海外のWebホスティングサービス - Bluehost(Bluehost)の紹介 - WordPress 情報パッケージ
인기 WordPress テーマブルフセール 詳細

海外のWebホスティングサービス - Bluehost(Bluehost)の紹介

Last Updated:2022年9月11日| 189のコメント
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

Bluehost(Bluehost)は韓国でも比較的よく知られている海外のウェブホスティングサービスプロバイダの一つです。 しかし、果たしてどれくらい実証済みの信頼性の高い使用できるかという疑問を持っていると思います。

ここでは個人的に長年使用して経験した内容をもとにまとめてみました。

[この記事は2022年9月10日に最終更新されました。 ]

Bluehostとクラウドウェイズ(Cloudways)の比較

最近では、Amazon AWSまたはVultrで クラウドウェイズに移転する方が増えています。 クラウドウェイズは、AWSやVultrよりもコストがXNUMX倍近く高価ですが、管理パネルを介してAWSなどよりもサーバーを簡単に利用できるという利点があります。

Bluehost 共有ホスティングBluehost VPSクラウドウェイズ
- 安くてコスパが良い
- 初めてのブログ開始時に良いオプション
- 訪問者数が多いサイトに最適
- サイト最適化ができないと(例:重いテーマを使用)、速度が遅くなる恐れがある
- GPのような軽いテーマを使って設定すると速度が大丈夫です(参照)
- 使いやすいcPanelを提供
- ドメイン1年無料提供
- 無料SSL証明書を提供
- 共有ホスティングに比べてコストが高い
- コスパ比の良いVPS(仮想サーバーホスティング)サービス
- 訪問者数が増加した場合に考慮することができます
- 共有ホスティングより速度が速い
- サーバールート権限を提供する
- cPanel/WHMアクセス
- 無料SSL証明書
- ドメイン1年無料
- 規模の大きいサイトに最適
- スピードが速い編み
- Amazon AWS、Vultr、Linodeなどのサーバーが利用可能
- コストは、AWSなどから直接サーバーを作成するよりも約XNUMX倍高い
- 自己管理パネル提供(※)
- 無料SSL証明書
- サーバールート権限を提供する
- サイト規模の増加に応じて柔軟に対処可能

※クラウドウェイズの自己管理パネル(Admin Panel)はcPanel/WHMに比べて機能が制限的ですが、サーバー管理に必要な機能(SSH/SFTP/MySQLアクセス、ドメイン追加、SSL証明書、PHPバージョン変更など)を提供しますので Vultr私はAmazon AWSを直接使用するよりもサーバー管理が簡単です。 管理パネルの提供により、コストはAWSなどを直接使用する場合よりもXNUMX倍高くなります。

Bluehost 概要

BluehostはEndurance International Groupという企業が所有してウェブホスティング会社で、20代のウェブホスティング会社の一つです。 合計200万件以上のドメインをホストしており、子会社でHostMonster、FastDomain、iPageがあります。

Bluehost信頼できますか? WordPress.orgは Bluehost, Siteground、Dreamhostの公式に推奨しています。 純粋に個人的な経験に基づいて言うなら Bluehostは歌声以外の次元で良い選択になると思われる。

海外ウェブホスティング Bluehost

下の内容は、過去6年以上 Bluehostをはじめとするいくつかの海外のホスティングを利用しながら、個人的に感じた点が反映されています。 個人的な経験であるため、個人ごとに感じる点が異なります。

(たまに言語の問題でコミュニケーション不足や使用方法をよく分からなくて適切に使用していない場合も目撃します。言語疎通に問題がある場合、Googleの翻訳を活用すれば、どの程度カバーがされています。 Bluehostと似たようなレベルの海外ホスティングで 古代ディがあります。 GoDaddyはサイトがハングルされており、サポートも韓国語で提供されます。)

Bluehostは、すべての WordPressで無料のSSL証明書を提供し、2021年基準で共有ホスティングとVPSの両方がPHP 8.0までサポートします。 そして2022年1月現在、PHP 8.1のサポートが追加されました。

現在、PHP 8.1バージョンと互換性のないテーマとプラグインはまだたくさんあります。 WordPress 5.9が公開され、メインテーマとプラグインがPHP 8.1と互換性があるように更新される時点で、PHPバージョンを8.1に変更することを検討することができます。 PHP 8.1は、PHP 8.0に比べて性能が5~8%程度向上したという。

※2020年11月には、 SiteGroundが韓国と日本をはじめとする 一部の国と地域でサービスを中断しました。

Bluehost 商品を発見

BluehostではShared Hosting、 WordPress Hosting、VPS、Dedicated Hosting、 WordPress Proなど、さまざまな商品を提供しています。 WordPress ホスティング商品は基本的に共有ホスティング(Shared Hosting)と似ていますが、 WordPress 専用として使用することができます。

Shared hosting(共有ホスティング)商品

Bluehostの低コスト(Shared hosting)の場合は、次の図のように、比較的安価な方です。 参考までに Bluehost basicプランの場合月に最低3.95ドルであるが、 このリンクをクリックして登録すると、1ドルが割引された月に最低2.95ドルで割引を受けることができます(下の価格表は、割引が適用された後の価格です)。 この記事のリンクをクリックして、ホスティングサービスに登録すると、私は少しのコミッションを受け取ることができます。 しかし、私はコミッションのために、特定のサービスをお勧めしません。 経験を通じて長所と短所の両方を記載したので、いくつかの点を考慮して、ニーズに最も適したサービスを選択してください。

WordPressナ Bluehost 使用に関連して気になる点がある方は、以下のコメントを介してお知らせいただければ分かる範囲内で回答させように努力します。

Bluehost 共有ホスティングは、価格比まともなパフォーマンス、すなわち、良い歌声比を示しているようだ。 安価にまともなリソースを利用したい場合に考慮することができます。

より信頼性の高いサービスをご希望の場合は、以下の Bluehost VPS商品(現在このブログが利用中)やセッション数が10万回以下の場合は SiteGroundも考慮してみるべきものです。 Sitegroundは、共有ホスティングで無制限のトラフィックを提供していますが、商品により訪問数(Visits)を制限して、比較的安定しています。 (※SiteGroundは韓国と日本をはじめとするいくつかの国と地域でサービスを停止しました。)

次は、 Hosting> Shared Hosting メニューをクリックしたときに表示される共有ホスティング商品価格表です。

Bluehost 共有ホスティング商品
Bluehost 共有ホスティングプラン価格表。 2020年11月10日現在。 *料金は変更されることができ、画像をクリックすると大きく見ることができます。

Basicプランの場合は、Webサイトスペース50Gへのトラフィック無制限に条件がかなり良い方です。 そしてPlusプランは、Webサイト無制限、無制限の容量、無制限のトラフィックが提供されます。 (Basicを選択すると、一つのドメインのみ接続が可能で、パーキングドメイン5個、サブドメイン25個に制限されます。複数のドメインを接続するには、Plus以上を選択するようにします。)

共有ホスティングは無限の空間(Basicを除く)と無制限のトラフィックを提供しています。 参考点は、「無制限」というのは、実際にはなく、ただ非常に大きなスペースとトラフィックを多くのユーザーが共有する形式です。 特定のユーザーがリソースを独占すると、他のユーザーに影響を与えることができる構造であるため、過度にリソースを占有するペナルティが加えられることです。 (これは国内や海外の両方変わりません。)訪問者が多くなってサイトの速度が遅くなる場合には、Proにアップグレードするか、VPSや専用ホスティングに切り替える必要があります。

Choice Plusプランでは、1つのドメインに対してPrivacy機能を提供します。 Domain Privacyと.comなどのドメイン登録者情報を隠すことによって、個人情報を保護する機能を指すようです。 Proプランでは、専用のIP(Dedicated IP)が提供されます。

共有ホスティングとは別に WordPress ホスティングとeCommerce商品もあります。 WordPress ホスティングは、基本的には共有ホスティングと似ています。 実際 Bluehostに確認した結果、二人はほぼ同じであるとね。

Bluehost WordPress ホスティング
BluehostのShared WordPress ホスティングプラン価格表。 2020年11月10日現在。 *料金は変更されることがあります。 クリックすると大きな画像で見ることができます。

WordPress Hostingの場合Plus以上の商品で共有ホスティングとは異なり、Unlimited Domains項目がありませんが、 Bluehostに確認してみる(プラス以上の商品で)複数のAddonドメインを接続することができているとします。 Plus以上で無制限のドメインパーキング(パーキングドメインに設定すると、デフォルトのドメインのコンテンツを表示する)が可能で、最商品であるBasicでは5つのパーキングドメインが可能です。

Yes you can have Unlimited Addon domains in plus plan。 But in basic you can have only one main domain and no addon domain

はい。 Plus商品で無制限Addonドメインを接続することができます。 しかし、Basicでは、XNUMXつのメインドメインのみ可能でアドオンドメインは不可能です。

Bluehost 共有ホスティングの場合、私は初めて使用するときの速度と安定性に若干の問題がありました。 数年前までは、共有ホスティングは、不安で速度が遅くなる側面がありました。 だから、私はより安定したVPSで変えました。 しかし、最近 Bluehost Shared Hostingを利用しているサイトがありますが、以前よりも速度と信頼性の面で多くの改善されたようです。 PHPのバージョンも 7.2 7.3までサポートしてcPanelインターフェースもユーザーが便利に利用できるようになりました。

もし最初に登録した後にサイトに問題が発生した場合、ライブチャットを介して相談を要求すると、すぐに解決してくれることです。 言語のためのコミュニケーションに問題がある場合には、Googleの翻訳を使用すると、どの程度の通信になります。 それでも負担いかなければ下にコメントを残していただければ(コングルリスィが)お手伝いいたします。(笑)

参考までに Bluehostに登録して、ドメインを入力すると、自動的に WordPressがインストールされます。 そしてPHPのバージョンは7.3で、デフォルト設定されます。 新規に登録された後には、 "BluehostでPHPのバージョンとPHPの設定値を変更する」を参照して、必ずPHP環境設定値を変更してください。

すべてのホスティングプランで最初の年に、ドメイン名を無料で利用できます。 すべての商品からのSSL証明書を無料で利用することができます。 また、電子メールサービスの場合は、共有ホスティングの最安値商品であるBasic(ベーシック)では、電子メールアカウントを5つまで作成、Webサイトは一つだけ利用することができますが、残りのすべての商品は、生成可能なメールアカウント数に制限はなく、ドメインも制限はありません。 電子メールと関連して、「海外ウェブホスティング Bluehostで発送可能なメール数と制限事項"も参考にしてください。

가입 時にオプション商品(例えば、SiteLock Security - Find、Codeguard Basic、 Bluehost SEO Tools Start)などは、省略可能です。 Codeguardは、バックアップ機能を提供します。 必要に応じて選択することができるでしょう。

※ Bluehostに加入するときに使用されているドメインを入力すると、一時的にドメインのアドレスがアカウントに割り当てられます。 サイトを完成した後に、一時的ドメインのアドレスを実際のドメイン名のアドレスに変更する必要があります。 そのような場合、ライブチャットでエージェントに要求すると、処理できます。 (要求時にサイトのアドレス変更とともに、ドメインにSSL証明書も一緒にインストールを要請してください。直接リクエストしてみると、約30分かかりました。)次の記事を参照してください。

Bluehost WordPress 速度が遅い場合

サイトの速度が遅くなる場合は、1) Bluehostから WordPress 自動インストール時にインストールされているプラ​​グイン(JetPack、MonsterInsight、Opt-in Monsterなど)を削除して、2)キャッシュ・プラグインをインストールして、3)Clearfyのような最適化プラグインをインストールして詳細に設定し、4)不要なプラグインを無効にすると速度がどの程度迅速に出ることができます。 そして 軽いテーマを使用して、重いプラグインは自制することが役立ちます。 実際の速度が最適化されていないサイトにClearfyプラグインを使用して速度が速くなることを経験したりします。 次の記事を参照してください。

多くのプラグインをインストールしたり、似たような機能のプラグインを重複インストールする場合、プラグインの競合により、速度が遅くなり、奇妙な問題が発生する可能性があります(参照).

VPS Hosting(仮想サーバーホスティング)商品

Bluehostより安定した様々な機能を利用するには、上位プランを利用することができます。 このブログは、現在VPSプランを利用しています。

海外のWebホスティングサービス -  Bluehost(Bluehost)はじめに2
Bluehost VPSプラン比較。 2020年11月10日の基準。 *料金は変更されることがあります。

Standardオプションの場合30Gストレージスペースに無制限のトラフィックが提供されます。 低コストな共有ホスティングよりストレージ容量が小さくても仕様の範囲内で安定的にサイトを運営することができます。 ちなみに私は現在、VPS standardを使用中なのにストレージを30Gを増設して月に35ドルかかりれています。

訪問者数が多くなると、より多くのリソースが必要になります。 訪問者が増加して、サイトに問題が発生した場合、CPUとRAMを増設して対応することができます。 しかし、訪問者がさらに増加し​​て、サーバーは余裕がないほどになると、専用ホスティングのような、より高価な商品に変更する必要があります。

参考までに Vultr などの非管理型の仮想サーバーホスティング(VPS)サービスを利用すれば、比較的低コストでVPSを利用することができます。 しかし、このようなサービスは、サーバーを直接セットして運営しなければなら、問題が発生した場合、直接解決しなければならない負担があります。 Bluehost VPSの場合cPanelが提供され、より便利にサーバーを管理することができ、問題発生時のサポートサービスを利用することができます。 cPanelとサポートを考慮すれば、コスト的な面ではなく、 Bluehost VPSは、より費用効果の高いソリューションになることがあります。 (cPanelを単独で購入した場合月15ドルです。笑)

※VPSでは2022年1月現在、PHP 8.1まで適用が可能です。 PHP 8.1を選択できない場合は、WHMに接続して最新バージョンにアップデートすると、PHP 8.1を選択できるようになります。 PHPの変更方法は「Bluehost VPS:PHPバージョンとPHPサーバーの環境値を変更する方法このページをご覧ください。このブログでPHP 8.0を適用した後、Google PageSpeed Insightsのスコアが上がりました。

※VPS商品に登録するとVPSサーバーが生成されるが、サーバーの作成直後たいどおりに動作しない場合があります。 そのような場合、ライブチャットで連絡するとの助けを得ることができます。 詳細については、「Bluehost VPS登録後にエラーが発生した場合」を参照してみてください。

※ Bluehostを含むほとんどの海外ホスティングでは、PHPエラーが発生した場合 WordPress フォルダの下に error_log ファイルが作成されます。 間違ったテーマやプラグインをインストールしたり、PHPのバージョンが互換性がないなどの問題により、(致命的ではない)多くのPHPエラーが発生する可能性があります。 その場合、error_logファイルのサイズが異常に大きくなる可能性があります。 サーバースペースが不足している場合は、まずerror_logファイルが原因ではないかどうかを確認して削除してください(「海外ホスティング Bluehost VPSのスペースが不足する場合」参照)

WP Pro商品(舊Optimized WordPress ホスティング)

WordPressで特化された商品で、以前のOptimized WordPress ホスティング WordPress Proに名称が変更されたが、再WP Proに変わり、商品も四つので、XNUMXつのに調整された。

Bluehost WP PRO商品 WordPress ホスティング
WP Proプランの比較。 2020年11月10日の基準。 *料金は変動することがあります。

VPSの商品と似ていますが、 WordPressに特化した商品입니다。 WordPress サイトを運営する場合、 Bluehostの WordPress ホスティングを利用すれば、より効率的で安定的に WordPress サイトを運営することができるようになります。 価格が月に19.95ドルから開始されます。 GrowとScale商品は WordPress Live Ticket Supportを利用することができます。 WordPress ライトチケットのサポートにより、実際の WordPress 専門家から24時間年中無休で実質的な支援を受けることができるとします。

WordPress Proホスティング商品はVPSの商品とは異なり、 ルート(Root)の権限がありません。 この商品を利用しているサイトを管理したがRootパスワードを設定するメニューがなくてライブチャットでお問い合わせしてみると、ルート権限が与えられていないとします。 サーバーを直接セットすることが負担場合VPSの代わりにこの商品を考慮してみることができるようになります。

参考までに Bluehostは2017年からすべての WordPress インストールについて無料のSSL証明書を提供しています。 このブログも無料のSSL証明書を適用しました。

Dedicated hosting(専用ホスティング)商品

より大きなストレージ容量とトラフィックが必要な場合 Dedicated hosting(専用ホスティング)を利用することができます。

Bluehost 専用ホスティング
Bluehost 専用ホスティング。 上記価格表は、2020年11月10日現在である。

専用ホスティングプランは、コストが非常に高いが、比較的非常に大きなストーリーリースペースとトラフィックを提供しています。 2018年初めと比較してFree SSL(無料SSL)の項目が追加なりましたね。

近年の海外の有名 WordPress 関連するブログサイトが不安なっ Bluehostと相談して、専用ホスティングで以前したね。 接続者が急増して、サイトが不安定になればサイトの最適化などの方法で解決を試みて、それでも耐えがないと、Dedicated Hostingにアップグレードを検討してみることができます。

