Trados とCATツールのショートカットを同じに設定する

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기

トラドスを含むほとんどのCATツールでは、翻訳速度を向上させるためにショートカットをサポートします。 しかし、問題は、CATツールごとにショートカットが違う点です。 ツールが変わるたびに、他のショートカットを使用する必要が場合、不便です。 だから可能な限り、同様の機能は、同じショートカットキーを使用することをお勧めします。

たとえば、私は次のようにショートカットを統一して使用しています。

原文を翻訳セグメントにコピーする:Ctrl + Alt + C(Copy)
翻訳を承認し、次のセグメントに移動する:Ctrl + Alt + N(Next)

多くの機能をショートカットキーとして指定したが、実際には、上記の二つの機能だけを主に使用しているようです。

SDL Trados 2011 / 2014バージョンでは、自主的にショートカットキーの変更が可能です。 しかし、Trados 2007の場合、マクロを使用して変更が可能です。 私はTrados 2007、Trados 2011、across、XTM、Catalystなど、さまざまなCATツールで同じショートカットキーを使用するためにAutoHotkeyという名前のマクロプログラムを使用しています。 簡単に数行のコードあえてショートカットを覚える必要がなく、使用が簡単だからです。

SDL Trados Studioは、 Tools> Options> Keyboard Shortcutsでショートカットを確認して変更することができます。
Customize Keyboard Shortcuts for SDL Trados Studio 2011 / 2014

memoQショートカットは ここで確認することができます。 Deja Vuショートカットは ここで参照することができます。

CATプログラムごとに少しずつ異なるショートカットキーを使用しているが、AutoHotkeyのようなマクロプログラムを使用すると、統一して使用が可能です。

AutoHotkeyを使用する方法は、
1)AutoHotkeyをダウンロードしてインストールします。
2)スクリプトを作成し、.ahkファイルに保存します。
3)ahkファイルをダブルクリックして実行します。

一度ahkファイルを作成してくれれば、必要なときに実行して使用が可能です。 同じショートカットキーを重複して指定することができないので、CATツールごとに異なりahkファイルを作成作業するたびに変えて実行してください(例:Trados2001.ahk、Trados2007.ahk、memoq.ahk ...)。

ahkスクリプトの文法は比較的簡単です。

変更されたショートカット:: Send、 本来のショートカット

たとえば、Trados 2011で、私は、次のように指定して使用しています。

^!n::Send, ^!{Enter}     ;Ctrl Alt N - 승인하고 다음 세그먼트로
^!u::Send, ^{Enter}       ;Ctrl + Alt + U - 승인하고 미번역 세그먼트로
^!l::Send, ^+l            ;Ctrl + Alt + L - 용어 삽입
^!c::Send, ^{Insert}        ;Ctrl Alt C - 원문 삽입

上記の^はCtrl、!はAltキーを意味します。 ^!uは、Ctrl + Alt + Uを意味して^ {Enter}はCtrl + Enterキーを意味します。 したがって、Ctrl + Alt + Uを押すと、Ctrl + Enterキーに変換され、プログラムに渡されます。 (セミコロンはコメントを意味します。)

もう一つの例を挙げてみましょう? 以下は、Coachと呼ばれるWebベースのCATツールのショートカットです。

^!n::Send, ^s     ;Ctrl Alt N - 승인하고 다음 세그먼트로
^!c::Send, ^+c        ;Ctrl Alt C - 원문 삽입

ここで、Ctrl + Alt + Nを押すと、^ sつまり、Ctrl + Sに変換され翻訳を承認し、次の文に進むことになります。 したがってCoachというプログラムを使用するときに、あえ​​て、Ctrl + Sと呼ばれる別のショートカットを覚える必要がありません。

AutoHotkeyは http://www.autohotkey.com/からダウンロードが可能です。 そして このサイトこのマクロプログラムを活用する方法を調べることができます。

AutoHotkeyはホットキーを指定のほか、定型句の指定、スペル修正(アーカイブ参考)など多様な活用が可能です。 これらのマクロプログラムを活用して、翻訳効率とスピードを向上させることができます。



2のコメント

  1. こんにちは?

    突然ウェラムされるように連絡をささげてい申し訳なく邪魔にならない場合は、します。

    私 Trados 2015スターターバージョンを使用している、あまりにも急な問題が生じてこのように連絡をささげるました。

    ターゲット文書として保存するを押して翻訳を、MS Wordで保存しようとする次のようなエラーメッセージが浮かび上がり保存ができません。

    「対象コンテンツを保存することができません:名前は「<」の文字は、16進数の値0x3C行きで始めることができません。バー2、位置5465 "というエラーメッセージが浮かび上がり保存がされていない。

    こういう時どうするかもしかしたらご存知ですか?

    知っていればいくつかの助けいただければ幸いです。

    ありがとうございます。

    応答
    • こんにちは? http://bel.proz.com/forum/sdl_trados_support/276056-error_in_studio_2014_when_trying_to_save_target.html 文を一度参考してください。

      応答