中国支援がない場合、米国が独自に北朝鮮問題の解決を示唆したトランプ

Last Updated:2017年04月13日| | コメントを残す

トランプ Twitter

最近、米国トランプ大統領と習近(習近平)中国国家主席間の首脳会談後トランプの態度が強硬になっています。 おそらく韓国大統領選挙に影響を与える意図ではないかと思われますが、一方では、これまでの政策では、北朝鮮の核武装と大陸間弾道ミサイルの開発を効果的に阻止していなかったため、北朝鮮に対して先制攻撃を含む強硬な態度で入場この急旋回するようもあります。

上記の内容は、最近トランプ大統領が北朝鮮に対して Twitterに公開した記事です。

North Korea is looking for trouble. If China decides to help, that would be great. If not, we will solve the problem without them! USA

北朝鮮が問題を起こしている。 中国が(北朝鮮の問題解決に)助けてくれればいい。 そうでなければ、我々は中国なしで問題を解決します! アメリカが言葉だ。

looking for troubleは問題を引き起こすように行動することで英語辞書に定義されていますね:

behaving in a way that is likely to cause problems for you

文脈に応じて「悩みを吸う」、「問題を作る」、「問題を起こす」程度に翻訳すると無難そうです。

北朝鮮に対する忍耐が限界に達した現時点で、北朝鮮が追加で核実験をしたり、ICBM発射試験を行ったりすると、状況が歩くことができないほど悪化することが明らかになります。 たぶん北朝鮮とアメリカが決まった道をたどっているのかもしれません。 囲碁で使われる用語で表現しようとすると、「外への道順」ではないかと思いますね。 北朝鮮政権は生きるために核実験と弾道ミサイル発射試験を強行し、米国は北朝鮮が核と弾道ミサイルを完成する前に何らかの形で阻止するための措置を取ろうとします。

イ・ソプファの羊飼いの少年の話のように、私たちは北朝鮮の脅威を何度も聞いて、こういう戦争の噂を聞いてみると、ある瞬間に「こういうことだろう」という考えを持っているのではないかと思います。 文字通り「安保不感症」にかかったように言葉です。 しかし、北朝鮮の金正恩政権が2018年を核とICBMを完成する時点にしているという内容をテレビで見たことがあります。 本当に状況が深刻になるのではないかと心配です。


コメントを残す

コメント

割引ニュース
アストラテーマで最大40%割引!
期間限定
You This Coupon Code in Checkout
Click the code to Copy