海外ホスティングは、リソースに比べコストが安いが、サポートの問題のために Cafe24 など国内ホスティングサービスを選択する方もたまに目撃します。 英語が少しすることができている場合サポート自体は海外ホスティングが良い場合があります。 Bluehostや SiteGroundの場合、ライブチャット(Live Chat)を使用して、ほぼリアルタイムで相談を受けることができます。 参考までに 古代ディの場合、韓国に進出して韓国語で電話相談が可能です。

最後に、

安価なWebホスティングサービス -  Bluehost

個人的には安くて使えるホスティングを選択するようなら Bluehost 共有ホスティングを選択しているようです。 より信頼性が高く高速なホスティングが必要な場合 Siteground(共有ホスティング)またはこのブログが利用している Bluehost VPSプランが良い選択になることがあるように思わ(下記の「安定性」を参照)。 最終的には他のすべての世の中と同様にコストどのくらい効率的なサービスを選択するかに帰結されると思われる。
上記のバナーをクリックすると、 Bluehost サービスの詳細を確認することができるページにリンクされます。

参考までに A2ホスティング(A2 Hosting)の場合迅速かつ安価であると宣伝しているがA2ホスティングを直接使用してみると機能上は便利ですが、最初のページの読み込み速度が異常に遅い現象が現れました。 (個人的な経験であり、個人ごとに経験が異なる場合があります。そして、最近では、これらの問題が解決された可能性もあるが、A2のホスティングについては否定的なレビューがあります。ご参考ください。)個人のブログのために考慮してみることができますが回の使用では、不適合がこともあるようです。

ホスティングサービスを決定することは非常に重要です。 無条件安い選択せずに、複数の情報を収集し、現在のニーズに合ったサービスを選択してください。 上記の情報は、個人的な経験に基づいておいたので、他の方々との意見が異なる場合があります。 今後のアップデートが必要な場合は随時情報を更新するようにします。

メモ: 決済時付加サービスを選択する部分があります。 付加サービスは、オプションです。 必要に応じて選択することができるでしょう。 例えば、Codeguard Basicは、バックアップサービスとして、Webホスティングレベルでのバックアップを利用したい場合に選択することができます(Choice Plus商品は無料で提供さ)。 VPS商品もバックアップサービスが提供されます。

注 - 安定性

稼働時間を見てみると...

Bluehost VPSの稼働時間

122日間の稼動中と表示されていますね。 事実、サーバー自体の問題で稼動が中断されることはほとんどないようです。 数年前、私は間違ったコードを使用してCPU使用率が急増したため、サーバーを再起動したことがあります。 ユーザーが間違っにより中断されている場合がほとんどであると思われる。

そして一昨年には、一時的に同時接続者数が可能でありながら、サイト障害が発生したことがありました。 メモリサイズ制限を増やし同時接続者数の設定を大きくすると、このような事態に備えることができます。

低コストを必要に応じてiPageがありますが、URLにハングルが含まれる場合、エラーが発生して韓国語サイトに利用するには適していないことなく、SSLが提供されていないため、それほどお勧めしません。

♠注:他にも Bluehostや古代ディと同様の Hostgatorのというメーカーもあります。 Matthew様によると、  Bluehost、古代ディ、HostGatorはサービス面ではほぼ等しい(良い面で)とね。 HostGatorプランをしばらく見てみると Bluehost私古代ディよりもわずかに手頃な価格のほうであるようです。

古代ディ(GoDaddy)サイトがハングルされており、サポートも電話を介して韓国語で受けることができます。 英語のアレルギーがある場合は、古代テトスXNUMXつのオプションになることがあります。 古代ディは遅いという評価もあるが、速い速度を示すサイトも見たことがあります。 したがって、サイトの最適化をどのように良いかによって速度がたくさん左右されるようです。

経験ということは、比較的のでどれが特に良い悪いと断定するのは容易ではないようです。 いくつかを考慮して、自分に合ったホストを選択するのがよいようです。

♠登録過程での郵便番号エラーが発生した場合: Bluehost 決済の過程での郵便番号エラーが発生する場合があります。 このような問題が発生した場合、新しい郵便番号の代わりに旧郵便番号を入力すると、問題が解決されています。 旧郵便番号は http://fastpost.oceanmate.co.kr/で確認が可能です。 111-111あるいは111111のように、任意の郵便番号を入れると、問題が発生しないことです。 登録方法は、 ここを参照してみてください。

既存の郵便番号を確認する

♠登録する過程で 他のドメイン代行登録業者で登録したドメイン名を入力するか、後日アドオンドメインを追加する場合は、そのドメインのネームサーバ情報を Bluehostのネームサーバ情報に変更必要があります。 例えば、ガッビアーノで登録したドメインであれば、ガッビアーノホームページにログインして、そのドメインのネームサーバ情報を、以下の情報に変更ようにします(サードパーティ製のドメインを Bluehostに接続する方法 を参照)。

1次:ns1。bluehost.COM
2次:ns2。bluehost.COM

IPアドレスまで入力する場合は、 "海外ホスティング Bluehost(Bluehost)のネームサーバ情報を確認する」を参考にしてみてください。

ネームサーバの情報が新しいサーバーの情報に完全に変更されるまで、24時間で48時間程度かかる場合があります。 その間にサイトに正しく表示されないか、または既存のサイトと新しいサイトが交互に表示されることがあります。 したがって 既存のサイトを運営する場合、既存のサイトを二日程度維持してください。

SiteGroundで、既存のドメインを使用している場合は、「海外ホスティング SiteGround(SiteGround)のネームサーバ情報を確認する」を参照してみてください。

♠ Bluehost 登録の過程で、次のエラーが発生する場合があります。

Could not build Single Signon Cust object with provided information。 at /var/hp/common/lib/HP/Signup/User.pm line 277

このエラーは、Googleアカウントに登録しようとしたときに発生します(参照). Bluehostに加入したときに Googleアカウントでサインイン ボタンをクリックしてせずに "Bluehost 加入手続き"の説明に沿って、直接メールアドレスを入力して進めてみてください。

♠ Naverワークスは、Google Appsのは、Office 365などの外部メールサービスを利用する場合は、ドメインのネームサーバ情報が登録されているところ(例えば、 Bluehostやサイトグラウンドなど)でメールサービスプロバイダの指示に従ってDNS情報を変更する必要があります。 通常MX情報を追加することで、行われることです。 まず、メールサービスプロバイダに問い合わせて指示を受けた後にDNS情報の変更を行わしてください。

♠共有ホスティングを選択する場合は、共有ホスティング内では、上位商品にアップグレードが可能です。 たとえば、Basicを選択したが、今後のPlusなどでアップグレードが可能です。 しかし、Shared HostingでVPSでは更新が許可されていないです。

メモ:



189のコメント

コメント

  1. Bluehost シェアホスティングプランを見たら、SSD Webストレージはもう無制限ではないかと思います。
    私が間違って見たことがない場合は、SSDストレージが20GBに変更されました。

    応答
    • こんにちは、アナザーエルケイ様。 見てみるとシェアドホスティングの場合はSSDストレージ制限がありますね。

      1. ベーシック:10GB
      2. プラス:20GB
      3. チョイスプラス:40GB
      4. プロ:100GB

      20GBくらいなら普通問題ないようです。 これまで多くのサイトの移行(移行)作業を行ってきましたが、20GBを超えるサイトは見たことがほとんどありません。

      このブログの場合 Bluehost VPSを利用していますが、SSD 30GBを追加して合計60GBを使用中です。 このうちシステムファイルが一部占めています。 私はある瞬間にスペースが足りなくて30GBを追加しました。 しばらくするとわかりましたが、エラーログファイルが異常に増加し、スペース不足が発生しました。 WordPress サイトを運営しながらスペースが突然不足している場合は、error_logファイルが異常に増加していないことを確認してみてください。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%ED%95%B4%EC%99%B8-%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85-bluehost-vps%EC%97%90%EC%84%9C-%EA%B3%B5%EA%B0%84%EC%9D%B4-%EB%B6%80%EC%A1%B1%ED%95%B4%EC%A7%80%EB%8A%94-%EA%B2%BD%EC%9A%B0/

      応答
  2. こんにちは。 代表
    第 WordPress サイトが接続されていません Bluehostに問い合わせてみました。
    次のような回答をいただきました。

    I understand the urgency of the situation. Unfortunately, I'm not able to access the account right now due to the connectivity issues. These changes can be done as soon as our server is back up and running. The best option is to contact us after some time to get these issues resolved soon.

    I am really sorry I understand your concern as this is the server end issue on the account, technical team cannot fix this, Our admins team is working internally to fix all these issue.

    I apologize, there is no ETA has been set, our higher team is doing everything they can to get it resolved at the earliest. It would be best to contact us after sometime.

    翻訳者を振り返ると、アカウントのサーバーエンドの問題に
    解決するために努力してみようという式が答えなのに。

    きちんと理解できないので、どういう問題なのか、もしかしたらわかりますか?

    応答
    • こんにちは、1日XNUMX分。 週末 Bluehostの一部のサーバーで問題が発生したようです。 サイトが遅くなったり、アクセスできない問題が発生した可能性があります。 このブログは Bluehost VPSを利用していますが、土曜日の夜に1時間ほどサイト速度が遅くなるほどなので問題は深刻ではありませんが、共有ホスティングでは数時間サイトがダウンする問題が発生した可能性があります。

      私が初めて Bluehostに加入する6~7年前はやや不安定でしたが、ここ数年の間にはたくさん安定化され、大きな問題なく使用してきました。 最近 Bluehostがサイバー攻撃を受けたというのが問題の原因という方もいますね。 (どんなホスティング会社でもサイバー攻撃を受けると耐えられるメーカーはないでしょう。程度こんな現象が再発するのか見守らなければならないようです。

      応答
      • 答えありがとうございます〜!
        幸いなことに夜明けに正常に復旧されたようですね。 ^^
        今日は良い一日を過ごしてください〜!

      • はい。 幸いですね。 昨日の夜明けにほとんど回復したようです。 以前はコンピュータが必ず週末に故障する傾向がありましたが、サービス障害も土曜日や日曜日に発生することがよくあるようです。 ㅎㅎ Bluehostに連絡すると、サーバーの問題が完全に解決され、再発しないだろうと言います。 楽しい一日をお過ごしください。 Bluehost VPSを利用している場合は、WHMに接続してカーネルアップデートを行ってください。 https://cafe.naver.com/wphomepage/16799

  3. Bluehostに複数のウェブサイトを一つのプランにつなげた場合でも、SSL証明書をすべてしてくれますか? Bluehostに入ってみてもその部分は言及がないですね。 サイトが多い場合、一年ごとに再決済しなければならない証明書費用も満たされず、海外ホスティングはそのような部分も魅力的ですね。

    応答
    • Bluehost(Bluehost)の共有ホスティング商品の中で最低価格を除いては、複数のドメインをリンクしてそれぞれのサイトを作成できます。 接続するすべてのドメインとサブドメインに対して無料でSSL証明書が提供されます。

      最低価格の商品の場合、1つのドメインに対してサイトを設置でき、25個程度のサブドメインを接続できます。 デフォルトドメインとサブドメインに対してSSL証明書が無料で提供されます。 ただし、最低価格商品では5つのパーキングドメインを接続が可能ですが、すべてのプライマリドメインのサイトに接続され、パーキングドメインはSSL証明書が提供されません。 ただし、パーキングドメインについてもSSL証明書をインストールし、各ドメインについて WordPressをインストールする方法を見つけることができます。 かなり面倒なので、複数ドメインでサイトを運営する場合にはPlus商品をご利用いただくと便利です。

      VPS以上の商品では、無制限のドメインとサーバードメインの追加が可能で、ドメインとサブドメインへのSSL証明書のインストールがサポートされます。 訪問者が多く、トラフィックが高い場合は、VPS商品がより適切になります。 訪問者が多い場合、共有ホスティングを使用するとサイトが遅くなる可能性があり、サイトがダウンする可能性があります。 (しばしばサイトが飛び出したと表現しますが、訪問者数が急増してサーバーが飛び出すのがブログの夢でもあります。)

      このブログは、 Bluehostを利用しており、 GeneratePressという比較的軽いテーマを使用しています。 軽いテーマをインストールして最適化プラグインをインストールして設定すると、共有ホスティングでも速度が大丈夫になるはずです。 注:

      https://www.thewordcracker.com/basic/%ea%b5%ac%ea%b8%80-%ed%8e%98%ec%9d%b4%ec%a7%80%ec%8a%a4%ed%94%bc%eb%93%9c-%ec%9d%b8%ec%82%ac%ec%9d%b4%ed%8a%b8-%ec%a0%90%ec%88%98-%eb%86%92%ec%9d%b4%ea%b8%b0/

      応答
      • ありがとうございます。
        サイトを整理して移動する必要があります。

      • サイトの移転に関して支援が必要な場合は、いつでも質問を投稿してください。
        手動で移行を計画している場合は、次の記事を参照してください。 Bluehost VPSに移行するプロセスについて説明しましたが、以前の方法は似ています。

        https://avada.tistory.com/2580

  4. こんにちは。 

    2年前にホスト登録をしながら利用申し込んでいましたが、今は不要で利用申請をキャンセルし、カード口座振替も解除しようとしています。

    ご利用申し込みのキャンセル、カード口座振替解除お願い致します。

    応答
    • Bluehostにライブチャットに連絡して失効リクエストをしてみませんか? ライブチャット方法はよくわかりますが、次の記事を参考にしてみてください。

      https://avada.tistory.com/771

      サイトのバックアップが必要な場合は、まずバックアップをしてPCにダウンロードしてから進めてください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/db%EC%99%80-%EB%8D%B0%EC%9D%B4%ED%84%B0%EB%A5%BC-%EB%AA%A8%EB%91%90-%EB%B0%B1%EC%97%85%ED%95%98%EB%8A%94-%EB%B0%B1%EC%97%85-%EB%B3%B5%EC%9B%90-%ED%94%8C%EB%9F%AC%EA%B7%B8%EC%9D%B8-updraftplus/

      応答
  5. こんにちは。 このサイトを通して Bluehost 加入後、これまでよく書いています。

    一つの疑問があります。 ブルーホストVPS 119ドルサービスを使用していますが、リアルタイム接続者が150人程度になるとサーバーはダウンし続けます。

    これほど接続者にサーバーがダウンするのに合うのか。

    応答
    • こんにちは? 同接者数が150人なら訪問者数が相当ですね。 次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%ED%95%B4%EC%99%B8-%ED%98%B8%EC%8A%A4%ED%8C%85-bluehost-vps-%EC%A0%84%EC%9A%A9-%EC%84%9C%EB%B2%84%EC%97%90%EC%84%9C-%EB%8F%99%EC%8B%9C%EC%A0%91%EC%86%8D%EC%9E%90-%EC%88%98-%EB%8A%98%EB%A6%AC%EA%B8%B0/

      うまく解決にならないと、 Bluehost 担当者に連絡して、この問題を一度相談してください。 場合によっては、リソースを追加するなどの措置が必要になることがあります。

      応答
  6. こんにちは〜気になることがありました。 Webホスティング購入時に「年単位割引価格」で購入し、期限切れになったときに再び「年単位割引価格」に再購入できますか? それとも「月単位の価格」に更新する必要がありますか?

    応答
    • こんにちは? 更新時には、「年単位で」割引価格ではなく、通常価格が適用されます。 この場合、別のクレジットカードで新規登録すると割引を受けることができます。 既存のアカウントは閉じて、新しく登録したアカウントに WordPress サイトを移行できます。 実際には少し面倒ですが、有効期限の1ヶ月前、または満月前に新しく参加してください。 WordPress サイトを一つずつ移転してみることができます。 別の方法で FastComet 他の海外ホスティングに移行することも可能です。 (サイト移行はDuplicatorなどのプラグインを使用すると簡単に可能です。)

      私はずっと前にVPSに参加して今まで使っています。 私が参加した商品は、最初の価格や今でも価格が似ている方です。 (訪問者がそれほど多くない場合や、ブログを初めて起動した場合 共有ホスティングに参加するのは経済的です。) 価格政策は時々変わるようです。 今はほとんどの海外ホスティングで初めて加入時に割引を提供し、更新時には通常価格を請求するポリシーを展開しているようです。

      応答
    • こんにちは? Bluehost(Bluehost)の共有ホスティングの場合最商品であるBasicは50GBでスペースが限られているがPlus以上は無制限です。 VPSは商品により30G、60G、120GBに制限され、容量を追加することができます。 このブログの場合VPSプランのStandard商品を使用しているが、容量を30GB増やして、現在60GBまで利用が可能です。

      共有ホスティングでPlus以上は容量が無制限であるが、実際にはディスクの空き容量は有限な資源であるため、無制限というのはありません。 Bluehostは、容量に制限を置かないが、過度の使用については、警告をして是正されない場合制裁をするとします。 https://avada.tistory.com/344 文を参考にしてください。

      参考までに、すべてのLinuxシステムは、Inodes Limit(イノ・デ・制限)があり、ファイルの数に制限があります。 Bluehost VPSの場合、100万個のInodeまで許容され、共有ホスティングは、20万個、Proホスティングは30万個に制限があるとします。 私はまだイノデ制限のため問題となったことはないが、ファイル数が過度に多くなると問題になることができます。

