Googleの人工ニューラルネットワークの翻訳

  • Naver ブログを共有する
  • Naver バンドに共有する
  • Facebook 共有する
  • Twitter 共有する
  • 카카오스토리공유하기
写真:Google
写真:Google

最近、Googleが人工知能を使用して翻訳サービスをアップグレードしました。 特に、今回の翻訳サービスのアップグレードには、韓国語も適用されることが知られ関心が集まっています。 人工知能(AI)機械学習を適用した、Googleの「ニューラルネットワーク機械翻訳」(Neural Machine Translation:・NMT)が韓国語をサポートし始めたね。

Googleの翻訳を使用してテストしてみると簡単な文章はもちろん、多少難しい文章もある程度の品質(Quality)に翻訳することがあります。 (ただし、文章が長くなったり難解になったらまともに翻訳できないのは、以前と同様ですね。)

おそらく難解な専門分野や創造的な分野(映像、マーケティングなど)の翻訳者は、打撃を少なく受けるが、一般的な分野とIT部分の場合打撃が大きいと予想されます。 アルファゴワゴワの対決がある1年前、私は作成した "今後の技術分野の翻訳の方向..."という文で懸念していたことが思ったよりも早く進行されるようです。

私は現在、特殊分野の翻訳を主にしており、物量が着実にある方です。 しかし、その分野の翻訳だけでは足りず、様々な分野の翻訳を一緒にしなければなら維持になるので、徐々に打撃が来ると予想されます。 しかし一方では、この機会に機械が翻訳した内容を確認するに向かって積極的に乗り出した場合、より簡単に翻訳の仕事をすることができるという考えもされます。 (以前に機械が翻訳した文書を検討してほしいという作業依頼が少しあったが、すべて断った。もうそんな問い合わせが全く来ないですね。多分、現在取引中の企業が、今後このような問い合わせをしてきてないかと思われます。)

しかし、翻訳全体のパイが減ることであり、多くの翻訳が他の仕事を見つける時期が間もなく到来しないか予想なりますね。

注:



コメントを残す