[英語漫画】彼女に一体何の問題があるのだろうか?

Last Updated:2016年12月25日| | 3のコメント

First women in space
「初めての女性宇宙人」というタイトルの女心理の短い漫画です。 (漫画の性格上)過度に一般化して表現されているかもしれませんが、多分ある程度共感できる部分があるようです。

「Houston, we have a problem!」
What kind of problem Apollo?
「…Nothing!」
I didn't get that Apollo... What is the problem?
「Nothing! Leave me alone!」
Apollo! Stop being stubborn! I can see that you have a problem!
"If you really cared you would know what the problem was!"

数年前に出てきたユーモアを漫画にしたバージョンです(参照)。 私たちの言葉に移動すると...

「本部、ここに問題があります!」
アポロ、どんな問題があるか
「…何もない!」
わからない…問題は何ですか?
「何もないからね!ちょうどナビしてください!」
アポロ! こだわりをやめピウラ! 明らかに問題があると思われる!
「私が本当に興味を持っていたら、問題が何であるかわからないでしょう!」

平易な英文ですが、ここで「Nothing」となっていますが、以前のバージョンでは「Never mind」となっています。 よくわかりますが、どちらも「何もない」という意味です。 会話するときに注意すべき単語が「Nothing」のようです。

仲間同士で話しているのに上司が突然現れたとしましょう。 それでは普通「何の話をしていますか?」と聞いてみます。 しかし、思わず「何もありません(Nothing)」または「知らなくてもいい」という言葉が飛び出してきたらどうでしょうか。 聞く相手は気分がとても悪いでしょう。 その場で表現はしませんが、不便な植栽は仕方ないでしょう。 敏感な人は心の傷まで着ることができます。 このような表現は必ず必要な場合以外は使用しない方が良いようです。 (意図はそうではありませんが、習慣的にこのような言葉が出てくる場合を目撃します。)

"I didn't get that「で「get」は理解する(understand)の意味です。

ところで漫画の中の女性宇宙人に何の問題があるのでしょうか? おそらく次の映像(国主サンジュンコビック)を見ると理解になるかもしれませんね。

ちなみに一番上の漫画は、グリークユーモアとね(正しいはわかりません)。 一部の女性は、おそらく性差別主義(Sexism)で照らされることができるが、ユーモアはユーモアにみるといいようです。


3のコメント

コメント