ベストセラー人気 WordPress テーマTop 30 詳細

[トランプ Twitter]米国の消費者安心指数、10年来最高レベル

Last Updated:2017年3月13日| 2のコメント

トランプ Twitter - 米国の消費者安心指数

US Consumer Comfort Just Reached Its Highest Level in a Decade
米国の消費者安心指数(Consumer Comfort Index)が10年来の最高水準に達し

久しぶりにトランプが Twitterを介してツイートした文を一つ上げます。 トランプが Twitterで毎日「偽ニュース(Fake News)」打令をしてイライラが出てた時にトランプの Twitter アカウントに訪問していないが、今日訪問してみるとトランプ大統領は、まだ多くのツイートを日々飛ばしますね。 一日に少なくは1件で、多くは10件まで文を上げているようです。

まだFake News(偽ニュース)打令をしているが、その頻度は確実に減ったことが見えます。 頻度は減っても継続主流メディア(Main Stream Media)を「偽ニュース」と攻撃することを忘れずに一回言及してくれていますね。

US Consumer Comfort(Index)は、「米国の消費者安心指数」で、通常の翻訳され、「消費者信頼感指数」とも呼ばれ翻訳したところもありますね。

グラフを見ると、2007年以来、10年ぶりに、消費者安心指数が最高レベルに達したことを確認することができます。 2007年3月に49.8を記録した後、今回50.6を記録し、10年ぶりに最高値を記録したとします。 詳細については、Bloombergの記事を参考にしてみてください。

共和党支持者の心理が民主党支持者よりも高く現れるとね。 南部と中西部地域の心理(Sentiment)が上昇した一方、西部と北東部では、下落したと言うね。

Sentiment rose in the South and Midwest; fell in the West and Northeast

 


2のコメント

コメント

  1. 韓国で出会う外国人(特に白人)性向はほとんどliberalてみる

    会う人ごとにトランプ悪口をまくりた

    皮肉なことに、Skypeセッションで出会う白人はトランプをそう嫌いしないか、逆に支持する人もいましたよ

    やはり他の国の事情を片側言葉だけに入ってちょっと曖昧な感がないかと思います。

    応答
    • トランプが大きな音打つ理由がまさに自分たちを支えてくれる白人が多いためにではないかと思われます。

      トランプがマスコミと対立を建てるみるメディアでもトランプの良いところではなく、良くない点が多く目立つ側面ある程度作用しないか気がしたりします。

      現在トランプ執権初期からの支持が多く期待感を抱いているようです。 時間が経つにつれてトランプに失望すると面が変わることもあるようです。

      応答