      応答
  7. こんにちは運営者様。
    膨大な情報と深い内容に感心している WordPress 超初心者です。

    今まさに WordPress 勉強をして学んでいく中です。
    お尋ねみるよいます。

    私の計画は WordPressブログを運営している途中
    今後は、運営してきブログにショッピングモールを追加して
    ブログ+ショッピングモールの形態であるサイトを運営しようとします。

    以下のような悩みがあり、臆面もかかわらずお聞きします。

    1.ホスティングの選択。

    本当に多くのホスティングがありますねホスティングの概念図勉強しながら
    選択をしなければならない立場でも困難である。
    私も悩みをするから知っている方がwpxホスティングがいいして確認してみると
    最も手頃な価格のもの年間契約時に20ドル程度ですね。
    まだ始まったばかりしている立場から、この程度のコストで
    進行をするのがいいでしょうか? それとも Bluehost 共有ホスティングも大丈夫でしょうか?
    二つのコストの差があって見たら悩みです。
    wpx推薦してくださった方が安価なのは理由がいるとし、後で後悔ず
    選択をしてくださいが...私の考えは、 Bluehost 共有ホスティングを使用している途中
    訪問者が増えてきて遅くなるという印象を受けるそのアップグレードをするのが
    合わないか気がします...だが悩みは Bluehost 共有ホスティングを使いながら
    他の会社のホスティングに移行時に、私はそれを行うことができますか? という恐怖に
    ホスティング会社が決まったらちょうどずっと〜の使用をすることが安全ではないと思い気がしますね。 WordPress よく知らない初心者は、コストをより与えても高価なために使えば
    顧客サポートのレベルが違うのに...

    どのようにするのが賢明でしょう...?

    2. WordPress テーマの選択。

    無料テーマも多くの有料テーマも多くと思います。
    前に述べた計画通りに単純投稿ブログで始めて
    今後モールまですることができるテーマを選んだ場合、
    どうしても無料ではなく、有料を選択するのが賢明でしょう?

    無料も単純ブログ投稿のみなら大丈夫に多く見える
    もし後日モールをしなければならない時点にテーマを別のものに
    変えるなら、既存の発行された投稿を新しいテーマにどのように
    適用する必要が地図よく知らそれ可能もよく分かりません。
    テーマが変わるのはuiが変わったと思うが好きです
    骨組みが変わった内容がそのままその位置に移すことができるか?

    私の考えは、...テーマを見回してみると、ブログ+ショッピングモールの形態のテーマがいくつか見られるのですが
    これらの有料テーマを買ってブログのみを使用してショッピングモールの方は隠れ? 無効にする?
    にしておけば、訪問者に見えないという仮定の下、ブログだけの運営をしている途中
    後日モールを有効にすると、既存のブログ投稿ui構造がそのまま維持され、ショッピングモールの構造のみを追加がされているのかね心配している問題がないんじゃない
    考えになりますよ私の考えが正しいのですか?

    開始もする前の超初心者があれこれ悩みのために、10日余りの間ウンウン患っていますㅜㅜ

    とりとめなく質問をいただいたようも申し訳ありません。
    忙しいだろうが助け一言お願いを掛けます^^

    応答
    • こんにちは? ブログを訪問してくださってコメントまで残していただきありがとうございます。

      ブログを運営することを目的であれば Bluehostも大丈夫そうです。 このブログは、現在 Bluehostを利用しています。
      ショッピングモールまで一緒に運営する目的であれば WPXホスティングも考慮してみることができるようになります。

      シンプルに文章を上げるブログなら、このブログに適用された GeneratePress テーマが良い選択であることがあります。 実際に収益型ブログの多くのブログが GeneratePress テーマを使用しています。 このテーマは速度面では早い方です。 次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/basic/%EB%B8%94%EB%A1%9C%EA%B7%B8-%EB%A6%AC%EB%89%B4%EC%96%BC-generatepress-%ED%85%8C%EB%A7%88/

      無料版で最初に開始し、より飾りたい場合、有料版を使用するのも良い方法です。

      ショッピングモールは、通常 WooCommerce プラグインをインストールして運営されます。 ブログだけ運営するとき WooCommerceをインストールしないで運営いる途中ショッピングモールを運営する際に WooCommerceをインストールしてください。 速度は、次の文を参考にしてセッティングすると大丈夫に出てくるでしょう。

      https://cafe.naver.com/wphomepage/5986

      もし Bluehostからショッピングモールまで動作する場合の速度が遅くなる恐れがあります。 そのような場合にも、上記の文を参考にして、ある程度は改善されるかもしれないが満足のいくレベルになるか、直接みて痛い知ることができるようになります。 費用のためにそのような場合には、初期に Bluehostブログを運営している途中、ショッピングモールを追加する時点でのショッピングモールを追加してみ速度が気に入らなければWPXホスティングに移すこともXNUMXつのオプションではないかと思われます。

      ブログ記事は、テーマを変えても、コンテンツ自体はそのまま維持され、レイアウトは、テーマが提供するレイアウトに応じて変えることができます。 ページは、通常のテーマを変更するページビルダーを使用しない場合、コンテンツが保持されますページビルダーを使用する場合には、ページを更新する必要があります。 (文は、通常のページビルダーを使用せずに作成します。)

      このブログの場合、6年以上運営しながらテーマを複数回変更しました。 テーマを途中で何度も変更しても、ブログ記事(コンテンツ)は維持しながら、ブログのポストのレイアウトは、テーマに沿って別の方法で変更してきました。

      追加質問がある場合教えてください。

      参考までに このリンクをクリックして、WPXホスティングに登録すると、私は少しの手数料を受け取ることができます。

      応答
      • 詳しく迅速な回答本当にありがとうございますㅜㅜ
        まずはお知らせいただいた内容どおりに進行をすると、開始の悩みは
        少し下に置くことができますね(笑)
        もう一つのものお尋ねします。

        ブログを運営しながら動画も投稿ごとに、添付ファイルをする予定です。 少なくてくださった文を見ると、動画をYouTubeに非公開で上げ、そのリンクを挿入して動画サーバーの問題を解決するように
        言葉くださるんです良いと思うが... YouTubeは気になれば
        このビデオをダウンロードが可能でしょう?
        私作る映像が学習に関する直接作る映像たちだダウンロードがされると、価値が低下ことが懸念されて、私は考えてみたのは、次のですが。
        探してみると、非メオを利用して月に費用を出して非メオにあげた
        映像を私のブログの映像部分に挿入すると、ダウンロードの
        心配は少し衰えないでしょうか? 私が思うのが可能な方法でしょう?

        整理すると
        1. YouTubeに映像を非公開にしてあげてリンク値を私のブログに貼ってもダウンロードが可能にセキュリティ上の問題が懸念されます。

        2.して月にコストを私でも非メオを利用して映像を上げ
        私のブログへのリンク値を挿入して再生されるようにすると、セキュリティの問題は、
        少し少ないことができないでしょうか?
        また、非メオに映像を上げリンク値を挿入してプレイがされているようだブルルホストホスティングを使用しても速度の低下などの問題はないでしょう?

        3.最後に Bluehost ホスティングを1年決済して使用している途中
        6ヶ月程度経過した後、ホスティングを別の会社に移ることにしたり、
        言葉いただいたvpsにアップグレードをしたい場合には、1年決済した費用のうち残りの月数のコストは、払い戻しがされていることはありますか?

        好奇心天国ですねㅜㅜ忙しいだろうが、再び助けを求めるいたします。 蒸し暑い夏の健康に注意してください^^こっくり。

      • こんにちは、堤防僧侶。

        1. YouTubeに上げるのは公開されたプラットフォームに載せるので気になれば、ダウンロードが簡単にできるようになります。
        2. Vimeo Proを利用したい場合は、まずVimeo Proに気になる内容を問い合わせた後利用するかどうかを判断する安全と思われる。
        3. Bluehost 共有ホスティングを利用できるVPSに変える場合には、VPSに新たに加入して、共有ホスティングホスティングされているサイトを移転した後、共有ホスティングの残りの費用を返金されます。 しかし、6ヶ月使用している途中解約だけの場合には、返金は不可能になります。 つまり、上位プランに移行するため解約するときは、残りの費用を返金することができます。 しかし、ポリシーは、いつでも変更することができますので、 Bluehostこれらの点もおみれば明確な答えを得ることができるでしょう。

  8. 運営者様の海外ホスティング探しよりは
    ブルーホスティングが多く記載されて見ています。
    ところが、ホスティング費用が36ヶ月決済時196ドル/ 5.45ドルmo
    でのお支払いをすることになる
    その後、36ヶ月が経過すると更新時196ドルに決済をすることができないのですか?
    最初加入の際にのみ、歯格でしょうか?

    応答
    • こんにちは、ディディディ様。 期間が過ぎて更新する場合割引が適用されないことです。 私は継続的に更新して使用していますが、コストを惜しんたい場合は、次のような方法を考慮してみることができます。

      1.利用しているプラ​​ンを更新せずに、予め他のアカウントを作成し登録して、現在のサイトを転送します。
      2. FastCometなど他のホスティングに移転するのも一つの方法です。 ( https://avada.tistory.com/2072 参考ください。)

      コストを削減したい場合は、上記のような方法を利用することができます。 (このブログは現在、6年以上継続利用中です。)

      応答
      • ああ、最初が、その価格ですね(笑)
        WordPress サイトをポートフォリオに100以上程度作成だろう
        1番でも2回でもしてみるといいんだけど、データ移行が少なくないですねㅠㅠ

      • サイト100個を個別に作って運営/管理することは非常に困難で非効率的です。

        マルチサイトを利用すれば、一つの WordPress インストールに多くの WordPress サイトを運営することができます。
        その後、以前にもそれほど大変ではないでしょう。

        WordPress サイト100個を作る効率的な方法は、次の記事を参照してみてください:

        https://avada.tistory.com/1933

        マルチサイトは、個人的に好まれませんが、多くのサイトをインストールして管理しようとするときにはほぼ必須です。

  9. こんにちは運営者様、現在の Bluehost 共有ホスティングを使用中ですが。 接続者が並んでVPSを検討中です。
    1.アップグレードすると、Webサイトがダウンしている現象は発生しないでしょう?
    2.アップグレードすると、サーバーの場所が変わって、Googleの検索順位に影響が行くか?
    3.アップグレード時のライブチャットエージェントは要求する方法でのみ、簡単にすることができているか
    複数が知りたいですね。 ありがとうございます。

    応答
    • こんにちは、エッグランク様。 おめでとうございます。 接続者が並んでサーバーが飛び出ることがブロガーの夢ですよね。笑

      Bluehost 共有ホスティングでVPSに移転したり、共有ホスティングのサブプランからPROなどに移転する手順は、おそらく次のように進行することになります。 ライブチャットエージェントは案内をしてくれることです。 最近、私は以下のように移転することができました。

      1. cPanelのバックアップを受けます。
      2.共有ホスティングを閉じます。
      3. VPS / Proなど、新しいプランに加入します。 この時、共有ホスティングの残りの金額は返金されます。
      4. Bluehostでサーバーを新たに設定します。
      5.ライブチャットで連絡して修復を開始します。 この時、cPanelバックアップを解凍して、データをアップロードするには、エージェントが回復してくれることです。 しかし、場合によっては、DBは、直接作っImportする必要があります。 私はこの部分を直接処理したが、エージェントに要求すると、この部分もくれるようです。

      期間は1〜2日程度かかり、その間サイトにアクセスできないことがあります。 数日接続がないされても、Google検索順位には大きな影響はないでしょう。
      復元をした後、数時間待って見てサイトにアクセスがまだない場合は、ライブチャットで連絡してお問い合わせください。 それでも解決がないと、いくつかのより多くの時間ができるが、再連絡見れば良いです。 したエージェントが解決できない問題を別のエージェントが解決してくれる場合があります。

      応答
  10. こんにちは Bluehost 使用中なのに、ファイルマネージャでデータを更新すると、ウェブ上で反映さにならず、以前の資料がどんどん出てくるそれは修理できませんか?以前に更新されたデータはすべて消去しても継続前の資料が出ますね

    応答
    • こんにちは? ftpでファイルをアップロードしてみてください? ftp接続情報がわからない場合、以下文を参考にアカウントを作成することができます。

      https://avada.tistory.com/1119

      WordPressを使用する場合、キャッシュを削除してみてください。

      応答
  11. Bluehostを利用すれば、企業のドメインにされた電子メールアドレスを使用することができますか?

    応答
    • はい、可能です。

      例えば、thewordcracker.comというドメインを Bluehost アカウントに接続している場合、thewordcracker.comにされた電子メールアカウントを必要な数だけ作成することができます。
      ただし、スパム送信を防止するため、商品によって送信可能なメール数に制限があります。
      (この部分は、国内のウェブホスティング会社も同様です。海外のホスティングこの制限が少ないた方です。)

      このブログは利用されている Bluehost VPSはメール送信に関連して制限がないです。 しかし、 Bluehost 共有ホスティングの場合時間150通のメールを送信することができ、パッケージに応じて時間最大750通まで可能だとね。

      電子メールの送信の制限の詳細については、次の記事を参照してください。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/bluehost-email-limits/

      通常は別問題がないが、ニュースレターの運営を希望する場合には、メールの送信制限をチェックしてみた方がいいようです。

      私はニュースレターを運営していなくて、送信メールサーバーをGmailのサーバーを利用するため、何の問題もなく、電子メールを利用しています。

      時間になると、 Bluehostからのメールを使用する方法のポスティングを一つしてみたいと思います。

      応答
  12. こんにちは。 このブログを介して Bluehost 2.95ドルの3年分を支払いして使用中です。

    現在使用中の共有ホスティングず、VPSのホスティングを追加したいのですが Bluehost IDを新たに作成する必要がてるんだろうか。

    あるいは、現在の共有ホスティングをVPSにアップグレードしてから、いずれかのホストに2つのサイトを一緒に運営することがいるのか知りたいです。

    応答
    • こんにちは、ワープ質問様?

      私 Bluehost VPSに登録して、共有ホスティングに後で参加しました。
      (このブログは現在VPSを利用中です。本来は共有ホスティングに加入したがVPSにアップグレードしました。私が初めてサービスを利用する時には、共有ホスティングからVPSへのアップグレードを可能にしました。)

      かつては、共有ホスティングでVPSにアップグレードが可能だったが、今では、共有ホスティングでのアップグレードは可能ですが、共有ホスティングでVPSでは許可しないです。

      現在のアカウントで新たに加入してもなりそうで、または新たにアカウントを一つ作って登録してもなりそうです。
      (私はアカウントを別の方法で参加しました。)

      同じアカウントでVPSとShared Hostingを管理したい場合には、ライブチャットでお問い合わせ見れば案内を受けることができます。

      応答
      • 回答ありがとうございます。

        https://www.betterhostreview.com/upgrade-shared-hosting-vps-server-bluehost.html

        ここ海外のブログを見るとsharedからvpsにアップグレードした方がいますよ。

        もしvpsにアップグレードが可能な場合は、いずれかのホストに複数のサイトを運営することができるでしょうか?

        サイトごとに予想セッションは毎月20〜30万程度であるが、一つのサイトにXNUMXつのホストを置くてるんだろまたはXNUMXつのホストに二つ以上のサイトを運営してもされているのか知りたいです。

      • コメントで述べたように、以前はSharedでVPSにアップグレードが可能だったが、最近確認してみる許可しないです。

        Shared Hosting内ではBasicでPlusなどでアップグレードが可能です。

        月20〜30万セッションであれば、かなりの規模があるサイトですね。

        VPSは、いくつかの商品があります。 上位プランで選択すると、二つ以上のおいてもなりそうだが、安定的にするには、一つずつ運営することも大丈夫のようです。

      • こんにちは。 まず.. Word様の御言葉通り、ダイレクトにアップグレードするのはならないが、顧客のセンターに連絡して変更するのは可能でした。

        まず、VPSのホストを新たに決済してshared hostingのデータをすべて移した後、shared hosting閉鎖と残りの残高を返金受ける方式で進行しました。

        とにかく..大変VPSに移すにはしたが、Word様の御言葉通りVPSごとにXNUMXつのドメインのみを運営しようとします。 ありがとうございます。

      • VPSへの移行後にShare Hostingを閉鎖し、残りのバランスを返金することができますね。

        Bluehostで問題が発生したり、質問があれば、ライブチャットでお客様センターに連絡すると、正確な指示を受けることができます。

        今年は梅雨が歴代級に基ね。 非気をつけて、楽しい一日を過ごす。

    • ブログを始めるなら、共有ホスティングを選択することができるでしょう。
      訪問者が多くなるとVPSのホスティングにアップグレードすることを考慮してみることができます。
      共有ホスティングで対処されない程度の訪問者であれば、ブログでは、Google AdSense 広告を付けるホスティング費用よりもはるかに高い収益を出すことができるでしょう。

      応答
  13. こんにちは? Bluehost シェアホスティングを書いていますが、私のマルチサイトを運営しようとして、アドオンドメインまたはサブドメインをたくさん書いています。 だからシェアホスティングアカウントも3つあり考えをしてみるとVPS一つのホスティングを使うのより経済的な速度ではないか気がするけど、これ良いですか?

