WPMLサブドメインの設定

カフェ24にドメインアドレスを接続すると、アドレスのwwwが付かずに表示されるように、基本的に設定されているようです。

たとえば、www.example.co.kr代わりexample.co.krように表示される場合ですが、wwwを追加して入力しても、ブラウザのアドレスバーには、wwwなしで表示されることがあります。

SEOの面では、wwwがあろうwwwがなかろうが違いはないとします。 Googleのウェブマスターツールでの優先ドメインを設定することができます。 重要なのは、www有無に関係なく一つので統一してアドレスの形式を使用するとね。

Googleやマイクロソフト、アップルなどの企業の場合、すべてwwwが付いています。 おそらく古くからwwwを使用して捨てられずにいることがないかと推測してみます(純粋個人的な考えです)。

カフェ24やWebホスティングでドメインを接続すると、wwwが付かずに表示されることがあります。 カフェ24に接続されたドメインを見てみるとwwwが付かないようです。

クライアントに応じて、www付くようにアドレスの設定をしてもらう必要があります。 この場合は、ドメインのDNS設定でCNAME設定を変更して、www無条件付くように設定することができます。

例えば、カフェ24に接続されたドメインのCNAME設定を見てみると:

Cafe24 domain name add www compressor  - カフェ24とWebホスティングでドメインアドレスのWWWの付けよう表示する方法

上記のようになっています。

上記のエイリアス(CNAME)設定のように、基本的にwwwがないドメインのアドレスに接続するように設定されています。 この設定をwww.example.co.krに変えてもらっカフェ24に連絡をすれば、カフェ24で設定を変更してくれることです。

通常DNS情報の変更が可能ですが、カフェ24で接続されたドメインのCNAMEを自由に変更できないように制限しています。

もし、wwwアドレスをwwwがないアドレスに変更したい場合はwww.example.co.krをexample.co.krに変更したり、追加します。

最近カフェ24でPHPのバージョンを7.0に変更した後example.co.krようwwwがないドメインのアドレスは、正常に動作しますが、www.example.co.krようwwwが付いたドメインのアドレスを入力するから、エラーが発生した場合を経験したことがあります。 この場合、CNAMEを設定してくれるので、問題が解決されました。

AレコードとCNAMEがどのように動作するかの基本的な事項を理解すると、ドメイン情報を制御するために役立つことができます。

基本的な内容ですが、たまにそれに関連する質問をする方がいてまとめてみました。 ドメイン移転をしてみて、この問題について少し悩んみれば比較的簡単に知ることができますが、そうでない場合には、感キャッチが容易ではないようです。

追加: DNS設定を使用してexample.comをwww.example.comにリダイレクトする方法はありません。 ドメインフォワードやリダイレクトを使用してexample.comをwww.example.comにリダイレクトさせる方法を検討してみることができます。

It's not a DNS setting; you need to set up a redirect from mydomain.com to www.mydomain.com。 Fortunately、Godaddy provides this service for free

古代ディでは、example.comをwww.example.comにリダイレクトさせてくれるサービスを無料で提供するとします。 この部分は、Webホスティング会社にお問い合わせください似たようなサービスがあるようです。

注:

2のコメント

    • 頻繁にブログを訪問していただきありがとうございます^^

      通常、このようなことについて悩んでいる人はあまりいないようです。
      しかし、www付くように要求しているクライアントがたまにいますね。

コメントを残す

コメントを入力してください!
名前を入力してください