[翻訳] Wordfast翻訳ツールの使用方法

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

クライアントの翻訳テストに合格して翻訳の仕事を任せためWordfastを比較的安価に購入したものの、主にTradosを使用しており、年末/年初とまだ本格的に取引をしていない関係で使う機会がほとんどありませんでした。

個人的には(業務とは無関係に)する作業がありますが、その作業をWordfastに切り替えることにしました。 まずTrados TMをexportしてWordfastにインポートを試してみました。 TMファイルが大きすぎたためか正しくインポートをできないですね。 まずはWordfastにクエリを送信しておいて、空のTMを作成練習の車は少し使ってみました。 懸念よりも悪くない印象を受けました。 いくつかの面では、トラドスより簡単に使用が可能であることです。

初めてWordfastを使用する場合、上記の動画が役立ちます。 私は前だけ少し見ましたが、実際に特別なことはなく、他のTMツールを使用した場合、簡単に適応が可能であることです。 私は事前にショートカットをトラドスショートカットと同様に作られましたからなのか別の難しさが、もしショートカットを身につけてする少し時間がかかると考えられますね。 ところが、トラドスとは異なり、同一または類似stringが出ても、既存の翻訳を表示していないですね。 環境設定をみると TM Lookupが無効になっていますね。

Wordfast Translation Memory Preferences

"Perform TM Lookup automatically」をチェックしてくれたら、自動的にTMの検索をしますね。残りの設定も時間が飛ぶときに見ていくと思われる。

トラドスのConcordance機能をWordfastで正確に何と表現しているかは分からないが Ctrlキー+ F3 キーマッピングしました。 (Wordfastは Ctrl + Shift + T キーを使用してね。)

トラドスで Altキー+ 1, Altキー+ 2 ...キーを使用して100%matchまたはFuzzy項目をTarget Segmentにコピーすることができ、Wordfastは、その項目を選択した後 Alt + F12を押すされていますね。 この部分は、後で確認して、すぐにTarget Segmentにコピーするショートカットがあるのか​​調べる必要がそうです。

ライセンスは3年であることが気に入らないが、デスクトップとPCにそれぞれインストールが可能である回答をいただきました。

以前にクライアントの要請で、いくつかの翻訳メモリツールをテストしたことがあります。 その当時は、Wordfastを除外しトラドス、Deja Vu、MemoQなどを中心に、クライアントに長所と短所を教えてくれました。 個人的にはDeja Vuがレイアウト面で印象深かった。 (実際のパフォーマンスはないですね。)Wordfastの場合は少し不十分な点がありますが、使用して慣れてくると、それなりに使用する良いツールになると思われる。

注:



コメントを残す