「犬川で龍南」を英語で

Last Updated:2016年07月28日| | コメントを残す

韓国のことわざに「小川での出る」ということわざがあります。 しかし、貧富の貧現象がますます定着される頃には、小川で容易出ない内容の記事が頻繁に登場しますね。 「小川のための出る "を英語では「Rags to riches」という表現が使用されます。

ウィキペディア(Wikipedia)では、この表現を次のように説明しています。

Rags to riches refers to any situation in which a person rises from poverty to wealth、and in some cases from obscurity to fame-sometimes instantly

貧しい人が金持ちになる状況を指しますが、一部の場合、名無し生活をして有名になること(場合によっては突然)も呼ばれるそうです。 obscurityはobscure(不明瞭な、曖昧な)の名詞型で、「不明瞭」を通常意味しますが、上記の文では「世界に知られていない[ない状態]」を意味します(「金星版ニューエース」辞書)。

面白いのは我が国に「開川で龍が飛ぶ」ということわざがあれば中国には「鯉魚龍龍門」はことわざがあるそうです。 (私たちの国では「イムギ」が龍になると思うが、中国では「鯉」が龍になると思うかと思います。) しかし、中国でも鯉が龍になりにくい世界になっているのか、我が国と同様に貧困になれるのが社会問題になっていること同じです。

鯉

 


コメントを残す

コメント