寀ー規約違反に起因するアクセス制限措置

寀ーは無料で利用できるブログの中で、Google AdSenseのバナー広告を運営することができるので、かなり魅力的なブログシステムです。

カカオの寀ーを買収した後、寀ーサービスが終了するとの懸念があったが、昨年から新しいスキンの追加、SSLの適用、統計機能の更新など、いくつかの肯定的な措置が取られました。

昨日偶然ネイバーでよく公開された寀ーブログの記事をクリックしたが、「このブログは、ユーザーの保護のために一時的にアクセスが制限されてい「画面が表示されるのを見て驚きました。

寀ーブログアクセス制限

この問題を検出してみると寀ー規約に違反している文を作成したり、ハッキングなどでブログが盗用されたり、あるいは運が悪い場合明確な理由もなく、アクセスが制限されることができるという事実を知ることになりました。

運が良ければ簡単にアクセス制限が解除されるが、場合によっては、すべての文を削除する必要がアクセスを無効にしてくれることができるという回答を受けているようです。

ギャンブルなど射幸心を助長する文やポルノを投稿するなど、誰見ても問題になる記事を上げるがアクセス制限措置を受けるのは当然でしょう。 しかし、通常のブログを運営している途中、このような措置を受けるようになればファンダンハムと不満が大きいしかないでしょう。

これに関連し寀ーでは、次のように述べています。

まず、「ログイン制限」と「ブログのアクセス制限」は、利用規約に違反する行為がある場合には、寀ー規約第8条1項に基づいてブログ利用を制限して、有害情報から利用者を保護するための制度です。(出典: https://cs.daum.net/faq/173/7594.html#35092)

この問題に関連記事をいくつか見て寀ーやネイバーなど、特定のプラットフォームに依存しているブログを運営する場合、危険性が続くしかないということを悟りました。

寀ーの場合、バックアップサービスが終了したため、バックアップを行うことができません。 少し難しいことができますが、次の記事で説明する方法に基づいて寀ーブログをバックアップして、ワードプレスに移行することができます。

私は昨年の寀ーブログの一部のフォントをバックアップして テスト用のワードプレスのブログに移転しました。 昨日寀ーブログアクセス遮断の問題に接した後、残りの文等もバックアップして移転しました。 定期的にデータをバックアップすれば、将来的に問題が発生した場合簡単に ワードプレスのブログへの移行が可能です。

寀ーブログの規模が大きい場合、あらかじめバックアップ措置をしておくことが安全であると思われる。

注:


5のコメント

  1. 最初はソソ日記がアクセス禁止されたが思ってびっくりしたね。 笑

    ところが、気になることがあります。
    1。 これにより、同じ内容のブログが2つあるわけだが、検索において重複による任意の不利益はありますか?
    2。 寀ーにあった画像まで多移し来らんですか?
    3。 加入型 WordPressに移し、バックアップしておくことはどうですか?

    応答
    • こんにちは?

      1。 その両方を有効にすると一つ(新規移転したブログ)は、重複して検索がうまくできません。 しかし、両方私のブログであるため、関係がありません。
      寀ーブログが消えた場合、 WordPress ブログ記事が時間の経過とともにますます検索になります。

      寀ーブログが生きている状態では、 WordPress ブログ記事が検索エンジンにさらされないように非公開に切り替えたり、検索エンジンにインデックスされないように設定>を読む設定で対応するオプションをチェックしてもします。 (私はちょうど検索エンジンに露出するようにしてました。しかし、重複のための訪問者数は微々たるレベルです。)

      通常は、バックアップの目的で、テストサイトを作って移転した後、非公開に切り替えた方がいいようです。 寀ーをもはや運営していなければ寀ーで WordPress ブログにリダイレクトさせるコードを寀ーHTMLファイルに挿入すると、avada.tistory.com/123をblog.thewordcracker.com/123のようにリダイレクトすることができます。

      2。 基本寀ーエディタで作成されたすべての記事の画像を移してきました。 ただし、初期の作成した数百個(正確な数は数えてみませんでした)文は、外部寀ープログラム(Tistory Editor)を使用して作成したが、そのような文は、画像のリンク画像が表示されています。

      3。 設置型です。 加入型も ビジネスプランで可能になります。
      加入型にしたい場合は...設置型で先に移転した後、加入型に再移転することができます。

      応答
      • cafe24で、サブドメインがサポートされていないですね。
        ホスティング期間が終了する他のところに移動する必要がつもり。

  2. どうやら Naver私寀ーやそこのルールに従わなければすることです。
    自律性で言うと、あらかじめ WordPressまたは他の場所に移転をするのが当然か、多くの方々が気軽に意欲をこの上なくことガトドラグヨ.. !!

    応答
    • 寀ーが残念ながらバックアップサービスを終了したため、簡単にバックアップすることができる方法が消えました。
      このため、複雑な過程を経て、バックアップをしなければならな...それが容易ではないようです。

      応答

コメントを残す