    応答
    • いくつかのサイトを運営していることに応じて異なることがあります。
      サイト全体の訪問者数と同時接続者数がどの程度か?

      応答
  14. 多く気になった情報をおかげでよく分かったおかげで、簡単に登録しました。
    これからアドバイスよろしくお願いいたし多くの教えてください!
    ありがとうございます。

    応答
    • ブログを訪問していただきありがとうございます。

      気になる点がございましたら、いつでもコメントや Naver カフェを通じて質問いただければ分かる範囲でお答えします。

      Bluehostに参加したり WordPressを設置すれば、自動的にインストールされている WordPressにJetpackなど、いくつかのプラグインがインストールされます。 そんなプラグインは、サイトの速度に影響を与えるため、なるべく無効にすることをお勧めします。 次の記事を参照すると、サイトの速度を最適化するのに役立ちなるでしょう。

      https://cafe.naver.com/wphomepage/5986

      応答
  15. 重いテーマや重いプラグインを使用するか、 WordPress サイトの最適化を適切にしないと、サイトが遅くなることがあります。

    アストラや GeneratePress(このブログに現在インストール)のように軽いテーマを使用すると、速度が比較的よく出てくるでしょう。

    Bluehostで速度の問題が発生した場合、不必要なプラグインを無効にして、次の記事で紹介する方法で最適化をお試しください。 実際 Newspaper テーマが適用されたサイトに適用してみると速度が大幅に改善されることを経験しました。

    https://cafe.naver.com/wphomepage/5986

    応答
  16. もう一度ご連絡致します。
    与えられた情報を報告 Bluehostでホストをしてサイト制作をしました。
    初期に保有しているドメインがなくて。Bluehost無料で提供される000.comで製作をしました。
    製作後000.devドメインを使用するだろうドメイン移転時の案内文が下記の通りです。

    We only accept .com、.co、.org、.net、.us、.info、and .biz extensions at this time。

    すでに製作したサイトは、.devドメインを使用することがありませんか

    応答
    • .devドメインを別のドメイン登録業者に登録して Bluehostに接続することができます。

      Bluehostに加入すると、ドメインを入力せずに、後で追加するというオプションを選択した場合.devドメインを外部ドメインなどの機関で登録した後、ネームサーバを Bluehost 情報に変更ください。 次に Bluehostに連絡して、一時的にアドレスから必要なドメインに変更してくれることです。 (ネームサーバ情報の変更に一日程度かかります。)

      参考までに 古代ディで.devドメインを検索してみると.devドメイン登録が可能ですね。

      Bluehost 一時ドメインを、実際のドメインに変更する方法は次の記事を参照してください。

      https://avada.tistory.com/1507

      すでにドメインが接続されている状態であり、追加のドメインを追加するには、Plus以上の商品である場合が可能です。

      応答
  17. こんにちは。 まず作成された文を見助けをたくさん受けました。 ありがとうございます。
    忙しくなるだろう追加の質問を残す求めることになるか分からないですね。
    私は個人的なブログやショッピングモール、会社のホームページではなく、
    特定のトピックに関するコミュニティを作成したい。
    例えばDCインサイドや大学コミュニティのような音。
    今考えているのは、特定のスポーツの趣味を持つ人々が情報を共有することができる空間を作ろうと構想中です。
    少しも漠然とした質問でもありますが、ここで聞いて場所がなくて以下のように二つの質問お尋ねみ。

    1. Bluehostの任意の商品を使うのがいいのか
    2.これらのコミュニティサイトでお金を稼ぐの典型的な方法は、何があるか(漠然と浮かぶのは、広告バナー程度ですね。)

    ありがとう!

    応答
    • こんにちは、ギムヨウンモ様。

      ある程度の規模の人々が訪れるかによって決定すればよいようです。
      重要なサイトであり、訪問者が多ければ Bluehost VPS以上の商品が適合することがあります。
      趣味でコミュニティを運営する場合 Bluehost 共有ホスティングも考慮してみることができます。
      共有ホスティングを利用する場合、サイトの最適化がないと、速度が遅くなることがあります。
      このブログで使用された GeneratePress アストラのようなテーマを使用すると、速度の面では比較的大丈夫に出てくることです。

      収益は悩みが多く必要な部分です。
      コミュニティを促進することができる商品やサービスがある場合は、収益に接続するのが容易だがそれ以外の場合 AdSense 広告や協賛程度ではないかと思われます。 次の記事を参照してみてください:

      https://avada.tistory.com/719

      応答
  18. 최근 Bluehost 共有ホスティング(Shared Hosting)と WordPress ホスティング(WordPress Hosting)のプラン紹介で、サブドメイン(Sub-domain)への言及が消えました。 この部分について Bluehostにお問い合わせしてみると、以前と同じようにBasicでは、25個までのサブドメインを作成することができ、(最安値を除く)Plus以上で制限がないですね。

    応答
  19. こんにちは! 助けたくさん受けます!

    ほかではなく、私ギトホプブログをして今しっかりとしたブログを開設するために Bluehostを利用しようとするんです。

    もし一日訪問者数が5千〜1万とすれば、basicとchoice plusのどちらを必要ですか?

    そして、もしbasicを3年をしたが、その過程での訪問者数が多くなってサイトが不安定になったりダウンした場合choice plusやproに変えていますか?

    応答
    • こんにちは、イ・スンミン様。

      一日訪問者数が5000〜10000人であれば、かなりの規模があるサイトですね。
      個人的にはShared Hostingプランより Bluehost VPSプランも大丈夫そうです。

      訪問者数を考慮すると、 AdSenseを運営する月の収益が500〜1000ドル前後ではないかと考えますね。 その後、より安定した動作が可能になります。

      このブログは、現在VPSプランの最も下位の商品であるStandardを利用しています。笑

      Bluehost 共有ホスティング内では、上位プランに移動が可能であるとします。 basicを選択した場合PlusやChoice Plusなどで移動が可能です。 (Proに移動が可能かどうかは、聞いて見なかったがShared Hosting群の商品ですので可能なことです。==> 確認してみる可能とします。 「If you signup for Plus plan then you can upgrade to pro plan when you wish to upgrade」 )

      現在の訪問者数がいくらならないとBasicで開始したが、後Plusへ変更することもあるでしょう。 ただし、Shared HostingでVPSでは、アップグレードが許可されていないとします。

      参考に訪問者数が多くても、サイトの最適化をよくすると、速度がそれほど遅くならない場合があります。 このブログでは、 Newspaper テーマで GeneratePress テーマに先月に変更しました。 トラフィックが平日基準で5日6〜4Gレベルで、今日1G以下のレベルに減少しました。 軽いテーマに変えトラフィックが3/XNUMX程度が削減されています。

      https://www.thewordcracker.com/basic/%EB%B8%94%EB%A1%9C%EA%B7%B8-%EB%A6%AC%EB%89%B4%EC%96%BC-generatepress-%ED%85%8C%EB%A7%88/

      Bluehostに加入して WordPressをインストールすると、 Bluehost、JetPackをはじめ、いくつかのプラグインがインストールされます。 個人的な経験では、そのようなプラグインをすべて削除することがパフォーマンスに良いようです。 インストールすると、良いプラグインは次の記事を参照してください。

      https://cafe.naver.com/wphomepage/3908

      応答
  20. 良い文を残していただきありがとうございます。

    私は今すぐ大学生との定期的な収入がないクレジットカードが発行にならなくています。 もしかしたら一括で計算する方法はないですか?

    paypal使用して登録されたカードがデビットカードであってそうなのか決済ができません。

    応答
    • こんにちは、イジェベク様。

      ブログを訪問していただきありがとうございます。

      海外決済がされているカードが必要決済が可能なようです。
      他の決済手段が可能かどうか調べてみると、他のオプションは、見ていない。

      応答
  21. こんにちは? Bluehost 関連のお問い合わせをします。
    現在の使用中のドメインがwwwドメインとしないドメインを分離して、オンラインサービスを進行中であるが、Choice Plusの商品がwwwのみドメインの割り当てが可能かどうか知りたいです。

