ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

システムのアップグレード完了(OSアップデート)

Last Updated:2020年11月4日| コメントを残す
  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

この WordPress ブログ開設後5〜6年の間にサーバーをアップグレードせずに使用してきました。 しかし、OSのバージョンが低いため、cPanelの更新を行うことができないという通知メールが定期的に飛んで来て、ウェブホスティング会社に問い合わせてみると、オペレーティングシステムのバージョンが低いため、そうしながらCentOSのバージョンを6から7にアップグレードする必要があるという回答をしました。

問題なくうまく使ってきたので、あえてアップグレードが必要なのかたかっ必ずしなければならないというのカウンセラーの言葉に最後の土曜日昼にOSのアップグレードを申請しました。

システムのアップグレード完了(OSアップデート)

CentOS LinuxシステムのアップグレードOSのアップグレード

Linuxシステムのアップグレードを直接すれば時間もかかり、途中でエラーが発生した場合、エラーを解決するのに激しいストレスを受けることができます。 もしアップグレードが間違って数日間のサイトが詰まっになれば床ではないことができません。 幸いなことに Bluehostは、システム管理者がサーバーを初期化した後、OSのアップグレードを実施してくれるので、アップグレード作業が容易な方です。

(共有ホスティングを利用する場合には、自主的にサーバーをアップグレードすることができず、Webホスティング会社の提供するシステムをそのまま使用すると、されます。)

アップグレードが完了すると、ライブチャットで連絡して、残りの作業をします。 もし利用しているCentOSのバージョンが6である場合、ホスティング会社に連絡して支援を受けてバージョン7にアップグレード作業を進めてみてください。 バージョン確認は、SSHに接続して、次のような命令を下せば確認が可能です。

cat /etc/centos-release

システムのアップグレード後にバージョンをチェックしてみると CentOS Linuxリリース7.8.2003(コア)で表示なりますね。

LinuxのCentOSのバージョンをチェックする

Bluehost システム管理者は、オペレーティングシステムをアップグレードした後、バックアップしたcPanelのバックアップファイルをサーバーにアップロードするには Bluehost サポート担当者が復旧をしてくれます。

後にDBを作成して WordPressを回復し、サブドメインなどを再度設定し、エラーが発生することを保持するくれれば作業が完了します。

最新CentOSのバージョンが安定しておりそうなのか分からなくても幸いなことに、何の問題が発生していない。 サイトを復元した後、サイトが開かなかった、顧客サポート担当者が措置を取ってくれました。 そしてPHPのバージョンをシステムのアップグレード前に WordPressに適用したバージョンである7.4に設定してくれるので、ほとんどの問題が解決されました。

記録次元で後日、このプロセスを整理してみます。

昨日の午後11時以降から午前3時頃までサイトが正しく表示されていないことです。 この時間帯は、訪問者が少ないので、サイト停止による被害が最小化されたようです。

Bluehost VPSを利用している場合、最初にCentOSのバージョンをチェックしてみてください。 バージョンが6.xで表示される場合 Bluehostリアルタイムチャットに問い合わせすると、OSのアップグレードプロセスの案内を受けることができます。 必ずcPanelのバックアップをダウンロードして、安全な場所に保管する必要があります.cPanelバックアップを受けずに進行する場合、災害が発生する可能性があります。

参照



コメントを残す

コメント