メキシコの国境障壁の建設に関する行政命令に署名するトランプ

Last Updated:2017年01月26日| | 1のコメント

トランプ Twitter

As your President、I have no higher duty than to protect the lives of the American people。

大統領としてアメリカ国民の生命を保護するよりも高貴な義務はありません。

トランプ米大統領が電光石火のように、自分の公約を一つずつ実践しながら、全世界が揺れでいますね。 米国とメキシコの間の国境に壁を建設し、その費用を、メキシコの負担させるというトランプ。 メキシコがその費用を負担するかは疑問だがトランプの公約が空言葉ではなかったことを示すようにします。

メキシコとの国境に障壁を立てながらトランプが掲げている名分が「アメリカ人たちの生命保護」のようです。 「Beginning today, the United States of America gets back control of its borders.」という内容のツイートをあげた直後に上のツイートを上げましたね。

トランプは特に環境より経済(雇用)を重視する企業人の面貌を見せているようです。 「ウォールストリートジャーナル(WSJ)はトランプがGM・フォード・フィアットクライスラーなど米国自動車3社最高経営者(CEO)をホワイトハウスに呼び、環境関連規制を「不要な負担」と批判し、米国に新たに工場を建設すれば既存の厳しい環境規制を大幅に緩和した」

Twitter トランプ

上の図はトランプのツイートへのコメントですが、これらのトランプ大統領の返還経的な政策に対する批判を上げたようです。 「That depends」は「状況によって異なる」程度の意味です。 「He didn't say 'forever'」(彼は「永遠に」(保護すると)とは言わなかった」と悲しんでいますね。


1のコメント

コメント

  1. トランプの成長の背景を見ると、信じられないほどの競争的で、暴力的で、自分の過ちを絶対に認めない性格なので、(一言で地勝手に行動する悪童)13歳military boarding schoolに送信てました。

    私良かっに考えているのは、このようなトランプが私たち方だということ。 逆に考えると、だから米国ではない国では、このようなトランプがかなり懸念を伴うしかありません。

    今までの彼の歩みを見ると、少なくとも米国が損行動はしないだろうねということを感じることができ、一方、他の国には多大な被害を及ぼすだろうという気がします。

    私もすごく心配な部分は、global warmingや環境問題を完全生剥いシェールオイル開発を再開するようにして、環境保護のために用意された規制を取り除くしまうとすることです。

    環境規制だけでなく、金融規制のようなものもある取り除くしまおうというように見えます。

    ハ…こんなことを見るとため息が出てきます。 メキシコ国境への障壁も、メキシコ人がアメリカからメキシコに送金するお金が年に数兆ウォンではないか? 年に送金されるそのお金の一部だけ持っていても障壁をつくることができるという。

    では、そのお金で食べて生きるメキシコの人々はみんな飢えて死ぬという音なのか…。

    どん詰まり、犬大引け、私はトランプ考えると、このような考えしかかかりません。

    もちろん、私は支持する政策も実行してはいるします。 TPPを捨てたのは本当によくやったと思うし、韓米FTAも取り除くしまえばと思います。

    FTAのような条約は、貿易を活性化して経済規模を増やし、互いにウィンウィン政策と宣伝するが、絶対に事実ではありません。

    社会の二極化をより深化させ、一般労働者の賃金を低く作っており、大企業だけの利益を見ているからです。

    サムスンや現代自動車がよくなるのかにも良いことではないかと思われる方もいらっしゃるでしょうが、現実には、一般の人々の人生だけ難しくなりました。

    私は経済成長よりも重要なのが、貧富の格差を減らしていくことだと思うのでFTAに反対します。

    応答