    ドメインのネームサーバーの変更せずにそのまま使用してサーバーのアイピー(Aレコード)に登録を行わなければならに可能かどうかを知りたい。

    既存の使っていた Cafe24のWebホスティングは、wwwドメインとしないドメインを一緒に割り当てて、問題がありますね。ㅠ

    応答
    • こんにちは、ジョンミン様。

      Bluehostにお問い合わせしてみるとおたようにwwwドメインだけA Recordを追加して、IPアドレスに Bluehostに接続が可能であるとね。

      You can update the A records and point this to Bluehost IPアドレス

      確かにするために、登録する前に、ライブチャットで、この問題を直接お問い合わせヘボシルがあります。 ただし、説明を少し詳しく明確にやらなくそうです。 通常wwwドメインとnon-wwwドメインを区別せずに使用するため、このような事例は、小規模会社では珍しいことです。 ネームサーバを Bluehostに移した場合、さらに細かくDNS情報を設定することができます。

      もしネームサーバを Bluehostに移管する場合 BluehostでDNS情報を設定する方法は、次の記事を参照してみることができます。

      https://avada.tistory.com/851

      意図したようによくないと、ライブチャットを介して連絡すると支援を受けることができます。 ライブチャットの方法は、次の記事を参照してください。

      https://avada.tistory.com/771

      参考までに Bluehostに加入した場合、本文のリンクをクリックして登録してこのブログ運営に役立ついただけます🙂

      応答
      • 回答ありがとうございます。 国内企業の中にはwwwとnon wwwを別々に割り当てるホスト社を見つけるのは難しいですね。 通常のように使うの一般ではあるが。単にホームページのコンテンツを管理するため、仮想サーバーなどの使用には無理があっWebホスティングを探しています。

        望んで答えてくれて、とても感謝します。
        Bluehost 加入時の言葉通りに役立つ差し上げるようにいたします。

        ありがとうございます。 :)

      • ドメインを追加したり、設定するときにうまくいかない部分があればライブチャットでお問い合わせする支援を受けることができます。

        楽しい一日を過ごす。

  22. ワード様投稿を見て Bluehostに興味を持つようになったんです。

    他社(ブルー号スティはない)で購入したドメインにも Bluehost ホスティングサービス利用時、ドメインの個人情報保護サービスと無料SSLの両方のサービス受けることができますか?
    WordPressで勉強してみるつもりだVPSと WordPress PRO中どのようなものが良いでしょう。 サーバーには、いくつかの知らない方なのに大丈夫... ;;

    そして、国内の使用基準に
    Cafe24と比較して速度差がある程度かどうかを拘禁している。 コメントの質問の多くおかけ申し訳ありません。

    良い文よく見ています。 いつも役立ちます。^^

    応答
    • こんにちは、キュビ僧侶。

      他社で登録したドメインを Bluehostに接続(ネームサーバ情報を変更して)する場合は、無料SSLを適用することができます。 ドメインの個人情報保護サービスは提供されません。 ドメインプライバシー機能が必要な場合Onlydomainsなどのベンダー(.com、.netなどのドメインの場合)に移転することも可能です。
      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EC%A0%80%EB%A0%B4%ED%95%98%EA%B2%8C-%EB%8F%84%EB%A9%94%EC%9D%B8%EC%9D%84-%EB%93%B1%EB%A1%9D%ED%95%98%EA%B3%A0-%EC%9C%A0%EC%A7%80-%EA%B4%80%EB%A6%AC%ED%95%98%EB%8A%94-%EB%B0%A9%EB%B2%95/

      私はすべての.comドメインをOnlydomainsという海外のドメイン登録機関に移転して管理しています。

      PROは、Root権限が提供されないことです。
      VPSはRoot権限が提供されるため、サーバーの管理が可能です。 しかし、サーバーに対してよく知らなくても動作が可能です。 知らないのは、ライブチャットでお問い合わせてみることができます。 (このブログの任意の文に質問を上げていただいてもわかる範囲でお答えします。)

      現在、このブログが Bluehost VPSを利用しています。 速度は、サイトの最適化などによって異なるため、 Cafe24と比較して速度差がどの位かについては、明確な答えをドリルすることができないですね。

      登録してサイトがどの程度安定したら、VPSでは比較的まともな速度が出てくるようです。

      家族と楽しい正月お送りください。 新年あけましておめでとうございます。

      応答
  23. Bluehost 加入手続きは、次の記事を参照してみてください:

    https://cafe.naver.com/wphomepage/2880

    登録の過程で付随的なサービス/商品は、通常選択する必要がありません。

    応答
    • こんにちは、オプティマー様。

      コメントを残していただきありがとうございます。 楽しい休日を過ごす。

      応答
  24. 詳細紹介ありがとうございます!
    置型 WordPressについて質問がありますが。
    モバイルでもブログを作成するのに困難があるでしょう?
    置型 WordPressは WordPress アプリで作成が不可能なのかたいから。

    応答
    • こんにちは、タヌキ様。

      AndroidデバイスとiPhoneで利用可能な WordPress アプリがありますが、インストールしてみると WordPress.COMつまり、加入型 WordPress容認ようです。

      モバイル機器でマウント WordPress サイトに管理者としてログインして記事を作成してみるとそれほど難しいようには見えません。 簡単な文章を作成して写真を上げるほどの作業であれば、モバイルデバイスでも可能なことがあります。

      次の図を参照してみてください:

      https://www.screencast.com/t/nAvskCGbzS

      WordPress 最新バージョンである場合、ブロックエディタを使用することができます。 モバイル機器でもブロックエディタ(Gutenberg)が正常に動作しますね。 簡単にブロックを追加して、テキスト、画像などを入力するか、挿入することができます。

      そして先日、リリースされた WordPress 5.3は、スマートフォンやその他の高精細カメラで撮影した最適化されていない高解像度の写真のアップロードの大容量画像のサポートが改善されたします。

      https://www.thewordcracker.com/basic/%ec%9b%8c%eb%93%9c%ed%94%84%eb%a0%88%ec%8a%a4-5-3-%ec%97%85%eb%8d%b0%ec%9d%b4%ed%8a%b8/

      もちろん精巧に文を作成するには、PC上で作業していることが望ましいであろうと思われます。

      応答
    • こんにちは、sera様。

      BluehostのBasicプランの場合1のウェブサイト(ドメイン)を利用することができ、最大5までメールアカウントを作成することができるとします。

      In basic plan、you can create 5 email accounts and 1 website。

      残りのプランでは、ドメインとメールアカウント数に制限がないですね。

      For all other plan you can create unlimited email accounts and unlimited websites。

      応答
  25. こんにちは。 ブルーホスティングチョイスプラスを使用しており、現在のメインのドメインに WordPress ホームページを作って運営ジュンニだ。 これ問題が全くないのに、追加のドメインを作成しようとしてるからサブドメインにする必要がありして作られてみると、問題が発生し始めます。
    1。 メインドメインのアドレス; newlypresent.com(自動的にhttps適用)
    - >グーグルコンソール、アナリティックスの問題無し、インターネット検索すると出てくる
    2。 サブドメインのアドレス; bikelove.newlypresent.com(自動的にhttpでアドレス生成)
    - >セキュリティの問題に Bluehost ウェブチャットを介してhttpsに変更完了
    - >グーグルアナリティクスは、問題なく確認された
    - >グーグルコンソールでは、サイト登録後の所有権証明書は、完了しましたが、URL検査で
    urlを取得することができないと出るため、Googleの検索時にサイトや文章が表示されない。
    -> WordPress SEOのXML site確認時のリストが表示されない。
    *サブドメインの場合は、ログインして記事を除いページはアドレスバーにセキュリティアイコンが見える文を作成する
    所にアドレスバーに! アイコンが表示されます。

    数日間苦労して作ったこのサイトを削除すべきかならかどうか悩んでいます。
    いくつかの解決策があるでしょう?

    応答
    • こんにちは、ハンサンミン様。

      サブドメインの場合は、ログインして記事を除いページはアドレスバーにセキュリティアイコンが見える文を作成する
      所にアドレスバーに! アイコンが表示されます。

      ==>購入ガイドショートカットをクリックすると、https://アドレスではなく、http://アドレスに接続します。

      次の記事に記載されているコードを.htaccessファイルに追加して、httpアドレスがhttpsのアドレスに強制的にリダイレクトされるか確認してください。

      https://www.thewordcracker.com/miscellaneous/%EB%AC%B4%EB%A3%8C-%EB%B3%B4%EC%95%88%EC%84%9C%EB%B2%84ssl-%EC%9D%B8%EC%A6%9D%EC%84%9C%EB%A5%BC-%EC%A0%81%EC%9A%A9%ED%96%88%EC%8A%B5%EB%8B%88%EB%8B%A4/

      そしてサイトのすべてのHttpアドレスはhttpsのアドレスに変更してください。

      グーグルコンソールからURLの問題についてはよく分かりません。 xmlサイトマップを送信して1〜2週間ほど待てば、インデックスがないかと思いますね。

      もしサブドメインのために発生する問題であると考えた場合、新しいドメインを接続してテストしてみてはいかがですか?

      応答