを見てみるとわかりますが)共有ホスティングでも十分ではないかと思います。

      このブログは、 Bluehost VPSなのに、5000日最大40人、同時接続最大50~XNUMX人程度で問題なく動作しています。 スピードの面では、VPSは共有ホスティングよりも優れていますが、コストは高価です。

      苛性的な面では Bluehost 共有ホスティングを考えることができ、安定性とスピードが重要であれば(そして今後の訪問者の増大まで考えると) Bluehost VPSもまともな選択のようです。
      速度が重要な場合 Cloudways(クラウドウェイズ)でVultrサーバーを運営することも検討することができます。

      低コストでサイトを移行するのにも役立ちます。

      応答