トランプがプーチンを賞賛する理由

Last Updated:2016年12月31日| コメントを残す

米国次期大統領トランプ

Great move on delay(by V. Putin)
I always knew he was very smart!

トランプ Instagramに昨夜に上がってきたイメージです。

Twitterの内容の中で重要なものを図にして Instagram共有する戦略を使用していますね。

オバマが大統領に当選したときに、オバマの演説を素材にした多様な書籍が出版されたことがあります。 おそらくオ海演説で勉強した方も多いと思いますね。

今トランプが日々ツイートする短い文を持って英語勉強をしても多くの役に立つのではないかと思いますね。 トランプで一日一文ずつ...

「move on」はよく使われる表現です。 翻訳するのが面倒です。 一感は「進展」というフレーズが思い出しますね。 move on toは「(より良いことや話題などに)移す」という意味を持っています。

プーチンがアメリカに対する報復措置を猶予した決定について「Great move on」と追いついています。 連合ニュースでは上記のフレーズを「プーチンの(対米報復制裁)留保決定は素晴らしい措置」と翻訳しました。 このように翻訳するには、この言葉になった背景を知る必要があります。 特にソフトウェアローカライゼーションに参加すると、文章別、あるいは語句別、さらには単語別に翻訳する場合が多く発生します。 ある単語がある意味では使われないことが多い。 そのような場合、いくら翻訳をうまくやっても文脈上誤訳になる場合が発生します。

後文は平易な文です。 「彼がとても賢いことをいつも知っていた」

ちなみに、「スマート」という用語は、ITでは「インテリジェント」と通常翻訳されています。 通常、文章では「スマート」という辞書的な意味に翻訳すると無難です(もちろん文脈によって違って翻訳しなければならない場合も発生します)。 いつかこの用語がマーケティングフレーズに出たことがありましたが、おそらく「スマートな人…」のように平易に処理していたようです。 そうすると、顧客会社の担当者がこの部分を「先に行く…」と変えてきましたね。


コメントを残す

コメント