[翻訳]ソタム貸室(小貪大失)の英語の表現

Last Updated:2023年07月17日| | コメントを残す

ソタム貸室(小貪大失)は、中国戦国時代の秦ヒェワンがチョクナラを征伐するために「オクオ」(ヒスイ小)をプレゼントするという餌にチョクナラの道を広げチョクナラを征伐したことから由来するとします。

探偵室という言葉は広く使われていますが、囲碁でもこの言葉が使われます。 囲碁を人生でたとえたりするのに、一人の人生の屈曲が囲碁の一枚にそのまま現れるので、そんなたとえ話ができなかったかと思いますね。 (しかし囲碁は負けてもまた置けば良いのですが、人生は一度だけということ…)囲碁は家をたくさん建てれば勝ちます。 相手の石をつかむと相手の家を埋めるので、石をつかむことは非常に魅力的に近づくことができます。 だから、しばしば罠を置くために小さな餌を投げ、相手がそれをふさぐと大きな損失につながる場合があります。 つまり、消防隊室になるのです。

ソタム貸室を英語でどのように表現したいですか? 英語では "penny wise and pound foolish"という表現を使用します。 英国通貨に由来した表現であるが、 ペニーは小銭を意味して ポンドは大きなお金を意味します。 (1ポンドは本来240ペニーだったが、現在では100ペニーです。)

カムbridge Dictionary Onlineで "penny wise and pound foolish"を次のように定義していますね。

to be extremely careful about small amounts of money and not careful enough about larger amounts of money

プンドンには非常に注意しながら大きなお金には十分な注意を払わないことで、実際にお金に関連する表現に多く使われているようです。 この表現を見ると「物価100-200ウォンを削って一生懸命お金を惜しまないが、いざ無駄なところに大きなお金を無駄にする場合」がここに該当しそうですね。

He spends very little on food during the week、then blows all his money drinking on the weekends。 He really is penny-wise、pound-foolish。 (その人は平日に食事にはほとんど支出はせず、週末には、酒にすべてのお金を注ぎ込んでいる。本当に小銭はぶるぶる震えながら無駄なことに大きなお金を無駄にする。)

そして、小さなものに演じて大きなものを見逃すこと(つまり、「探偵室」という意味としても使用されます)。

It would be "penny-wise and pound-foolish" not to take advantage of the technology because of the cost. (費用のためにその技術を利用しなければ「召喚隊室」となるだろう。)


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy